--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

02.28

ヒミツの花園・第8話

 「ついに花園ゆり子の正体がばれてしまった!」

 編集長・田丸(田中哲司)が、花園ゆり子の正体を売ってしまい、週刊誌に書かれたがそれがワイドショーにも取り沙汰され、イメージアップどころがイメージダウンに。

 4兄弟に、表に出て、イメージアップさせようと考えた田丸。
 夏世(釈由美子)の担当するコミック誌で一度だけ、取材を受ける事にした4兄弟。

 亮子(真矢みき)をプロデューサーに、写真撮影とインタビューをする事に。何故か、次男の修(池田鉄洋)だけ、将棋の駒を持ってめでたい雰囲気でしたね。おだてられて、その気になってしまった修。
           
            ひみつの花園・4人


   陽(本郷奏多)は、私服での、4人一緒の写真も撮ってほしいといいましたね。今まで4人一緒の写真はなかったようですね。

 コミック誌が発売されると、マンションの前まで人が押しかけてきて、出掛けられない状態に。
 修はこんなにもてたことがないと興奮。

 1回だけという取材をまた、受ける事にした修と智(要潤)。この2人は浮かれ、航(堺雅人)は、もう、取材を断ってくれと冷たく夏世に。
 取材は嫌だが、あんな冷たい言い方しなくてもと航に言う陽。

 浮かれてる修らに「あのこと忘れたのか」と言った航。やっぱり、何か過去にあったのですね。

 陽の出生に関する秘密があるような・・・

 「あなたが来てから何もかもめちゃくちゃだ」と夏世にあたる航は、夏世にもう来ないでほしいと。
 優しかったり、冷たかったり、掴めない航。
 
 泣きながら、マンションを出ていく夏世でしたね。後を追いかけてきた智。それでも、去る事に決めたようですね。

         チェックしてね♪
スポンサーサイト

H19・冬ドラマ
トラックバック(1)  コメント(1) 

    2007

02.27

東京タワー・第8話

  「時々オトン、家族の絆」
 栄子(倍賞美津子)のガンが再発しましたね。
 手術を拒んだ栄子もやっとの事で、了解。

 栄子の手術の日には、オトン(泉谷しげる)もやってきましたね。
 病院の売店で仲睦まじく、買物していましたね。
 ずっと、別居状態でも、何故か別れない2人でしたね。

 手術がはじまり、時間がかかるため、家に帰った雅也(速水もこみち)とオトンでしたが仲良く寝てしまって、戻る時間に間にあいませんでしたね。

 病室に戻ると、栄子が無事、手術を終えていましたね。声も無事でしたね。
 手鏡に映る東京タワーを見てなぞる栄子。
 みんなも東京タワーを見て家族が揃いましたね。

 まなみ(香椎由宇)の実家では、旅館を営む借金の返済に翻弄する母がいましたね。まなみがりんごを渡すとほっとした顔をした母でしたね。

  家族の絆は大事ですね。

            チェックしてね♪

H19・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(2) 

    2007

02.25

華麗なる一族・第7話

  「悲劇の高炉爆発」

 ついに、突貫工事がはじまりました。
   昭和43年4月・・後2ヶ月で完成か

 大同銀行をのみ込むつもりの阪神銀行。大同銀行の綿貫専務(笑福亭鶴瓶)を副頭取にすると大介(北大路欣也)。

 二子(相武紗季)は、佐橋総理の甥との見合いを家の事を考えてしたようですね。四々彦(成宮寛貴)との事はどうなるかな?

 芙佐子(稲森いずみ)は、まだ、鉄平(木村拓哉)の事を思っていましたね。つる乃屋の女将(多岐川裕美)は、あまりもう長くないようですね。大介と鉄平の仲を気にしてましたね。

 万樹子(山田優)は、流産してしまい、銀平にだまっていろと堕ろしてほしいと言われていたと言った万樹子。銀平に怒る大介。わしの息子はお前だけだとまで。(鉄平は聞いていましたね)

 36年前、風呂場でめまいがして意識を失って倒れた寧子(原田美枝子)を介抱したのが祖父だったようですね。その時の子が鉄平なのか?

 高炉が爆発・・鉄平の夢は・・死傷者も多数出ているようで、どうなることか?ここは俺にまかせろと言っていた玄(六平直政)さんまで亡くなってしまって(冒頭に鉄平とジャンケンをしていた玄さん・いい人だったのに)
  (天は我に味方したか・・大介)

 ガス漏れだったようで、一睡もせずに、事故の処理に追われる鉄平。
 高炉建設は中止か?でも、鉄平はあきらめないつもりのようですね。
 
 二子は佐橋と婚約する事に決めてしまいました。(それでいいの?)

 つる乃屋の女将はやはり、芙佐子の母親でしたね。父親は鉄平の祖父・敬介だと。女将が亡くなり、鉄平の父親の事がついに明かされる事に。芙佐子と鉄平は兄妹か?

          チェックしてね♪ 

H19・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

02.24

演歌の女王・第7話

  「サヨナラあなた東京を捨てます」

 何気に見ましたが、ドラマ自体はちょっと、古臭い感じがします。
 それこそ、本当に演歌ですからね。

 ひまわり(天海祐希)は、元マネージャーが一緒にまたやりたいと言うので「女のわかれ道」宣伝活動をはじめた。

 ヒトシの妻・真佐美(酒井若菜)は、ヒトシとは別れないと泣きつき、ヒトシの兄達と組んで、呉服屋を売って、道代(池内淳子)を施設に入れるつもりのよう。

 ヒトシはひまわりの家に道代を施設に入れさせたくないからと2人で転がりこんで来ましたね。

 記憶のないふりをしていた道代は施設に入って、呉服屋はヒトシと真佐美にまかせると。

 それでも呉服屋を売ろうとしている真佐美に土下座して、ヒトシと分かれてと懇願のひまわり。

 ヒトシと別れるくらいなら、お腹の子を殺すと言った真佐美が階段から転げ落ちるところを助け、2人で転がって行きました。

 またまたひどい怪我のひまわり。お岩さんのような顔になっちゃったよ~

 今度は真佐美が土下座して、私から家族をとらないでと本音を。

 そして、ひまわりはまた、歌一筋にと巡業先の地方へと旅に。

         チェックしてね♪

H19・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

02.23

花より男子2・第8話

  「四角関係の決着」
 滋(加藤夏希)は、道明寺司(松本潤)に服を脱いで迫り、諦める気はないですね。

 つくし(井上真央)は、類(小栗旬)に司の事を信じると言うが、類もつくしの事を諦めない事にしたと言い、決着つかず。

 牧野の事をあきらめてくれと類に土下座する司。プライドの高い司がありえな~~い。
 つくしに頑張れモードの類さまに。(う~~ん、もったいない)

 類&司の男と男の魂の会話・・いやあ、つくしがうらやましいね~

   花より男子・類


   花より男子・司


 司の母・楓(加賀まりこ)が帰ってきましたが、使用人頭のタマ(佐々木すみえ)さんが、つくしをかばってくれましたね。

 若いものの恋にあれこれ言う楓に「無粋な人ですね、格好悪~」とタマさん。

 楓につくしの出入りを禁ずると言われたタマさん、先代の遺言で私はこの屋敷の中で起きたすべての責任をタマに一任すると言われているから、私に口出ししてはならないと楓に反対に怒り、楓はそれ以上、何も言えなくなってしまいましたね。

 つくしは強力な助っ人が出来ましたね。つくしを命をかけて守ってくれるとタマさん。自分勝手で我侭放題だった司を変えた女ですからね。

 滋の家族との会食の席で、自分の方から詫を入れるつもりで来た司だったが、滋の方から、司との結婚をやめさせてほしいと。お詫びに会社の合併話は今まで通りにと言う滋。

 司の方から、やめたいではきっと、会社の合併話もありえなかったでしょうから。つくしを幸せにしてやってと言って去る滋。
 自分も司を好きだったのに身をひいてくれた滋、いい人でしたね。

 つくしに司との結婚はなくなくなりました。嘘をついてごめん。ニューヨークに帰るとメールを送ってきた滋。

 司に教え、司から聞いた類がつくしを送ってくれて、なんとか、滋の見送りに間にあったつくし。すぐ後に来た司は、間に合わず。
 2人で手をつないだところに、現れたのが母・楓。

   う~ん、どうなる~~

 ※嵐の主題歌「Love so sweet」、うたばんやミュージックステーションで歌う嵐が見れました。
    最近、俄然、注目の嵐ですね。

         チェックしてね♪


花より男子2
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

02.23

ハケンの品格・第7話

  「企画コンペに恋は厳禁」

 冒頭、桐島部長(松方弘樹)と名刺の整理としてカルタのように名刺取りをしていましたが、やっぱり、春子(篠原亮子)さん、最後の1枚をわざとお手つきして負けましたね。

 しかし、みんな集まってみてて、仕事中ですよね~~それでも仕事回っていくんですね(うらやますぃ~)

 創業80周年の企画案を出す事になりましたが、里中主任(小泉孝太郎)が作った企画案を見る時の春子さんの目の表情がすごくおかしかった(篠原亮子さんの演技は、本当にいいですね~)

 派遣の春子が企画案とはこうあるものと言うと、社員がその言葉を聞いて急に書き直しだしたりして、情けないですね。

 とうかいりん主任(東海林)×だいぜんしゅんこ(大前春子)
 
 あいかわらず、2人のバトルはおかしいね~東海林は春子とのバトルを楽しんでいるよね。

 タイトル・テーマ・タイミングの3つのTが大切だと言う春子に対して、タイトル・テーマ・たくさんの根回しだと言う東海林、あんたらしいよ~

 ハケン弁当(派遣社員が安心して食べられる安価でヘルシーな弁当)の案を考えてきた美雪(加藤あい)。春子が社員には見せてだめっていったのに、里中がその企画を支持してマーケティング課で手伝う事にしましたね。

 派遣の企画を自分の手柄にしちゃった東海林。派遣の見返りは時給のみと春子が言うように、派遣の企画では通らないのでは・・

 定食屋にリサーチしに行った時に、赤ちゃんを泣き止ませた春子さん。お母さんのお腹の中にいる時の音と言ってフーン、フーンって(本当にこれで泣きやむのか・・怪しい)

 案を通したいならと里中の名前で企画案を提出した春子・・それなのにそれでは納得できないとバカ正直里中は、美雪の名前に変えて送信しちゃった。

 ベスト5に残ってしまったが派遣の企画と知り、部長も社員もおだやかでない。心ない言葉に泣き出してトイレに篭る美雪。

 社員は派遣よりすぐれていなくてはならない。春子もそれがわかってて、いつもわざと最後に負けてますからね。

 里中主任の役にたちたいと出した案でしたが、会社の社風にあわないと一ツ木(安田顕)に彼女にはやめてもらうと言う部長。

 ※優しいだけじゃ人は守れません(by春子)

 休日に部長が子供達に剣道を教えている所に出向いた(部長もすごいね)、東海林、里中。そこへ春子が体を張って、今度は剣道で部長に「子供達の前で恥をかきたくなければ森美雪をクビにするのはやめなさい」と迫り、最後はわざと一本取らせましたね。

  なんでも出来るスーパーヒーロー春子さん、格好いいですね~
(篠原涼子さんもこのドラマでいろいろな役やらされて大変だぁね)

 結局、クビは撤退されたけれど、企画案を東海林にやれと言う部長。

  会社っていうのはこういうものなんですよね。お人好しは生き残れないってことですか~~

        チェックしてね♪

H19・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

02.22

拝啓、父上様・第7話

  ついに坂下の土地をマンション用地として売りに出し、1階に規模を小さくして、坂下を開店させると律子(岸本加世子)はみんなを集めていいましたね。

 3月には閉店の坂下。

 ナオミ(黒木メイサ)といい感じの一平(二宮和也)でしたが、坂下の婿として狙われていることには気付いていない鈍さ。母の雪乃(高島礼子)に言われて気付きましたね。

 律子が取ってきた客は大きな声で騒いだりして、とっても迷惑な客でしたね。あげくに、常連客と廊下でぶつかっても、気をつけろよじいさんって感じで、知らん顔。

 転んでしまった平山さんはどうやら腰の骨でも折っているよう。救急車で運ばれる事に。

 騒いだ客が帰る時に、侘びの言葉がないと夢子(八千草薫)さんはきれましたね。時夫(横山裕)は思わず、追いかけて殴ってしまい。竜次(梅宮辰夫)さんも関わって、客は怒って帰っていきましたね。

 ただ1人、平誤りだった律子は、みんなに怒ってしまいましたね。

 客だ、客だと言うなら客らしくしていなくちゃね。非常識な客は来てほしくないですよね。

           チェックしてね♪ 

H19・冬ドラマ
トラックバック(1)  コメント(0) 

    2007

02.21

ヒミツの花園・第7話

  「優しくしないで・・涙と抱擁のわけ

 花園ゆり子の漫画「忍法アラベスク」のドラマ化の話が持ち上がりましたね。

 花園ゆり子の正体を知った亮子(真矢みき)さん、結婚がだめになった責任とって、4兄弟に正体を言いなさいよと迫りましたね。次男の修(池田鉄洋)の時だけ「・・・」だしって濁したのがおかしかった。
    智の胸で泣く亮子さんでしたね。

 ドラマ化では、人気女優の佐藤れいなが演じると聞き、修はノリノリ。陽(本郷奏多)は「原作を超えたドラマはない」と慎重。航(堺正人)は智(要潤)にまかせると。

 夏世(釈由美子)の事が気になってる感じの航兄さんですね。

 プロデューサーに会った智は、ドラマ化を引き受ける事に。
 しか~し、ドラマ化を断ってと、夏世を呼び出して言う航。
 花園ゆり子を守りたいと言う航は、「人には決して踏み込まれたくない場所がある」と。

  それこそ、秘密の花園だ~~

 wiiのテニスゲームで「まだまだだね」と言った本郷奏多くん、テニスの王子様の越前リョウマでしたね。まだ、16歳ですからね。

 陽くん、モデルの話が来たり、もててますね。

 出来上がった筋書きは原作とは全然、別物に。
 佐藤れいなにあう役ならなんでも良かったと言うプロデューサーに、断った夏世。編集長は売上の事だけ考えろと言っただろと怒るし。(編集長、悪い事企んでるよね)

 ドラマ化がだめになったと言い、航の胸で泣く夏世。

 花園ゆり子は男だったと言う記事が週刊誌に・・編集長だよね。汚いよね。

  ※「ヒミツの花園」上巻のドラマコミック発売しましたね。
    6話まで収録。ドラマの方がきっと面白いと思いますが
    買って読んでみたいです。




    

       チェックしてね♪

 

H19・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2007

02.21

東京タワー・第7話

  栄子(倍賞美津子)ちゃん、連日みんなが押しかけ、大人気でしたね。手料理もいっぱい振舞って、ごはんも「食べんしゃい」っておかわりさせて、エンゲル係数の高いこと。

 マー君(速水もこみち)の稼いだお金でみんな、食べているんですものね。

 栄子ちゃん、編み物教室に行って、お友達も出来ましたね。ベランダで家庭菜園もしたり、東京があっているようですね。

 仕事だって言っても、おかまいなしで栄子ちゃんとゲームやったり、仕事する身になれば、気が散って仕事もできないのでは。

 そんなところに鳴沢(平岡祐太)君、絵を取りに来たが、まだ、社に戻らなくちゃならず、栄子が勧めたご飯も食べずに帰ろうとして、徳本(高岡)君につっかかられ、茶碗が割れてしまいましたね。

 徳本君は、10年前に母親に怪我させて、家を出たままなのですね。
 栄子は、怪我したことより、息子に会えない方がよっぽど辛いって言いましたね。

 鳴沢君は、仕事をもらいすぎて、雅也の仕事を小さい仕事だから、忘れてたとかちょっと、いけないですね。でも、すごく一生懸命でいつも来る連中とはあきらかに、タイプが違いますね。

 ついに倒れちゃって、雅也の家でお世話になっちゃいましたね。

 栄子をみんな母のように慕い、自分の母親の事を気にしはじめた彼ら。まなみ(香椎由宇)もやってきて栄子と2人で楽しそうに話したり、でも、実は雅也の誕生日の計画をしてたよう。

 真っ白なうさぎを飼い始めましたね。可愛かったです。

 雅也の誕生日、みんなに祝ってもらえましたね。栄子ちゃんの手編みのクッションももらえましたね。

  しかし、栄子さん、ついに再発でしょうか?

           チェックしてね♪

 

H19・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2007

02.19

華麗なる一族・第6話

  「万俵家の崩壊」

 アメリカベアリング社が吸収合併され、追加融資20億を父・大介(北大路欣也)に申し出た鉄平。

 大介は大同銀行の三雲(柳葉敏郎)が、鉄平を強く買っているものだから、それが気にいらないようですね。融資をするから、三雲にもよろしく頼むと言った大介でしたが、その真意は別ですね。

 大同銀行を食おうと考えている大介・嫉妬は恐い。

 即、20億が阪神特殊製鋼に入金されましたね。これも怪しいですね。
 阪神特殊製鋼をつぶす考えの大介。いろいろ根廻しまでして恐ろしい。

 突風にあおられて海に落ちた作業員を助けに海に入った鉄平。助かりましたが、寒かったでしょうね(~_~;)

 父のやり方に嫌気がさした銀平(山本耕史)は、妻の万樹子(山田優)が妊娠したと言うと、誰にも話してないかと聞き、これ以上万俵家の血筋はふやしたくないとおろしてくれと言う始末。万樹子も可愛そうに。

 追加融資した20億を一時戻した大介は、もう戻さないと銭高(西村雅彦)に。

 高炉の完成がいつになるかで、阪神銀行が飲み込むか、飲まれるかが決まるのですね。人が集まるかどうかが決め手。

 二子(相武紗季)は佐橋総理の甥と見合いさせられるのか?

 父を超えられない大介の鉄平に対する嫉妬は、相当ですね。
 銀平までも鉄平が勝つと言いましたからね。
 
 作業頭(六平直政)が多くの人を連れて来ましたね。作業員を助けた鉄平を「若~」と呼んで慕ってましたから。
  この時に流れていた曲がイーグルスの「デスペラード」(ならず者)でちょっと、感動物でしたね。いい曲だなぁ~って懐かしく思いました。

 突貫工事がはじまりましたが、次週の予告では爆発シーンが・・鉄平の負けなのか?

          チェックしてね♪
 

H19・冬ドラマ
トラックバック(1)  コメント(2) 

    2007

02.17

花より男子2・第7話

 「一期一会の初恋」
 つくし(井上真央)は、司の家で、使用人として暮らす事に。
 
 西門(松田翔太)と連絡が取れないと美作(阿部力)が言いに来たが、優紀(西原亜希)も、バレンタイン以後、1週間も連絡が取れない。

 西門の幼馴染の更(貫地谷しほり)もバレンタイン以後、姿を消していて、お茶サークルもやめて引越ししたよう。

 更の元に西門が現れましたね。

 優紀は東京タワーの近くをうろついていたが、つくし達が見つけた時に倒れてしまいましたね。どこかのビルを捜していたよう。

 去年のバレンタインに朝の6時に東京タワーの見えるビルに来てと更が言ってたようですね。更さんは西門さんの兄(家を飛び出していない)が好きだったようですね。
 そのビルを捜したら何かわかるかもと優紀は捜してたよう。

 優紀はそのビルを見つけたのですね。

 更に直接、どう思っているか聞いた西門でしたが、父の友達の息子(田中圭)と結婚すると言う。幸せになれと言って去る総二郎。

 朝の6時に見つけたビルで待つ優紀。西門に見せたいものは6時から3分間だけ見える「すき・ジロー」の文字だった。更は兄が好きだと勝手に思ってたのですね。

花男・すきジロー


 「花沢類とはつきあえないと言ってくる」と司に言うつくし。類に会う約束をつけたつくし。
 そこへ、滋(加藤夏希)がやってきちゃった。婚約者だと言う滋にきちんと言えるのか司~~

          チェックしてね♪

花より男子2
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

02.17

拝啓、父上様・第6話

  夢子(八千草薫)さんから、第九のコンサートのチケットをもらったがエリ(福田紗紀)を誘ってやってと言われ、ナオミ(黒木メイサ)を誘おうとしてたので、あてがはずれてしまった一平(二宮和也)。

 夢子さん、一平に赤いパンツを巣鴨のお土産にくれましたね。穿くのは勇気がいるよね~

 坂下では、夜からエリが仲居見習いとして、働きはじめましたね。その坂下で大事なお客に出すお皿が少し欠けていると、仲居の澄子(森上千絵)が律子(岸本加世子)から、叱られましたね。

  皿は割れるものよね~

 だいたい、責任者というだけで怒られた澄子さんは割りにあわない。でも弁償すると50万円キャッシュで用意しちゃって、それを収めたのが夢子さんのよう。夢子さん、お皿の補修ができるのですね。

 ナオミの働く店に行ってみた一平。ナオミから携帯のアドレスを聞かれ今度、一緒にフランス料理を食べに行こうと言われて浮かれちゃったね~

 1人で住む予定のアパートを見に行って、すぐ近くに澄子さんが住んでいるのを発見した一平。彼女も小学3年生の子供を持つシングルマザーだったのですね。普段、子供はどうしているのか?

 雪乃(高島礼子)の誕生日にフランス料理店に誘った一平でしたが、ナオミとの予行演習のつもりでしたね。
 
 坂下はやっぱり、取り壊されて、マンションを建てるようですね。規模を小さくするから澄子さんはクビで竜次(梅宮辰夫)は、身をひくらしいと雪乃さん、言ってましたね。

              チェックしてね♪ 

H19・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

02.15

ハケンの品格・第6話

 「残業バレンタインと涙」

 春子さん(篠原涼子)、デパートでかぶりものして(た~らこ~た~らこ~を思い出しました)ウグイス嬢しましたね。

 ※篠原さん、毎回いろいろチャレンジですね。東海林(大泉洋)に、その被り物は恥ずかしくないのかと頭見て(天パー頭)言ったからおかしかった。

        ハケン・被り物


 マイクのスイッチ入れたまま、東海林とハケンバトル(義理チョコはお金をドブに捨てるようなものです。福利厚生もボーナスもないハケンからたかるなんて間違ってます。私達はもてない社員の癒し係ではありません)したものだから、たちまち、チョコレートは売れなくなり、残ってしまいましたね。

 ※春子はじめての失態!でも、春子の言葉で臨時にチョコを売りに来ていた派遣達がもう一度、”どうせ”をやめて、派遣として再チャレンジする事にしましたね。

 社長の所に東海林とともに、自分から謝りに行った春子さん。はじめての残業でしたね。社長の娘さんが産気づいて、病院までもたないと、ここで産ませると言う春子。

 なんと、助産師の免許もあったのですね。無事に産まれ、社長もシルスマリオの新製品の話をまた、引き受けてくれて助かりましたね。

 その日は直帰せずに、また、会社に戻れと里中主任(小泉孝太郎)が言っていたと言うので、素直に会社に春子さん、戻りましたね。

 春子の誕生日を会社のみんなで祝ってくれましたね、そして、バースディカードまで。こんなものを業務時間外にと言って去って言った春子でしたが、そのバースディカードを見て、涙してましたね。

 バレンタインがバースディなんて、覚えやすいですね。
 
         ハケン・BDカード


           チェックしてね♪
 

H19・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

02.14

ヒミツの花園・第6話

 「ついに正体が!花園ゆり子サイン会で大ピンチ!」
 花園ゆり子を作りあげたのは、田中一郎(寺島進)だったのですね。
7年前に佳作をもらい漫画家をめざした修(池田鉄洋)と航(堺雅人)でしたが、ある出版社でぼろくそに言われやめようかと思った時に、彼が片岡兄弟に少女マンガを書かないかと勧め、マネージメントを智(要潤)にやらせ、陽(本郷奏多)のストーリー力を認め、書かせたのですね。

 その田中の頼み(副社長命令)で、4兄弟から花園ゆり子としてサイン会をするように言われた夏世(釈由美子)。新連載を書いてもらうという約束で。
 サインを書く練習や、茶道までやらされる夏世。

 サイン会の日、4兄弟はアシスタントとして迎えられる事に。花園町での花園祭りに花園つながりで呼ばれた花園ゆり子。
 その気になっていた夏世だったが、漫画家にあこがれる女の子にサインしてやった後、やはり、自分がサインするのはおかしいと気付いた夏世は、できないと言いはじめて。

  どうする夏世~~~って「私は花園ゆり子ではありません」って言っちゃった~航(堺雅人)は、急きょ、花園ゆり子は急病で秘書である彼女が代役をしたと告げ、今日来た全員にサインは後日、送ると言い、特別にプレゼントとして、アシスタントとして、似顔絵を描いてやる事に。

 その場に来てた、川村亮子(真矢みき)は、花園ゆり子が彼らだろうと田中に聞くが答えませんでしたね。一応、まだ謎って事になるのかな?

 このドラマは面白いですね、4兄弟がそれぞれ、個性があっていい味出してますから。私的には予想外のヒットです(*^_^*)

          チェックしてね♪
 

H19・冬ドラマ
トラックバック(1)  コメント(0) 

    2007

02.13

東京タワー・第6話

  「オカン上陸」

 雅也(速水もこみち)がおかん(倍賞美津子)と住むために、借りたアパートは、階下はボーリング場で、近くを電車が走る騒々しい部屋でしたね。でも、それでないと安く借りれないのでしょうね。

 結構広かったから、家賃払って行くのも大変なのでは。

 まなみ(香椎由宇)とデート。おかんはご飯作って待ってると言うものだからまなみはその気に。
 前に住んでたアパートの住人が来て、おかんの料理をいっぱい食べてましたね。あいかわらず、いっぱいのおかずにご飯ですね。

 金銭的にきついでしょうね。おかんは人に振舞うのが好きですからね。いらだつ雅也に手塚(石黒賢)はぬか漬けの壷を持って東京に出てきたおかんの覚悟もわかってやれと言ってましたね。

 鳴沢(平岡祐太)から仕事をもらっておきながら、締切にいつも遅れる雅也。上司からいい加減切れと言われ、やっと、遅れて持ってきた仕事を他の人に回したと言う鳴沢。雅也はごめんで済むが僕はそうはいかないって言うのは、確かだから、切られてもしょうがないですね。

 おかんが持ってきた古びたたんすの中には雅也に関するものばかりが入ってましたね。筑豊に帰れとおかんに言ってしまったが、死ぬまで一緒にいたらいいと、おかんに言い直す雅也でしたね。

 そのおかんの病気も悪くなりそうですね。一緒に東京タワーに行けるかな?
                チェックしてね♪
 

H19・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

02.12

華麗なる一族・第5話

 「運命を分けた死」

 鉄平(木村拓哉)の義父・大川一郎(西田敏行)が帰らぬ人となってしまいました。大川の闇献金記事をリークしたのは阪神銀行。自分の父が陥れたと知ったら鉄平はどうするだろうか?陥れた人を撃ち殺したいとか言ってましたから。

 大川の葬儀を抜け出し、ゴルフ場へと言った大介(北大路欣也)。
 阪神銀行のためには、何でもやる大介ですね。

 つる乃屋の女将・志乃(多岐川裕美)は、鉄平の祖父の妾だったのでしょうか?

 佐橋総理の甥と二子(相武紗季)の縁談を進めようとする相子(鈴木京香)。弟と出会うも、結婚より万俵大介のために生きて行く覚悟のよう。

 真樹子(山田優)は、相子と大介の事が気になってて、留守の時に、寝室を見てしまいましたね。丁度、そこに帰ってきた相子と対立に。
 父が亡くなり、早苗(長谷川京子)にまで、閨閥的にあなたは、もう何の得にもならないと言う相子。

 雉撃ちに行く朝に大川の闇献金の情報を新聞社にリークしたのが阪神銀行だと教えた一子(吹石一恵)。教えた事は、大介も知る事に。

 鉄平は雉を撃ったつもりが、大介に当たったようで、怖かったです。

 ※北大路さんは、やはり、存在感があってすごい役者ですね。
  でも、倒れた時は死んだかと思いましたが、ドラマ的にそんなわけがないですね。

 大介は鉄平が自分を殺そうとしたかと思ったようですね。阪神銀行がリークした事を直接、みんなの前で言った鉄平。鉄平が帰った後に、寧子(原田美枝子)に「私じゃない」と言った大介(しらじらしいですね)。

 そんな時にアメリカベアリング社が契約を打ち切ると言ってきたと四々彦(成宮寛貴)が。

 大介は鉄平にも祖父の亡霊にも負けないつもりで、鉄平はますます窮地に追いやられますね。

          チェックしてね♪ 

 
 

H19・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

02.11

チョン・ダビンさん、安らかに

   韓国の人気女優チョン・ダビンさんが、亡くなってしまい、とても悲しいです。

  韓国ドラマ「屋根部屋のネコ」に出演していたので見た事があったのですが、とても、普通っぽい感じの女優さんでした。

 共演相手のキム・レウォンとのこのドラマはとても、面白かったので、もう、彼女を見れなくなると思うと残念です。

 最近は、仕事が少なくて悩んでたと交際相手の男性からの言葉らしいですが、女優を続けて行くのも大変なのですね。

            
屋根部屋の猫



           チェックしてね♪

韓国ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

02.11

演歌の女王・第5話

  先週、ヒトシ(原田泰三)が好きだと告白しちゃってホテルまで行っちゃったひまわり(天海祐希)

 ひまわりの母・星江(高畑淳子)はホストに熱上げたちゃって、たこやき屋も売ってしまったなんて。

 ※高畑淳子さん、めずらしくケバイ役やってますね。

 ※天海祐希さん、男と不倫はだめでしょ。母や弟にタンカ切ったのもやっぱり、妄想だったし、格好いい天海祐希はどこいった?
  やっぱり、この役は、だめですね。

 どんどんぼけが進んでいく、ヒトシの母・道代(池内淳子)、自分で進行がわかるだけに辛いですね。

  ※ああ~~私もぼけたくない

 ホストに捨てられるとわかった星江は、斬り付けてそれがまた、ひまわりに。やっぱり、死なないひまわり。なんで、すぐに退院できるんだ~~

 ヒトシに道代がアルツハイマーだと、告げたひまわり。

       チェックしてね♪

H19・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

02.11

花より男子2・第6話

 「告白は大波乱!!」

 西田(デビッド伊東)から、道明寺司(松本潤)がこの1年で何故変わってしまったか聞かされたつくし(井上真央)。
 
 司の一言でグループが危機に陥り、彼が兄のように慕うケン内田(鶴見辰吾)がリストラされ、再就職も出来ず、彼の目の前で自殺したと。
 それから、トップに立つ人間とはを考え、つくしの事をあきらめようとしてたのですね。

 しかし、つくしちゃん、またまた類(小栗旬)と司から後ろから抱きしめられて、なんとうらやますぃ~
 で、司を投げたら、アパートの部屋の底が抜けちゃって取り壊しになる事に。あんただけ、いい思いするからだよ~^m^

 司の姉の椿(松嶋奈々子)の援助で、つくしは司の家に住める事に。物置みたいな部屋みたいだけど。って、弟はいずこに?

 椿さんの服素敵でしたわ。彼女もつきあってる人がいたけれど、家の事情で他の人と結婚させられてたのですね。

 滋(加藤夏希)に別れを出だせない司。って言うか言う前に「私、別れないよ。別れたら死んじゃうかも」なんて言うしね。

 英徳大学の法学部に合格したつくし。大学の資金って払えるのかな?
 しかし、F4の4人から目をかけられて、幸せなつくしだね~嫉妬しちゃうよ~~

 優紀(西原亜希)がお茶習ってるところにも来てくれた西門(松田翔太)と美作(阿部力)だったが、日向更(貴地谷しほり)と西門はやっぱり、過去に関係があったようですね。

 バレンタイン・・つくしは、司にもらったネックレスを返して「遅すぎたよ。私達だけ幸せになるわけにいかないよ」と。川に投げ捨て怒って帰ってしまった司。また、拾いに行ったつくし。

 その様子を見ていたのは道明寺家に長年使えてきたタマ(佐々木すみえ)さんだったみたいですね。(一瞬、老婆が・・って怖かった^m^)

 使用人として、使えることにしたつくしに「朝からプロレスの格好して」ってまたまた司。「コスプレ」の間違いでしたね。

 タマさんの指導により働く事になったつくし。どうなることか?

  ※松本潤君、7日発売の雑誌「an・an」の中でヌードを披露していますね。恋愛特集テーマ「正しい男の愛し方」に合わせ、全裸で外国人女性モデルとバスタブに入って見詰め合ったり、寄り添いながらベッドの上で寝そべるなど、度胸ありますね。

       チェックしてね♪
 

花より男子2
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

02.10

拝啓、父上様・第5話

  一平(二宮和也)は、夢子(八千草薫)に頼まれて部屋に忍び込んで、お金を持ち出そうとしたけれど、ばれて、夢子に頼まれた事は伝えたが、何処にいるかは口を割りませんでしたね。

 竜次(梅宮辰夫)には、雪乃(高島礼子)のところだろうと言われ、頷き、夢子は戻る事に。でも、律子(岸本加世子)に明日から来なくていいと言われちゃった一平は、落ち込み、退職願いを書くはめに。

 本屋で津山冬彦の本を買って読む一平。本に出てくる彩音が雪乃のようですね。本を読んでたカフェでりんごの彼女(黒木メイサ)と出会いましたね。

 彼女は男から逃げるために一平の手を取って一緒に駆け出して・・とうとう会えましたね。パティシェの勉強をしてパリに行くために、フランス語の勉強をしている彼女は、月・水・金は日本語しゃべらない日にしているって。変わってますね。

 名前は唐沢ナオミでしたね。ラムールっていう店でケーキを作っていて、日仏学院でフランス語を勉強中の彼女。携帯番号を教えた一平。
 今度、お店に遊びに来てと言う彼女に、憂鬱さも吹っ飛んだ一平。

  いろいろ、勝手に想像してるし~

 エリ(福田沙紀)に連れられて、坂下に戻ってきた一平はそのまま、仕事をする事に。

 昨日の事は忘れろと言う竜次にフランス料理を勉強したいとか、言っちゃった一平。でも、男が道を変えるのは大変な事だと言った竜次が板前をやめるらしいって本当なのでしょうか?

       チェックしてね♪

H19・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

02.10

休みや(BlogPet)

本郷奏多
は、ハワイで寂しそうな子供や、遅くまでやらされるはめに酔って帰ってきて、叱られるはめを整理すればよかった
バイクとか、はめを夜遅くまでやらされるはめに


 陽(本郷奏多)
は、大切な思い出とか、航兄と一緒においしい物を作ってあげようとして、失敗しちゃった夏世でしたが、遊ぶ暇もないのに恥ずかしくないかと食ってかかっちゃいましたね夏世さん


    「ハワイでおいしい物を作ってあげよう」
休みや、遅くまでやらされるはめに


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「うさまる」が書きました。

H18・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

02.09

エラいところに嫁いでしまった・第5話

  君子(仲間由紀恵)が怪我をして、磯次郎(谷原章介)が、両方の親を呼んでしまいました。
 
 志摩子さん(松坂慶子)は、料亭で出るような食事を君子の親のために、君子が作った事にして出しましたね。
   おいしそうでした~

 君子は何かと親に反発で、磯次郎は、外面が良く、とても親からよくみられ、面白くない君子。

 仕事をやめて落ち着けなんて言うから、私の記事も読んだ事ないくせにって怒った君子。

 でも、父は君子が最初に書いた記事を御守に入れてましたね。ちゃんと、読んでたのですね。

 松平健のチケットを佐倉(猫背椿)に頼んでとってもらったから、芸能界にも顔が利くと勝手に志摩子さん、思っちゃいましたね。

 そのせいで、またまた、君子は、危険な仕事をさせられそうですね。
 苦労が耐えない君ちゃんだね~~

           チェックしてね♪
 

H19・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

02.07

ハケンの品格・第5話

  嘱託の小笠原さん(小松政夫)の契約打ち切りの話があり、それを伝えなくてはならない里中(小泉孝太郎)は、なんとか、残せないものかと案ずる事に。

 小笠原さん、パソコンの電源のつけ方も知らなかったとは(@_@)
 怒る春子(篠原涼子)

 その小笠原さんと一緒にデパートに出向いたが、迷子になっちゃった小笠原。

 桐島部長(松方弘樹)から、小笠原さんはどうかと聞かれた春子はマーケティング課のお荷物だと、言ってしまいましたね。
 
 (会社の食堂のカレー、正社員は350円で外部の派遣などは700円と倍になってしまうなんて!・・だからいつも春子は外に食べに行ってるのですね)

 東海林(大泉洋)に、人を思いやる気持ちはないのかと言われ、小笠原さんは会社に甘えすぎて、危機感がなさすぎたと言い返す春子。
 ナマコとまで言いましたね。

 国税局の査察で販売二課の99年の小麦の決済が粉飾決済の疑いがあり、無実を証明する伝票探しをするみんな。

 「トックリが小笠原さんしめてるぞ~」って、東海林の声。
 春子が小笠原さんをひっぱってきて、一発で伝票を探しあてた小笠原さんでしたね。

   古くても役にたつんですよね。

 伝票の入った箱を持った小笠原&里中は、エレベーターの故障で閉じ込められてしまった。もう、時間がない~~

 そこに、またまた春子さん。昇降機検査の資格も持ってたんですね。
 伝票は、小笠原さんに届けるように言う春子。

 ロープも忘れられ、一人エレベーターの上に残されてしまった春子を助けたのは東海林。でも、ありがとうも言わなかった春子でしたね。

 小笠原さんの首がつながり、結局、小笠原さんを助けたのは春子でしたね。でも、春子にだけ言うが、更新しないつもりだと言う小笠原。ナマコらしく、会社にしがみついていてと言う春子。

 毎度、毎度、春子さんいろいろな資格持ってて、すごいですね。

 今度はバレンタインにたらこのかぶりものですか~

            チェックしてね♪
 

H19・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

02.07

ヒミツの花園・第5話

 智(要潤)が家出してしまって、えらい部屋になってた片岡家。

 片付けや、料理、スケジュール管理などはすべて、智がやってたのですね。それなのに、何もしないで、お金を使ってみたく言ってしまった夏世(釈由美子)。

 自分は兄弟のお母さんじゃないと、智も思ってたようですね。

 亮子(真矢みき)さん、今度は智にほれてしまったようですね。
 片岡家の鍋パーティーに来ちゃった亮子に、花園ゆり子の秘密を知られちゃ困るとあせる夏世達。

 花園ゆり子に恋人を奪われたと言う亮子。その恋人は田中(寺島進)だと言うのでまたまた、驚く面々。

 子供の時の航(堺正人)、修(池田鉄洋)、智(要潤)が見れましたね。子供の時の修役の子、よく似てましたね。
 子供の頃に喧嘩した時に漫画で謝った修。それがまたまた生かされましたね。

 夏世の背中にそれを貼って、智の元に誤りに行かせた修。いつになく、やさしい感じでおかしいと思ったら、やっぱりでした。

 智が戻ってきて、助かりましたね。智が誰よりも、花園ゆり子の絵を愛していると航が言ってましたね。

 彼らの事を思って、いい絵を描けるように、仕事を断ったりとか嫌な役も引き受ける智でしたからね。

 ※今度は花園ゆり子のサイン会の話があるようですね。

         チェックしてね♪

H19・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

02.07

華麗なる一族・第4話

 「悲しき裏切り」

 銀平(山本耕史)と万樹子(山田優)の盛大な結婚式が行われましたね。政財界の大物が出席で、政財界のパーティーと化してましたね。

 三栄銀行から、政界への闇献金が行われているとわかりましたが、その相手は大川一郎(西田敏行)でした。

 日本の技術力を世界にしらしめようと張り切る鉄平(木村拓哉)でしたが、また、障害が発生しましたね。

 二子(相武紗季)と一ノ瀬(成宮寛貴)との仲が相子(鈴木京香)に知れてしまいましたね。

 阪神銀行の生き残りの為に、時期総裁候補の大川か永田(津川雅彦)のどちらを取るか決断をしなくてはならない大介(北大路欣也)。

 その大川が病院に入院。つる乃屋の女将の志乃(多岐川裕美)も同じ病院に入院してましたね。
 芙佐子(稲森いずみ)と鉄平が会うのをすごく懸念してますが、何か出生の秘密があるのでしょうね。
 
 大川は鉄平のために、入院先から援助しに来ましたね。自分の息子のように思っていると言う大川。ありがたいですね。
 その大川を陥れようとしている大介。

 身内でも切るというやつですね。大川の容態が悪く、永田の方につくことに決めた大介は、不正献金の話を新聞に流してしまいましたね。
 
 美馬(仲村トオル)とつるんで企む大介。2人とも汚いですね。
 新聞に流した人物が目の前にいたら撃ち殺してやりたいと言う鉄平。
 目の前にいるのですが・・

 予告で大介に銃を向けていましたが・・大介の命は?

          チェックしてね♪ 

H19・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2007

02.06

東京タワー・第5話

  雅也(速水もこみち)の母・栄子(倍賞美津子)が甲状腺がんで、筑豊に帰った雅也でしたが、手術後、また、東京に帰ってしまいましたね。

 「そしたらね」っていう言葉がとても寂しく聞こえました。

 ハワイに行こうと言う栄子達。お金は雅也持ちでだって・・

 まなみ(香椎由宇)は、はじめて雑誌に写真が載りましたね。
 アパートに来たまなみに、他のアパート住人は、いろいろ詮索してましたね。

 東京タワーを一緒に見て、まなみと手をつないで喜ぶ雅也。

 栄子&香苗(浅田美代子)&雅也の3人は、外国のハワイならず、日本のハワイでしたね。

 マー君、マー君って2人ともうるさく、シャワーキャップまで、かぶってプールに入り、他人の顔したい雅也。

 栄子には、退去勧告が来てましたね。別れ際、一緒に東京で暮らそうと言う雅也。父親は、別の女性と暮らしていると聞かされてましたからね。

 ついに東京に栄子さん、出てきましたね。慣れない東京の生活で大丈夫かな・・

             チェックしてね♪
 

H19・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

02.05

花より男子2・第5話

  「お前が好きだ」

 録画しておいた「花より男子」のドラマをやっと、見ました。
 
 つくし(井上真央)と司(松本潤)が、倒れこんでいるところへ、来ちゃった滋(加藤夏希)。携帯電話から声が聞こえてきちゃってる類(小栗旬)。

 これはどうなるって感じでしたね。司が婚約の席からばっくれて、病院に来たと知ったつくしは、何時頃?としどろもどろに。

 NBA→DNAのこと、またまた、司語録。類からいきなりキスされたと話したつくしに、きれる司。

 浅井百合子(瀬戸早妃)は、つくしの真似して司に立ち向かっていったけど、あっさり、やられちゃってあらら~~

 類と司が喧嘩。司の方が強いと思いきや、パンチが決まったのは類の方。顔に似合わず、お強いのね~~1年もほったらかしにして彼女作って婚約までして、今さら、彼氏面なんかするんじゃねぇよ~

 ブチ切れて、暴れまくりの司。本当に短気だね~

 類様と総二郎(松田翔太)にまでやさしくされるつくし。なんであんたばっかり、もててんのよ~~類からは、「俺、やっぱり牧野のこと、好きなんだよね」だって(>_<)

 滋は、司に昨日の事は気にしてないからだって。

 つくしの弟の進(富浦智嗣)は、受験校で消しゴムを貸してくれた美雪(水沢奈子)に一目ぼれ。
  便は急げ→善は急げ(またまた司語録)あほかいな~~

 入学する前の合格発表の時に告白しろと言う司。牧野弟と言って、男を磨かせようとする司。「俺達は同じ空の下にいる。その子をぶち抜いてやれ」と格好いい事言ったねぇ司。

 恋に落ちましたと言い、消しごむのあなたへの手紙も渡そうとしたが、持ってましたね。高校へは合格したけど、恋はだめだったみたいですね。

 進に大事な気持ちを思いださせてもらったと言い、やっぱり、牧野の事が好きだ。お前以外の女は考えられないと司。

 夜中に西田(デビッド伊東)がつくしの家を訪ねてきましたね。いったい、何を言いに来たのか?

          チェックしてね♪

花より男子2
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

02.04

春のワルツ・第16話まで

  韓国ドラマの「春のワルツ」はもう、16話まで終わってしまいました。
 全20話なので、もう少しで終わりですね。

 途中、録画し忘れたりしましたが、そこそこ見ていました。
 書いている暇がなかったので、今までのまとめ的に書いてみますね。

 春らしい風景に綺麗な色の服装や、ウニョンの部屋、本当に綺麗だなあって思います。

春のワルツ・ピンク車でピンク車で 春のワルツ・チェハ養子に


 「冬のソナタ」のチョン・ドンファンやキム・へスクに、「チャングム」のクム・ボラなど、定番の方々が出てますね。フィリップ役のダニエル・へニーも素敵ですね。ウニョン役のハン・ヒョジュは本当に愛らしくて綺麗な色の服が良く似合います。

春のワルツ・虹色貝殻虹色貝殻 春のワルツ・綺麗色ウニョンとフィリップ

スホ(ソ・ドヨン)とウニョン(ハン・ヒョジュ)は、スホの父親のチョンテによって、引き離されたようなもの。
 チョンテがウニョンの母が、ウニョンの手術代にと貯めたお金を持ってソウルへ逃げてしまい、捜しに行った母は交通事故で亡くなってしまった。

 叔母の元で育てられたウニョン、死んだと聞かされたウニョンは手術を受けれてて、まだ、生きてましたね。

 ウニョンを好きなフィリップ(ダニエル・へニー)、チェハを好きなイナ。そして、惹かれあうチェハとウニョン。

 チェハ(ソ・ドヨン)が実は、養子となったスホだと知ってしまったイナ(イ・ソヨン)。
 
 そのスホの父親のチョンテがカングとともに、現れたから、大変に。チェハは、自分がスホだった頃の自分に似ているカングに親切にしてやり、頼ってきたカング。

 実は彼は異母兄弟だったのですね。ウニョンを苦しめるなとお金をやり、ソウルから出て行ってくれと頼むチェハ。

 スホと知っても、チェホと結婚する気のイナ。ウニョンが見てる前でチェハにキスをするイナ。ショックのウニョン。

春のワルツ・バイク2人 春のワルツ・チェハとカングチェハ&カング

 ※大人になったスホは、子供の頃のスホとイメージ違います。子供の頃のチェハが大きくなった感じですね。イナ役のイ・ソヨンさんも素敵ですね。

 叔母(キム・へスク)の店にまた、現れたチョンテについに、自分が息子のスホだと告げたチェハ。そして、それを聞いてしまったウニョン。

 チェハとウニョンの愛は、どうなるのでしょうか?

              チェックしてね♪

韓国ドラマ
トラックバック(1)  コメント(0) 

    2007

02.03

拝啓、父上様・第4話

  夢子さん(八千草薫)家出したまま、行方知れず。

 巣鴨に一平(二宮和也)とエリ(福田沙紀)は、夢子捜しに。
  
 巣鴨は、おば様方がいっぱい、いましたねぇ~とげぬき地蔵本道とか歩いたりして・ここに来るおば様方の事を”がもうな”と呼ぶそうですね。赤いパンツを穿くのが元気の素なのですね。
   (八千草さんの洋服姿は新鮮でしたね)

 夢子さんが見てもらってた占い師(余貴美子)に見てもらうと、近々、現れるようですね。一平には、「顔にくったくが出てるわね~」と言いましたね。(”くったく”とは、心配事とかの事だそう)

 あまり、くよくよ考えない事、なるようになる。一平の捜してるのは父親と、りんごの君と2人ですね。

 (二宮君と沙紀ちゃん、結構接近してましたね~)

「お兄ちゃん、養子になってもああいう風にだけはなってはだめよ。私はあくまで、お兄ちゃんを立てるから」って、エリは、一平と一緒になる気かねぇ~~?

 その夢子さんは、雪乃(高島礼子)のところにいましたね~部屋に忍んでカードと現金の入った黄色い袋持ってきてと頼まれちゃった一平。

 忍んだはいいが、エリに見つかり、大声を出されそうになり、エリの口をふさぐと、さらにあばれて、竜次(梅宮辰夫)まで、来て極限状態で失神してしまった一平。

 巣鴨でりんごの君が肌着屋の店員だという夢を見てましたね。

 どうなる一平~~でも、りんごの君には、会えるようですね。

        チェックしてね♪

 ※今日は節分ですね~今年の恵方は北北西~まるかぶりしましたよ~~
 
 

H19・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

02.03

エラいところに嫁いでしまった・第4話

 磯次郎(谷原章介)のいとこの山本源之助(近藤芳正)の町長選挙に今度は君ちゃん(仲間由紀恵)、借り出されてしまいましたね~

 取材で会った元首相とのツーショット写真から、首相とお友達だとか、勘違いされて、あげくはウグイス嬢まで、やるはめに。

 でも、同級生からも不人気な感じでしたね。
 銀行をやめて、みんなのために、町長選挙に立候補したのだと、伝える君子でしたね。

 相手候補の谷村の陰謀にあったりもあって、結局、負けてしまいましたが、同級生達が来てくれて、投票してくれたとわかり、感激する源之助。

 今度は君子を町長選挙に推すと言う源之助。志摩子さん(松坂慶子)まで、それがいいって言い出して、どうする、君ちゃん(#^.^#)

 コンビ二弁当食べて、くつろぐなんて出来なくなるよね~~

           チェックしてね♪
 

H19・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。