--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

05.30

バンビーノ・第7話

 笑いを覚えたロボットって野上(戸田恵子)様に言われちゃったね、伴省吾(松本潤)。

 お客様の事を見ていない、人の気持ちを考えていない伴君、愛を知らなきゃね。

 あすか(香里奈)の恋人の羽山(池内博之)は、元バッカナーレの料理人。天才と言われていたようで、腕を買われて他の店に行ったが、トラブルを起こしてクビになり、今は何もしていない。

 あすかにお金をたかっている羽山。伴にまで、奢ってもらう始末。
 伴の住む部屋に元住んでたのですね。

 桑原(佐々木蔵之介)を挑発し、料理対決をする事になった羽山。
 しか~し、対決するのは伴だと桑原。

 久しぶりに料理だよ、バンビーノ、ガンバ!
 出来上がりが早かったのは羽山でしたが、さて味対決は?

 スカンピ(手長えび)とからすみのスパゲッティ・・う~~ん、おいしそう・・羽山のは一口でインパクトがあっておいしいだが、伴のは、いつまでも食べていたい味だと。伴の負けだと言う桑原だったが、ホールのみんなが仕事が終わってから食べるものだから、麺をやわらかめにし、塩も少なめにしたと言う伴。

 羽山やあすかの事も考えて作った伴に、それが愛だと言う与那嶺(北村一輝)。

 どこかでバンビーノからやり直してみる気になった羽山。

 料理というのは、自分が出る料理だと宍戸(市村正親)。料理ほど、幸せな仕事はないとも。

 野上様にいい顔してるじゃないとほめられた伴。愛が少しだけわかったね。

 厨房に入ってと急に言われたが、入るのはドルチェ。腕を怪我したドルチェ担当の織田(ほっしゃん)のアシスタントをするように言われましたね。

 何もしゃべらないほっしゃんが来週は声を出しますね~またまた、大変な思いをするバンビですよ。毎週、面白いドラマですね。

             チェックしてね♪
スポンサーサイト

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2007

05.30

花嫁とパパ・第8話

 「恋より大切な事」
 三浦(田口淳之介)とまた、つきあう事にして元気になった愛子(石原さとみ)に、三浦と別れろと言う鳴海((小泉孝太郎)。
 彼は、愛子を連れて独立を考えているようですね。

 広告代理店を無視して、人気のデザイン事務所アトラスのデザイナー・桂木(小市慢太郎)と交渉するために彼の自宅まで愛子を連れて出張した鳴海。

 愛子の一生懸命さが桂木を動かしたのか、今回だけ鳴海と仕事すると、会社の牧原(白石美帆)に、鳴海と連絡がつかないからとかけてきた。

 私から伝えると言いながら、会社の上層部に知らせるつもりの牧原。

 愛子は父に、室長についていきますと宣言しちゃいましたね。

              チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

05.29

プロポーズ大作戦・第7話

 大学3年の夏休みに戻った健(山下智久)

 多田(藤木直人)より先に礼(長澤まさみ)に告白しなくちゃだめなのに~~健~~勇気出して告白しても冗談だと思われちゃうし~

 花火大会の日、研究室で礼に多田が告白すると思い出した健は、走って何とかそれは阻止。でも、王様ゲームで王様になった多田は、吉田礼さんが好きですって、言っちゃったよ~

 ※長澤まさみちゃん、浴衣姿綺麗でしたね~

 そして、尚(濱田岳)には、エリ(榮倉奈々)に今、告白しないと後悔するぞと言い、現代に戻ってきたら、2人はつきあってましたね。

 告白のシチュエーションなんか考えてたものだから、先越されちゃった健。妖精さんにも、もう過去には戻らなくていいってあきらめちゃった健。だめだよ~~礼は、あんたの事が好きだったのに・・何やってるのよね~

 幹雄(平岡祐太)は、健がタイムスリップしてた事に気付いてましたね。もっと早く気付いていれば、協力できたのにって幹雄。

  また、再度、頑張るのかな・・

          チェックしてね♪
 

プロポーズ大作戦
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

05.28

ドラマ・生徒諸君、田中3号、冗談じゃない

 「生徒諸君」第6話 2年3組だけ、修学旅行に行けない・・でも行きたい生徒もいる・・保護者も去年のことから、もう、泊まりの旅行には行かなくていいと同意してしまってましたね。

 尚子(内山理名)旅行代理店の東国原さん(時の名前を使いましたね)に、1クラス分増やしてほしいと直談判。でも、学校にわかってしまってだめでしたね。代理店の前で座り込みまでしましたが、学校が許可しないものを勝手には、代理店も増やせないですよね。

 週刊誌に2年3組の事が出てしまいましたね。生徒達の勝手な行動で山で遭難し、修学旅行も辞退したみたいに書かれていて、記者会見をする事に。

 本当の事を話そうとする尚子でしたが・・

 ※樹里亜(堀北真希)は、誰かからの電話に怯え、たすけてと・・
  日向(椎名桔平)の弟はイジメで自殺してたのですね。学校が認めないからと新聞社も本当の事を書かなかったのですね。

 「特急田中3号」第7話
 父が不注意から骨折。代わりにクリーニング店を手伝う一郎(田中聖)。しかし、大切なお客様の娘にもらったという服を焦がしてしまった一郎。

 父のことまで非難され、返って怒ってしまった一郎でしたが、父はお客の家の前で土下座して謝りながらこれからもひいきにしてほしいと頼んでましたね。結局、無理でしたが・・仕事は厳しいですよね。

 心を入れ替え、手伝いに励む一郎のために、照美(栗山千秋)達を呼んでくれた祖母。

 酔っ払った先輩OLに絡まれたりもあった一郎でしたが、照美達とまた仲良くなって、銚子電鉄に乗って弟の次郎(木村了)の野球の試合を応援する事にしたが・・結局、喧嘩したりして、照美と一郎の2人だけに。

 弟は勝ち、照美ともいい関係になれるかと思いきや、照美しかだめだと照美が好きだった男性がまたまた、現れちゃったね~

  「冗談じゃない」第7話 結婚指輪がないとあわてて、いろいろ案を考える圭太(織田裕二)。隣人の山田は、店長の冴子(飯島直子)が気になって食事しにファミレスまで・・

 指輪はクリーニングに出した服から出てきたのですが、理衣(大竹しのぶ)がそっくりな指輪を買って渡した直後だったから、そんなんで誤魔化そうとしてたと怒り、家を飛び出て、友田(田中圭)の家に泊めてもらっちゃいましたね。

 何もなかったようですが・・

 山田さん、圭太に昔の事、思い出したと言ってましたが、どうなんでしょうね。

           チェックしてね♪
 

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(2) 

    2007

05.28

ドラマまとめて感想

  先週は、いろいろやる事があって、ドラマの感想もまとめて、少し書いておきますね~

 「花嫁とパパ」第7話・・三浦(田口淳之介)の母に交際させられないと言われたが、それでも前向きな愛子(石原さとみ)は、父に、三浦さんとまた、結婚を前提につきあわせてと言いましたね。

 鳴海(小泉孝太郎)に気にいられてる愛子でしたね。

 「バンビーノ」第6話・・野上様(戸田京子)恐かったですね~私の視界からいなくなってなんてね~愛が大事と言われても、特訓して、まるでロボットのような接客したり、この料理はこうやって作ると説明しておいしいから食べてと・・おいしそうと結局、注文してくれたが、自己満足だろと言われちゃったね、伴君(松本潤)

 「わたしたちの教科書」第7話・・元担任の三澤(市川実和子)に会ったが彼女は、教師だったのかと思うほど、ケーキの事を気にして、明日香(志田未来)の事に関心がなかったですね。

 でも、いじめられていた事は事実で、1年の担任だった時の生徒指導日誌には書かれてましたね。でも副校長(風吹ジュン)には報告しても、学校をやめたくなければ書き直せで結果書き直して提出したようですね。

 明日香をいじめていたのは兼良陸(冨浦智嗣)で、彼の親がえらい人だったから副校長も知らん顔だったのか・・彼女の息子もわけありですね。

 明日香はだめにされた教科書を買うために、父の時計を質屋に預けてお金を作ったのですね。

 しかし、加地(伊藤淳史)は、大城(真木よう子)といい感じですね。彼女は本当に好きなのか利用しているだけなのか疑問ですが・・加地よ・・目を覚ませ~

 今度からは裁判編へ突入~

          チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

05.27

喰いタン2・第7話

  宝石強盗事件発生!

 目隠しされて、監禁されていた上原(瀬戸陽一郎)は、喰いタン(東山紀之)が証言を基に割り出した店のつみれ汁の味が違うと言う。

   喰いタンが間違えた?ショックの高野~

 しかし、上原さんは味覚障害になってて、食べ物の味がわからなくなってましたね。魚のつみれと鳥のつくねの味の違いがわからない。息子も同じで亜鉛不足でしたね。味では判断できず、食べた感触でしたか判断できず。

 50M走で頑張って走った息子を見て感動した上原は、今日、強盗があると教えてきましたね。脅されて運転手の役目をする事になってると。

 犯人を無事に逮捕できましたね。上原さんも味覚障害が直ったら、店をまた、はじめるようですね。

 涼介(森田剛)君、京子(市川実日子)ちゃんのハートを射止めるために頑張るって言ったら、気持ち悪いって言われてましたね~ガンバ!

       チェックしてね♪
  

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

05.21

プロポーズ大作戦・第6話

 「10代最終日何を卒業しますか」
 またまた、なんとか過去にもっどった健(山下智久)でしたが、幹雄(平岡祐太)と彼女の別れるの別れないので、幹雄の代わりに水をかぶっちゃった~

 礼(長澤まさみ)は、コンペに出品する課題の手直しで多田の研究室にこもることに。礼の二十歳の誕生日を祝ってあげたい健は、礼にプレゼントするために、風邪を推して幹雄のバイト先で急遽働かせてもらうことに。

 しかし、熱のある健はバイト先で倒れて、家で寝込んでしまうことに。

 礼は中学3年の時に、渡そうとして渡せないまま、ずっと持ってる手紙がありましたね。それは、好きな健に渡すためのもの。

 課題よりその手紙を10代最後の内に渡したい礼は健の元へ。部屋の外で知り合って12年、近くにいすぎて言えなかったが、健のことが・・って言おうとして部屋の中で鳴る電話に部屋に入った礼。

 健はいなくて、友達から合コン忘れてないよね・・の留守電が・・

 その頃、健は郵便局で礼を待っていて・・12時も過ぎてしまい・・

 健が好きだと書いた手紙を飛行機にして飛ばした礼・・

 部屋に戻った健・・”お大事に礼”と紙に書いたものと薬が・・

 礼は課題が明日の朝までに仕上げればいいと多田(藤木直人)に言われ、仕上げる事に。礼の元に必死で走った健でしたが、礼の誕生日に一緒に写真を2人で撮った礼と多田。後にブラインド越しに写ってる健。

 礼は健の事にけじめをつけてしまったよう。そして、この日、多田からプロポーズされたようですね。

 ※お互い両思いなのに、すれちがってばかりで、何なんですか~もどかしいったりゃありゃしない・・あきらめるんですか?後悔だけ残して・・

            チェックしてね♪

プロポーズ大作戦
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2007

05.21

冗談じゃない!第6話

 「浮気?ハンカチおやじ大ピンチ」

 圭太(織田裕二)がママの元彼では?っていうのはなんとか、切り抜けできたが、今度は店長(飯島直子)との関係が?

 聡(田中圭)君も余計な写メールを絵恋(上野樹里)に送ったりするから~~

 店長がハンカチを貸してくれた結婚している男性が好きだと言うと、告白すればいいとけしかけたのは、理衣(大竹しのぶ)。もちろん、お互い、圭太の事だとか、圭太の義母だとかは知らなかった。

 圭太の事だと知ると、家にその店長を呼んじゃったよ。店長がフランス語が話せないだろうと、フランス語で家に呼んで家族で仲良くすれば、浮気できないのでは?と絵恋に話した理衣。

 でも、フランス語が話せましたね店長さん。そういうことかって・・

 ※今回は出番が多かったですね、飯島直子さん。絵恋の妹達は理衣が帰るまで一緒に日本にいるって~~まだまだ、災難の圭太だよ~

ファミレスに寂しいからとどれだけいても何も言われないからとしょっちゅう来てたお客から、髪の毛が入っていたとクレームがありましたね。圭太はそんなはずないと反論・・

 でも店長は店をつぶす気ですか?と圭太に言いましたね。どんな客でもまた、来たいと思っていただけるような店でなければだめだと・・店長の事を見直しましたね。

 そのお客もどんな反応をするか試してみたと謝ってきましたね。

            チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

05.21

喰いタン2・第6話

  関西と関東の味の違いなど、ぜんざいとおしるこでも、関東と関西では、違ってましたね。

 大阪の園田くらら(山田スミ子)は自分が関東人の旦那と結婚して、性格や味付けなどの違いからいつも衝突していたため、自分の娘がまた、関東の人と付き合っているため、心配して相手の男性の亀山良平の調査を依頼してきましたね。

 事務所に一緒に泊まる彼女を横浜を案内しがてら天ぷらやおでんなどご馳走する喰いタン(東山紀之)。

 しか~~し、会社の社長殺しでなんと、逮捕されちゃった娘の彼氏。ダイイングメッセージは”カメヤマ”でも、名前ではありませんでしたね。関西出の社長ならではのとっさに思いついたダイイングメッセージでした。

 殺害時間には亀山は大阪の支社に出張に行っていたのですが、会社は来てないなどと言う。手がかりは懐かしい味のする正統派のたこ焼きの味で通天閣が見える店で食べたというもの。

 喰いタンはその店を捜してたこ焼きを喰うわ喰うわ・・関東風の味付けのたこ焼きでしたね。

 犯人も見つかり、たこ焼き器が今回の報酬で厳しかったですね。

            チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

05.21

特急田中3号・第6話

 「優しさ以外に取り柄がないの?」

 桃山誠志(秋山竜次)は、三度目の落第決定。去年の卒業生のレポートを盗作したのが教授にばれてしまったため。

 田中は、担当の教授(阿藤快)にもう一度、桃山にチャンスをあげてほしいと頼みに行ったが、逆に人に頼むとはなんだと桃山は怒られ、絶対に卒業させないと言われちゃった。

 それでも、田中に促され、教授にまた、かけあいに行った桃山。けれど、君、僕の授業に出た事あるのか?と反対に言われ、あえなく撃沈。

 うなだれる桃谷でしたが、夏までにもう一度レポートを出せば卒業のチャンスをくれると連絡が・・田中のおかげと喜ぶが・・

 桃山家が揃って食事会。誠志にはホテルをまかせられないと言う父は弟を後継者にし、弟に教えてもらってホテルの事を学べと冷たい言葉。
 実は卒業の件も父親によって、学校から説得されて教授の気が変わったようですね。

 優しさ以外に何の取り柄もないと言う父親の言葉に琴音(加藤ローサ)と一郎(田中聖)が反論。あきれて、去って行っちゃった父親達。

    一緒に写真を撮ろうと桃山。落ち込むな桃山。

 ※しかし、誠次の弟君、よく太ってましたね~そして、一郎は美晴(大河内奈々子)にほっぺにキスされてましたね。

       チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

05.21

生徒諸君・第5話

  毎年恒例のクラス対抗球技大会がやってきましたね。参加したい生徒もいたが、結果は不参加ということに。

 バスケットが好きな上田敏也(松川尚瑠輝)に一緒にバスケの練習をしようと誘い、そして、メンバーを集めて大会に参加しようと考えた尚子(内山理名)。

 茉莉(夏未エレナ)の協力でメンバーが揃ったが、敏也の机の上には裏切り者の文字が。

 夜の公園で練習をしていた敏也に止めるように言う3TD。3TDはいらないと言う敏也に怒って蹴りを入れ怪我させてしまった薫(岡田将生)。

 その薫にバスケで勝負を申し出て自分が負けたら学校を辞める、でも勝ったら球技大会に出てと。結果は尚子の勝ち。

 大会では同じクラスで敏也のチーム対薫のチームで対決。前半は圧倒的に薫のチームの勝ち。しかし、後半は試合を楽しむ事にした敏也チームは、活き活きと試合をして、敏也の投げたシュートが見事に決まった。

 大喜びする5人に途中で試合放棄の薫。

 薫は3TDの解散を提案し、抜けると言うが、珠里亜(堀北真希)と公平(本郷奏多)は、残る事に。

 ※実行役だった薫が抜けた3TDは、どうなるのかな?恐さが半減したような・・

           チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(1)  コメント(0) 

    2007

05.20

わたしたちの教科書・第6話

  珠子(菅野美穂)は、クライスラー法律事務所と闘う覚悟で、解雇され、直之(谷原章介)との婚約も解消に。

 雨木副校長が全校でのいじめの実態を調査すると言い、各教師が調査しましたね。でも、いじめの事実はなかった。

 いじめの事実がなかった事を加地(伊藤淳史)に納得させるために、行ったようですね。

 体育教師の戸板(大倉孝ニ)は、珠子にいじめに関する情報を与えてくれるようですね。

          チェックしてね♪
 

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

05.19

バンビーノ・第5話

 「低空飛行」

 ここで働きたいなら、ホールからと言われ、へんなスマイルのまま、ホールに立った伴(松本潤」。スマイル率25%。

 「私の視界に入らないで・・死んだ魚みたいな目はどっか行って」とお客の野上(戸田恵子)様に言われてしまった。

 ※松潤君、アパートでレタスとツナのスパゲッティを作ってましたね。おいしそうだった~手つきも料理人らしくてね。

 料理を作りたくてしょうがない伴。でも、ホールで働いているこずえも実は料理人志望で最低1年はホールでと言われていたが、もう2年もホールで働いていたのですね。でも、そんなふうに見えないですね。

 伴のミスでホールの真ん中でグラスを割ってしまいましたね。でも、すぐに機転を利かせ、電気を落として、誕生日の五十嵐様のためにケーキを運んできて、祝うホールの面々。

 電気が明るくなると、グラスは綺麗に片付けられいた!

 ”すごい”と感動した伴。

 殴ってくれと言う伴に、殴る方も痛いんだよと言う与那(北村一輝)。

 桑原(佐々木蔵之介)に、俺は博多を捨ててきたんです。彼女とも別れて・・ホールは向いてないと思うと言い、早く料理が作りたいと。

 目の前の事に一生懸命になれない奴に、夢を語る資格なんてないと桑原に言われてしまった。

 ”やってみるか”とふっきれた伴。しかし、まだまだ42点のスマイルでしたね。

          チェックしてね♪ 

 

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

05.16

セクシーボイスアンドロボ・第5話

 「ZI」

 今度はZIという殺し屋を捜せ指令。

 しか~~し、ロボ(松山けんいち)の所には、ロボの母(白石加代子)が来てましたね~

 韓国ドラマ「冬のソナチネ」のカン・スンウォンに、熱を上げている母でしたが、かつらをかぶるとなんと、ロボはそっくりに。

 NIという名の花屋・・頭を横にするなんとZIに~そこにZIがいましたね。でも、狙われているのは、男性の方。
 ZIはその男性を殺すはずだったが、赤ん坊を連れていたため、情が移り、殺しそこね、家族として暮らすように。

 なんと、その男性宇宙人だと言ってましたが?、死んでいないのがばれて、また、狙われるように。
 ニコ(大後寿々花)達まで一緒に、狙われましたが、助かりましたね。

 もう、地球にいられないからさよならするという男性。さよならが言えなかった息子のために、母親にカン様ファンを集めてもらい、人文字で「サヨナラ」と作ってもらい、ペンライトをふってもらいましたね。

 あの飛行機にカン様が乗っています。皆さん、ペンライトをふって下さいと。ホテルの上階にいた男性にはしっかり、見えましたね。

 ロボの母は元気ならそれでいいって言ってロボ好きも認めてくれて帰って行きましたね。

  ※本当に現実世界から離れた話でしたね。でも、松山けんいち君、かつらをかぶるといい男でしたね。

           チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(1)  コメント(1) 

    2007

05.16

花嫁とパパ・第6話

  「別れてください」
 三浦(田口淳之介)の母が仕事で上京してきて、愛子(石原さとみ)に誠二には内緒で会ってと言ってきましたね。

 でも、あなたとは結婚させられないからと言い、着物も似合わなそうだと失礼な事を言う、三浦の母。

 ショックの愛子が父・賢太郎(時任三郎)に相談しようとしましたが、もう、愛子から子離れをしようと決めた賢太郎は三浦と2人で解決しろと・・

 三浦君、母親に愛子との結婚を認めてもらおうとしましたが、呉服屋を彼に継がせようとしているため、聞く耳もたずの母親。

 もう、親の事はどうでもいいって言う三浦に、別れを切り出しちゃった愛子。

 ※愛子の父は愛子のためを思うがための干渉でしたが、三浦の親は自分勝手で子供の気持ちはどうでもいいですからね、ひどいですね。

 鳴海(小泉孝太郎)は、愛子をアシスタントにしたりして、買っているようですね。

 ※小泉孝太郎君も、いつものひ弱な役柄とは、違いますね。

          チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

05.16

冗談じゃない・第5話

 「ママの元カレなの?信じてる」
 圭太(織田裕二)と理衣(大竹しのぶ)が昔、つきあってた事が、今度こそばれるって思ったら、なんとか、ばれませんでしたね。

 元カレは別にいるって事に。

 理衣の旦那様の広瀬は、帰ってしまいましたね。しばらく、冷却期間をおかないとと。
 
 しかし、絵恋(上野樹里)の妹達はまだ、残ってますね。

 圭太の冗談じゃない生活は、まだまだ続く~~

          チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(2) 

    2007

05.14

プロポーズ大作戦・第5話

  今度は、大学生ですね~
 
 健(山下智久亜)が戻ったら、いきなり、尚(濱田岳)とキスしてるし~平成14年6月9日ワールドカップの年~

 礼(長澤まさみ)のじいちゃん(夏八木勲)が広島から来てましたね。べッカムの髪型だと言ったり、大學まで、見にきちゃって、多田(藤木直人)と建築の話で盛り上がって、多田を礼の婿にすると言い出しましたね。

 その大学に高校時代の先生が新入生として入ってきてるなんて!

 幹雄(平岡祐太)は、彼女と簡単にキスしてましたね。同棲までしてたし。

 エリ(榮倉奈々)も、バレーボールに名前とメルアド書いて、好きな男子に渡したし~積極的~
 
 健の気持ちに気付いていたじいちゃんは、明日やろうはバカやろうだと言い残して、帰って行きましたね。(おばあちゃんに電話で愛してるって思った事をすぐ言うじいちゃんでしたからね)

 礼と学部が違う健はあせってましたね。

 ※しかし、健も多田も2人してIKKOさんの「どんだけ~」って使ってましたね。最近の流行~~

 礼とじいちゃんは一緒に写真を撮ったのですが(証明写真をプリクラだと言うじいじ)、その写真を忘れていったじいちゃん。この年の暮れに亡くなると知っていた健は、礼に今日、届けてやれと明日やろうはバカやろうだと・・

 走る礼と健・・バスに間に合いましたね。写真を渡し、たまご焼きがおいしかったとじいじに言う礼。

 やっぱり、言える時に言っておかないとだめですね。

 じいじに渡したものの中には、写真と一緒に「大切な人のための家」として設計者が礼で施行者が祖父の大志として書かれた家の設計図まで入ってましたね。

 じいじが礼のファーストキスだと言うが、礼は健が小学校の時の運動会で二人三脚で転んだ時にどさくさにまぎれてしてきたのがファーストキスだと。

 しかし、そんなのは違うと礼にキスをして、これが1番目だからと健・・いきなり、ほっぺをたたかれたね。しかも2発。でも、笑ってましたね、礼。

 健のファーストキスはハンバーグ(他の子)からたまご焼き(礼)の味に変わりましたね。

 しか~~し、戻ってきたら、やっぱり、状態は変わらず。キスしてもだめだったね~

          チェックしてね♪
  

プロポーズ大作戦
トラックバック(1)  コメント(0) 

    2007

05.13

喰いタン2・第5話

  「隣の晩ごはん!カレーライスを食べまくる!」
 連続放火事件が近くておきてましたね。しかも、晩ごはんがカレーライスの家のよう。

 金田一少年(須賀健太)のクラスメイトの”えんどう豆”こと遠藤紗弥(逆にするとサヤエンドウだから)(小池彩夢)と出会い、彼女の家でカレーライスをご馳走になる喰いタン(東山紀之)。

 彼女の家は、父親が単身赴任中で、母親も仕事が忙しく、いつも1人で家にいる事が多いようでカレーライスは、作りおきに便利のようですね。そして、さつまいもが具として入ってましたね。

 仕事が忙しく疲れている桃(京野ことみ)を署長に頼まれて預かる事になった喰いタン達は、彼女の担当のこの事件を調べる事に。

 金田一少年が自由研究で家庭におけるカレーの味の違いを調べるために”突撃カレー調査隊”をすることになり、喰いタンも一緒に同行。

 ※いろいろな家庭のカレーを喰いまくる、喰いまくる!

 カレーマップなるものを作ると放火された家はやっぱり、夜にカレーライスを作っていた家ばかり。1軒を除いてですが・・その家にもカレープラントなる植物がありましたね。

 被害のあった家はどこも親子3人以上、両親が揃っていて、子供がいておじいちゃんかおばあちゃんがいて、絵に描いたような家族構成。カレーは幸せな家族の象徴。だから、遠藤紗弥の家は放火されなかった。

 桃ちゃんにお母さんを演じさせ(白いエプロンをつけ、いつもと雰囲気が違~う)、喰いタンは父親役(何故か金田一少年と同じ格好)、涼介(森田剛)君はおじいちゃんだ~・・で、紗弥ちゃんも呼んで、犯人をおびき出すために幸せな家族を演じてカレーライスを作る事に。

 ※しかし、桃ちゃん、学校でカレーライスくらい作った事ないのかな?

 カレーが出来た頃に保険のセールスマンが来ましたね。ゲームで時間をつぶして一家団欒。

 やっぱり、放火犯はさっきのセールスマンでしたね。(犯人が誰かっていうのはあまり、このドラマでは関係ない感じですね)

 桃の親もフランスにいて、寂しい思いをしていた事があり、紗弥の気持ちがわかると2人は、いい感じでしたね。
 紗弥の家のカレーライスのさつまいもも、甘味を増すために母親が入れたもので、手抜きのために作ったものではないと喰いタンに教えられた紗弥。

 桃も自分が作ったカレーを食べるようになり、紗耶も母親の気持ちがわかり、一件落着。

         チェックしてね♪
 

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

05.12

特急田中3号・第5話

 「どんだけつき合えば友達になれるの?

 花形君(塚本高史)は、就職活動、桃谷(秋山竜次)は、卒業をかけた論文の書き上げで大変だ~

 シャネルの電車柄のバッグを琴音(加藤ローサ)にプレゼントしちゃう桃山・・シャネルの電車柄てすごい!

           シャネル電車バッグ


 就職先で三流大学で特技とか聞かれても、電車に関する事ばっかり言う花形は、旅行会社は無理そう。けれど成績優秀、資格も多く取ってて、一流企業のストアーに就職できる事に。

 しか~~し、本当に行きたいのは、旅行会社の花形に、それでいいのかと田中一郎(田中聖)。

 一郎の祖母を助けて家まで送ってきた照美(栗山千秋)の手料理が食べれちゃったね、一郎!

 そして小田急ロマンスカーの旅~花形&理子(平岩紙)をくっつけよう作戦。

          小田急ロマンスカー


 理子さん、札幌で高校の先生やってたって・・見えないです^m^

 花形と理子の部屋だけ停電・・みんなの計画に気付いた花形は怒るが・・本当に行きたい旅行会社をあきらめ、一流企業への就職を決めた花形は、いらだってましたね。

 その花形君、一流企業への就職を断ってしまいましたね。友達の影響で気が変わったと言う花形の言葉にうれしい田中~やっと、友達と認めてもらえたかな・・

  だが、桃山~レポート落第でまたまた留年決定~何年、大学生やるんだよ~

※塚本さ~ん、結婚するんですね!おめでとう(*^_^*)辻ちゃんに続いてのニュースに芸能界を賑わしてますね。

             チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

05.12

生徒諸君・第4話

  1年以上の不登校の生徒をフリースクールに行かせると日向(椎名桔平)。絶対に学校へ来させると尚子(内山理名)。

 フリースクールに通いはじめた茉莉のためにボランティアでフリースクールの教師になった尚子は、茉莉にゲームをしようと言い、私が読めない漢字があったら、私は二度とここへ来ないと告げる。

 「灘出楽神戸粉居之!」
   なんでがっこうへこないの?

 ※尚子が出した漢字は、読めるわけないですよね・・

 尚子がうざいと、3TDにフリースクールに来させないようにと、友達から頼んでもらう茉莉。

 バスケの顧問になった尚子は、3TDに閉じ込められちゃった!
  今度は私から3TDにお願いすると茉莉を学校へ連れてきてと言う尚子、でも大人のは聞かないと言う3TD。

 茉莉は学級委員だったし、自分が山へ連れて行ってと頼み、みんなを守れなかった責任から、そして、白井が学校へ行くまでは、自分も行くわかにはいかないと決めてましたね。

 尚子さん、自力で脱出しましたね。

 白井は転校する事になり、それを阻止しようと家の前で座り込みをしようとするが、苦情を聞き、日向が来ましたね。(家の前で大声でしゃべれば近所迷惑だわね。お母さんも旦那さんが単身赴任中で1人でずっと、面倒みてきて疲れたよね)
 
  「逃げて何が悪いんですか?・・逃げは全部失うよりいいじゃないですか?・・もし、このままで彼が自殺したら、彼の人生に責任取れますか?・・私は生きてほしい。どんな生き方でもいいから」

  ※日向の言う事も一理ありますね。

 一度でも出席を取りたかったと茉莉に言う尚子の言葉に、白井が転校する日に車を追いかけて「ごめんね、忘れないから」と茉莉。

 30人で最後となる出席を取りはじめた尚子でしたが、「白井直輝」の名前を読んだら「はい」と返事して教室に来た直輝。茉莉とともに来ましたね。

 「白井君の勇気とうざい先生の力だよ」と茉莉。

 3TDだけは複雑な顔してましたね。

 そして、「助けて」と尚子の携帯にメールが・・女子生徒でしたが誰なのか?

            チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

05.10

わたしたちの教科書・第5話

  「職員室のいじめ!!」

 加地(伊藤淳史)は、教師から無視されたり、いろいろ、押し付けられて大変に。これも、副校長(風吹ジュン)がデタラメをみんなに伝えたから。

 いじめを注意する側が、教師をいじめさせている。そして、教師達も教師をいじめて平気でいる。こんな学校では、生徒の間でいじめがあっても、知らない顔でいるはずですね。

 加地は剣道部の顧問になったが、兼良(冨浦智嗣)は、彼の事を嫌いだと言い、何故かストーカーみたいな事をしてましたね。

 倒れた加地が保健室で寝ている時に誰かが、置いておいたものの裏に書かれた115278の数字。校外持ち出し禁止の中に入っていた物は、明日香(志田未来)がいじめられていた証拠の物。

    いったい、誰が・・・

 兼良の父は援助交際をしていて、大人を憎む兼良は、加地に、明日香しか見てなくて、僕達を疑っているんだろと・・だから嫌いだと。

 そして、副校長の言葉にまんまと騙された加地。明日香の誕生日にお墓に彼女の好きなすずらんの花を供えたと教えられ、生徒を救いたいだけだと言う言葉に、”すみませんでした”と言い、証拠の物をまた、渡してしまいましたね。

 雨木音也・・彼は副校長の息子なのか?いったい、どう関係しているのか?

 朋美(谷村美月)も、明日香をいじめた人達が死刑にならないなら、話せないと言いだし、加地も学校にいじめはないと言い、あれは転落事故ですと言う。

 珠子(菅野美穂)は、八方塞がりの状態で、明日香へのいじめは、立証できるのか?

             チェックしてね♪
 

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(2) 

    2007

05.10

セクシーボイスアンドロボ・第5話

  「うしみつ様」

 ロボ(松山ケンイチ)とニコ(大後寿々花)が、高校生に~

 怪事件が頻発する高校に潜入したロボ達は、見事に事件を解決しましたね。

 ”うしみつ様”人形を作って儲けようなんてね。

 ちょっと”野ブタ。をプロデュース”の人形を思い出したよ。

 ニコちゃん、中学生なのに、年上の高校生相手に対等に話してましたね。後で、中学生に戻って髪形も結んだら、幼くなったけど。
 
 ロボも、もう高校生って年じゃないのに、喜んでましたね。

         チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

05.10

バンビーノ・第4話

  博多に戻った伴(松本潤)は、バッカナーレの事が忘れられず、恵理(吹石一恵)に、大學をやめて、バッカナーレで一人前の料理人になりたいから、一緒に東京に来てほしいと告げましたね。

 でも、私の夢とかはどうでもいいのかと納得できない恵理。

 その恵理は翌日、伴にだまってバッカナーレに1人で来てしまいました。スパゲッティを食べた恵理は厨房を見せてほしいと頼み、伴がどうしてここで働きたいのかを知ろうとしましたね。見ている内に泣けてきてしまう恵理。

 実家に行き、女手一つで育ててくれた母・聡子(余貴美子)に自分の思いを告げると自分の生きたいようにやればいいと。

 大學に行く時にきちんと卒業する気がないなら、働きなさいと言った母に、4年で卒業すると言った伴は、約束が守れなかったので、大學にかかったお金は働いて返すと母に。

 博多に帰ってきた恵理は伴に別れる事になるが頑張ってと言い、さよならを告げ、実家に戻ると。

 ※大學を卒業するまで待てなかったのか?卒業してからでもいいのに。

 こうなると予想していた博多のサンマルツァーノのオーナー・遠藤(山本圭)

 バッカナーレに戻ってきた伴でしたが、正社員として働く事になったが、なんと、働く場所は”ホール”!

 そんなに簡単に料理は作らせてもらえない。まずは、ホールから修行ですね。

 ※ホールで働く伴も見物ですね。

          チェックしてね♪
 

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

05.09

花嫁とパパ・第5話

 ”カレと同居開始”

 三浦(田口淳之介)君、愛子(石原さとみ)の家に来ちゃいましたね。夜にエプロンはめて、お手伝いしますって、3人でいい感じ。

 仕事では、「ビビッド・エル」の担当を任された初音(西原亜希)のアシスタントに鳴海(小泉孝太郎)が愛子を抜擢。でも、愛子はその初音に失敗を押し付けられましたね。

 もう帰っていいって言われちゃった愛子が父に弱音を吐くと、いいよなアシスタントは気楽でとか、最後まで責任を果たさずに帰ってきた愛子を反対に叱る。

 ※ちょっと、格好いい~って思いましたね。うざいパパですが、愛子に対しての愛情はた~っぷり。

 ディレクターの脇田(筒井真理子)にあこがれる初音でしたが、1人で衣装が揃えられず、もうアウトかと思われましたが、そこに残りの衣装を揃えてやってきたのが愛子。

 初音も謝り、帰ったと思ったスタッフも残っていて(鳴海が愛子ならやると思って頼んでおいたからですが)、無事に成功。

 鳴海に呼ばれてバーに行った愛子でしたが、お酒飲んでしまったのですね~夜遅くに鳴海に背負われて帰ってきましたね。しかも、酔っ払ってね。

   どうするパパさ~~ん

            チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

05.07

プロポーズ大作戦・第4話

 「第2ボタンで結婚できますか」
 今度は、卒業式にタイムスリップ。制服の第2ボタンを礼(長澤まさみ)に渡してたら、結婚できただろうかと思う健(山下智久)。

 そして、その第2ボタンは、見憶えのない少女・長瀬未沙(星井七瀬)の元に。もらってあげようかと言う礼にあげるための取り返し大作戦。

 妖精さんに、だまされないようにと言われると、”シロサギ?”と言った山ピーはクロサギにひっかけて言ったのかな・・古畑任三郎の真似もしてましたね。

 第2ボタンをあげた少女は1時間でいくつ集められるかを友達と賭けていたと言い、どれが自分のかわからない状態。また、それらしきボタンを窓から投げちゃった尚(濱田岳)。捜してもみつからず。

 多田(藤木直人)は大學の講師になりましたね。

 一度あげたボタンを誰かにあげるのは違うんじゃないの?と言う幹雄(平岡祐太)の言葉に心が痛む健。

 ※毎回、高校時代にタイムスリップしては、結婚式会場に戻ってくるの繰り返しでこれも、4回目となるとちょっとあきてきた感が・・最終回までこれでしょうか?視聴率も先週はかなり落ちてましたね。もう少し、見る方を楽しませる要素がほしいですね。

 制服の第2ボタンがない事に礼が気付き、もらってくれる人がいて良かったねと言う礼。ここで何も言えなかった健。だめじゃん。

 卒業式に幹雄を校門に迎えに来た女性がいましたね。やるじゃん。

 5人の仲間で戯れてましたね。そして、野球部マネージャーの卒業式をやる健達。2人を感動させた健。

 礼に制服の第2ボタンではないが、違うボタンをあげた健。「俺さ、礼の事が・・す・す・」またまた、告白できずに戻って来ちゃった。

 来週からは大學時代になるようですね。

 ラストの桑田さんの歌を聴いたら、せつない気分になって、良かったですが・・一気に2話くらいで頑張って4話くらいで完結するといいかなって思うドラマの気がしますが・・

         チェックしてね♪

プロポーズ大作戦
トラックバック(1)  コメント(4) 

    2007

05.07

冗談じゃない・第4話

  絵恋(上野樹里)が広瀬(草刈正雄)を連れて、フランスから帰って来ましたね。
 浮気じゃなく、ただのソムリエールだと言う広瀬に、またまた、隣の家の子供部屋に篭城の理衣(大竹しのぶ)。隣の家も迷惑だよね~

 バスローブの2人の証拠写真を突きつけると、すみませんでしたの広瀬。理衣がぶどうで、僕がバラとワインになぞらえて言う広瀬は、バラの花束を理衣に送り、理衣もフランスに帰る気になったかと思ったが・・

 またまた、そのソムリエールの彼女を日本で見て、後をつけたら、広瀬の部屋に・・彼女とは別れたっていうのは嘘だったんですね~

  冗談じゃないの圭太(織田裕二)ですね~

 そして、何故か絵恋の妹達まで、日本に来ちゃったよ。どうなってるの~

 ※絵恋の友人役の田中圭君に、ファミレス店長役の飯島直子さん、出番も少なめで、いまいち中途半端な役柄の気がしますね。

            チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(1)  コメント(0) 

    2007

05.06

喰いタン2・第4話

  サラ金の社長が殺された現場に犯人が残したと思われる市販の弁当があり、それを喰いタン(東山紀之)は、すきを見て、食べましたね。
 
   ”おいしいけどまずい弁当”

 市販の弁当をいっぱい買って、食べ比べてましたが、結局、それは、営業で外を周る主人のためにすぐ捨てれる容器に入れて奥さんが作ったものでしたね。

 毎朝、弁当を作って9時に弁当を渡していたが、犯行時刻は8時で、喰いタンが弁当を食べたのが、10時。8時より前に弁当を作っていれば、3時間たった弁当に近い味のはずが、実際は1時間しかたってない弁当の味に近いと言う喰いタン。

 ひじきが凍らせてあり、12時に食べごろになるようにしてあったもの。犯人として追われている辻谷(尾見としのり)は、犯人に罪をきせられただけ。

 五十嵐(佐野史郎)に、自分を撃てと言う辻谷。犯人に自殺するように言われた辻谷。自殺すれば家族の面倒をずっと見てやると言われたようですが、そんなわけはないですよね。

 喰いタンに言われて、気付いた辻本さん。

 真犯人は、またまた、あっさり捕まりましたね。

 五十嵐さんにも愛娘が作った弁当が届けられ、感激して食べてましたね。

 京子(市川実日子)ちゃんは、フランスに探偵事務所のオーナーと2週間も行くことに(どうしてかな?)

 しかし、あんなにたくさんの弁当代はどこから、払ったのでしょうかね・・

            チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

05.04

特急田中3号・第4話

  このドラマも特急ではないけれど、視聴率が落ちていってますね。
やっぱり、鉄道ヲタクドラマはきついかも~役者の魅力やドラマの面白さもいまいちですしね。見るのやめようかと思ってしまいます。

 一郎(田中聖)は、照美(栗山千秋)の為を思って、彼女のいる三島(高橋一生)のことがばれないように、嘘に嘘を重ねちゃいましたね。

 三島と一緒にいた未来(愛実)に手紙を託したけれど、彼女は手紙を渡してなかったしね。

 花形(塚本高史)らは、軽井沢に鉄道旅行に。照美がいるかと一緒に来た一郎でしたが、照美は社員旅行に行ってしまってましたね。

 桃山~~(秋山竜次)やばいですよ。今年卒業できなければ仕送り止められちやうかも~

 琴音(加藤ローサ)達は、照美のいる社員旅行に合流しちゃいましたね。

 その照美のいる中軽井沢にやってきた三島。正直に話しましたね。そこに電車で到着した一郎達。

 照美が捨てた時計を照美とお揃いだからと拾って腕につけようとする一郎。あきれた照美はまた、社員旅行の方に戻ると・・

           チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

05.04

生徒諸君・第3話

 生徒達が大人を憎む原因が担任教師に裏切られたせいでしたが、彼らは、2日間、発見されるまで山にいたのですね。しかも、教師が待ってろと言った場所で待ってなくちゃだめじゃないかと言われた生徒達。

 みんな、教師を含め、生徒の言う事を信じてくれなかった。それを聞いて、涙する尚子(内山理名)は、その教師を必ず連れて来て、みんなの前で謝らせると約束した。

 調べようにも、学校の記録は徹底的に隠されてその教師の名前すらわからない状態。

 生徒の雨宮由希子(加地千尋)は、1年間もかつての担任だった三井恭平(田中哲司)に返事の来ない手紙を書き続けていましたね。1年の時の彼は優しい教師だったと尚子に話す由希子。

 家にはいなくて、居場所も教えてもらえず、ずっと手紙を出していたという由希子にその手紙を預り、必ず届けるとまたまた、約束しちゃった尚子。

 三井の父親は文部科学省のトップでしたね。だから、必死で隠ぺいするのですね。日向(椎名桔平)は、後日彼に会わせると尚子に言い、彼を説得できなければこの件は終わりにしてもらうと。

 三井は別の中学で教師をしていましたね。「教師だって人間だ、死にたくなかった。それだけだ」と言う三井。
 由希子からの手紙を渡すと誰だったか覚えていないとまで。

 毎日会いに来ると言う尚子に、私が説得すると言う日向。これ以上、騒ぎが大きくなっては困るからだと言うが・・

 三井の父親の文部科学省トップに、息子さんに一言だけ謝罪してもらえたらと言った日向でしたが、トップは怒ってましたね。

 やっぱり、無理でしたね。三井をニューヨークに留学させる事に。

 「何故、教師に?」と日向。「親が文化省の人間だからです。でなきゃ誰が教師なんかに」って三井。

 日向も彼のような人間を許せないはずですが、何せ、父親がトップにいますからね。

 約束を守れず、土下座して謝る尚子でしたが、珠里亜(堀北真希)は、私達に先生はいらないとまた言いましたね。

 ※教育のトップがあれじゃあねぇ~間違った事をしたら、ごめんなさいって言わなくちゃいけないと教えてもらわなかったのですかね・・自分の息子があんなで本当に許せないですね。

           チェックしてね

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

05.04

ホテリアー第3話

  緒方(田辺誠一)の復帰を祝うサプライズ・パーティーに緒方からもらったペンダントを無くしてしまい、パーティーに出席せずに、捜す杏子(上戸彩)。

 捜すのを手伝う水沢(及川光博)。無くしたペンダントの代わりに、新しいペンダントをプレゼントするが、気持ちだけ受け取る杏子。

 あかねが東京オーシャンズホテルで勤める事になり、客の水沢を見て、彼はこのホテルを乗っ取りに来た人だと杏子に教えましたね。ばれてしまいましたよ。

 ※どうもあかね役のサエコの演技が気になってしまいます。彼女のしゃべり方がちょっとね。

 ※今期のドラマはどんどん視聴率が下がるドラマが多いですね。このドラマや「セクシーボイス&ロボ」や「生徒諸君」「特急田中3号」なども10%未満ですね。
 ぺ・ヨンジュンの「ホテリアー」と比べたらやっぱり、役者陣も含めて見劣りしてしまいます。内容を知っているだけに、見なくてもいいかって思ってしまいますね。

              チェックしてね♪
 

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。