--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

02.16

映画・フライング★ラビッツ

※この映画は2008年秋に公開されたものですが、観てなかったので、DVDレンタルで観ました。

 実在のチーム「JALラビッツ」をモデルに、オリジナルストーリー化されたもの。
 JALは、会社更生法申請で、ラビッツも廃部か?

 CAとして航空会社に入社
 仕事にバスケに恋に頑張るヒロイン・・石原さとみ
 彼女は、子供の頃から合気道を習っていた。バスケはド素人・・でも、合気道が役にたって・・

 監督・・高田純次
 マネージャー・・白石美帆

 ラビッツ新人・・真木ようこ
 ラビッツ新人・・渡辺有菜
 ラビッツフォワード・・滝沢沙織

 彼氏・・柄本佑

 合気道を教えた父・・哀川翔

 JAL上司・・大杉漣
  (今、シュート決めたのは、私の弟の嫁のお兄さんの奥さんの弟の娘)って、セリフの大杉漣さん
 
 元JALの選手で、離婚して復帰してJOMOの選手に・・吉瀬美智子

 ※主題歌「ギフト」ポルノグラフィティ 
 
 あの吉瀬姉さんがバスケだよ~~さすがに拳銃は、出さなかったね(>▽ <)Ξ(>ж<)~

 違反だったけど、ダンクシュート決めた真木よう子さん

 単純に楽しめた映画でした(*^^)v

         チェックしてね♪
スポンサーサイト

スペシャルドラマ・映画
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

01.09

最後の約束

嵐5人が揃って、出演したスペシャルドラマ!

 清掃会社社員の益子悟(大野智)・・マイペースだが仕事は真面目。
 年配の新人清掃員に飯尾(小堺一機)・・実は元空き巣。
 
 ビル内の5階のコーヒーショップ勤務の棚田昭(相葉雅紀)・・いつも注文を間違える。

 バイク便ライダーの後藤望(松本潤)・・軽く見えて、内面は正義感に燃える熱い男。

 保険会社営業マンの宮沢友紀夫(桜井翔)・・押しの弱いクビ寸前のダメ営業マンだが心優しい男。
 一緒にいた、エネバイオ社の冬子(大塚寧々)。

ビル内のセキュリティセンターの派遣社員の山際修司(二宮和也)・・淡々と仕事をこなす営業マン。
 上司役に岡中(藤木直人)・・グータラで変わり者。

 ※ビルがテロリストに占拠された・・ビル爆破まで90分、身代金3億円・・掃除に来ていた益子は、飯尾と天井裏から脱出できないか試みる。コーヒーショップで働く棚田はトイレにいて唯一、外部と連絡できる役目。

 犯人に具合の悪い人だけでも解放してくれと交渉しようとする宮沢。

 セキュリティーセンターで犯人の指図に従う山際。しかし、反撃の機会を伺っている。

 犯人の狙いは社長の娘・有里子(黒木メイサ)・・その彼女を守ろうとする後藤。

 犯人に背いて、ロックを解除した山際・・外に逃げた人質・・逃げ遅れた宮沢・・犯人と闘って撃たれた後藤・・犯人に捕まった有里子・・ビルの中には、まだ、益子や棚田も。

 再び、犯人の指図でビルをロックした山際。

 果たして、彼らは助かるのか?

          チェックしてね♪     
 ...READ MORE?

スペシャルドラマ・映画
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2009

01.10

コードブルーSP

 1週間の謹慎を終え、病院に戻って勤務する藍沢(山下智久)ら5人。

 認知症で入院していた祖母の絹江(島かおり)は、リハビリを続けた結果、耕作の事を思い出しましたね。けれど、もう病院を出なくてはならない。

 耕作は、一緒に暮らせないかと考えるのですが・・

 そんな時に、鉄道の脱線転覆の事故が起こり、ドクターヘリ要請が入り、現場に向かう耕作達。

 病院を去ってリハビリに専念するはずの黒田(柳葉敏郎)も、現場に来ましたね。

 彼の指示により、助けれた患者達。トリアージにより、患者に攻められた白石(新垣結衣)。

 現場で災害に巻き込まれてしまった緋山(戸田恵梨香)。幸い、命は助かりましたね。

 病院を去る黒田にいつまでも指導医でいてほしいと告げた藤川(浅利陽介)。

 そんな彼らに「今まで見てきたフェローの中で最低だ・・傲慢で自己愛が強くて・・痛みに弱くて・・」などと言い残して去っていった黒田。

  ※彼なりの愛情だったのでしょうね。

 耕作の祖母の絹江は、病院を出て施設に入る事に決めましたね。一緒に暮らそうと言う耕作の言葉をうれしく思いながらも、それは無理な事だとわかっていて、別れを告げた絹江。

  やっと、自分の事を思い出してくれたのに、その時にはもう病院を出なくてはならなくなってた祖母・・辛いですね。

 それぞれの別れを通じて、人の命の大切さを知り、一回り大きくなった彼ら。ドクターヘリの重要性もわかり、もっと増やす事が出来ればいいですね。

 そして、過酷な医療現場が改善され、患者が安心して受けられる医療の実現を願います。

                   チェックしてね♪
  

スペシャルドラマ・映画
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2009

01.06

必殺仕事人2009・スペシャル

 時代劇・「必殺仕事人2009」がスペシャルドラマから、はじまりました。

 ダブルムコ殿の中村主水(藤田まこと)と渡辺小五郎(東山紀之)。主水の義母と母は老けてないですね~~ジャニーズから松岡昌宏大倉忠義も仕事人として登場。関ジャニ∞では、おっとり系の大倉君が仕事人としての役柄では、ちょっと影のある感じでひと味違った彼が見れますね。

 大倉君と一緒に小料理屋で働く子供がマエダマエダの前田航基君。こんなに幼くして働くなんて・・

 伊佐衛門(沢村一樹)は、ひどい奴でしたね。一時は、長屋の老人達のために助太刀をしていたのに、出世のために玉櫛(水川あさみ)を切り捨てるなんて・・・水川あさみさんが、殺される役だったなんてショックでした(>_<)せつなかったです。

 正月特番で放送されていた「ヒーロー」に出演していた「あるよ」の田中要次さんは、悪役でしたね。

 第1話は、9日(金)夜9時から放送・・連続ドラマより先にスペシャルドラマが放送されるなんて(@_@)

 連続ドラマの方は、プロの殺し屋のドラマですから暗いのでずっと見るかは、わからないですね。

                チェックしてね♪

スペシャルドラマ・映画
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

11.30

しゃばけ・第2弾・うそうそ

  しゃばけシリーズの第2弾「うそうそ 

 うそうそ”とは、うろうろ。落ち着かないでたずねまわるさま。のことらしい。”しゃばけ”は時代劇でもいろいろな妖たちも出てきて手越君が主演で、原作もよくて見がいがあります。
 制作にも10ヶ月かかっているから、なおさらですね(映画でなくてSPドラマで見せてくれるなんてもったいない)

 身体の弱い若だんな・一太郎(手越裕也)は、自分だけが地震を感じているようでしたね。

 山神さま(古谷一行)が祖母のおぎん(十朱幸代)から預かったという朝顔の種をもらった一太郎。毎日、水をやり、太陽にあて手をかけてやる。それをあきらめたら、すぐに枯れてしまうと。

 更におぎんから、母・おたえ(真矢みき)にも一太郎を箱根の湯治へやるようにとのお告げが。

 一太郎は、朝顔を咲かせてみせると母に(この朝顔をめぐって一太郎に試練が)そして、見事に咲かせた一太郎。

               しゃばけ2 朝顔

 湯治には、兄・松之助(岡田義徳)や、手代の仁吉<白沢>(谷原章介)に佐助<犬神>(高杉宣)、鳴家やなり)や妖たちと行く事に。

 鳴家達は、相変わらず、可愛いらしい(私の家にも1人?来てほしいな)。親友の栄吉(高木雄也)らに見送られて、旅に出た一太郎。心配でたまらない父・藤兵衛(岸部一徳)。

                しゃばけ2 鳴家

 煙草盆として”くいだおれ太郎”の出番がありましたね。

 船に酔った妖や鳴家達。しかし、手代の2人が消えてしまいましたね。荷物が取られそうになったり、雲助の新龍にぼったくられたり(彼から山神さまの娘が生贄に取られたりした話を教えてもらいましたね)

 天狗の面をつけた奴らが現れて、さらわれた一太郎と松之助。侍達の仕業でしたが、今度は、本物の天狗達が現れて命を狙われるはめに。そこに、現れた佐助。彼によって助かったが、天狗退治に行くとまた、行ってしまいましたね。

 潘の存亡を賭けた勝之助(中村俊介)と孫右衛門(柏原収史)は、一太郎に長崎屋に咲いている幻の朝顔を譲ってほしいと。貧しく、なんとかその朝顔を献上(袖の下)して存亡したいと。

  【青林風握竜葉黄風鈴髭交数切獅子牡丹】(あおりんぷうにぎりりょうはきふうりんひげまじりかずきりししぼたん)が朝顔の名前。

 お比女(日向ななみ)を追いかけていた仁吉。仁吉を追いかけ崖から落ちたのを救ったのは、仁吉で、夢に現れるお比女・姫神もいましたね。天狗は、姫神を守るために一太郎を襲ったのだと。彼女は、みんなから愛されてる一太郎をうらやましがっていたよう。

 数百年も人とも神々とも交わらずにいたお比女。姫神は、箱根の山神さまと人との間に生まれ、この村で育った。母が亡くなり、村に飢饉が訪れると、村人達は、口減らしもあって、神の子と噂される姫神さまを人柱に差し出した。

 怒った山神さまは、村人達を石や岩に変え、湖に沈めた。残ったのは、姫神だけだった。
 身体が弱く、毎年、朝顔が咲くのを見たいから生きていると一太郎。幸せになるためには、努力も必要なんだよとも。

 地震は、姫神の憎しみと悲しみから起きていた。怒りの根源である一太郎が消えれば、この地震も収まるだろうと考えた蒼天狗(中村扇雀)。

 街道に地震は、長崎屋の若旦那が悪霊を背負ってやってきたからとの札が立ち、村人が人柱にしようとやってきてると教えにきた新龍。勝之進は、このまま逃がすわけにはいかないと剣をふりかざしたが、庇った孫右衛門が斬られて・・潘のためとうそぶく自分の出世の事しか考えていない勝之進。

 彼によって、潘を追われて雲助になってしまった新龍。幼い頃から妖を見る力がありましたね。

 鈴彦姫・鈴ノ助と二役の早乙女太一は、妖艶&りりしくて(男役もいいですね)

 村人達に捕まってしまった一太郎と松之助。それを見た藤兵衛と姫神。姫神は、心が震えて大地震を起こしてしまいましたね。そこを救ったのは、仁吉。一太郎が空を飛んでいると失神しちゃった藤兵衛。

 そこに、また地震が・・もしかしら、地獄谷の山神さまの朝顔を誰かが抜いたのか(勝之進か?)

                しゃばけ2 ピンク朝顔

 勝之進は、欲に目が眩んで朝顔も見れずに、死ぬまで捜し続ける事になると。

 姫神のこの人を助けてあげてという願いから一太郎が願うと、山神さまが現れて、勝之進を許してと頼んだ一太郎。そして、姫神と山神さまも抱き合って・・今度、夢で会う時は、一太郎のお嫁さんになっていくから案心してと姫神(一太郎、好かれちゃいましたね)

 山神さまは、次の夏もあの朝顔を必ず、咲かせておくれと。

 無事に長崎屋に帰った一太郎、湯治に行ったのに結局、一度も入っておらず。今度は、お伊勢参りに行きたいと母に。若旦那もしゃばけたこと言うねと鈴之助。しゃばけた→欲深い・・うそうそ→己を捜している。人はみな、欲深く、己を捜している生き物だということ。

  ※主題歌は、時代劇なのにDragonAshを起用といかしてましたね。
 ラストの鳴家のダンスも可愛い~屏風のぞきの宮迫も本当に歌舞伎顔でよく似合ってましたね。

               しゃばけ2 鳴家ダンス
                      
                 チェックしてね♪ 

スペシャルドラマ・映画
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

10.12

花ざかりの君たちへSP

  「卒業式&7と1/2話スペシャル」

 連続ドラマでは、描かれなかった夏休み最後空白の1週間(第7話と第8話の間)の謎を描くスペシャル。

 またまた、今回もいろいろなイベントだらけ~~本当にイベント好きな学校ですよね。

 初回は、キング・オブ・イケメン決定バトル・・バレンタインチョコ争奪戦!

 今回は、ジュリア(美波)と中津(生田斗真)の母・中津かの子(萬田久子)が、出演。

 次から次と感電のシーン、おかしかったですね。

 水泳大会では、思わず生着替えさせられそうになった瑞稀(堀北真希)を、熱があるのに無理して参加してるからと庇ってくれた佐野(小栗旬)。けれど、熱があるようにはみえない瑞希。はしゃいじゃって、平熱だってばれちゃって、プールに落とされちゃった。

 プールから上がろうにも、透けちゃって上がれない。無理してもぐってたら、溺れちゃった(みんな、瑞稀の事、忘れていなくなってたみたいな・・)
 
 そこに、佐野が来て、瑞稀を助けてマウストウマウスを・・・キスしたら、おかしな気持ちになっちゃった佐野。

 しかし、主役級がゴロゴロいるドラマですよね。このドラマの後にドラマで主役やったり、注目ドラマで重要な役やったりとかいっぱい。

 佐野のベッドで寝てしまった瑞稀は、下で寝てる佐野の横に落ちてきてしまって、その場面の写真を撮って掲示板に貼ったのは、ジュリアでしたね。瑞稀を早くアメリカに連れて帰るためのようでしたねが・・

 そして、サッカー大会・・瑞稀も佐野も出場・・しかし、途中でありえない事が起きましたね。何人でサッカーやるんだ~ボールもふえて、おじいちゃんおばあちゃんまでいて・・そして、「人間ていいな」って歌まで・・

 それでも、サッカー選手をめざすために頑張るつもりの中津。

 アメリカに戻る事にしたジュリア・・瑞稀を守る佐野にどうしてと聞くと、「好きだからに決まってるだろ」って佐野・・ヒュー~~

 そして、卒業式・・卒業するのは、難波南(水嶋ヒロ)と天王寺恵(石垣佑磨)とオスカー・M・姫島(姜暢雄)と花屋敷ひばり(岩佐真悠子)の4人だけでしたね。

 そして、そこに現れたのは、瑞稀・・元気ですか~~ってスピーチしだした瑞稀。最後は格好良かった南先輩。

 佐野は、瑞稀に「好きだ」と気持ちを伝えましたね。瑞稀からは、I LOVE IZUMIと描いたチョコレートが・・

   ★ハッピーエ~~ンド★
          チェックしてね♪

スペシャルドラマ・映画
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

12.31

名探偵コナン・ドラマスペシャル第2弾

  ※名探偵コナンの実写化第2弾(やっと、見てます^_^;)

   「工藤新一の復活!黒の組織との対決」

 ミス・ジャパネスク受賞祝賀パーティー・・怖いですね。こんなミスはいらないっていう感じで絶対、彼女は抹殺されるはずってみえみえですね。

 江戸川コナン・・藤崎直(イメージがちょっと違う気が)
 灰原哀・・・柴田杏花(それなり)

 子役の声はアニメの声優の声で何かおかしかったですね。

 宮野志保(哀が元に戻ったら)・・香椎由宇(クールなイメージが似てますね)
 
 阿笠博士・・・田山良成(う~~ん、どうかな)

 ジン(黒の組織)・・・佐々木蔵之介(いいかも)

 アニメを実写化するのは、イメージがあるので難しいですね。
 
 工藤新一(小栗旬)に一時的に戻れましたね。蘭(黒川智花)とエレベーターで再会。
 哀は、テレビカメラに撮られてて、ジンに見つかってしまってましたね。

 そして、やっぱり、殺されたミス・ジャパネスクの寿かれん。

 哀と新一の仲を気にする蘭は、黒の組織に狙われた哀を危機一髪、救いましたね。

 かれんを殺した犯人かと思われた人物はフェイクで、真犯人は、別にいましたね。本当の殺害方法を隠すためにかれんを吊って落下させたんでしたね。遺体の一時隠し。ダンボールの血痕。凶器も発見されましたね。

 事件は、1件落着したが、哀と新一の運命は・・哀が新一に抱きついた所を見てしまった蘭。咄嗟に命を狙われてて怖かったからと言った哀(彼女も新一が好きなのか?)

 哀と新一のタイムリミットは近い。蘭に変身する姿を見られてはまずいからと針を打って眠らせてしまいましたね。

 ジン達から逃げるために囮になった新一でしたが、腕を撃たれてしまいましたね。しかし、ジン達みたいに黒ずくめの格好でうろうろってどうよ・・

 ジン達に顔を見られそうになりましたが、警察のヘリコプターが来て逃げて行きましたね。でも、ジンが落として行った手榴弾が爆発。新一の運命は?

 死んだかと思われた新一は、無事でしたね。コナンに戻り、クリーニング用のシュートボックスから脱出してたんですね。

 小栗君の制服姿はこれで見治めかな?新一役がよくあってましたね。

  ※次回、名探偵コナンのアニメは、「赤と黒のクラッシュ 発端」     1月14日放送ですね。

            チェックしてね♪

スペシャルドラマ・映画
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2007

11.26

しゃばけ

   ”しゃばけ”がSPドラマで見れましたが、面白かったです。
   まるで、映画を見てるようでした。脇に芸達者が揃っていて、いい配役でしたね。

  NEWSの手越祐也君が、主役で体の弱い一太郎役。いい役がもらえましたね。

 廻船・薬種問屋を営む大店・長崎屋の跡取り息子。でも、彼には、腹違いの兄がいましたね。兄を捜すために、外に出掛け、殺しの現場を見てしまった一太郎。

 彼の祖母が妖怪で、母も妖怪だと後でわかりましたが、それゆえ、彼には、妖が見えてましたね。一太郎の部屋の屏風にいる屏風のぞき役を宮迫博之・・・彼は、とても、歌舞伎顔で、すごく似合ってましたね。

 外で一太郎を守ってくれた鈴彦姫を早乙女太一君。女形をやってる方で本当に色っぽくて綺麗でしたね。

 長崎屋の手代で妖の白沢の仁吉役を谷原章介、もう1人の手代で妖の犬神の佐助役を高杉亘(SAT役を思い浮かべてしまいます)。佐助は、一太郎が危ないと知ると、家の中を勢いで駆けるので、よく、屋敷中を壊してるようですね。

 長崎屋には、最初に産まれた子がすぐになくなってしまい、父・藤兵衛(岸部一徳・・この方もいろいろな役が出来ますね)が他の女に産ませたのが兄・松之助(岡田義徳)。
 彼は生みの母に引き取られましたが、その母も亡くなって苦労してるようでしたね。
 一太郎は、すごく、親に可愛がられているというのにね。

 母・おたえ(真矢みき)が、最初の子を亡くした後、二度と子供が産めないと言われ、私の命と引き替えでかまわないから、子供を授けてくれと毎日、拝み、祖母がはんごんこう(命をあがなう薬)をたえに渡して、代わりに祖母のおぎん(十朱幸代)がこの世から離れる事に。

 生まれて3日で亡くなった赤子の魂から生まれたのが一太郎。

 一太郎の親友役で菓子屋「美春屋」の跡取り息子・栄吉役を高木雄也君。彼はジャニーズでHey!Say!JUMPのメンバーなのですね。だから、彼も格好良かったですね。

 しかし、彼の作る饅頭は、まずくて食べてくれるのも一太郎だけでしたね。

 蔵での妖会議でいろいろな妖が出てきて、それも楽しめました。かわうその妖の山田花子が可愛かったです。

 ダントツの可愛さは、鳴家(やなり)達。

        鳴家(やなり)

 岡っ引き役の志垣太郎さんは、まさにはまり役。この時代に本当にいる人みたい。

 原作は、畠中恵の「しゃばけ」「ぬしさまへ」で、日本ファンタジーノベル大賞を受賞した、シリーズ180万部突破の話題沸騰の小説のドラマ化。原作がいいから、良くできていますね。

 「香りがする。薬をよこせ」と言って殺しが繰り返されましたが、狙われているのは、一太郎の香り。自分の代わりに栄吉に兄へのおつかいを頼んだ一太郎。それゆえに狙われた栄吉。
 でも、栄吉の命は、取られませんでしたね。

 下手人に共通したのは、墨壷・・人の手から手へと渡って・・命をあがなう薬・はんごんこうの香りを求めて・・

 なりそこないの墨壷が兄の店に火をつけ・・今度は兄にとりついて、一太郎との対決。
 岡田義徳の特殊メイクはすごかったですね。

 墨壷はつくも神にもなれず、墨壷にも戻れず・・その悔しい思いが一太郎の言葉でほどかれて「お前は大事な大事な宝物だよ」ってきっと、棟梁も思っているよって・

 「ただ、ありがとうって言いたかったんだ。たった一言でいいから棟梁と話がしてみたかったんだ。」と墨壷。兄から、離れた墨壷。

 父に抱かれる兄・松之助。そして、おたえも、受け入れる事が出来たようで、ハッピーエンド。

 ”しゃばけ”(娑婆気)・・俗世間における、名誉、利得などの様々な欲望にとらわれる心
 
※”しゃばけ”にとりつかれませんように

 CGを駆使したり、いろいろな妖が集まった妖怪会議・そして、子を思う親心、兄を思う弟とか、墨壷の棟梁への思いとか・・すべてにおいて出来のいいドラマでした(*^_^*)

         チェックしてね♪ 

スペシャルドラマ・映画
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

10.07

映画「フラガール」

  映画「フラガール」良かったですね~

 1番踊りたかった早苗(徳永えり)は、父親が炭鉱を解雇され、ダンサーになるのを反対され、暴力を振るわれ、あきらめなくてはならなくて可愛そうでしたね。

 ダンス教師のまどか(松雪泰子)は、頭にきて男湯の中まで早苗の父親をとっちめにいって、すごく大胆な女性でしたね。

 最初は全然踊れなかったであろうフラダンスが最後には見事に踊れてて、プロ根性ですね。

 昭和40年の福島県のいわき市の炭鉱の町。まどかの服はレトロブームで今流行りの服と似てましたね。

 紀美子役の蒼井優ちゃんのラストのフラダンスは終始笑顔で、素敵なダンスでしたね。

   本当に感動的な映画でした(*^。^*)

               チェックしてね♪

 

スペシャルドラマ・映画
トラックバック(0)  コメント(3) 

    2007

09.22

出るトコ出ましょ!

 イケメンパラダイスから今度は女子高生役の堀北真希ちゃん。

 「大都会」の歌はひどかったね~

 父親の借金から破産宣告。

 無類の制服好きの弁護士、野中弘務(谷原章介)の事務所で働く事にした亀井静(堀北真希)。必ずどこの高校でもいいから卒業する事と、制服を着て来る事が条件でしたね。

 パラリーガルの後藤田正美(小池栄子)に事務員の麻生小太郎(温水洋一)など、政治家もどきの名前がぞろぞろのコミックをドラマ化したもの。

 こないだまで「山おんな壁おんな」のメンバーでしたね。

 静の母・節子役が山村紅葉で似てな~~いですね^m^

 大事な私服フィギュアを壊してクビって言われちゃった静が、20万円の芸能詐欺にあったらしい友達を連れてくるが 弁護士料を払えないなら受けれないと野中。

 自分で調べようとした静は危うく、襲われそうに。危機一髪、野中らに助けられましたね。

 バックに小泉純太郎(川平慈平)がついていると聞くと、急に引き受ける事にした野中。

 契約書の捏造が静が契約した時に抜き取っておいた紙から、わかり、途端に態度を翻す小泉。とかげのしっぽ切りでしたね。

 野中の父で同じく弁護士の泰蔵役に近藤正臣さん、久しぶりに見ました。親子の確執があるようですね。でも、制服好きは遺伝してるみたい。

 結婚相談所にチャイナクラブに芸能プロ・・・怪しいと潜入捜査しにチャイナクラブに行った静。(堀北真希ちゃんがチャイナドレスでしたね)

 麻生が、チャイナクラブに来て、亀井さんもとか言っちゃったから、正体がばれてやばいことに。野中が来て、助かった静。

 中国人女性と日本人男性を形だけ結婚させるという詐欺を働いてましたね。検挙されて一件落着。

 野中さん、オムライス好きでもあったのですね。

 静は、事務所の電話に「はい、もしもし亀井ですけど」って出るもんだから、みんなビックリだよ(@_@)

  結構、面白く楽しめたドラマでした。
  
                チェックしてね♪
 

スペシャルドラマ・映画
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

09.03

「裸の大将」を見て

  「裸の大将・放浪の虫が動きだしたので」
 
 スペシャルドラマで見ましたが、ドランクドラゴンの塚地さん、山下清がはまり役でしたね。

 「ボ・ボクはおにぎりがほしいんだな」ってセリフなど、芦屋雁之助さんの言い方にそっくりでしたね。純粋さが出てましたね。

 舞台での暴走や、おかみ(川島なお美)と一緒にお風呂のシーンなどおかしかったです。お風呂は本当はうれしかったのでは^m^

 水川あさみや久本雅美などの女性人が出演。温水さんのアフロで出演もおかしかったですね。相方も出てましたね。

            チェックしてね♪

スペシャルドラマ・映画
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

04.06

1リットルの涙・特別編・追憶

  久しぶりに見た「1リットルの涙」でした。
 
 亜也(沢尻エリカ)の死から、半年後を描いたものでしたね。

 神経内科医として勤務してる遥斗(錦戸亮)は、亜也が亡くなってから、自分の殻に閉じこもってました。
 けれども、心配してくれる亜也の家族達によって、亜也が自分に残してくれた言葉「ずっと生きてね」など思い出した遥斗は、頑張って前向きに生きようと変わってくれましたね。

 遥斗と同じ病院に看護師となって来た亜也の妹の亜湖(成海璃子)。彼女の描いた家族の絵はとても、良かったですね。

 亜也と同じ病気で入院しているみずき(岡本杏里)は、こんな病気になって、死んだ方がましと薬も水に流して飲まなかったり、リハビリもしようとしなかったり。学校ではいじめられた事もあったようですね。

 彼女に封印していた亜也の事を語って聞かせた遥斗。彼にお礼を言うみずき。病気をかかえて前向きに生きて行くのは難しいですよね。

 亜也の言った「病気はどうして私を選んだの?」って言葉が今さらながら悲しかったですね。でも、神様は病気と闘えるだろう人間にしか与えないようなので亜也ならと、病気を与えたのですね。

 すべての病が治せる日が来てほしいですね。

※最近、用事で出掛けてばかりや、残業などで忙しく眠くなって、新番組について書けてません。週末に頑張ろう!

         チェックしてね♪

スペシャルドラマ・映画
トラックバック(0)  コメント(1) 

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。