--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

12.17

たったひとつの恋・最終回

  ついに最終回です~

 菜緒(綾瀬はるか)は前の工場で弘人(亀梨和也)に会うも、会いに来たりするなって言われてしまいましたね。

 養護学校に行きたいと言っていた菜緒に、北海道の養護学校はどうかと言う話がありましたね。でも、今度、結婚するからと断る菜緒。

 弘人と同じ職場で働いていた弘人に助けられた男性は野ブタ。で一緒だったシッタカでしたね。

 デパ地下で働いている時に菜緒の母のみつこ(田中好子)に会った亜希子(余貴美子)は思わず声をかけてしまいましたね。雑誌で見た事があると言い、本当の事は言えず。

 婚約者の斉藤(池内博之)は菜緒の気持ちを確かめ、自分は本当に菜緒が好きだが、菜緒はそうじゃないと感じ、結婚はやめましょうと告げましたね。

 そして、北海道に行くと決心した菜緒。亜裕太(平岡祐太)から菜緒が婚約解消して北海道に行くと聞いた弘人は菜緒らの元へ行くといい、一緒に連れて行ってと言う母。

 菜緒の母に謝る亜希子。体の弱い息子を持っていた亜希子の気持ちがわかるとみつこ。・・・ちょっと良かったですね。

 菜緒の送別会を兼ねて久々にみんな、集まりましたね。

           チェックしてね♪
 
           
 ...READ MORE?
スポンサーサイト

たったひとつの恋
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2006

12.10

たったひとつの恋・第9話

  家を出てきたという菜緒(綾瀬はるか)を亜裕太(平岡祐太)は、抱きしめたがすぐに友達の家に泊まるからと菜緒を残して出ていきましたね。
 そして、弘人(亀梨和也)に連絡をつけてくれましたね。

 横浜港で菜緒と弘人は、会い、船に乗る2人。家を出て一緒にいたいと言う菜緒に、一緒に暮らしたとして家族を思って菜緒は泣くだろと言う弘人。「私のために何か捨ててよ」と言う菜緒に「俺は捨てられない」と言う弘人。

 母からの電話に泣く菜緒。「俺達はそれぞれの場所に帰るんだ」と弘人。「それってさよならする事」と菜緒。「くじら、見に行きたかったな、一緒に」「かわいいな」「手をつないでてもいい?」「いいよ」「ひとつだけ願い事していい?」「何?」

「骨髄移植して3年だっけ。菜緒が元気か心配だからクリスマスイブとかに3年だけ、オレンジのイガイガ、あのベランダから振ってくれない?」と弘人。「振ったら振り返してくれる?」と菜緒。

 菜緒の瞳に僕に時間の猶予など許さないと思った弘人は結局、別れる事にしてしまったのだ。菜緒の事が好きだった亜裕太の気持ちなど気付きもせず、激しく喧嘩した弘人と亜裕太。

 自殺しかけた棚田(田口浩正)も帰って来たけれど、借金で回らなくなり結局工場を明け渡す事にした弘人。母(余貴美子)も夜の仕事はやめましたね。廉(斎藤隆成)の体調も安定し、中学に進学する事に。

 オレンジのイガイガは3年後には光らなかった。菜緒は僕の事を忘れたんだと思う事にした弘人。死んだのは彼女ではなく、僕の心だと。幼すぎる二十歳だと。

                 チェックしてね♪

 
 ...READ MORE?

たったひとつの恋
トラックバック(0)  コメント(3) 

    2006

12.06

たったひとつの恋・第8話

「さよなら」

 菜緒(綾瀬はるか)は弘人(亀梨和也)と夜を過ごし、またすぐに会えると思ってる弘人と別れ、病院に戻ってきましたね。
 キスしてっていう菜緒にふきだしてキスできない弘人。

  ※はるかちゃんに突き飛ばされた亀梨君、おかしかった。
 
 菜緒(綾瀬はるか)は、ボディーガードをつけられ、車で送り迎えになり自由がきかなくなり、母との約束もあって、弘人(亀梨和也)とも会わなくなりましたね。
 亜裕太(平岡祐太)には、弘人の母がした事も話せ、応援する亜裕太。彼らから菜緒の状況を教えてもらった弘人も会えなくても我慢する事に。

 菜緒はいがいがオレンジを振って弘人に知らせ、弘人もライトで答える。2人はくじらの恋だと弟の廉(斉藤隆成)。
 
 HNとイニシャルを彫った指輪を作ってる弘人。弘人と菜緒の頭文字かな?

 菜緒の父から、呼び出され大金を渡され、娘と別れてくれと言われる弘人。それは手切れ金ではなく、弘人の母から頼まれた金だった。すべてを知った弘人は金を受け取らずに母のした事を謝って帰路に。

  もう、終わりだ!作った指輪を捨ててしまった弘人。
  弟と作ったくじらも完成したというのに。

 菜緒は父の部下の斉藤(池内博之)と食事をし、彼からもう一度会いたいと言われる。

 父は彼と結婚させたいのだった。父が弘人にすべてを話した事を知り、家を出て行く菜緒。

 弘人にも連絡とれず、裕子(戸田恵梨香)には、もう無理のように言われ飛び出し、亜裕太の所に来ちゃった菜緒。

 その頃、弘人はお金を持ち逃げした従業員(田口浩正)から電話をもらい、死ぬのを止めに行ってた。

 菜緒・・亜裕太の所に行っちゃだめだよ。年中無休だと言って菜緒を抱きしめちゃう亜裕太。彼も菜緒が好きなのかな?彼のやさしさに甘えすぎだよ菜緒・・

                   チェックしてね♪

 たったひとつの恋・くじら


 

たったひとつの恋
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

11.25

更新遅れててすみません

  最近いろいろ忙しく更新遅れてます。
 
 今夜も出掛ける用事がありますが、また、明日から頑張りますのでよろしく、お願いします。

  すみません

                   チェックしてね♪

たったひとつの恋
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2006

11.18

たったひとつの恋・第6話

 甲(田中聖)に謝れないまま合コンに行った裕子(戸田恵梨香)はその合コンで花を簡単にくれる男性に苦手だとか言って、やっぱり、甲の事が気になってる。

 菜緒(綾瀬はるか)はまた弘人(亀梨和也)に会いに行き、2人はこれからの将来について話しあったり、弘人は子供がたくさんほしいと言い、野球をやらせたいと菜緒に。俺の将来に参加するかと菜緒に聞く弘人。菜緒は何かを気にしているようですね。

 言い争いになった菜緒と裕子は仲直り。

 山下の居場所を弘人に教えちゃった甲。それを知った亜裕太(平岡裕太)はやばいと甲に言い、山下の元に走る。

 菜緒は弘人との将来を思って、病気の状態を医師に聞きに行きましたね。やっぱり、子供は無理のようですね。

 山下が出したナイフを手で握り、血まみれになりながら「今度、菜緒に手を出したら殺すぞ」と言った弘人。山下は弘人の気迫に逃げて行き、亜裕太と甲がそこにやってきましたね。大事にしないでくれと言う弘人。

 怪我をした弘人は菜緒に電話をして、こっちはケリをつけたがそっちはどうかと聞くと、大丈夫のように言う菜緒。

 弘人の家に菜緒の兄・達也(要潤)が来ちゃった。菜緒との交際を認めてほしいと言う弘人に別れてほしいと思ってると達也。

 菜緒の父・雅彦(財津和夫)の会社に会いに行った弘人。交際を認めてほしいと言う弘人に、娘は子供が産めないのだと言う雅彦。絶対ではないが無理だろうと言われ、知らなかったと弘人。再発の可能性もあると聞かされ、愕然とするのでした。

子供がたくさんほしいと菜緒に言ってしまった弘人。菜緒の病気の事をきちんと理解してなかったためですが障害は、貧富の差だけではなく、きっと菜緒の病気が再発とかするのでしょうね。

                     チェックしてね♪

たったひとつの恋
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

11.16

たったひとつの恋・第5話

 「君がいなくなる」

 弘人(亀梨和也)の二股疑惑は晴れたけれど、菜緒(綾瀬はるか)の父・雅彦(財津和夫)が弘人の父が借金苦で自殺した事実を菜緒に告げ、動揺する菜緒。

 弘人、菜緒、甲、裕子、亜裕太の5人で遊びに行きましたね。亜裕太君、格好いいのに、相手なしなんだよね。

 甲(田中聖)と裕子(戸田恵梨香)は、つきあう事にしたが大学にいつもの格好でトラックでみんなが見てるところに来ちゃった甲君、裕子に知らない人って無視されちゃって落ちこんじゃったね。
 でも、ちょっとしょうがないかな?恥ずかしいって女の子は思っちゃうかもね。

 父が弘人に会いたいと言ってると聞き、会いに行こうとする弘人でしたが、元彼女のつきあってる男が菜緒を狙ってた。元彼女も安易に教えちゃだめでしょが・・

 危機一髪の所を弘人が見つけ、そして、菜緒の兄・達也(要潤)が車で通りかかって、助かったが、弘人に帰れって怒ってしまいましたね。

   前途多難な恋ですね。

 弘人の職場の従業員(田口浩正)は何か不穏な動きしてましたね。セーラー服のドラマの方では亡くなってしまってるけどね(笑)
     
                     チェックしてね♪
 

 

たったひとつの恋
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

11.07

たったひとつの恋・第4話

  「僕の怒り、君の涙」

 弘人(亀梨和也)の前に現れた高校時代の元彼女・ユキ(高橋真唯)。彼女は今、とんでもない男と付き合っていてお金をせびられていた。菜緒(綾瀬はるか)がいる時に来たから、菜緒も気にしてましたね。

 弘人はユキにお金を渡してしまうなんて、彼女を信じちゃだめだよね。絶対にそのお金は、男に渡ってしまうでしょう。工場ではボーナスさえ、払えないってくらいなのに・・

 甲(田中聖)は、裕子(戸田恵梨香)と約束通り、デートでドライブに出掛けたけれど、裕子はわざと嫌われるような態度をとってましたね。甲も気付いて言うと、自分でもよくわからず、でも嫌いにはなりきれないような裕子。

 弘人の弟の廉(斉藤隆成)と仲良くなった菜緒は、一緒に草野球を見てるうちに、誘われた廉がバットに立つことに。打ったまでは良かったが、その後、走ってと言われて走り出したら発作が出て大変な事に。

 弘人から攻められる菜緒。あんたみたいな健康なお嬢様にはわからないみたいに言われてしまいましたね。
 弘人の母親(余貴実子)からは、弘人には彼女がいるから、もう来ないでみたいに言われるし。母親にしてみれば、絶対に吊り合わないのがわかっているから別れさせた方がいいと思ったのですよね。

 発作が治まった廉から、菜緒が前に養護施設にいたことを聞き、彼女も健康でない事を知った弘人。裕子から菜緒の事を詳しく聞いた弘人。

 リンパ節の問題で血液のがんだったのですね。12歳で発病して、中学3年間は養護施設にいた菜緒。高2の時に兄の骨髄をもらって骨髄移植をした菜緒。まだ、3年しかたってない。もしや、また再発とかあるのでは・・・

 菜緒から連絡がなく、弘人は電話で謝るも、もういいと言われてしまった。母親が彼女がいると言った事を知った弘人。
 菜緒に直接会おうと、家まで行くも、菜緒の母や兄とも出くわしてしまいましたね。

 菜緒の父は弘人の事を調べて、大切に育てた娘をこんな奴にやれるものかって思ってるし、前途多難な恋ですね。

                  チェックしてね♪

たったひとつの恋
トラックバック(0)  コメント(2) 

    2006

10.31

たったひとつの恋・第3話

 「もう会わない」

 弘人(亀梨和也)は、菜緒(綾瀬はるか)がスタージュエリーの社長令嬢と知り、避けるようになってましたね。
 
 そんな中、弘人は佐伯船舶から契約を取り消されると言われ、掛け合いに行って、誘われてつきあいもしたが、自分の父親は自殺して保険金で借金を返したと相手に言われる。

 土下座でもしたら考えてもいいと言われ、土下座する弘人。

 弟の廉君(斉藤隆成)は、歩けたのですね。彼は泣きの演技が上手ですね。1人でいる彼のために、夜ご飯を作ってあげた菜緒。まずかったはずなのに、おいしいと言って食べる廉。彼は養護学校の4年だと。でも、菜緒もちょっと病気だったから行ってた事あると言ってましたね。

 菜緒の病気が今後、関係してくるのかな?

 またまた、菜緒は裕子(戸田恵梨香)達にだまされて、弘人の所に来てましたね。帰ってきた弘人は、廉のご飯を作ってくれた菜緒に電話をすると言いましたね。

 そして、佐伯船舶からは今までどおり、仕事がもらえる事になり、新たに仕事もふやしてもらえる事に。機嫌のいい弘人が菜緒に電話すると菜緒はなんだか変。「弘人」と呼んでと言う弘人。

 「会いたい」と言う菜緒に、「つきあうとか誤解させるような事言ってごめん」と言う弘人にどんどん好きになってきたからもう会わないと告げる。

 またまた、芝居をうつ事にした裕子。甲(田中聖)に一芝居うってくれたら、デートしてもいいと言う。
 頑張って芝居する甲。亜裕太(平岡祐太)が菜緒とつきあうらしいと言い、ちょうど、亜裕太からも電話があり、つきあうことにしたからと言う亜裕太。
 甲の携帯を投げようとしたりして、甲がメモリーが消えると言うと、「メモリーってなんだよ」ってドコモのCMしてる亀梨君が言うからおかしかった。

 そわそわして仕事も失敗する弘人。菜緒の待ってる所に行くと、亜裕太とは待ち合わせしてないくて裕子と中華を食べに来たと。
 また、はめられたと知った弘人。

                  チェックしてね♪

亀と綾瀬キス

 ...READ MORE?

たったひとつの恋
トラックバック(0)  コメント(2) 

    2006

10.23

たったひとつの恋・第2話

 弘人(亀梨和也)に「うそつき」と言った菜緒(綾瀬はるか)にクリーニング代を返すから待っててと弘人。でも、帰ってしまつた菜緒。

 今年の12月24日もまた、2人で過ごすことになりそうだからと、彼等でも保険にしておこうと考えた裕子(戸田恵梨香)は、亜裕太(平岡祐太)の通う専門学校に出向き、アルバイト先にまで、ついていきましたね。24日は菜緒の誕生日でもあるんですよね。

 甲(田中聖)はすぐに行かれず、裕子と電話で話して感激しちゃいましたね。
 今年も従業員にボーナスを払えそうにないと言う弘人。厳しいですね。
 菜緒の住所とTELを弘人に渡す亜裕太はいいやつ。
 そして、ぜんそくの弟の側に寝るまでいてやる弘人もいいやつ。
 
 クリーニング代として1万円を菜緒の住むマンションの受付(すごいですよね)に渡して帰る弘人。その1万円を弘人に返してほしいと、裕子とまた、亜裕太の元に来た菜緒。
   祭りに誘う亜裕太。

 祭りに誘われた2人は、後から弘人も来ると知る。自分でお金を返せばと亜裕太。弘人がやってきて気まずい弘人と菜緒。
 亜裕太と裕子はいい感じ。甲は裕子が好きみたいだけどね。

 夜店で釣りをする弘人。うまく釣れず。
 やっぱり、オレンジのいがいが(なんていうんだっけ)がほしいと後から言う菜緒。
 もう一度、釣りに行った弘人はちゃんととってきましたね。

「あなたがとってくれたのだからほしいの」と菜緒。
「俺もあんただから採ってきてやった」
 後ろに手をやる弘人。手をつなぐ2人。

 弘人の家から菜緒のマンションが見えると弘人。ベランダからオレンジのいがいがを光らせて(光りましたね)弘人に教える菜緒。
 弘人は懐中電灯をチカチカさせて、菜緒に教えましたね。

     恋愛モード突入じゃ~~ん!
 
 雑誌に元町のセレブな暮らし、お宅訪問として菜緒が家族ともども載っていて、それを見た弘人は驚いてましたね。

           チェックしてね♪

※主題歌がKAT-TUNの「僕らの街で」に決まりましたね。
  初回限定盤1680円、通常盤初回プレス仕様1200円、通常盤1000円の3
仕様。

   亀オレンジいがいが 亀・綾瀬・手つないで

たったひとつの恋
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2006

10.16

たったひとつの恋・第1話

 「たったひとつの恋」
   貧乏青年×令嬢、境遇違いの純愛

 脚本・・北川悦吏子
 
 神崎弘人・・亀梨和也(船の修理工)
 月丘菜緒・・綾瀬はるか(女子大生・宝飾店の令嬢)
 本宮裕子・・戸田恵梨香(女子大生)
 草野甲・・・田中聖(トラック運転手)
 大沢亜裕太・平岡祐太(自動車整備専門学生)
 
 神崎亜紀子・・余貴美子(弘人の母・水商売)
 神崎廉・・斎藤隆成(弘人の弟)
 月丘達也・・要潤(菜緒の兄) 
 月丘雅彦・・財津和夫(菜緒の父)
 月丘みつこ・・田中好子(菜緒の母)

 主題歌・・KAT-TUN

 弘人(亀梨和也)、甲(田中聖)、亜裕太(平岡裕太)は立ち入り禁止の豊漁スポットで、夜釣りに励む日々。
 魚を3人で料亭に売りに行く途中、弘人に大学に急ぐ社長令嬢・菜緒(綾瀬はるか)がぶつかってきた。
 魚はぶちまかれ、菜緒の服はびしょぬれ。
 初対面で弘人と菜緒は険悪に。

 その晩、女子大生にあこがれる甲たちと大学生のパーティーに忍び込んだ弘人は、女の子によくもててた。
 そして、また、菜緒と会ってしまい、慶応の医学部だと嘘をつく弘人。

 菜緒がバッグを失くしたと言うので、バッグを見つけてやる弘人。プールサイドで話をする二人だったが、下を走る花火に驚いて、バランスをくずして落ちそうになる菜緒。その菜緒を助けようとして一緒に水中に落下。

 他の女子大生達の話を聞いてるうちに、むかっと来て甲達を呼んで先に帰る弘人。
 追いかける菜緒。助けてくれてありがとうとお礼を言う菜緒をデートに誘う弘人。友人も含めてハロウィーンの日に教会で会おうと言う菜緒の提案でみんなで会う約束をした。

 しかし、亀梨君はいつも料理が出来る役ですね。弟のめんどう見る役とかは野ブタ。の修二を思い出しますね。
 
 そしてハロウィンの日、魔女の格好をして、待つ菜緒。裕子はバイトが入ってしまってる。結局、約束の場所に行った弘人。
 素直になんでもしゃべってしまう菜緒に正直すぎると弘人。

 魔女さんの格好は天然のはるかちゃんにぴったりだわ。

 慶応の学祭に裕子と行ってみたいと言う菜緒に、「おいでよ」と言っっちゃった弘人。学祭に来た菜緒は、医学部に弘人がいない事を知る。
 料亭に聞いて、弘人の働く場所を聞いた菜緒は、訪ねて行って、「うそつき」と弘人に。

  エンディング曲はKAT-TUNの新曲。小田和正が作った曲だとよくわかります。

 弘人の母役の余貴美子さん、いつもとキャラが違いますね。財津和夫さんまでドラマに出てますね。
 
                   チェックしてね♪

 亀梨&綾瀬 

たったひとつの恋
トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。