--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

09.30

夏ドラマ・総合感想&投票結果

  夏ドラマもすべて終了しました。

 「マイボスマイヒーロー」や「結婚できない男」などが視聴率的には人気でしたね。長瀬智也の「はにゃ」など、はじけた演技や、アグネスプリンにアグネス体操など、とても面白いドラマでした。

 「結婚できない男」では、阿部寛のへんくつ男ぶりが面白く、脇の俳優も良かったです。

 「タイヨウのうた」は山田孝之&沢尻エリカコンビの演技も良かったです。番組内で歌った「タイヨウのうた」でCDデビューした沢尻エリカの曲もヒットしましたね。

 「サプリ」は役者は亀梨和也と伊東美咲など、人気者を揃えたのですが、ドラマ的な面白さが欠けてて視聴率も振るわなかったですね。

 「下北サンデーズ」は視聴率こそ、奮いませんでしたが、ビンボー劇団員を描き、下北小劇場をリアルに感じられる作品として面白かったです。
 
 「誰よりもママを愛す」は、田村正和が父親役のホームコメディでしたが、専業主夫の役はちょっと似合ってなかった気も。小林聡美とのかけあいは面白かったです。

 「ダンドリ」は時々、見たりしましたがいろいろあって最後にはチアダンスがうまくできたというサクセスものでしたが、ちょっと、インパクトに欠けてましたね。

 「レガッタ」は速水もこみち主演でしたが、初回見て、やはり、つまらないとすぐに感じてしまったドラマでした。若槻千夏の言う「マー君」っていうのがうざく感じたことも。

 「CAとお呼びっ」も少し、見たりもしましたが観月ありさがナースからCAになったといった感じのドラマ。しかし、年齢的に新人ナースと先輩とのかけあいではないので、面白さは足りず。

 「花嫁は厄年」は1度か2度少し見たことがありますが、続けて観る気がおきませんでした。

 「不信のとき」は壮絶な愛憎劇っていうのがあまり、好きでなく、視聴率は結構とれてたようですが見てないのでわかりません。
 
 「PS羅生門・・」も観てないのでわかりません。

 ※私のblogで8月の終わりから1ヶ月ほど、好きな夏ドラマは?で投票していただいた結果です。ありがとうございました。

 1、マイボスマイヒーロー・24票・コメント(楽しいなど)
 2、タイヨウのうた・11票・コメント(最終回感動など)
 3、結婚できない男・7票・コメント(マイベストドラマなど)
 3、サプリ・7票・コメント(亀梨くんが出てるってことでなど)
 5、下北サンデーズ・3票
 6、CAとお呼びっ・2票
 7、不信のとき・1票
 
 といった結果でした。マイボスマイヒーローがダントツ人気でしたね。今度は秋ドラマです。
 
                 チェックしてね♪

 
スポンサーサイト

H18・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(3) 

    2006

09.28

きょうは(BlogPet)

きょうは、選挙しないです。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「うさまる」が書きました。

H18・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

09.25

電車男DX

  ○電車男DX完全新作~最後の聖戦~あれから1年!

  「秋葉原とタヒチを舞台に電車男の新たな伝説がはじまる!苦難乗り越えエルメスにプロポーズなるか?」

 スペシャルでありましたね。ドラマ「電車男」の1年後を描いた特別編。エルメスこと沙織(伊東美咲)にプロポーズするべく給料の3ヶ月分の指輪まで用意したのに結局プロポーズできずの電車男・剛(伊藤淳史)の前にIT企業社長が現れエルメスに接近。

 剛はcyber next社長・前園(北村一輝)によって、電車男の情報に1000万の賞金を懸けられ、ネット掲示板で告知されてしまいましたね。
 次長課長まで、ゲストで出て、電車男を追いかけて、エルメスとのデートもキャンセルするする剛。

 ネットの住人はカップルがふえてましたね。ソニンや小栗旬など。妹役の掘北真希ちゃんも出てましたね。

 エルメスの祖父(藤村俊二)に家まで来られちゃったしね。

 福引で当てたタヒチ旅行・・陣釜美鈴(白石美帆)と行くはめに。
 そして、運命が記されているというブラックパールを探す剛。
 現地では剛そっくりの男(伊藤淳史の二役)まで現れて。
 ブラックパールを見つけたが沙織とは別れる事になるみたいな事が書かれてて、ショックでしたね。

 でも、実は前園が買収して偽の情報を与えてた。
 エルメスの祖父から、会社の危機を救うために別れるよう言われて、エルメスに別れを切り出した剛、エルメスも陣釜さんと電車男の仲を疑う始末。

 そんな電車男にCYBER NEXTプレゼントの電車男ミュージアムに出て正体を明かしたらエルメスを自由にし、お金も援助すると言う前園。

 電車男の友達の松永(劇団ひとり)らが、彼の正体をまだ、知らなかったなんてね。

 ついに電車男の正体がばれちゃうって思ったら、ステージの電車男に背をみんな向けて、出て行ってしまいましたね。ネットの住人の思いがみんなに通じたようですね。

 電車男のパワーを知らされ、完敗だと前園はエルメスに。

 エルメスから本当のブラックパールをもらい、ついに「僕とけっ」っと剛が言うところでエンドロールになっちゃった。

 前園さん、エルメスの祖父にお金を援助してましたね。でも、指しゃぶりや、自分の事、僕って言ったり、怪しいキャラだったわ。
 さすが、北村一輝さん。

 最後、剛と沙織は、2人でタヒチまで行ったようでしたね。

                   チェックしてね♪
 
 

 

スペシャルドラマ・映画
トラックバック(0)  コメント(13) 

    2006

09.21

国仲涼子(BlogPet)

後日は大きい桑野やみちるとか、夏美(国仲涼子)
の気持ちを犬のけんちゃんそっくりな手作り品を渡したみたいですね、ばったり出会った夏美と信介

 TVに出るための服を犬のけんちゃんそっくりなそいじゃと去っていく夏美


  信介の母は軽い不整脈で入院
信介も早く結婚しなかったの?
と、おじゃうさが考えてるみたい♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「うさまる」が書きました。

H18・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

09.21

結婚できない男・最終回

  「幸せになって悪いか」
 
 みちる(国仲涼子)の気持ちを犬のけんちゃんの事だと勘違いの信介(阿部寛)。
 TVに出るための服を着替えてはメールで送って電話して、夏美(夏川結衣)にどうかと聞く信介。
 なんだかんだ言っても、夏美先生を頼ってますよね。

  信介の母は軽い不整脈で入院。信介も早く結婚して安心させてあげないとですね。

 みちるから信介に気持ちを伝えるように頼まれたが言えない夏美。
 そして、みちるはおじさんが帰ってくるので部屋を引っ越さないといけない。
 TV出演した信介でしたが、肝心の言葉はカットされちゃってた。

 みちるの部屋で信介と夏美がまるで恋人か夫婦みたいに、痴話喧嘩をするものだから、きれちゃったみちる。「もう帰って」と。

  しかし、けんちゃんは可愛いなぁぁ~~

 建築家・金田(高知東生)と意気統合した感じですね、信介さん。

 後日、夏美に桑野さんの事、好きなんでしょと言うみちる。引っ越す事になって良かったと。

 TVでカットされた言葉を直接、信介から聞いた夏美。「私達の会話はキャッチボールじゃなく、ドッジボールばっかりだった気がします。相手に当てて終わり。」「私はキャッチボールがしてみたいです。あなたと。ボールを投げました」そいじゃと去っていく夏美。

 そして、みちるの引越しの日。けんちゃんに餞別と餌箱を渡し、みちるにはけんちゃんそっくりな手作り品を渡した信介。いいとこあるじゃん。

 徹夜して、夏美が住みたいと言ってた家を設計してた信介でしたが、自分の住む家は出来なくてと、診察室で夏美に言う信介。キャッチボールをしにきたと言い、夏美に出会って、話し相手がいつも側にいるのもいいのかなって。「僕はあなたが好きなんじゃないかって・・だめですか、僕じゃ」と信介。
 「いいかもしれません」と夏美。「うれしいな」と信介。

   が・・その後が問題~~

 「結果的には結婚できないんですがね」と信介さん。自分は自分の大事な人と暮らす家のイメージがわかないからだと。

 「家なんかいらない。賃貸でもなんでもいいじゃないですか」と夏美。
 「僕は理想の形にこだわるたちなんです。理想の家のイメージがわかない限り、結婚はできない」と信介。

 ややっこしい女だって言ってるし~信介さ~~ん。偏屈すぎだってば。

 しかし、後日、ばったり出会った夏美と信介。家に圧力鍋があるから、ロールキャベツがすぐに出来るからと誘う信介。
 「あなたがどうしてもとおっしゃるなら」と信介。
 「どうしてもなんて言いません。でも、あなたがどうしてもって言うなら行ってもいいですよ」と夏美。
 「じゃあ、来て下さい。どうしても」と信介。
 「はい」と夏美。

   キャッチボール成功ですね(^^)

 そして、部屋には理想の家が設計されてたみたいですね。
 ハッピーエンドって事ですね。
                     チェックしてね♪

 結婚できない男・けんちゃん

H18・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2006

09.20

サプリ・最終回

  最終回・・・「伝えたい言葉」

 辞表を出して、携帯も解約して、職場を去ってしまった勇也(亀梨和也)。新しいバイトに女性がすぐ、来ちゃった。

 面接するも都内の広告会社も、めぼしい所ほとんんど落ちてしまった勇也。
 ボードだけ取りに戻った勇也になつき(志田未来)は「せめて藤井さん(伊東美咲)にはちゃんと話した方がいいんんじゃない」って。

 ミナミにあいつ(勇也)は逃げたんだと言う荻原(瑛太)。

 ー人間にいちばん近い時計。腕時計の時間には体温があります。WATCHingーいいコピーを考え出したミナミ。

 地元の小さい会社「わかば広告」で広告に携わる仕事をする事にした勇也。
 自転車で走って頑張る勇也。

 そして、プレゼン&なつきのピアノ発表会の日。
 今岡(佐藤浩市)は、説明をしだすがENJOYマークを見て、なつきの事が気になって、体調を理由に、ミナミにまかせて出て行ってしまった。

 なつきの元にかけつけた今岡は舞台の袖から「エンジョイ」とささやく。声を聞いて、見つけたなつきはピアノも弾かずにそちらに目を。先生が駈け寄ると「お父さんです。来てくれてありがとう」と今岡に、告げる。

 プレゼンで、勇也との出会いから産まれたと言うコピ―を話すミナミ。
  -WATCHing with youー人間にいちばん近い時計。腕時計の時間には体温があります。-

 拍手までもらえたミナミのプレゼンは成功。

 荻原は、石田は藤井さんから逃げたんじゃないと言い、実家にいるから、会いにいけよと。
  最後の最後にいい人になった荻原。

 「はい、わかば広告・営業兼事務兼見習クリエーター石田です。」と携帯に出る勇也。相手はミナミで仕事を休んで、勇也に会いにきちゃった。

 今までは1人の方が良かったが今は2人の方がいいと言い、「好きよ、大好きよ」って言ったミナミ。
 「いつかもうちょい働いて大人の男になったら、ミナミの事、迎えに行くから」とそれに答える勇也。

  ※とりあえず、ハッピーエンドって事ですが、どうも2人を見てて、そんなに好きあってるように見えなかったような・・
 恋愛ドラマでありながら、ドキドキやわくわくも感じられなかったような、月9でありながら、何かが足りなかったドラマでした。

 亀梨君の携帯ストラップの厄除け厄っくんが水色になってましたね。
  志田未来ちゃんは、前に白の厄除け厄っくんのストラップつけてましたね。

                      チェックしてね♪

サプリ
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2006

09.17

マイ☆ボス マイ☆ヒーロー最終回

  マイ☆ボス マイ☆ヒーロー 最終回
 「その船を漕いでゆけ・・さよなら若頭!舞い上がれ、俺たちの船

 熊田一家・勝巳(丸山智巳)らが、アグネス学園に襲撃しにきちゃった。
 今、手を出したら卒業できなくなる真喜男でしたが、みんなに手を出す奴らに我慢できず、乱闘してしまった真喜男。

 刺青も、みせてしまって、警察に連行される真喜男。素人に手を出すたぁ、許せねぇ、熊田一家!
  
  ○卒業までの道・・闘い
 1、お勉強 2、クラスメイト 3、初恋 4、ファミリー 5、正体

  といろいろ闘いのあった真喜男でしたが、卒業できなくなってしまいました。
 28歳だというのも、ばれてしまい、退学処分に。

 拘留され、眠れない真喜男。訪ねてきた百合子先生(香椎由宇)に、思わず鉄仮面って言っちゃったね。
 「みんなそれなりに受けとめて頑張っているから、あなたも頑張って」という百合子に「ありがとうございました。先生は1度もあきらめなかった」と頭を下げて言う真喜男。

 迷惑かけられっぱなしだったがすごく楽しかったと言う百合子先生。

 やっと、出てこれた真喜男。跡目は弟の美喜男(黄川田将也)か?

 正体が組長とばれて、クラスの面々はいろいろ言うが「マッキ―はマッキ―じゃないの」と言う桜小路(手越祐也)。でも、やっぱり、ヤクザだろとクラスの面々。

 真喜男を訪ねてきた、ひかりと桜小路。組の面々が言う言葉にいちいち切れる真喜男。ちょっと、びびる、ひかりと桜小路。

 変な服とはっきり、言っちゃう桜小路。嘘をついてた事は怒ってるが、今までの全部が嘘だったとは、思わないと桜小路。

   そして、ついに卒業式!

 真喜男は退学になる前の日に交換日記を書いていたのですね。教室で読み上げる百合子先生。みんなと卒業できて嬉しいと書いてあり、先生を驚かせるプレゼントがあるとも書いてあった。

  それなのに、教室にはいない真喜男。あと少しで卒業だったのに・・

  なんだか、じ~んとして泣けてきてしまいます。

  真喜男を捜しに走る桜小路ら。星野(若葉竜也)らも最後には桜小路にお金を返し、友達だろって・・真喜男のおかげかな・・
  そして、ゲーセンにいた真喜男を連れて行く彼等。走る真喜男。

 「おかえり~~」とみんなに声かけてもらって迎えられる真喜男。
 3年A組勢揃い。1人1人の名前を言う真喜男。みんな覚えてたんだね。
   ”キモロンゲ”と”桜なんとか”だけは、違った。

 「卒業おめでとう」と百合子先生から、みんなが書いたであろう名前入りの手製の卒業証書が贈られた。

  「卒業おめでとう!」学級委員からひとこと「3年A組最高」

  百合子先生へプレゼントは胴上げ。

 「また、デートできるかな?」と言うひかり。「いつか、きっと」と真喜男。「そろそろ、桜小路の気持ちもわかってあげて下さい」と真喜男。

   知ってるじゃな~~い。真喜男~~

 三代目を継ぐ事になった真喜男・・・のはずですが・・

 東大や明応大学とか、それぞれの道に行くクラスメイト達。慶明女子大に行くひかり。

 そして、私立宙船高等学校に入る事になった真喜男。主題歌みたいな学校だぁね(笑)
   どうやって入ったの~?

  ☆人はどうして学ぶのか・・・これこそがテーマだったようですね

  ”ごくせん”をちょっと彷彿させていたマイ☆ボス、面白かったです。
     続編はないのかな?

  ※秋ドラマは「たったひとつの恋」
 亀梨和也、綾瀬はるか、そしてまたまた田中聖、野ブタで共演した戸田恵梨香ちゃん。恋愛ドラマの王道とちょっと路線違いますが。

                      チェックしてね♪
 

マイ★ボス マイ★ヒーロー
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

09.17

タイヨウのうた・最終回

  タイヨウのうた・最終回
 「絶唱」

 神経症状が声帯にまで出て、器官切開手術しか、助かる道がなくなった薫(沢尻エリカ)。手術すれば、助かるがもう歌が歌えなくなってしまう。
 今度、発作がおこれば、命の保証がない。

 麻美(松下奈緒)のファーストコンサートは1ヶ月後。薫の見舞に来た工藤(要潤)は、その時にムーンチャイルド初披露の場所にしたいと告げる。麻美からの提案だった。

 夢を叶えて死ぬか、夢を持たないで生き続けるか迷う薫に、どっちが後悔しないかじゃないかなと言う孝治(山田孝之)。
 
     歌いたい・・歌いたい・・と薫。

 1日でも長く生きていてほしいと願う両親に、輝いてる私を見せたいと言う薫の気持ちを受け入れる事にした親達。

 ムーンチャイルドのメンバーにも話す薫。
 「連れてってやりたいんだ薫を。スポットライトっていうタイヨウの下に」と話す孝治に、何も取柄のない俺達をここまで連れてきた薫に今度は俺達が支える番だと雄太(田中圭)。

       =もう後には引けない=

 美咲(佐藤めぐみ)からスカートを借りて、孝治とデートをする薫。
 薫がギター弾けなくなった時は孝治が薫の手の変わりになったが、歌の変わりは出来ない。それでも、出会えて良かったと言い、キスする2人。

   薫の手から落ちた5円玉つきのネックレス。これは、やっぱり、何かあるなって・・・

   美咲の存在も大きいですね。いつも、側で支えてくれてる。

 そして、ついにコンサートの日。スポットライトのタイヨウを受けて無事に歌えるのか?

 麻美にありがとうを言う孝治。そして、麻美のファーストコンサート。

 孝治達の楽屋を訪れた薫は落ちつかないながらもまだ、元気だった。
 なのに、これからいよいよって時に発作が・・・

    あと少し、もう少し・・薫に力を与えて。
  具合が悪いのに歌うという薫、「君はそれでいいのか?」と聞く工藤。
      「はい」と孝治。

 スポットライトの下に来れたのに、発作は激しくなり、「私、やっぱり、タイヨウに嫌われてるのかな?」と言う薫。

 「そんなことない。もし、そうだとしても嫉妬してるんだよ。いろんな才能持って生まれてきた薫に、たくさんの奴に愛されてる薫に」

 「そっか。孝治ありがとう」涙を流して孝治の腕の中で息をひきとる薫。

 (沢尻エリカっていう人はこういう時の演技がすごいですね)

 薫がいなくなったら泣いて泣いて泣きわめくと言ってた孝治は絶対泣かないと言い、お前と会えて幸せだったから、ずっと思い続けてやるからなって。

  ああ~タイヨウの下でムーンチャイルドに出演させてあげたかった。

  しかし、曲が録音してあったのでCDが発売される事に。
  たくさんの人の元に行く「タイヨウのうた」のCD。
  孝治は工藤の元でギタリストとして採用される事に。

  美咲や薫の親達は、いっぱいCD買ったりして、ムーンチャイルドのメンバーもデビューし損なってしまったけど、それぞれの道を進んで。

  薫との思い出に浸る孝治も、自分の道を進んで。

 ※私の地域では13日のCDTVでカオルアマネとして、歌を披露した沢尻エリカさん。白いドレスで、スポットライトのタイヨウを浴びてましたね。
  
                     チェックしてね♪
 
タイヨウ・薫・最後

タイヨウのうた
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

09.14

マイ☆ボス マイ☆ヒーロー第9話(BlogPet)

きょうはおじゃうさで試験したよ♪

うさまる」が書きました。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「うさまる」が書きました。

H18・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

09.13

結婚できない男・第11話

  第11話「花柄がきらいで悪いか」

 花柄が嫌いな信介(阿部寛)さん。クライアントが壁など全面、花柄だらけを要求したものだから、断ると言い出しましたね。
 それでも、沢崎(高島礼子)さんが、一部分のみで話をつけてくると、なんとか、妥協するまでに。

 隣の部屋のみちる(国仲涼子)に、最近、知らない人からストーカーのようにメールが来るように。
 それを聞いた夏美(夏川結衣)は、信介に隣なんだからと、みちるを送って帰るように言う。

 「じゃ、何処で何時に待ち合わせする?」とまんざらでもない信介さん。

 犬のケンちゃんの散歩の時にもボディガード役をする信介さんでしたが、公園に乗り捨ててあった自転車をみつけると乗ってケンちゃんとたわむれだして、警察所に連れていかれるはめに。

 みちるがストーカー被害にあっているから、そっちの方をなんとかしろと警察官に熱く言う信介さん。

 前にお化け屋敷に行った時に携帯を中で落として、ミイラ男さんに拾われた事があるみちる。もしかして、この時の男の人がストーカーか?
 
 夏美と信介とで、このミイラ男に直接会って聞くがアリバイがあって違うと言う。

 怪我した英治(塚本高史)は、信介にあなたの味方だといい、僕の事必要ないなんて思わないでって言ったりして、信介さん、結構、愛されてますね。

 そして、ストーカーはやっぱりミイラ男だった。「あの子に近づくな」とはっきり言う信介。格好良かったですね。

 みちるは「桑野さんの事、好きになっちゃったかも」と夏美に言いましたね。

 夏美が、自分の気持ちと反対の事ばかりをしてるようにみえると言う沢崎さん。

 みちるに夏美・・・もててるね,信介さん。どっちにするの?

    来週は最終回、結婚できる男になるのかな?

                      チェックしてね♪
 

H18・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2006

09.12

サプリ・第10話

 第10話「今、俺にできること。」

 ミナミ(伊東美咲)の部屋に来た勇也(亀梨和也)でしたが、便利屋扱いされてましたね。

 クリエィテブ試験の1次に合格して喜ぶ勇也とミナミ。しかし、ユリ(浅見れいな)は落ちてましたね。
 
 時計のプレゼンに張り切るミナミでしたが、グッとくる言葉がなかったとか理屈ぽくなったかなとか、言われてましたね。
 そろそろ、型をやぶる頃だとか言う今岡(佐藤浩市)。

 2次試験用にスーツを見たてる勇也に、つきあうミナミと荻原(瑛太)でしたが、荻原は勇也にも聞こえるように、海外に移動する事を告げ、ミナミを連れて行きたいから、交渉すると言う。
  勇也がいる前で「好きです」と告白の荻原。
 
  勇也にはっきり、行かないと言うミナミ。

 なっちゃん(志田未来)は、20日にハンガリーに行ってしまうのか?
 ピアノ発表会は18日の14時半で今岡がクライアントと会うのは14時。
  発表会に行くと言った今岡さん、どうなのよ。

 スーツ姿で面接に望む勇也。プレゼンはうまくいきましたが、難しい質問には、しどろもどろに。そして、もっと社会の常識を知った方がよいと言われちゃった。

  クリエイティブ業界も大変ですね。

 ※はあぁ~ここまで見てて、やっぱり、面白くないですね、このドラマ。
 亀梨君が出てなかったら、とっくに見てないですね。
 会社のパート仲間も面白くないから見てないと言ってましたから。
 なんだか胸にぐっとこないんですよね。
 このドラマに何かのサプリを与えてやって。

 そして、またまた、突然会社をやめると辞表出しちゃった勇也。
 ミナミの事を荻原に託して。
    来週は最終回です。

                     チェックしてね♪
 

サプリ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

09.11

マイ☆ボス マイ☆ヒーロー第9話

 第9話「若頭☆バレンタインデーは大決戦!」

 真喜男(長瀬智也)は、若と呼ばれている所に、真近で百合子(香椎由宇)先生に顔見られましたね。ばれてはいないのか?

 組を弟の美喜男(黄川田将也)が継ぐと言い出した。90秒以上考えられない真黄男に90秒以上激しい運動ができない美喜男。決着は2月14日に選挙で行う事に。

 真喜男は卒業試験を受ける事に。だが、2月14日に行うと言う。同じ日ですね。おまけにバレンタインデーだしね。(この時期にもう、バレンタインだとは~~)

 百合子先生、やっぱり、あの時見たヤクザが真喜男に似てたと思ってたのですね。でも、自分の目がおかしいと思ってるみたいですが・・

 鋭牙会向けケーブルビデオにてアピールビデオが放送される美喜男と真喜男。高校生活ばかりの真喜男。全然負けてる真喜男。

 明応大学入試の日。(ああ~みんなマフラー捲いてるね。暑いだろうによく、汗が出ないなと感心)

 そうして、2月14日が来ちゃった~
 まずは、卒業試験。真喜男かなりの進歩、すらすら書いてるよ~
 30点から40点代の点数が各教科でとれた真喜男はクリアできました。
  (すごい、進歩ですよ、真喜男くん)

 ひかり(新垣結衣)から、卒業試験合格おめでとうというメッセージつきのチョコレートが机に入ってましたね。

 今度は選挙。和弥に高校にきちんと、正体隠さずに通えと言う真喜男。
 和弥、間違えてプリンレシピを真喜男に渡してしまったよ。
 気付いた真喜男は、自分の言葉で壇上で話しはじめました。

 電話投票センターって、ヤクザさんの世界にこんなのがあるなんて(笑)
   3387票対3378票で真喜男の勝ち。

 真喜男の父、喜一(市村正親)と水島先生(もたいまさこ)の話を聞いてしまった百合子。真喜男が実は28歳で鋭牙会の跡目を継ぐ身であると。

 そして、跡目つぶしによその組の奴らが学校に来てしまった。無事に真喜男はみんなと卒業できるのか?
    残すは最終回のみ~~~

 ※10月14日(土)よる9時スタート「たったひとつの恋」
   原作・・北川悦吏子
      亀梨和也&綾瀬はるかにて放送。

                      チェックしてね♪
 
マイボスチョコひかり

マイ★ボス マイ★ヒーロー
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

09.09

タイヨウのうた・第9話

  第9話「忍び寄る運命の影」

 薫(沢尻エリカ」と孝治(山田孝之)と麻美(松下奈緒)の三角関係が雑誌に取り上げられ、エリカの病気の事や孝治も傷害の前科のある少年と書かれていた。
 エリカの家にはマスコミが押しかけ、心配して夜、窓の下に訪ねてきた孝治。
 練習さぼんないようにみんなに言っておいてと薫。

 工藤(要潤)は、薫に真相が本当かどうかが問題ではなく、スキャンダルになった事自体が問題だと言い、デビューの話は白紙にと言ってきた。
 孝治や雄太(田中圭)達は工藤を訪ね、考えなおしてほしいと言いにいくが、だめだった。
 麻美も干す考えの工藤。
   裏でスキャンダルを操っているレイサ(原史奈)は、ほくそ笑む。

 そして、マスコミは”民宿みうら”まで。
 ルポライターの黒岩(半海一晃)という記者に暴行を与えたと濡れ衣を着せられ、警察に連行されてしまう孝治。(なんということなの~~)
   舌を出すスキャンダル記事を書いた黒岩。
   2度目だから、半年以上は出られないかも・・

 孝治が連行されたと聞いて、自分の体の事もかまわずにタイヨウの下に飛び出してしまった薫。(この時は本当に嘘~と思ってしまいました・・どうなる薫~~)
 幸い、UVクリームを塗っていたおかげで、軽くすんだ薫。それでも、ほっぺや腕の包帯など、痛々しい感じ。

 入院している薫を訪ねてきた麻美。タイヨウの下に飛び出した薫に私だったら出来なかったかもと言う麻美は、2人を助ける為に何が出来るかなと言って去って行った。

 黒岩と会い、何か話をつけた麻美。
 告訴を取り下げられ、証拠不十分で釈放された孝治。

 テレビでは橘麻美の独占告白「嘘にまみれた過去」として、麻美がTVで告白していた。5年前、襲われそうになっていた私を必死で守ろうとした孝治の事や、襲われたのが未遂だとしても変な噂が出たら困るだろうと、襲われそうになった事はだまっているように言った孝治の事も。

 彼は私の未来を守るために1人で少年院に。それなのに、彼を待たずに施設を離れたと言う麻美。裏切ったくせに苦しくて辛くてどうしようもなくて昔みたいに彼にすがろうとしたがそこに救いはなかったと。

 彼は彼の新しい未来を一生懸命生きてた。難病をかかえながらもまっすぐ前を向いて生きているとても強くて素敵な女の子と一緒に。
 今回の事は自分の身勝手さが原因だと頭を下げる麻美。
 (今週の松下奈緒さんはしっとりしていい演技をしてます。良かった。)

 ※薫の病室に来れた孝治。
   孝治「バカ!タイヨウの下なんか飛び出しやがって」

 黒岩と取引でインタビューに応じた麻美だったが、嘘で生きる事に苦しんでいたから楽になったと思うと薫に話す孝治。

   薫「もう、会えないかと思った」抱き会う孝治と薫。

 ※勝手な事をしてごめんなさいと謝る麻美に強くなたったなと言い、いい顔をしていると工藤(本当に、いい顔で人が違ったみたいな松下さん。今週の演技はいいです)

 見せたいものがあると工藤。麻美のファンから殺到したメールやムーンチャイルド宛にデビューを心待ちにしているというのばかりがきてると見せる。この波に乗らない手はないと言い、麻美にも自分の側で歌いつづけてほしいと言う工藤。

 ※手をつなぎながら窓の外を眺める孝治と薫。
   孝治「こっから見てたんだ」
   薫「うん。見てた」

 美咲(佐藤めぐみ)が持ってきたギターで「タイヨウのうた」を弾く孝治。
    (とても、優しい音色で素敵だった)

  -いつまでも聴いていたい。いつまでも永遠に側にいたい。ー

 薫の心とは裏腹にせきが止まらなくなってしまう薫だった。

★沢尻エリカさんのkaoru amane「タイヨウのうた」のCDが初動15万枚売れてヒットしています。

 12月に「タイヨウのうた」DVD-BOXが発売。
 来週はもう、最終回なのですね。
  
                    チェックしてね♪

タイヨウ・連行・孝治  ←連行される孝治

タイヨウ・走る薫  ←タイヨウの下、走る薫

タイヨウのうた
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

09.08

下北サンデーズ・最終回

 最終公演「アナ―キー・イン・ザ・サンデーズ~下北沢をぶっとばせ」

 ※視聴率が悪く予定より早い終了になってしまったドラマ・サンデ―ズ。
  最終回はそのためかちょっと、1番つまらなかったですね。

 サンデーズはザ・スズナリでの公演が大成功だったため、ヌーベル演劇祭に参加できる事になり、あこがれの本多劇場で公演が決まった。
 
 あくたがわ(佐々木蔵之介)さんも、それ用に脚本を書き上げました。ゆいか(上戸彩)とサンデーズでの出会いとこれまでの出来事をサーカス団の物語に置き換えて描かれた作品。

 本番まで20日。出し物は「下北ソングス」

 ゆいかはセリフを完璧に覚えたにもかかわらず、渋谷(池田鉄洋)が連ドラのヒロインの役がゆいかに決まったと言ってきたため、座長から、退団しろと言われてしまう。ゆいかの将来を思っての事だったが・・

 北沢牧場の代沢(藤井フミヤ)に経緯を聞いてもらうゆいか。彼もまた、インデーズ時代にヒロ太(三宅弘城)らとバンドを作り騒がれたが、メジャーレーベルからソロにならないかと話が来て、バンド仲間とは喧嘩別れ。

 メジャーに行ったはいいが売れ線狙いの曲ばっかり歌わされて、その後は泣かず飛ばず、事務所を首になって、実家を継ぐ事になった代沢(牛乳おじさん)

 語るケラ様(ケラリーノ・サンドロヴィッチ)の頭にはスリッパまであってすごい事になってましたね。
 ザ・イエローハーツにも売れた曲があり、それが「下北以上原宿未満」。 この曲が売れたため、メジャーに行く事になった代沢。
 「メジャーにしか見えない世界だって絶対あるんだ。がむしゃらに飛びこんでみて自分の目で確かめてみるといい。そこから見える景色で大切な何かがわかるはずさ」とゆいかに言う代沢。

 サンデーズの事を思い出さないように、ドラマのクランクインに向け、準備するゆいか。そして、ドラマの会見。主役は大鳥ゲン(京本政樹)。彼がゆいかを紹介しようとすると前に出て「・・未熟者ですがよろしくお願いします」と大きな声で挨拶しちゃった。これが大受け。

 亜希子(山口紗弥加)さん、ゆいかの役だけど、可愛い格好似合ってないし、極度のあがり症で失神したまま、公演できるか、やばい。
 ゆいかも芝居は編集でどうにでもなると言われて、監督に反発し、下北に帰ると言い、走るゆいか。追いかける渋谷ら。

 そこに現われたのは、富美男(北村総一郎)や下馬(古田新太)ら一座。彼等に助けられ、そして、牛乳おじさんの代沢やヒロ太まで現われ、牛とともに車で移動。代沢やヒロ太らも「下北以上原宿未満」を一緒に歌って仲直りのよう。牛乳ラーメンを新メニューに加えてくれるならラーメンを食べに行ってもいいと言う代沢。やったね。

 公演の時間は近づくが失神したままの亜希子。
 会場には団員ゆかりの人々がたくさん来ていましたね。しかし、公演の中止を決断して謝るあくたがわ達。

 かけつけたゆいかの前に現われたのはケラ様と本多劇場の本多さん(本物)。本多さん、棒読みでしたね。

 ギリギリ間に合ったゆいか。もう1度サンデーズに戻るゆいか。
 代沢、ヒロ太らに、ゆいかのおじいちゃんや大鳥ゲンまで会場に。

 下北サンデーズ 第二十四回公演  本多劇場
   「下北ソングス」
  ゆいかの主役ではじまり~~(でthe end)

 ※上戸彩ちゃんの可愛い格好似合ってましたね。
  2話分を1話にしたようでなんだかバタバタした終わり方でしたね。
  すべての出演者も出しちゃえ状態でしたね。
  最後、「下北ソングス」見たかったです。

                   チェックしてね♪
 

H18・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

09.07

ユウキ(24時間テレビにて)(BlogPet)

きのう、朝陽まで自分を完走ー!
しかし米山で溶解しなかった?
また小栗でカジツーリングするはずだったの。
そしてうさまるがポプラ社と小栗に完成したよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「うさまる」が書きました。

H18・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

09.06

結婚できない男・第10話

 信介(阿部寛)を訪ねてきた母(草笛光子)はみちる(国仲涼子)の部屋で待つ事に。
 自分に信介をふられそうになったみちるは、沢崎(高島礼子)さんがあうのではと話してしまった。

 沢崎さんの祖母が亡くなり、通夜に来た夏美とみちる。みちるは信介の母に勧めた事を沢崎さんに話し、沢崎さんは引き抜きの話がきてて、迷ってる事を話す。

 夏美は、引き抜きの話を受けようと思うと言って、彼の本音を確かめるように言う。
 
 沢崎さんが引き抜きの話を受けると言うと、強がっていいんじゃないかと言ってしまった信介。
 でも、本当は行ってもらっては困る。

 またまた、夏美の所へ行って相談する信介。彼女から、沢崎さんが行かないように言ってもらおうとか思った信介でしたが、しっかり、見抜かれてましたね。

 夏美は信介に「たぶん、あの人はあなたのことが好きなんだと思います。あなたの気持ちを確かめたくて、引き抜きの話を言ったんだと思う」と話しましたね。

 沢崎さんが引き抜きの人と会ってるところに現われた信介さん。
「俺がおかしたトラブルを文句も言わずに処理してくれるのはお前しかいないんだ。男とか女とか意識しないで仕事だけでつきあえる便利で都合のいい女はお前しかいないんだ」と信介さん。

 本音すぎますよ~便利で都合のいい女だなんて普通怒っちゃいますよね。でも、沢崎さんは怒らずに、ずっと仕事のパートナーでいろって事ね。これからもいい仲間でいましょうねって。大人だわ~

 夏美に信介との事を話した沢崎さん。信介の母が沢崎さんの事を夏美に聞きに来たが彼女は結婚しないと思うと伝える事に。

 女心のわからない奴は永久的に結婚できないとかって信介に言ってましたね沢崎さん。

 沢崎さんも夏美先生も、どちらも信介の事、好きなんですよね。ただ、夏美先生が自分の気持ちに気付いているかどうかはわかりませんが・・

                   チェックしてね♪

H18・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

09.04

サプリ・第9話

  第9話「二人きりの夜」

 ミナミ(伊東美咲)は渡辺ユリ(浅見れいな)から、勇也(亀梨和也)を譲ってほしいと言われ、勇也を避けるように。

 クリエイティブ中途採用試験をユリも受ける事に。

 ミナミは勇也と一緒にいるところを会社の人に見られて、急に離れたりして、残業で買出しとかって言って、二人の仲を知られたくないよう。
  俺基準でやるからいいと勇也。

 携帯電話の企画案が、ライバル会社も同じだった。明日までに、また考えなおさないといけない事に。

 勇也は、頑張りすぎて熱を出してしまい、ミナミに連れられて、帰ってきた。帰ろうとするミナミに「ミナミ」と呼んで、引き止めた勇也。
 明け方まで、一緒にいたミナミ。

 結局、案が出せなかったミナミは今岡(佐藤浩市)にやると言った事はやろうとか言われてしまいましたね。

 今岡さん、ヨウコ(白石美帆)に冷たすぎ。

 ミナミはユリに、勇也とはうまくいかないと思うから大丈夫だとか言ったりして、勇也が聞いたらがっくりですね。

 ついに採用試験~~頑張る勇也とユリ。

 今岡に「あなたは合わせる顔がないの、自分自信に」とヨウコ。

 試験が終わって、ミナミに会った勇也は「ずっと、藤井さんのとなりがいい」と言い、「あたしも、ひとつだけ見えてる事がある。あなたがあたしの自慢だって事」とミナミ。
    ー手をつなぐ二人ー

 もう、いい人やってる時間はないとミズホ(りょう)に言う、荻原(瑛太)。

 ※今週は、ミナミと勇也が一緒のシーン多かったですね。
 後、2週で終わりだから、進展しないとね。
 でも予告編では涙する勇也がいましたね。

 「サプリ」も、オリコンのドラマ中間満足度ランキングでは10位外になってしまってますので、ここから頑張らないとですね。
 ドラマの内容がいまいちって感じですね。亀梨君が生かされてないって感じですし。そのあたりが満足できない度に関係してるかな・・

                       チェックしてね♪
 

 

サプリ
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2006

09.02

マイ☆ボス マイ☆ヒーロー第8話

  第8話「文化祭☆愛と青春のハッピーディ」

 マッキ-(長瀬智也)の事を不思議に思っていた桜小路(手越祐也)君が家にやってきちゃった。弟の美喜男(黄川田将也)が何故か家庭教師ってなってるし~

 一瞬、見えちゃったヤクザの皆さんもすぐに隠れ、ヤクザの写真は見られたら、バンドのメンバーって事にした真喜男。やばかった~

 文化祭の時期が近づいたが、みんなやる気のない人ばかり~真喜男は思わず、音楽をやると言っちゃった~(今週はまたまた、面白そう)

 ひかり(新垣結衣)は志望校に合格。真喜男にふられた形のひかりは頑張って一緒に卒業しようと真喜男に。
 マッキ-には、秘密があると、ひかりらに言う桜小路順。

 百合子先生が想像した真喜男との高校時代、何故か真喜男はロン毛で金髪だった~

 バンドをやってた事になってる真喜男、順はドラムを真喜男にと言う。
    どうする~~真喜男~~

 黒井(大杉漣)は若(真喜男)にしかついていけないと、美喜男に。良かった、良かった。

 バンドの練習するも、みんなひどい。真喜男は小太鼓のみで、リズム感もなく全然あってないし。

  水島先生(もたいまさこ)の細胞の話は興味深かった。
  順君の姉は美人でしたね。
  あいかわらず、桜なんとかのままの順君ですね(笑)

 11月18日と19日がアグネス祭。(暑い夏に撮ってるんですね~ご苦労様)
 3年A組の出番。真喜男のリズム打ちからはじまった演奏。途中でアクシデントがあったが、ロン毛君の機転でサビからもう1回、演奏するみんな。

 真喜男の父親や組のみんなも見に来て、大成功だった。
 でもベストクラス賞はとれなかった(>_<)でも最高にハッピーだったとみんな。
 
 そして、真喜男の誕生日を祝ってくれるクラスのみんな。和弥(田中聖)が気づいたのですね。感激する真喜男。

 クラスのバンダナなどはまた、和弥が縫ったのですね。でも、ろうそく28本はやばいよ~(ケーキは誰が焼いたのか?)

 時は2007年元日に~(早すぎ~~)雪も降ってるって~(この季節に)
  みんな受験真っ只中、最後のデカイ嵐がやってくるって~

  選挙、卒業試験、バレンタインも待ってるわ~
 
                     チェックしてね♪

マイボス・バンド  ←ドラムで張り切る真喜男

マイ★ボス マイ★ヒーロー
トラックバック(0)  コメント(4) 

    2006

09.02

タイヨウのうた・第8話

  バンドフェスティバルが終わった途端に、旅に出ちゃった店長(竹中直人)。
 
 そのフェスティバルを見に来てた工藤(要潤)は、バンドをデビューさせたいと話に来るが薫(沢口エリカ)は、彼を信用できなくて、その話を断ってしまった。
 孝治(山田孝之)にも、その話はみんなにだまっていてと薫。

 ※下北サンデーズでゆいかのお父さん役をしてる俳優さんがこのドラマでは、孝治や薫や麻美達を落とし入れる方の役で出てますね。

 麻美(松下奈緒)にはもう、見切りをつけるつもりの工藤。君の変わりに雨音薫と孝治らをバンドデビューさせると話す工藤。難病に侵されながらも運命から逃げず、未来だけを見つめて生きる、彼女の歌には強さがある。その強さに魅せられたと工藤。

 (松下奈緒さんの演技力がどうも、このドラマの中でイマイチのような浮いているような感じがするのですが・・)

 バンドのデビューの話があったが断ってしまった事を美咲(佐藤めぐみ)は、隆介(川村陽介)に話してしまい、みんなから仲間じゃないのかと反感を買ってしまった。

   本当はバンドをやりたい薫。

 薫に会いに来た麻美は、孝治の事をあきらめてと言う。10年分側にいられないなら、今、100年分愛してあげたいと言う薫。
 音楽も孝治もどっちも必要と言う薫に、音楽があるなら、孝治を返してと言う麻美。

 薫「あたしがさ、いなくなったらどうする?」
孝治「相当泣くだろうな」
 薫「それから」
孝治「泣きまくってこの世の中とか恨んで、やっぱり、神様なんかいないって思ってその後はわかんねぇ」「先の事なんかより今が大事。今、目の前にいるお前が大事」
 薫「良かった。あたしも孝治が大事。今が大事。孝治、あたし、みんなに話したい。あたしの気持ち、ちゃんと伝えたい」

 バンドがやりたい、みんなと一緒に。

 薫ちゃんの夢になら喜んでつきあうとみんな。

 Moon Childは、ASH RECORDSと専属契約を結ぶ事に。プロモーション用の写真も撮り、薫はレコーディングも。

 それなのに、週刊誌に橘麻美、デビュー目前の新人歌手と泥沼三角関係などと書きたてられてしまった。
 薫の病気の事や、孝治の少年院出だとかも、書かれていた。

 またまた、走る孝治・・

 ★オリコンデイリーシングルランキング8月31日付け
  1,「フィーバーとフューチャー」GYM
  2,「タイヨウのうた」Kaoru Amane
  3,「UN ROCK STAR」 ORANGE RANGE

 着うたダウンロードランキングでは発売前から50万枚を突破して1億円を売り上げた「タイヨウのうた」ですが、CDの方も売れてます。

 オリコンの放送中間ドラマ満足度ランキングでは、「タイヨウのうた」4位になっています。 詳しくはこちら

                      チェックしてね♪
                         
タイヨウ・プロモ写真プロモ用写真

タイヨウのうた
トラックバック(0)  コメント(2) 

    2006

09.01

下北サンデーズ・第8話

  第八公演「サルたちのシモキタザワ」

 スズナリ公演を決行すると団長(佐々木蔵之介)。ゆいか(上戸彩)の実家の旅館で合宿する事に。
 
 団長は新作を書くとも。10日間芝居以外の事は一切するなと言う団長に答えるみんな。八神(石垣佑磨)さんの事も口にしてはならず。

 ゆいかの実家に話をつけおくと言ってたはずのおじいちゃん。
 着くと「千葉大学理学部御一行様」って書いてあったねぇ。

 サルを題材に書き上げた団長。タイトル「進化しなかったサル」八神君が主役だと言うがいないので、代役を団長自信がやると言う。

 サルの生態をゆいかの母から学ぶ団長達。サルになりきるみんな。
 母はゆいかが芝居をしているとわかってて、教えてくれてたのですね。
 父は気付くと怒りましたが、許してあげましょうと言う母。

 スズナリでの公演、八神君も見に来た。公演は成功。役者紹介の時に席を立った八神を追いかけるゆいか。また、戻るゆいかと八神。

 劇団員の「お帰り、八神」が・・そして、「ただいま戻りました」と八神。

 ヌーベル演劇祭にも出てよいことに。

 牛乳おじさんは下北ミルクを置いていってくれた。かつ、自ら持って、現われた牛乳おじさん。認めてもらえたのですね。

 良かったですね。下北サンデーズ!

 ※森三中の黒沢さん、治療として石垣佑磨君にキスして役得でしたね~
  濃い役者の京本政樹さんも出てましたね。

                      チェックしてね♪

 

H18・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。