--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

11.01

医龍2・第4話

  「絶対殺せない患者」

 麻酔医の小高(大塚寧々)は、腕は確かですが、チョコレート依存症のようですね。

 盲腸の緊急オペが・・手術中、MEの野村(中村靖日)に指示を出しておいて、朝田(坂口憲二)にとがめられると、すぐに叱って直させる外山(高橋一生)。彼は前の病院でも、医者のミスを自分のせいにされて、追い出されてたのですね。

 でも、彼もMEとしては、使えるようですね。

 盲腸の手術の女子高生につきそって来てた友達の美羽(黒川智花)は、見舞に来たついでに小高に心臓の異変を伝えると、ちょっと触っただけで、症状を朝田に伝えた小高。すごいですね。荒瀬が自分より上だと後で言ってましたね。

 明真ではチーム鬼頭が作られましたね。ミキ(水川あさみ)や荒瀬(阿部サダヲ)も入れられるよう。明真を心臓移植実施施設にするために許認可が必要として、コネとして元厚生労働大臣の恩田議員(竜雷太)に根回しする片岡(内田有紀)。

 美羽は、その恩田の娘だったものだから、北洋で手術するはずが、明真で手術させると入院先から連れて行ってしまいましたね。しかも、特別室にね。外来のおばあさんの入院が1ヶ月後しか無理だと言うのにね。

 バーディーバー(世界で数人しか確認されていない血液型)という美羽は、手術で輸血できないらしいですね。子供の頃に怪我をして輸血されてからみたいですが。美羽は北洋の方がいいと歩いて来て、倒れてしまいましたね。まだ、自己血が出来ていないのに。
 貧乏くじを引いたと言っていた野口(岸部一徳)はかえって良かったって。

   どうする朝田・・緊急オペをするようですが・・

            チェックしてね♪
スポンサーサイト

H19・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(2) 

    2007

09.24

受験の神様・最終回

  ついに、受験の日が来ましたね。

 道子(成海璃子)は、自分の生徒のために、絵馬に名前を書いて祈願してましたね。

 試験では、”夏の大三角”など、勉強した内容が出てましたね。

 合格発表は、広(長島弘宣)の誕生日。1人を発表を見に行った広は落胆。

 道子に会うと「ごめんなさい」と・・生徒で合格しなかったのは僕がはじめてだろうと思ったからですが・・

 広の父・勇(山口達也)は、道子も家に呼んで、部屋のいたる所に貼った勉強の紙をはがしましたね。すごい量で燃やしてしまいましたね・・受験票までも。
 
 広の誕生日にと焼肉をしてお祝い。早田のばかやろう~~広だけでなく、冷静な道子まで叫んだから、驚きました。

   忘れる強さも必要でしたね。

 道子は、日本で高校に通う事に決めましたね。本当は高校に通う必要がないくらいの頭脳のようでしたが・・彼女の気持ちが変わったようですね。

 広に朗報が・・なんと早田に補欠合格。これで全員、私立に合格できましたね。

 道子は、やっぱり受験の神様だったようですね。

              チェックしてね♪

 

H19・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2007

09.23

山おんな壁おんな・最終回

  遅くなりましたが、やっぱり、書いておこう!

  恵美(伊東美咲)は、結局、井口(西島秀俊)を選びましたね。
  
  2人の間には壁がなかったからだという理由から。

  フランスへの研修は恵美になったのに、井口の事を考えて、まりえ(深田恭子)に譲ってしまい後悔でしたね。

 だって井口は仕事で1年間ドバイに行くと言い、研修先がフランスからドバイに変更だもんね。(また、ベタな~)

 結局、まりえも暑さに耐えられず、帰ってきてしまいましたね。

 ”山おんなは暑さに弱い”

                チェックしてね♪

H19・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

09.17

ファースト・キス・最終回

 「天国から来た手紙」

 手術が恐くなった美緒(井上真央)でしたが、受ける事にしましたね。そして、その前にもう1度、写真を撮ってほしいと。

 美緒のために、ウエディングドレスを用意して撮影。相手に秋生(平岡祐太)を呼んだが、緊急手術で来れず。
 空港の見送りには、間に合いましたね。ネックレスを美緒に渡し、好きだからまた会えると・・

 ファースト・キスは兄でしたが、好きな人ときちんとキスできましたね。

 そして、手術を受けた美緒。私が死んだら読んでと言って兄に渡した手紙。
 美緒の声で手紙を読んでるから、もしやと思ったら、その手紙はもういらないって(開封してなかった)・・結局、手術は成功でしたね。

 何のコネもないパリへ行った和樹(伊藤英明)。新しい場所で自分を試したいと言った高木先生(松雪泰子)を格好いいと思い、自分を試すつもりでパリへ。
 手術が成功したら、また会ってほしいと彼女に言った時、前向きに検討すると言ってくれましたね。

 1ヵ月後、パリで頑張ってる和樹。俺が1人前になるか、美緒がリハビリを終えて日本に帰るのが早いか競争だなって。

  天国からの手紙でなくて、ハッピーエンドでしたね!

           チェックしてね♪
  

H19・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

09.17

山田太郎ものがたり・最終回

 「サヨナラ貧乏王子最後の挑戦そして・・・」

 太郎(二宮和也)にアメリカ留学の話が・・

 嵐の大野君がゲスト出演。太郎に微笑まれてフニャーってなってましたね。

 太郎はアメリカ行きより、家族でハンバーグを選びましたね。エアギター選手権で優勝するとアメリカンジャンボハンバーグが食べられる・・太郎はこれに賭けると。(今、流行のエアギターですね)

 太郎の親は、太郎の決めた事には、うん・・ってすぐにOK。とっても理解のある親でいいですね(でも、稼ぎがねぇ~酒飲んで暴力とか振るわないだけましだけどね^m^)

 御村(櫻井翔)や隆子(多部未華子)も練習。御村君の執事の磯貝さんまで真剣でおかしかった。

 みのもんたまでゲスト出演。

 星空商店街祭りでエアギター選手権がはじまりましたね。なんと、校長(宇津井健)まで出場(宇津井さん、若々しい~~結構、本人も楽しんでたりして)

 そして、嵐の曲に乗せて、太郎、御村、隆子がエアギターで奮闘。優勝しちゃったね(*^。^*)

 でも、弟達の姿がない・・福引で賞金10万円を当てて太郎をアメリカに行かせようと考えた彼等。でも、福引券がないと引けなくて、余った券がないかと集める弟達。そこに隆子の親が現れて、弟達に券をあげましたね。

 太郎達もやってきて側で見守る事に。でも、出たのは全部白でポケットティッシュでしたね。

 太郎はアメリカに行かないのは、みんなと一緒にいたいからだと説明。美しき兄弟愛。

 そして、ジャンボアメリカンハンバーグ・・で・か・い!

 ギターで優勝したほうびにと校長から、城南学院大學の特待生の話が(学費免除ですって~頭いいといいなぁ~)

 鳥居先生(吹石一恵)と永原(吉沢悠)は、結婚しましたね。(早っ)

 4月・・城南大學の入学式・・太郎、御村、隆子と3人とも一緒でしたね。にしてもまたまた、太郎と御村が一緒に歩くとみんなが2人を見て素敵~って道あけて・・イケメンパラダイスかい~~(あきらかに普通だと思うけど^m^)

   それなりに楽しめたドラマでした(#^.^#)

               チェックしてね
 

H19・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

09.17

山おんな壁おんな・第11話

 「誰と結婚するの!? 」

 恵美(伊東美咲)の従兄弟の鬼瓦和男(佐藤二郎)と大山(小池栄子)の結婚式すごかったですね。青森から大勢やってきたけれど、フランス料理は無理ですよね。

 結婚相手から考えて、和風な式でないと・・そして、ついにゴザ敷いて、酒盛宴会はじめちゃったしね。

 にしても、恵美は今回もてまくりでしたね。

 部長代理の葛沼(温水洋一)に、社長に就任した雅之(及川光博)、幼馴染の井口(西島秀俊)らからプロポーズされて・・

 雅之の父の奥園会長から、雅之と結婚してほしいと頼まれたけれど、その場でまたギックリ腰やっちゃうなんてね。

 外国から戻って来た田村(谷原章介)は、1階統括部長になって、恵美に協力を依頼。妻とうまくいってないとかのうわさもあって、田村ともどうか?

 フランスへの海外研修にチャレンジする恵美とまりえ(深田恭子)・・果たしてどちらが行くのか?

 壁女でも、もてまくれるって事は女は胸じゃないって事ですね^m^

          チェックしてね♪

 

H19・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

09.14

ホタルのヒカリ・最終回

 「家で寝てても恋愛できる!?干物女の恋の結末」
 
蛍(綾瀬はるか)とマコト(加藤和樹)は、同居をはじめましたが、マコトはまだ、蛍と部長(藤木直人)との関係を吹っ切れてなくて、家で部長と偶然会ったとか話すと嘘をついてほしいとか言うマコト。

 ハートのカップでコーヒーを2人で飲んで、寝るのは一緒のベッド?

 蛍はチーフとしてシネマライブラリーカフェのパンフレットのキャッチコピーを考えるが、「晴れた日は映画館へ行こう」というマコトの事を考えて作ったコピーがいいと高野。

 携帯から思いきって、高野の連絡先を削除した蛍。部長とは、ありのままの自分でいられるが、マコトとだと家に帰って来てもやすらぎはなく無理しまくりの蛍。

 当然、マコトも気付いてて、ついにもう終わりにしようってメールを送ってきた。マコトは蛍に自分の気持ちに気付いてないだけなんじゃないかと・・俺と一緒にいると蛍が蛍でなくなるって。

 部長には、言いたくても何も言えずの蛍。マコトは出て行きホテルへ。蛍もウィークリーマンション暮らしに。

 蛍は蛍でマコトの事が好きだったと思うし、恋愛したと思うがでも、一緒になるのは無理でしたね。蛍は、きれいな水と流れる川とありのままの自然がなければ生きていけない。

 部長とはありのままの自分でいられて、いつの間にか自然に好きになってたって感じですね。いつも「はぁ~はぁ~はぁ~」って食ってかかってお互い言いあって楽しんでましたね。

 本当に好きだったから乗り越えられなかったとマコト。

 優華(国仲涼子)と要(武田真治)は、男と女の関係まではいってないが、お互い1番ありのままでいられる関係でいつかはそうなるだろうと言ってましたね。

 内覧会も成功。

 高野の家が壊されるのは嘘だと知った蛍でしたが、きちんと部屋を借りて1人暮らしをはじめましたね。

 メリークリスマスって暑そう~~蛍、電気ストーブつけて寝てるし~

 そしてまた夏が来ましたね。

 二ツ木(安田顕)と山田姐さん(板谷由夏)もいい感じですね。

 夏が来たからと、部長の家に帰ってきた蛍。好きな人と暮らしてる時も1日の終わりには部長と話したかった。部長に会いたくて自分の人生だから決めてきたと。

 「どうしてかな?」と蛍が言うと、それは君が私を好きだからだと部長。
 「私も君が好きだ」 「どうしてかな?」って2人揃って首をかしげて言って、本当に面白いコンビ。

 縁側の定位置に蛍を座らせ、「お帰り」って部長。2人でいろいろな規約を話しはじめ、本当に楽しそうな2人・・めでたし、めでたし~~(やっぱり、部長とくっつきましたね)

            チェックしてね♪

H19・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(2) 

    2007

09.11

ファースト・キス・第10話

 和樹(伊藤英明)が空港で倒れたせいで、ロサンゼルス行きをキャンセルした美緒(井上真央)でしたが、また、秋生(平岡祐太)に会えて、手術が終わったらまた、日本に帰って来るといい、秋生もずっと待っているといい感じ。

 けれども、秋生の代わりに、責任を取って函館に行く事になった蓮子(松雪泰子)。

 秋生は、それを知って教授の青木(柴俊夫)に、悪いのは自分だから、自分が函館に行くと抗議するも、それならどうして最初からそう言わなかったかと逆に言われてましたね。

 和樹も高木先生が函館に行くと知り、怒って、蓮子の元へ・・

 美緒は成功率50%の手術に不安を感じて、手術せずにこのままいたいと思うように・・

 次週、最終回、美緒はどうなるか?

          チェックしてね

H19・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

09.09

山田太郎ものがたり・第9話

「号泣!!最大の決意」

 太郎(二宮和也)は、豪邸に来てから落ち着かない状態。どんだけ~~ってくらいのメイド達。バイトする必要もご飯を作る必要もない生活。

 けれど、太郎は、自分がする事がなくなり、家にも帰りたくないなんていう始末。天井裏を見つけて、ここが落ち着く~って。

 前は大変だったけれど、自分が必要とされてて、頑張らなくちゃっていう充実感があったからね

 太郎を元気づけようとスーパーの特売に連れて行った隆子(多部未華子)。やっと笑ったと隆子。王子様にあこがれていた隆子でしたが、こっちの方が好きかな?って。

 太郎の1番大切なものは家族の笑顔だと・・だから俺が我満すればって思う太郎。御村(櫻井翔)は1番大切なのは、お前自信が笑顔でいることなんじゃないかって前の家に連れて来て言いましたね。

 思い切って、みんなに話したら、もうここの生活はあきたとか、あんちゃんの料理が1番だとかみんな賛成してくれて、早速また元の家に引越し。

 でも元の家に戻った途端、服装も変わりましたね。

 元の家に戻れたというのに、太郎にアメリカのサウスシカゴ大学へ行く話が・・どうするのでしょうね?

     チェックしてね♪

H19・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

09.06

ホタルノヒカリ・第9話

 「干物女と2人の男」

 マコト(加藤和樹)に会社のビルの外でジャージ姿を見られた蛍は、それから、口も聞いてもらえず。(マコトなんて奴だ!)

 事業部の面々にも、蛍のジャージ姿の写っている写真を見て、蛍がふられたのではと言われる事に。

 家ではジャージ姿をやめ(ちょっと頑張る蛍さん)、マコトにメールするも返事は来ず~~

 そんな時、蛍の行方がわからずに。(カバンも携帯も会社においたまま)ビールの差し入れ持って行ったがボーッとしてた蛍はビルに閉じ込められ一晩過ごす事に。

 仕事を中止して蛍を探す事業部の仲間。閉じ込められていたのを見つけた高野(藤木直人)は、思わず蛍に駆け寄って抱きしめちゃいましたね。一緒に来てたニツ木(安田顕)と山田姐さん(板谷由夏)は、咄嗟に遠慮しましたが・・

 ニツ木さん、やっぱり、山田姐さんに2人が一緒に暮らしている事、話してましたね。でも、2人ともいい人ですね(*^。^*)

 高野部長はやっぱり、いつの間にか蛍の事を好きになってたようですね。ありのままの自分を出せる相手ですからね。

 でもまたジャージに戻ってしまった蛍・・・「あほみや、ちょっと頑張る蛍さんを知らないか?」って高野が言う始末。でも、ちょっと頑張る蛍さんより、ありのままの君が好きだってぶちょう~~~何でも出来る高野ぶちょう~~~

 香港から帰国したマコト・・マコトは蛍のジャージ姿ではなく、部長と楽しそうにしてたのを見て腹を立てていたようですね。(それならそうと、はっきり蛍に言えばいいのにね)

 ついに「お高さん」が高野部長だとマコトにばれてしまいましたね。家に上げて事情を説明する高野。一緒に暮らしているが合宿みたいな生活だと。

 蛍の事をどう思っているかと聞かれ「雨宮は君の女だ。それを忘れた事はない」と高野(本当は好きになってたのにね)

 部長とは何もないと蛍。ただ、縁側でいろいろ相談にのってもらったり・・これがたまらなかったマコト。ありのままの君が好きだとマコト。

 縁側より、マコトを選んだと蛍。私の気持ちに嘘はないから・・マコトも蛍が好きだと言い、一緒に暮らそうと・・明日、出て行くからと高野に。

 荷物のまとめるのを手伝う高野。この家は君が出て行った後、取り壊されると言う。高野も出て行って1人で暮らすと。

 最後に縁側で2人でビールを・・こんなことならチューでもしとけばよかった(この縁側が2人がありのままの自分でいられる1番の場所でしたね・・干物女に恋をさせたのも高野・・果たしてマコトと一緒でありのままの自分でいられ続けれるか?)

  次週、最終回ですね!

       チェックしてね♪
 

H19・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2007

09.04

花ざかりの君たちへ・第10話

 「オレにしとけよ!」

 瑞稀(堀北真希)が女と知った中津(生田斗真)は、いろいろ今までの事を考えておかしくなってしまったり・・けれど、そんな事と知らない瑞稀は、佐野(小栗旬)に瑞稀と呼ばれたいモード。

 「桜咲学園とブロッサム学園{エドワード・J・ハドソン杯}舞踏会」が開かれる事に。それぞれの学園から選ばれた男女7組のぺアで踊る舞踏会。ベストカップル賞を狙うみんな。
(男対男のカップルもあるけどね^m^瑞稀&中津カップルだしね)

 シャワーをあびた佐野君、上半身裸でドキッ!早くシャワーを浴びて来いと言った反動で瑞稀の胸に触ってしまった佐野も触られて瑞稀も意識しまくり~

 佐野は強化合宿に桃郷学園へ。メンバーには佐野の弟も。そして、佐野の父(杉本哲太)もいましたね。佐野は母の事で父を恨んでましたね。

 そして、いよいよ舞踏会・・はちゃめちゃな乱闘もあったりしましたが、瑞稀と中津カップルはうまくいきましたね(瑞稀・女そのものだよね・・気付けみんな^m^)オスカー(姜暢雄)とひばり(岩佐真悠子)のカップルはめちゃ濃かった~(でもオスカーはこっちの方がいい気が~)

 そしてベストカップルは中津・芦屋ぺアに。

 佐野の父と話した瑞稀は、本当はお父さんは仲直りしたいのでは?と佐野に・・けれど、触れてほしくないと言われちゃいましたね。

 落ち込む瑞稀に「オレにしとけよ!」と後ろから抱きつき「お前の事が好きだ」と中津(でも、瑞稀の気持ちは・・佐野しか見てないよね)

         チェックしてね♪

H19・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2007

08.30

山おんな壁おんな・第9話

 「結婚して下さい!?」

 大山(小池栄子)がいなくなって、代わりに来たのは、壁おんな・・でも彼女は、ちょっと、曲者か?

 そんな時、丸越デパートの1階フロアのエアコンが故障。葛沼部長代理(温水洋一)は、思いつきで大きな氷を発注して、扇風機の風をあてて、フロアに流しはじめましたね。

 暑さに弱いまりえ(深田恭子)は、胸に保冷剤を入れて、乗り切り(壁女では、冷たすぎて無理)

 お客様にサービスでかちわり氷をあげようと恵美(伊東美咲)が言い、扇子などを安く一緒に勧めるアイディアをまりえが提案。これが受けたのですが、全部自分1人のアイディアだと葛沼は、田村部長(谷原章介)に。

 その葛沼は、お客様が前に買ったバッグと店にあるのとどちらがいいか比べようと持って来てたバッグを万引きと勘違いして、怒らせてしまいましたね。

 恵美に怒られる葛沼・・お客様の住所を調べて葛沼共々、お客様の所に謝りに行ったけれど、相手にされず(ーー;)・・けれど、土下座して謝り飼い犬に好かれた葛沼は許してもらえラッキー!

 ベルガリに引き抜かれた大山は、銀座店店長どころか、別の支店でドアガールをやらされるはめに。どうやら、胸で引き抜かれたようですね。頭にきた大山、引き抜いてくれた相手を殴ってやめてしまいましたね。

  ベルガリ・・ブルガリもどきかな^m^

 葛沼の息子がデパートに来て、恵美に父と再婚してほしいだって・・彼氏がいるかと聞かれた恵美の頭に浮かんだのは、井口(西島秀俊)でしたね。

 大山、恵美に会ったが、本当の事言えず(ーー;)

 まりえは縁日や花火を子どもみたいに楽しんでましたね。

 次世代を担うカリスマアーティストの1人で左官・井口昌平として、デパートで催しをやるみたいで、カリスマアーティストっていうのに、ときめきを覚える恵美。

  井口にほれちゃったかな(*^。^*)

※小池栄子マン  結婚おめでとう~       
 
         チェックしてね♪ 

H19・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。