--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

04.30

プロポーズ大作戦・第3話

 「席がえしたら結婚できますか」

またまた、高校時代に戻った健(山下智久)。高校3年の9月へタイムスリップ。組体操で多田(藤木直人)の土台となって”サボテン”をしている場面に。これは、しんどかったね~

 健達のクラスを担当する教育実習生として来た多田は黙々とただ、授業するだけで、生徒達から関心を持たれず。

 別のクラスに来ている美人実習生のキャメロン(松本莉緒)は、みんなから追いかけられるほどの人気物だというのにね。

 今日が実習最終日という日に多田に花束を贈るかどうかでアンケートが回っていたが、断然NOが多かった。

 クラスの席替えで、男女が交代で各々自分の好きな席に座り、ご対面という形。礼(長澤まさみ)がどの席に座るかなんとなくわかっていたのに、隣を選ばなかった健。

 またまた、だめじゃ~~ん。

 多田と一緒にゴミを燃やす健は、多田がやり直せるならもう一度やり直したいと言う気持ちを聞いた。アガリ症で伝えたい事も伝えられなかったと。みんなから慕われるすごくいい先生になると多田に話す健。

 僕にあだ名はついてなかったかと聞く多田。今までの人生で1回だけ幼馴染からあだ名で呼ばれた事があるとも。
 
 幼い頃、健は礼から「ありがとう、けんぞうくん」と呼ばれてたのですね。転校してきた礼に消しゴムをちぎって渡してあげた健に、礼が言った言葉。

 健は黒板の字が見にくいからと、席を替わってといい、礼の隣の席に来た。笑顔の健はそれが多田からもらったものだと思う。

 緊急アンケート第2弾で花束を渡そうと思うか?ではYESをみんな。提案はもちろん、健だった。

 花束&色紙を先生に渡す事に。花束は礼が渡していましたね。色紙に「絶対あきらめません。負けませんから」と書いた健でしたが、またしても戻ると、だめでしたね。

 礼の結婚を阻止は可能なのでしょうか?

            チェックしてね♪
スポンサーサイト

プロポーズ大作戦
トラックバック(1)  コメント(0) 

    2007

04.28

喰いタン2・第3話

  喰いタン(東山紀之)が定食屋で知り合った外国人はシケタ王子。
 ”プヨプヨでちょっと固い”日本の料理を捜していると言うがそれが不思議な歯応えのある和風味の豚の角煮だと判明。

 次期国王である王子の命を狙う奴らも。レイモンドが首謀でしたね。

 本当は料理を作ってくれた母親を捜しに来た王子。

 その母親はもどき料理を考案していた。魚や肉など食べれない人にも食感で味わってもらえる料理。

 やっと、母親に会えた王子だったが、王子を思ってわざと冷たく引き離す母親。
 健(たけし)と日本名をつけてた母親。外国では逆から読んでシケタだったのですね。

 母親から懐かしい料理を作ってもらった王子は、感謝して帰って行きましたね。

             チェックしてね♪

 

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

04.28

わたしたちの教科書・第3話

 録画してあった「わたしたちの教科書」をやっと、見たのですが、副校長(風吹ジュン)が絶対的な支配力を持ってますね。

 明日香(志田未来)がいじめを受けていたであろうと推測できるカバンに入っていたものを抜き取っておきながら、知りませんとか、最初からなかったのかも?と聞かれれば、そうだったかもとか、しゃあしゃあと嘘をついてます。

 授業の時間には、受験に関係するものを勉強する生徒達。それを注意した加地(伊藤敦史)は、反対に生徒の親から文句を言われる。その生徒が登校して来ないと家まで言って説得に行く加地。その親も給食費を払えるのに払わないって親ですからね。

 その生徒は大城先生(真木よう子)の前の学校での不倫の写真画像をばらまくし、大城先生にホテルに誘われた所を見ていた女子生徒が同じように真似た所をまたまた、写真に撮られてた加地。

 退職するつもりの大城先生がカバンの中身をやめたら渡すと言っていたのですが副校長は、今まで通り大城先生には勤めてもらいますだって。やめて、真相を語られると困るからでしょうね。

 いじめアンケートをしようとした加地も撮られてた写真画像が袋に入っていて驚いてましたね。

 珠子(菅野美穂)は、明日香の携帯の中から仁科朋美(谷村美月)と一緒に写ってるプリクラを発見。彼女に近づき、彼女から実は2人とも、無視(透明人間)と言ういじめを受けていたと聞かされる。

 いじめていたのは誰?と聞く珠子。口を開きかけたところで終わり。

 ※本当に恐い中学ですね。こんな学校に自分の子供は行かせられないですよね。「生徒諸君」の学校より恐いかも。あっちは教師に裏切られてああなったって感じですが・・

            チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

04.28

特急田中3号・第3話

  照美(栗山千秋)の携帯にかかって来た恋人からの電話を勝手に照美だと勘違いして、「俺だけのヒロイン」とかいろいろ話した一郎(田中聖)。

 そのせいで遠距離恋愛中の恋人の三島(高橋一生)とギクシャクして、東京に遊びに来る話もだめになってしまい、ショックの照美。

 桃山(秋山竜次)と花形(塚本高史)は、琴音(加藤ローサ)と理子(平岩紙)とゴールデンウィークに軽井沢に一泊ニ日の鉄道旅行に行く事に。照美も来てましたね。

 その頃、一郎は照美の実家に来ちゃってた。鉄道は鉄道に勤めてた照美の父の趣味だったのですね。三島は照美の幼馴染だと言う照美の母は、一郎の事も気に入ってくれましたね。

 三島の所にも会いに来ちゃった一郎。照美の事も好きで、すごくいい奴でってことで、照美君を頼むと言う一郎。
 
 帰ろうとした電車のホームで、電車から降りて来た照美とバッタリ。そして、また、新しい彼女と一緒にホームに来た三島が・・なぬ~~

 三島にはまだ、気付いてない照美を電車に引っ張り、抱き寄せる一郎。いい奴だよね~

 それにしても三島は、なんて奴、照美の事がすごく好きでなかったのか?

            チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

04.28

生徒諸君!第2話

  授業参観をすると生徒に言い、プリントを親に渡してと配ったが、すぐに破られてしまいましたね。
 ではと、家庭参観をすると言う尚子(内山理名)。

 しかし、3TDに1週間以内に尚子を追放してとの依頼がきてると知らされ、受けてたつと尚子。金曜の朝のホームルームに教室に立てたら、担任として認めてと生徒に言い放つ。

 木下薫(岡田将生)の家に家庭訪問に言った尚子は、相手が暴力団の組長なのに、誰を相手してるかわかってるかと聞くかれると、「薫君の父親です」と言い、気に入られましたね。
 しかし、1年前にクラスに起こった出来事については相手が悪すぎると教えてもらえず。

 帰り道に何ものかに押され、階段から転げ落ちた尚子は全治2週間の怪我。怪我をしながらも、教室に行くが、生徒達からボイコットされてしまう。
 
 白井直輝(若葉竜也)の家に家庭訪問に行くが、ずっとこもりっきりで、大声をあげて叫び出し、帰ってと母親に言われてしまいましたね。日向(椎名)に脅され、家庭訪問はやめると尚子。
 
 金曜の朝、直輝に全部話すからと呼び出されたが、それは3TDに嘘をつかされただけだった。ホームルームに間に合わず、ゲームオーバーと言う生徒達。しかし、遅れて来た尚子は、3TDは、青木公平(本郷奏多)、木下薫、樹村珠里亜の3人だと告げる。

 珠里亜がリーダー、解決法を考えるのは公平、実行が薫。

 1年前にあった出来事を話す珠里亜。安雲峠ハイキングコースに担任だった男性教師の引率でクラスで出掛けたが道に迷い、白井がはぐれ、落ちそうになってる所を見付けた教師は、リュックのみもらい、俺の事、嫌いだったろと言い、死んでもいいと言い残し去ってしまった。

 落ちた白井が自力でみんなの所に来て、教師のした事を言うが、それがどうしたと言い、学級委員に刃物を突きつけ、みんなの食糧を奪って逃げてしまった。

 なんとか助かったが地獄を見た生徒達はそれ以後、教師を信じなくなり、先生はいらないとなったのですね。

 ※なんという教師だったのでしょうね。その教師を信じていただけに心の傷は深いのですね。

  白井君は野ブタ。のシッタカでしね。しかし、内山理名の服装は前があきすぎですよね。教師としていいのだろうか・・

           チェックしてね♪
 

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

04.25

バンビーノ・第2話

  香取(佐藤隆太)の見習いとなった伴省吾(松本潤)。手際よくやるためには香取が何をしたら喜ぶかを考えろとあすか(香里奈)から、言われる。

 そのあすかは、賄いでスパゲッティを作りましたね。密かにスパゲッティ作りの地位を狙っていると伴に。

 ディナーの時間に手際よくやる伴だったが、指を怪我してしまい、病院に行けと言われるが「まだ、出来ます」と行こうとしない。
 桑原(佐々木蔵之介)に、忙しい場所だが、人間の働く場所だと言われる伴。

 病院に行くと、伴以外にもしょっちゅう店の人が、怪我したり腱鞘炎になったりして来てると、医者から教えられた。忙しい店だねと。

 伴が3日持つかどうかを賭けられた3日目。病院から戻ってきた伴は、俄然やる気モードでしたね。明日はオフの日。

 休憩室のソファじゃ体が休めないだろと、雅司(向井理)の所に泊めてもらえと言うオーナー(市村正親)。

 その雅司(向井理)は、休み明け週末はこの3日間の倍以上忙しいから、安心するなよと言う。

   頑張れバンビーノ!

※しかし、厨房のシーンばかりですね。ほっしゃんが謎ですね~~

         チェックしてね♪
 

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2007

04.24

セクシーボイスアンドロボ・第3話

  お歯黒女が出た~~~

 ニコ(大後寿々花)の母(片桐はいり)は、そのお歯黒女に襲われたと言うが、家族が誰も信じない。

 ※しかし、ニコの母と父からニコや姉が産まれたとは思えないほど、似てないです^m^

 真境名(朝丘ルリ子)から、名梨(岡田義徳)の代わりに人捜しを頼まれたニコ。しかも、100万円を預かってしまった。成功したら500万。そして、捜すのはなんとお歯黒女。

 ロボは集団自殺のワゴンに乗ろうとしていた女性(香椎由宇)と出会う。100万あったら、自殺やめてもいいと言う彼女。

 預かった100万が見当たらず、仕方なく、お歯黒女捜しをロボとはじめた。耳のいい二コはお歯黒女の泣き声を聞き、追いかけたが、足が速すぎた。車椅子の名梨さん、追いかけて、発信機を取り付けましたね。

 そして、なんとそのお歯黒女は自殺しようとしていた女性だった。私が生きていた事を覚えていてほしかったと言う女性。子供をさらったかと思ったが嘘だった。

 「10年後の私へ・・山野月子」と書いた手紙を発見。ふろくの箱の中には魔法の電池が・・お歯黒女が自殺しちゃえばいいとニコ。脱皮しちゃえばいいとロボ。お歯黒女は脱皮して人間に。でも、どこかに行ってしまいましたね?

 ニコの預かったお金はやはり、名梨が盗ってましたね。山野月子の父親から頼まれてたようで、ニコもお金がもらえる事に。使っちゃおうと二コ。

 月子はその後、仕事頑張ってましたね。ニコとロボもいいことしましたね。

            チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

04.24

花嫁とパパ・第3話

  「最悪初キス!?」

 愛子(石原さとみ)は誠二(田口淳之介)に会ってもらおうと、仕事帰りに美奈子(和久井映見)の店に、父(時任三郎)に来てもらおうとしたが、来ず。そして、門限は7時だからな・・・と言い、遅れたらまた、門限を6時にすると電話をかけてきた父。

 仕事でミスをした愛子に一緒に、ついてこさせた鳴海(小泉孝太郎)。愛子は人にダサイと言われても、いい物はいいと言う。

 今度は誠二を呼んで家で鍋をしようとしたが、会社の人達を呼んで来ていて、またまた失敗。

 愛子の母の墓に一緒に出掛けた2人。門限の事でまた愛子を怒る父に反論する愛子。そしたらお父さんの言う事を守ってきた君が好きだと愛子を叱る誠二。

 2人の交際を認めるための条件にチュー禁止他の条件を出した父。その父の目の前でチューしちゃった2人。やばいです~

 ※しかし、父の会社午後5時に仕事終わるのですね。残業なし。パートで6時まで仕事する人だっているのになぁ~~そして、愛子の会社も終わるの早い。門限7時ってなぁに~~の世界ですね。
 現実離れしてないのかな~チュー禁止とかもね。

 田口君が出ているから見てるけど、そうでなかったらあきれてこのドラマは見れないですね。

            チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

04.23

プロポーズ大作戦・第2話

 「コーヒー牛乳で結婚できる!?」

 健(山下智久)はまたまた、妖精(三上博史)によって高校時代にタイムスリップすることに。礼(長澤まさみ)がふてくされて健を突き飛ばしていた5人で写っていた写真からだったが、彼女は何故、ふてくされていたのか?

 コーヒー牛乳を礼に買っていくはずが、お金を持っておらず、買えなかったと礼に言ったが、もしや、これが原因かとコーヒー牛乳を手に入れるために、外まで行って銭湯にまで入ってやっと、手に入れたのに、先生に見つかって没収。

 「気持ちはちゃんとこちらに配達されました」と笑って言ってくれた礼。紙飛行機を飛ばすのに1人だけひっかかって、またまた先生に叱られちゃった健。教室に戻ると”18歳のたんじょうびおめでとう”と黒板に書いてあった。

 自分の誕生日すら忘れていた健。「645か~645せ」の本のあった場所に野球選手のバースのフィギュアを見付けた健。それは礼からのバースディプレゼントだった。過去には見つけられなかったものだった。

 礼他4人からバースディケーキをもらう健。

 教室の黒板に「大事な人がすぐ隣の席にいた」と健は礼に読んでもらおうと書いておいたのだが、それは明日から教育実習に来る予定の多田(藤木直人)によって、消されていた。

 結局、その時の写真の礼は笑っており、健はバースのフィギュアを持って写っていたが、礼が多田と結婚するのは変わりなかった。

 過去を変えるのは容易でないですね。その時の2人は両思いだったと思うのですが・・多田が現れてだめになっちゃったのかな?

 ※ノスタルジックでせつな系でいいですね。現在と高校時代を行ったり来たりするストーリーもいいですね。山ピー頑張れ~~

             チェックしてね♪
         

プロポーズ大作戦
トラックバック(3)  コメント(1) 

    2007

04.23

冗談じゃない!第2話

  新婚の所に、勝手にやってきた理衣(大竹しのぶ)。お母さんじゃなくて理恵だと言ったり、なんて母親だよ。ドアをノックせずに、夫婦の部屋に朝早く入ってくるしね。

 昔の恋人でなくても、普通は嫌がりますよね。

 そして、勝手に会社を退職しちゃった圭太(織田裕二)。次の就職先もまだ、決まらず。しかし、妻に言い出せず。

 自分の旦那が浮気してて、妻が気がついているって事に気がついてないと圭太に言う理衣。自分の旦那が浮気しているからって、寂しいからって4人も子供産んどいて、昔の恋人を困らせるような事するんじゃないわよ。

 ピアニストになるためにフランスに行った理衣は、留学してすぐに事故で指を怪我してピアノが弾けなくなったのですね。

 絵恋(上野樹里)がうそつきと電話で言ってきた。帰るなり、パンチを喰らった圭太。いったい何がばれたのかな?

 ※このドラマ、初回の視聴率は良かったようですが、見ていてなんだか大竹しのぶにイライラしてしまう。ストーリー的にもくだらなく感じてしまって、どうして、織田裕二はこのドラマを選んだのだろうって思ってしまいます。主人公が魅力的に思えないですしね。2回目の視聴率はどうでしょうね。

 本当に見てるこっちが冗談じゃないって言いたくなっちゃう。

           チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

04.22

喰いタン2・第2話

  ホームズ・エージェンシーに殺人容疑者が来て、京子(市川実日子)ちゃんに包丁をつきつけちゃった。

 高野(東山紀之)も涼介(森田剛)も一緒にいたが、手が出せない。桃(京野ことみ)と五十嵐刑事(佐野史郎)も、訪ねて来て、中にいる事がわかり、警官が周りを囲んでしまった。

 イタリアレストランVinoのシェフを殺した容疑で逃げているようだが、刺したのは他の人間らしい。人に見つかって刺さった包丁を持って逃げちゃったのですね。

 その男は今日、刑務所を出所したばかりで、事件を起こす前に毎日通っていたVinoにボロネーゼを食べに行き、食べ終えて刺されて倒れているシェフを発見したと。しかし、前とボロネーゼの味が違っていたと言う。

 高野らはそのボロネーゼを作ってみようと言い、材料を一(須賀健太)に頼んで調べてもらい、桃らにその材料を用意させ、一が持って入ることに。

 犯人の名前をパスタさんと勝手に決めた高野達。

 ボロネーゼのパスタは鉱水を使っていたとわかり、その事を知らない者が作ったとわかり、その人が犯人だと言う高野。しかし、パスタさんは3時までに別れたいと言ってきた妻に会いに行かなくてはならないと言う。別れたくないと伝え、もし、OKなら黄色いハンカチを結んでおいてくれ、その気がなかったら3時の船に乗ってくれと伝えてあるよう。

  幸せの黄色いハンカチですね。パスタさんに会わせるために、涼介のマスク(これがおかしい)をかぶせて、逃がせる事に成功。
 妻は子供を抱いて、待っててくれた。青いハンカチを結んで(ハンカチとしか書いてなかったようですね)

  新犯人も捕まりましたね(って肝心な所は省いてあるしボロネーゼに鉱水が使ってなかったから新犯人は別にいるって簡単すぎるし~これでいいのか~)

             チェックしてね♪
 

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

04.22

特急田中3号・第2話

  鉄道デートをする田中達と照美達。でも、彼女達は鉄道ヲタクではないから、引き気味。大物になると言い、具体的なビジョンのない一郎(田中聖)に、あきれて怒る照美は携帯電話を忘れて先に帰ってしまう。

 照美のいる会社に携帯を届けに行くと、またもや、照美達はミスをして先輩から怒られてしまう。彼女達が実は派遣社員だと知った一郎達。

 派遣社員でも、仕事はきっちりしないとね。先輩が切れてしまうのも無理ないですね。

 またまた、3対3のデートをしようと持ちかける田中に、冷たい花形(塚本高史)と桃山(秋山竜次)。デートの日、1人帰ろうとする一郎の前に花形と桃山が・・一郎の事を気にして来てくれていたのですね。
 そして、小峰理子(平岩紙)と渋谷琴音(加藤ローサ)の2人も、遅れて来ましたね。でも、照美は来ない。

 2対2でデートをするように言って去る田中。駅でふらつく男性を助けた一郎の姿を見ていた照美もデートOKに。急いで花形達に合流。

 でも、照美にはつきあっている男性がいると・・その男性からの電話を受けた照美の様子がおかしい。振られたのかと気楽に言う一郎の言葉にまたもや切れる照美。

 このドラマ、視聴率がいまいちで、鉄道ヲタクのドラマっていうのはちょっと、きびしいですね。

             チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

04.22

生徒諸君!第1話

  庄司陽子の漫画をドラマ化したもので、「生徒諸君」として映画やドラマ化、アニメ化もされたが、その続編として「生徒諸君!教師編」が「BE・LOVE」に連載中でこれが原作。

 84年に映画化された「生徒諸君!」の時の尚子役(当事中学生)は、小泉今日子で、彼女の成長した姿が内山理名って事に。

 御園中学の2年3組の教師となったナッキーこと北城尚子(内山理名)。このクラスの3TDっていうトラブルを解決する3人が、この学校を牛耳ってるよう。クラス委員・青木役を本郷奏多君でまたまた、クールに決めてる。

 3TDに変わって、恐喝された生徒の渡辺(落合扶樹)と共に他の学校の生徒にかけあいに行った尚子。担任役は黒木メイサ。彼女はまだ、先生役をやるような年齢じゃないと思うが大人っぽいから、違和感がない。この時に右手を負傷した尚子。

 ホームルームの代わりにドッジボールをやろうと生徒に言うと、いいと言う青木。でも、それは尚子に対しての制裁だった。渡辺も、更に金を取られたと嘘を伝えたようだが、尚子の負傷した手が右手だったのを左手だとも、教えたよう。

 ボールを投げながらみんな、「死ね」と叫んでる。過去に”死ね”と書かれて、飛び降りた生徒だかがいたようですね。この設定が「わたし達の教科書」とダブってしまう。同じ、中学生だし。

 青木の投げたボールで負けてしまった尚子だったが、渡辺の立場もわかるし、負傷した手をわざと間違えて教えた君の優しさもわかったと。

 教育委員会委員の鉄仮面というあだ名(笑った顔を見た事がないから)の日向(椎名桔平)が尚子に勝手な行動をしないようにと言いに来ましたね。

 日向を恐れる教師達、生徒には勉強だけを教えていればいいと言う彼等に対向する尚子。先生はいらないと言う生徒達。

 そして、今度は尚子を追放してほしいと3TDへのお願いが・・

 冒頭、木登りしたり(上から吊られてる感じでしたね)、中学時代のセーラー姿の内山理名が見れましたね。まだ、寒いと思うけど、何故に半袖のワンピース姿なのかな・・元気さを出したいからかな・・きっと、寒いでしょうね。余計な事が気になってしまった。

 幼い頃の病気のせいで、みんなより3歳年上な樹村珠里亜役を堀北真希ちゃんが演じてますね。

 ナッキーは生徒の心を掴めるのか・・

         チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

04.22

わたしたちの教科書・第2話

 明日香(志田未来)が亡くなった事で、教師達も学区内での自分の行動や言動を控えるようにと雨木副校長(風吹ジュン)。

 加地(伊藤淳史)は、珠子(菅野美穂)に会いに行くと彼女は、22歳の時に結婚していた事があり、明日香はその時、結婚していた男の連れ子だったと。本当の母親は明日香を産んですぐ亡くなったと。結婚した途端、明日香だけ残して行方をくらました夫。彼女の子供じゃなかったのですね。

 珠子は、どんなに大切な人が亡くなっても、忙しくしてるうちに、忘れていくものだと言う。

 そして1ヶ月後、クラスのみんなも教師達もだんだん、明日香の事を忘れていってる。そんな時に生徒の指導記録がなくなりましたね。誰が・・

 1年の時のあすかの「おかあさん」という作文がありましたね。珠子さんと呼んでいるとか、2人はよく似ているとか(本当は似ていない)涙を流す珠子。瀬里(谷原章介)に、本当の事を伝えましたね。

 珠子はカバンはどうなったかと加地に聞くと、まだ、調査中だと。指導記録は、書くのが間に合わなかった教師が箱ごと隠したのだろうと珠子。

 八幡先生(水嶋ヒロ)でしたね。彼もまた、本当は金八先生に憧れて教師になったが、もう疲れてしまったと。次の日「ごめんなさい」と紙に書いて戻してましたね。

 3ヶ月間、珠子は明日香と暮らしていた事があったのですね。まったく、彼女にかまわず、教育の放棄をしていた珠子。明日香の書いた作文を彼女の目の前でやぶいたと。3ヶ月後に児童養護施設に入れたと。

 養護施設に入れられるのに、珠子さんと旅行してるみたいだからとうれしそうな明日香。片道だけの旅行。その時にたい焼きを珠子に買ってもらった明日香。たい焼きをしっぽから食べるのは珠子さんとおんなじだと何回も言った明日香。

 「ありがとう、たまこさ~~ん」と手を振って言った明日香。捨てられたのにね。それ以後、明日香の事を忘れたと珠子。明日香は自分を頼って来たのに、何もしてやらなかったと良心の呵責を感じている珠子。

 もしかしたらいじめがあったのかもしれませんと珠子に言う加地。
 その時の言葉を録音していた珠子。証拠保全決定として、学校にやってきた珠子。

 明日香はいじめられて、亡くなったのか・・それがはっきりするのでしょうか?

         チェックしてね♪ 

H18・夏ドラマ
トラックバック(1)  コメント(0) 

    2007

04.22

ホテリアー・第1話

  「東京オーシャンホテル」を舞台に、買収にかかわる人とそれを守ろうとする人の闘いが。

 韓国版の「ホテリアー」を観ていたので、ストーリーは知っているのですが、少し違う所もありましたね。緒方が面倒みていた女の子がいなかった。もう、ホテルで働いている設定か、いないのか?

 社長(大杉漣)が急死。ホテルを再建させるために、かつての副総支配人だった緒方(田辺誠一)を連れ戻しに韓国ソウルまで出向いていた杏子(上戸彩)は傷心の帰国。

 その韓国で出会ったのが緒方の友人役でホテリアーでの役名のシン・ドンヒョク役のまま出演したぺ・ヨンジュン。彩ちゃんとはCMで共演してますね。髪が長かったですね。彩ちゃんの韓国語も上手でしたね。

 戻らないと言っていた緒方は、再建の為に戻ってきましたね。

 そのホテルを買収しようと企むのが大日東開発会長の森本(竹中直人)で、その娘・あかね役がサエコ。かなり、韓国ドラマのソン・へギョとは、違った雰囲気です。品が落ちて我侭度がアップした感じかも。

 森本に頼まれて、オーシャンホテル買収を請け負うM&A専門家がぺ・ヨンジュンの役の水沢圭吾で及川光博が演じてますね。歯の浮いたようなキザなセリフはミッチーにあってますね。

 彼と杏子との出会い方も違ってましたが、レストランで杏子を最初に見る所は同じでした。その水沢が杏子の働くホテルに杏子に会いに来たとやってきましたね。何も知らない杏子ですね。

 上戸彩ちゃんも大人っぽい雰囲気を出してましたが話すとまだ、ちょっと子供っぽいところもありましたね。

         チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(1)  コメント(2) 

    2007

04.21

バンビーノ・第1話

 
 イタリア語で若造とかガキンチョで1人じゃ何も出来ないという意味のバンビーノ。

 そのバンビーノと呼ばれるのが大學4年の伴省吾(松本潤)。福岡のレストランでアルバイトで料理をしていて、バイト仲間で恋人の高橋恵理(吹石一恵)と将来一緒に店をやりたいと言っていた。

 春休みを利用して、東京の一流店でヘルプとして働くよう話をつけちゃったオーナーシェフの遠藤(山本圭)。

 料理の腕前には自信たっぷりだった省吾でしたが、試しに作ったスパゲティでは、時間がかかりすぎと言われちゃった。プライドだけは一流の省吾君、他のシェフ達のあまりの速さに圧倒されちゃった。

 皿洗いに格下げされちゃいましたね。前菜からメインまで出来ると言っていた省吾も、あまりの速さについていけず。おまけに作った事がないものを出来ると言って、香取(佐藤隆太)と組んでやるはずが、彼から、まかせられてしまって、味が散々な事に。

 オーナーシェフの穴戸(市村正親)は、省吾ではなく、香取を殴った。その香取から、殴られてしまう省吾。たばこも見つかり、叱られましたね。

 ※佐藤隆太さん、どちらかというと怒られる方の優しいキャラが多かったと思うけれど、今回は違いましたね。市村さんは、妻の篠原涼子さんがドラマに出てない時にドラマ出て、この夫婦はすれ違いばかりでないのかな?彼の存在感は、すごいですね。

 省吾がすぐにやめるかどうか懸けをする面々。1人だけやめないに懸けたのは給仕長の与那(北村一輝)のみ。

 フラフラになりながらも、やめる気はない省吾でしたね。

 せきやてつじ原作の同名漫画をドラマ化したもので、面白いですね。自信だけは一流の松潤がどう成長していくか楽しみです。
 しかし、この仕事きついですね。あんな戦場のような職場で働いている人達を尊敬しちゃいます。

         チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

04.20

セクシーボイスアンドロボ・第2話

  「ゴボ蔵」

 強盗犯(ゴボ蔵)と伊豆まで行くはめになったニコ(大後寿々花)とロボ(松山ケンイチ)。途中、2億円の仏像を譲り受けるため、伊豆まで行く名梨(岡田義徳)と出会ったが、カバンを間違えて持って行ってしまう。

 間違えて置いてかれたカバンを更に別の男性が間違えて持って行ってしまって、フランスパンは足に^m^

 名梨の持っていたものは、2億円ではなかったですね。

 強盗犯の後藤(村上淳)は、ニコの携帯で留守電をしきりに聞いてましたね。伊豆にいたのは亡くなった彼女(すずちゃん)から、腎臓移植をしてもらった女性。生きてる内に謝れなかったから、彼女の体の痕に謝ろうと寄ったよう。

 すずちゃんの買物メモにあった「パン、洗剤、さくら餅」を持ってね。
 強盗犯と一緒にコスプレしたら、車の検問時、警察が感激してたね。

  このドラマ、何気にはまる人は、はまるドラマですね。

       チェックしてね♪
 

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(2) 

    2007

04.19

花嫁とパパ・第2話

 「結婚は許さん!」
 なんとか、辞表はとりめになった愛子(石原さとみ)。今度は新人が幹事を務め、先輩社員をもてなす事に。

 休日に、愛子がリストアップしておいたホテルで三浦(田口淳之介)とランチを食べると、何組目だかのカップル来場につき、ホテルで使えるギフト券が当たった。それが使えるのでここで新歓コンパを行う事にしましたね。

 三浦がトイレに行くと、愛子の父・賢太郎(時任三郎)に、つかまり、愛子との関係を追及されるはめに。もう1人男性は鳴海という室長がいると言うと、そっちかと勘違いしたよう。

 コンパの日、またまた、愛子の父が来ちゃった。今度は鳴海に愛子をよろしくと頼んでるし。
 愛子が忘れたホテルのギフト券を届けに来たのだが、勘違い父は困りますね。

 愛子と父の家にやってきた三浦君、今度は「お嬢さんと、結婚を前提におつきあいさせて下さい。お願いします」だって。またまた、波乱だね~~

         チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(1)  コメント(0) 

    2007

04.17

プロポーズ大作戦・第1話

  「甲子園行けたら結婚できる?」
 大好きな女性が他の男性と結婚してしまう・・思いを告げられぬまま、結婚式に出席する事になってしまった健(山下智久)。

 その女性は、幼馴染の礼(長澤まさみ)。スピーチしながら、泣きそうな気持ちになる健。高校時代の野球部の頃のスライドの写真を見て、「あのときに戻ってやり直したぃ」と後悔の健。

  「もう一度・・もう一度・・もう一度・・」

 時が止まり、謎の紳士(三上博史)が現れた。妖精だと言うその男。(絶対、妖精には見えない・・っていうか妖精ってこんななの?」

  ※山ピー生ビール一気のみしてましたね。

プロポーズ大作戦1
子供の頃の健と礼

     (子役の山ピー役の子も可愛い)

「ハレルヤーチャンス」って野ブタ。の時のようなフリつけて言った健。

 妖精さんによって高校時代の甲子園予選試合にタイムスリップしちゃった。

 かかってる曲は、「なんでだろう♪」。イナバウアーを知らないみんな。荒川静香だと言っても誰それ~でしたね。

 背番号14、代打に立った健は過去の投球を覚えてて、ヒットを打つ。次が尚(濱田岳)で三振だった事を思い出した健は、このままではまた同じ事の繰り返しだと、ホームまで、力の限り、走った。

 けれど、結果はアウト~~

プロポーズ大作戦2


※健のもう1人の親友役は幹雄役の平岡祐太。彼はジャニーズが主役のドラマの友人役が多いですよね。

 未来から来たと友に言うも、おかしくなったと誤解されちゃう健。

 ※セーラー服にウエディング姿まで披露しちゃった長澤まさみちゃん。野球のユニホームの山ピーは髪の毛の色、黒からまた、茶色になってましたね。

 失敗した健。だが、集合写真の礼は泣き顔から笑顔に変わってましたね。同じ写真には2度、飛べない。だから、違う写真から、また、過去に戻った健。

  今度こそ~~~

 ※主題歌は桑田佳祐の「明日 晴れるかな」で、本人がラストでギターを弾きながら出演してましたね。

            チェックしてね♪

プロポーズ大作戦
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2007

04.16

冗談じゃない・第1話

  「冗談じゃない」のドラマがはじまりました。

 高村圭太(織田裕二)40歳、20歳年下の大学生でフランス生まれの帰国子女の絵恋(上野樹里)と結婚。親子ほど違いますね。結婚式に出席できなかった絵恋の両親に会うためにフランスへ。

 ニースで学生時代の恋人、理衣(大竹しのぶ)と20年ぶりに再会したが、なんと、彼女は新妻の母親だった。
 20年前にパリに留学した彼女はニースでワイナリーを経営する夫(草刈正雄)と結婚していたのですね。しかも、子供は4人も。

 ※ニースでロケだなんて素敵ですね。うらやますぃ~~大竹しのぶさんは45歳の役ですが、実際は49歳で織田裕二は39歳で10歳も年上。すごい年下と年上を相手の織田さん、大変だ~~

 ※草刈正雄さんも久しぶりにテレビで見ました。50歳の役ですが実際はもう、54歳なのですね。まだまだ、若いですね。

 ニースでの式いいですね~ウエディング姿の樹里ちゃんが見れました~

 ニースから帰ってきたばかりの所に圭太の勤めるパシフィック電機がリストラ5000人削減のニュースが・・やばいです。

 飲み屋で突然泣き出す女性・野々村冴子(飯島直子)・・彼女は、圭太の事が気に入ったのでは・・

 隣の部屋の住人は、圭太の大學時代の同級生・山田(田口浩正)。またまた偶然ですね。彼は、奥さんを亡くして小学生の妻と2人暮らし。

 圭太に熊本で営業をしないかと会社から・・嫌なら早期退職ってリストラって事ですね。どうする圭太・・そんな時に、ニースから理衣が出てきてしまった~しかも一緒に暮らすって・・どういうつもり~~自分はとっとと、他の男性と結婚して子供も4人もいるのだから、圭太にちょっかいだしちゃだめでしょうが・・

 前途多難な圭太ですね!

             チェックしてね♪
 

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

04.16

喰いタン2・第1話

  「秘伝のラーメンを食いつくす!」

 世界中を周っていた高野聖也(東山紀之)、横浜のラーメン店「あかつき」の特別半額券を誰かからもらったものだから、急遽、日本に帰る事にしましたね。でも、その券を風に飛ばしてなくしちゃった高野。

 ホームズエージェンシーは解散、事務所は閉鎖。

 そして、あかつきの店長が殺されて、秘伝のタレの容器が消えていた。
 
 金田一少年(須賀健太)は、中学受験と、随分大きくなってしまってますね。涼介(森田剛)は、健康飲料のセールスをしてましたね。どうやら、京子(市川実日子)との喧嘩が原因で事務所が解散しちゃったよう。

 あかつきの店長が持っていた10軒のラーメン店の名前が書かれたメモ。早速、その10軒のラーメン店めぐりをはじまる高野。

 涼介の部屋に行った高野、自宅にいっぱい置いてある健康飲料の箱を見て、いかがわしい商売だと気付きましたね。オリゴ糖など全然入ってないらしいし。

 あかつきのラーメンの味の秘密はしじみだったのですね。おいしそうに食べてるから、ラーメンが食べたくなってしまいました~~秘伝のタレの秘密を知った高野が誘拐されちゃった。

 助けに行った涼介だったが、反対につかまってしまいましたね。コンクリートで足を固められちゃうし。でも、京子ちゃん達が来てくれて危機一髪脱出できましたね。

 ホームエージェンシーを復活させる事にしましたね。

 エンディングの主題歌は「愛しのナポリタン」トリオ・ザ・シャキーン」東山・森田・須賀の3人の期間限定トリオが歌ってますね。

           チェックしてね♪ 

 

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

04.16

ライアーゲーム

   「ライアーゲーム」の第1話を見ましたが、1億円入りの小包をあけたばかりに、他人と1億円を奪い合うゲームに参加する事になってしまった女子大生・神崎直(戸田恵梨香)。

 相手が恩師の藤沢(北村総一郎)だったものだから、油断して、彼に金を渡してしまって、だまされてしまった。

 刑務所から出所したばかりに天才詐欺師・秋山(松田翔太)の手を借りる事に。

 ※花男でモテ男なおぼっちゃまだった松田翔太君がニヒルな役柄で登場。戸田恵梨香は主役ははじめてのドラマのようですね。

ドラマがぞくぞくとはじまりましたが、「喰いタン2」だけ、DVDに録画したまま、まだ見れてません。感想は後程・・
 
             チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(1)  コメント(0) 

    2007

04.15

特急田中3号・第1話

 ホラ吹きの田中一郎君(田中聖)。東京大学に入るために必死で勉強したが、2浪。あきらめて、東京の大学に入学する事に。その名も東京産業流通大学(略すと産流(三流)大學)。東京一、偏差値の低い大學。

 電車のついてるパンツをはいてる女性を自分だけのヒロインだと、思う一郎。彼女が歩道橋から落とした鉄道ハンカチを彼女に渡そうと鉄道研究会のメンバーとストーカーをして家や会社を突き止め、渡す事にした一郎。

 彼女は派遣社員で、一流の商社に勤めているが、仕事で失敗してしまった。田中と鉄道研究会のメンバーの花形(塚本高史)、桃山(秋山竜次)とともに、その彼女こと、目黒照美(栗山千秋)と派遣仲間を旅行を語る会に誘うことに成功。

 鉄道マニアの人はすごいですね。花形君、見た目はいいのに、鉄道に熱くてちょっと、女性に引かれてしまう。桃山さんは、大學8年生の金持ちの息子。でも、女性にはもてない。

 ※田中聖君の祖父は現実に東武の駅長をしていたということですから、鉄道に関わりがあったのですね。

 鉄道ヲタクが喜ぶドラマですね。寝台特急など、予約がとれない人気列車もありますね。鉄道関係の方も喜ぶドラマです。

※田中聖君の実の弟の彗(すばる)君が小学生の一郎役で1号の三輪車に乗って、樹(じゅり)君が小学生の二郎役で出演していましたね。
 
      聖弟・彗(すばる)一郎役
     小学生の一郎

      聖弟・樹(じゅり)・二郎役
     小学生の二郎

           チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

04.15

わたしたちの教科書・第1話

  「いじめと裁判と」

 急病の教師に代わって2年3組の担任をすることになった加地耕平(伊藤淳史)。彼のクラスの藍沢明日香(志田未来)から、「世界を変えることは出来ますか?」と聞かれて、答えに詰まった耕平。

 学校の教師達もひとくせあるようですね。

 教頭の雨木(風吹ジュン)は、変えれると言えと言う。しかし、明日香と知り合いの弁護士の珠子(菅野美穂)は、変えれるわけないじゃないとあっさりと言う。

 彼女は、法律事務所の跡取り息子の瀬里(谷原章介)と同棲してましたね。いじめ問題にも取り組む彼女。

 耕平の学校で生徒同士の乱闘騒ぎがあり、教室から1人で見ていた明日香が転落してしまった。彼女は耕平に秘密の鍵を渡していましたね。

 その明日香が亡くなってしまった。

 ※まさか、志田未来ちゃんが亡くなるとは思ってなくて、衝撃でした。

 珠子と鍵のかかってるロッカーを捜してあけると、そこにはいじめの証拠の品が・・明日香は、施設にいましたが、くさいとか言われ、10分以上も手を洗ったり、香水をつけたりとかしていたようですね。

 そして、なんと珠子は明日香の母親だと言う・・何故、明日香と一緒に暮らしていないのか?珠子は30歳で明日香は14歳。16歳の時の子供なのですね。

 明日香の転落は事故なのか?はたまた、殺されたのか?これから、いろいろ暴いていくのですね。またまた、衝撃のドラマになりそうですね。

          チェックしてね♪
 

H19・春ドラマ
トラックバック(1)  コメント(0) 

    2007

04.10

春の新ドラマ・花嫁とパパ・第1話

 もう、春のドラマはじまりました。

 出掛ける事が多くて、夜は眠くて書けず、ついに新ドラマについて書かずに、ドラマがはじまってしまいました。

 10日(火)~「花嫁のパパ
  石原さとみちゃんがはじけてましたね。いつまでも、娘が心配でたまらない父親役に時任三郎さん。さとみちゃん扮する愛子は、新入社員としてアパレル企業に就職。同期に田口淳之介扮する誠二。

 門限7時に、携帯をやっともたせてやると言い出したがなんとそれがキッズ携帯だったり(スポンサーでしたね)、困ったパパです。ファッションショーに出る子供とキャッチボールして服を汚させてしまった愛子が謝ってると、余計な事を言う父・賢太郎。あげくに、勝手に娘の辞表を書いて渡してるし。

 でも、子供の頃に父とやったキャッチボールは忘れられない愛子でしたね。

 父の干渉から逃げる手立ては、結婚しかないと私、結婚すると言っちゃいました愛子さん。

 そそかっしい役のさとみちゃんはまるで、犬のようで、いつもニコニコ笑顔の田口君は癒し系ですね。

 ※午後10時からは「セクシーボイス アンド ロボ」もはじまりましたが、マンガ部門の大賞作のようですが、ちょっと、独特の雰囲気がありましたね。

 女好きのロボットおたく・ロボ(松山ケンイチ、)と七色の声を操る女子中学生・二コ(大後寿々花)がスパイと化していくストーリーのようで、1回目のゲストは中村獅堂で、彼は殺し屋の役で殺されちゃいましたね。

        チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(1)  コメント(1) 

    2007

04.06

1リットルの涙・特別編・追憶

  久しぶりに見た「1リットルの涙」でした。
 
 亜也(沢尻エリカ)の死から、半年後を描いたものでしたね。

 神経内科医として勤務してる遥斗(錦戸亮)は、亜也が亡くなってから、自分の殻に閉じこもってました。
 けれども、心配してくれる亜也の家族達によって、亜也が自分に残してくれた言葉「ずっと生きてね」など思い出した遥斗は、頑張って前向きに生きようと変わってくれましたね。

 遥斗と同じ病院に看護師となって来た亜也の妹の亜湖(成海璃子)。彼女の描いた家族の絵はとても、良かったですね。

 亜也と同じ病気で入院しているみずき(岡本杏里)は、こんな病気になって、死んだ方がましと薬も水に流して飲まなかったり、リハビリもしようとしなかったり。学校ではいじめられた事もあったようですね。

 彼女に封印していた亜也の事を語って聞かせた遥斗。彼にお礼を言うみずき。病気をかかえて前向きに生きて行くのは難しいですよね。

 亜也の言った「病気はどうして私を選んだの?」って言葉が今さらながら悲しかったですね。でも、神様は病気と闘えるだろう人間にしか与えないようなので亜也ならと、病気を与えたのですね。

 すべての病が治せる日が来てほしいですね。

※最近、用事で出掛けてばかりや、残業などで忙しく眠くなって、新番組について書けてません。週末に頑張ろう!

         チェックしてね♪

スペシャルドラマ・映画
トラックバック(0)  コメント(1) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。