--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2012

11.03

秋ドラマ・ゴーイングマイホーム他

 ピックアップ語録など

ゴーイングマイホーム3話

 萌江「ママのご飯は特別だから。友達がお金払うから食べさせて~って」
 
 敏子「じゃあ、お金儲けできるわね、萌江ちゃん」

 萌江「でも、それで謹慎になった」

 敏子「謹慎?学級閉鎖じゃなくて」「小学生で謹慎なんて、恰好いいわぁ~」
   「で、いくら稼いだの」

 萌江の祖母、のほほんとしていて、ちょっとずれてるけど、面白い。
 謹慎と聞いても、動じない。
 こののびのびさは、見習わなくっちゃ(*^_^*)
 
 萌江役の蒔田彩珠ちゃん、いい味出してます。
 良多(阿部寛)の父が目を覚ましましたね、

結婚しない4話

 花嫁が身につけてると幸せになれるサムシングフォー

  ー何か新しいもの、何か古いもの、何か青いもの、何か借りたものー

 工藤(玉木宏)が作った青と白の花のブーケ
   デルフィニウム・・花言葉・・あなたを幸せにします  

PRICELESS~あるわけねえだろ、んなもん!~

 木村拓哉が無一文になって奮闘 (野宿は、1日だけでしたね)恋愛ドラマじゃなくて良かった!
 結構、面白いです。

 夏木マリ・・「千と千尋の神隠し」の湯婆婆の声を担当していたのですが
 湯婆婆が実写化して出てきたかと思ってしまった(いい味出してます)

 中井貴一・・「最後から二番目の恋」のドラマでは、小泉今日子とポンポンと軽快に言い合ってましたが、こちらでは、影のうすい役柄に。

 彩矢(香里奈)が夢中で集めてる最後の武将 
 
山中 鹿介 幸盛(やまなか しかのすけ ゆきもり)とは・・ 戦国時代から安土桃山時代にかけての山陰地方の武将。出雲国能義郡(現在の島根県安来市広瀬町)に生まれる。戦国大名尼子氏の家臣。実名は幸盛(ゆきもり)、幼名は甚次郎(じんじろう)。優れた武勇の持ち主で「山陰の麒麟児」の異名を取る。

 歴史には、まったくうといので、調べてもやっぱり?でした(^_^;)

      チェックしてね♪
スポンサーサイト

H24・秋ドラマ
トラックバック(-)  コメント(7) 

    2012

10.26

結婚しない・第3話

 結婚しない・第3話

 後輩にまたもや、結婚で先を越される千春(菅野美穂

 合コンに誘われて行けば、今流行りのゲームがわからず

 そんな時に立ち寄ったお店で元彼にまたもや、再会って、やっぱりドラマだわ~

 その元彼は、結婚がだめになったと

 そして春子(天海祐希)の名言

 ※寂しさって連鎖するから。片方が癒してくれるなら寂しさは、半分になるけど,寂しい人間がふたり集まると倍になるだけだから

 気をつけなくっちゃ

 更に春子さん、

 ※私ぐらいになると寂しさと仲良くできるから

 私、今だに仲良くできそうにない

 バイトの女の子が春子に言った言葉

 ※春子さんって、ふつうに結婚してるんだと思ってました。

 春子

 ※ふつうって(今や、結婚が当たり前とは、限らないよね)

 ※誰かにとって必要な人になってるのかな?(笑顔ひとつでも、誰かを幸せにできたら)

 生花店のバイトの純平(玉木宏

 ※必要とされない奴は、だぶんどこまでも必要とされない(そんな~~~)

 元彼とホテルまで来て、6年もたってるからと体型を気にしてる千春

 結婚相手からの電話に「俺にはお前が必要なんだ」なんて言ってる元彼

 ぶつかりあえる相手が赤い糸の人だと

 千春の名言

 ※赤い糸じゃなくても、夫婦や恋人みたいに100%もとめあう絶対的な
 関係じゃなくても、お互いに必要だって思える関係っていいですよね。
 どんな色の糸でも、誰かといくつか繋がっていると思えば、寂しくなんかない


 レンテンローズ・・・花言葉「大切な人・固い友情」・・花は人を喜ばせるだめに上を向いて
 咲いてて、本当にいいですね

  やっぱり、このドラマいいわ~~~

         チェックしてね♪

H24・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2012

10.25

秋ドラマについて

 今年は、夏ドラマについては、書くのさぼりましたが、秋ドラマについて
 見た分など、感想を書こうと思います。

 「ゴーイングマイホーム」

 映画っぽい作りでノスタルジーさがあり、はじめは、ちょっと眠くなってきちゃいましたが、
 もう一度、見直すと、ところどころに、これはというような名言や、どこの家庭でも
 言いそうな言葉が・・

 娘の萌江(蒔田彩珠)が学校の作文で、家には弟がいると書くと(いないはずだが)、母親(山口智子)は、
 「いないじゃんと」・・それに対して萌江が言った言葉。

 ※「世界はねえ、目に見えるものだけで出来ているんじゃないんだよ」 

親に出してもらったお金のことなどで言い合う良多(阿部寛)と姉の多希子(YOU)の会話は、どこの
 家庭でも、言ってそうな会話でした。

 良多の母が休みの日には、交代で倒れて入院した父の面倒を見てほしいと言うが、自分は「句会」があるから
 行けないと。多希子は、「父さんと俳句とどっちが大切なの?」と母に・・母の表情で

 ※「うわぁ~俳句だ」

 久々ドラマ出演の山口智子さん、昔とあまり変わっていない。
 宮崎あおいさんも、久々ですね。
 小人のクーナに会ってみたい(#^.^#)

 「結婚しない」

 こちらのドラマは、1番見たいドラマかな?
 最近の女性の結婚年齢は、どんどん上がっているような・・
 結婚しない女性も増えているそうで、そんな2人の友情ストーリー

 35歳の千春(菅野美穂)に、35歳になってもお互いひとりだったら、結婚しようなんて
 言ってた男は、食事などに誘ってその気があるのかと思い気や・・

俺が35歳になったら、千春も35歳だもんなぁ~昔の約束は、昔の約束だな・・・

 こりゃ相当若い子探さなくちゃとかって失礼きわまりない

 天海祐希さんといい、菅野美穂さんといいこんなに綺麗な方々が
 結婚しないなんて、もったいないです。

 毎回、噴水でびしょぬれになるシーンは、これからもありかな?
 とりあえず、2ドラマだけについて、書いてみました(#^.^#)

         チェックしてね♪

H24・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。