--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

06.29

私たちの教科書・最終回

 「感動のラスト!!希望の明日へ」
 
法廷で証言する朋美(谷村美月)。兼良(冨浦智嗣)の父親の秘密を知ったばかりに、兼良からぞうきん臭いと言われ、その日から、あだ名はぞうきんに。

 明日香(志田未来)が小学2年に転校して来た時から、すぐに仲良しになった朋美。学校の帰りには、2人だけの秘密の場所で過ごしたり。

 ー朋美、三ケ月、キリギリス、水車、シャンデリア、明日香
      -あなたは私で私はあなた

 朋美が1人の男の子を好きになってから2人の関係は変わったと。
 好きになったのは、兼良陸。その事は明日香には秘密だったと。
 兼良と一緒に帰るようになり、休みの日も一緒に過ごし、
 明日香とは、遊ばなくなったと。

 兼良の父が援助交際している所を見て、「気持ち悪い、最低だね」とか言ってしまった朋美。兼良の父だとは知らなかったからですが・・

 ※学校では、雨木副校長(風吹ジュン)の息子の音也(五十嵐隼士)が職員室に立て篭もって、兼良にナイフを突きつけたまま、全員教師失格だと言う音也。

 1年の2学期になってもいじめられてた朋美でしたが、いじめられてもピアノが弾ければ、我満できた。でも、誰かが投げたモップが当たって指を骨折し、指が曲がっているのを見て、終わったと思った朋美。

 カッターナイフを買って、秘密の隠れ家で死のうと思った朋美。それを止めたのは明日香。
  ー私の気持ちなんかわかるわけない。だったら、私の代わりにあなたがいじめられてよ。ー

 ーいいよーと言った明日香。私だったら、悲しむ人はいないから。

 兼良の父の噂を自分から言いふらし、朋美の代わりにいじめられるようになった明日香。

 ※学校では、副校長が息子からナイフを取り上げ、他の教師が、音也を取り押さえ、最悪の事態はまぬがれました。

 明日香は、自殺じゃなかったと朋美の証言からわかりました。

 朋美が窓から乗り出し、明日香も一緒に乗り出して、明日香はおととい、死のうと思ったがやめたと言う。

 私は1人じゃないとわかったから(後に、それは、過去の自分の事とわかりましたが)、誰にでも悲しんでくれる人はいる。死んじゃだめだよ、生きてなきゃだめだよ。・・と朋美に言った明日香。

 また、一緒に帰ろう・・・うんと朋美。

 そして、窓から降りた朋美、明日香も降りようとしたが、足をすべらせて、落ちてしまった。

 自分のせいで、明日香が死んだと言い、抜け殻のようになった朋美。

    ・・・一年後・・(早すぎ~~)

 加地(伊藤淳史)は、車椅子になってましたね。雨木は、何処へ行ったかわからず。相変わらず、いじめはあるが、今は夜遅くまで、教師で討論していると言う加地。

 明日香の事を忘れないために毎年、全校でホームルームをしていると言う加地。珠子(菅野美穂)に生徒へのメッセージをお願いしてましたね。

 「世界を変えることは出来ますか」・・明日香が加地に聞いた言葉でしたね。

 喧嘩をしてはいけません。人の物を盗ってはいけません。物を大切にしよう。動物や草花を可愛がろう。・・・明日香が言った言葉。

 いじめによる自殺ではなく、明日香への損害賠償請求は棄却されましたね。

 明日香の墓参りの場所で元副校長の雨木に出会った珠子。不登校の児童を預かるボランティアをしていると言う雨木。フリースクールをしている知人から、朋美の居場所を聞いたと。

 朋美を救えるのは、珠子だけだとも・・

 朋美を訪ね、朋美と明日香の秘密の場所に連れて来てもらった珠子。

 明日香が・・8才の自分がいて、13才の私がいて・・私は昨日と今日と明日を生きているんだ。だから死んではいけない・・などと書いたのを読んだ珠子と朋美。

  ※明日香は、いじめられても本当にひとりでも強く生きていましたね。こんなに強く人は、生きられないだろうに・・

   ・・この世からいじめがなくなれば、いいのですが・・

            チェックしてね♪ 
スポンサーサイト

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2007

06.27

バンビーノ・最終回

 「涙の別れ・・さよならバッカナーレ」
 
 店の定休日に急遽、イタリアからの団体客をもてなすために、集まった面々。イタリア人は陽気で楽しそうな伴(松本潤)達。

 しかし、休みの日にも、全員、朝から来るなんてすごいですねぇ~当然、代休とかもないし。みんな店が好きなんですね。っていうか店より優先させるものがないのかな・・

 料理人という生き方をまたしてみたいと思うオーナーの鉄幹(市村正親)は、行く先も告げずに、博多の遠藤(山本圭)共々、どこかに行ってしまいましたね。鉄幹、すっきりした髪型になってましたね。

 美幸(内田有紀)は、店は新体制で続けると言うが、父親のように思っていた2人がいなくなって、ちょっとショックの伴。

 バッカナーレのために、頑張ると言う伴に対して、甘ったれた事を言ってるんじゃないと香取(佐藤隆太)。ここは鉄幹が作った店でずっと、ここで面倒みてもらえるのか・・と。

 近々、店を変わろうと思うと香取。

 そして、いろいろ悩んだ末、イタリアに行く事に決めた伴。今、行くべきだと思うと・・そしてバッカナーレはお前がいなくなっても全然困らないと言われちゃった伴は、イタリア行きを決めましたね。

 調べて、イタリアの店にエアメールをいっぱい送った伴。受け入れてくれる店が見つかるか?

 郵便受けにエアメールが1通届いてましたね。ついに店を去る日が来ましたね。
 
 店をやめる時の恒例の儀式・・バッカナーレのフルコースを食べさせてもらう伴。ドルチェまで終了。

 そして、いざイタリア~~(本当に来たんですね)また、一から勉強の伴。オーナー達はイタリアの小さな島で店を開いたが客は1人も来ないと。それでも楽しんでいるのですね。

 果敢に挑戦し続けることが彼ら料理人の喜びなんでしょうね(*^_^*)

※「ホタルのヒカリ」7月11日・夜10時~
  綾瀬はるか、藤木直人など出演。

          チェックしてね♪
 

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

06.27

冗談じゃない!最終回

 「君のいない人生はありえない」

 圭太(織田裕二)は、大學時代の友人からの仕事の紹介も断り、ベルファミーレに賭ける事にする。

 1ヶ月で売上アップしないと、閉店になってしまう・・店長の冴子(飯島直子)と寝る間を惜しんで、検討する圭太。

 何も出来ない絵恋(上野樹里)は、自分が圭太の奥さんにふさわしいのかと悩んでしまう。

 絵恋の家族はみんな、日本に揃ってましたね。

 絵恋がフランスに帰ると思った圭太は成田に走ったが、実は母達のいる伊豆にいましたね。
 圭太も入れて、全員で写真撮影。

 ベルファミーレは、残る事が出来、圭太が店長になり、冴子はフランスに。

 そして、2人きりの旅行に出掛ける圭太と絵恋。今度は、理衣(大竹しのぶ)もついてこない。

 いろいろありましたが、ハッピーエンドになりましたね。

※「パパとムスメの7日間」7月1日、夜9時スタート
   新垣結衣、舘ひろしなどの出演

       チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

06.26

花嫁とパパ・最終回

  愛子(石原さとみ)と誠二(田口淳之介)の結婚は?

 誠二の父は、宇崎(時任三郎)に、誠二をよろしくとか、言いましたね。

 愛子の母からの手紙を涙ながらに読んだ愛子。あなたを産めて良かったとか、結婚する時は賢太郎があなたの味方になってくれるだろうとか・・

 賢太郎も誠二の父になると、結婚を認めちゃったね。

 そして、1年後(って展開早すぎだよ~~~)

 愛子と誠二の結婚式ですね~~おお~~口づけ~(って古い^m^)

 誠二の父、元気でしたね。石原さとみちゃんはキレイ~~

 賢太郎はスピーチで「私は娘の結婚には反対です」っていきなり~
 でも、世界で一番幸せな花嫁ですって言い、できれば愛子の姿を・・

   そこで、ギターが渡され、亡き妻に捧げる歌を歌う賢太郎
   (花嫁のパパが結婚式に歌を歌うとは、素敵でしたね)

 新婚旅行・・はじめて2人きりの旅行だと喜ぶ2人・・見送る賢太郎・・と思ったら、飛行機のチケット持ってたよ~~(やっぱりね~)

  ※「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス」

    7月3日・火曜日・夜9時~

   堀北真希(男装した真希ちゃん、格好いいねぇ~)
   小栗旬(また、高校生なんですね~)生田斗真
   松田聖子(特別出演・・ドラマの雰囲気が壊れなきゃいいが)

       チェックしてね♪
 

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

06.25

プロポーズ大作戦・最終回

 健(山下智久)は、礼(長澤まさみ)を連れて、2人が出会った思い出の小学校へと、やってきましたね。

 2人の事情を知ってる幹雄(平岡祐太)に、事情を知らない尚(濱田岳)。そして、礼を捜す多田(藤木直人)。

 鉄棒の思い出話をする健と礼。人生でやり直したい事とか後悔してる事とかないかと礼に聞く健。高校の頃とか、何故私達は幼馴染なのかとかいろいろ、思ったと言い、でも、後悔してる事は何もないと言い、健がいてくれたから、今の自分がいると思うと。

  ありがとう・・本当にありがとう・・と礼。

  スーツのまま、グライダーを決めた健。

 エリ(榮倉奈々)は、遅れてやってきて、バイト先でみつけた物を礼の手に。それは指輪。心が揺れている感じの礼が・・

 健は、過去ではなく、現在で勝負しようと決めて、スライドショーのはじめる前に戻ってきた。
 
  妖精か?って妖精さんに突っ込む健も。

 そして、健のスピーチの番が・・多田さんには申しわけないですが、礼が結婚をあきらめてくれないかと思っていたと・・礼のいろいろなことを誰よりも知っているとも・・礼を1番必要としているのは僕だったと。

 でも、結局一度も言えなかったと・・礼の事が好きでした。今でも礼の事が好きです。でも、礼は多田さんと結婚します。この言葉にたどりつくまでに随分、時間がかかりました。礼、結婚おめでとう!幸せになれよ・・・出て行く健。

   スライドショーのはじまり。(健が何度も過去に戻って、少しずつでも礼の気持ちにゆらめきが出来てきてたかな?)

 健との思い出がよみがえり、一方的にあきらめてしまっていたのは自分の方だと、気付いた礼。健はいつも本気で投げ続けてくれていたのに・・受け止め切れなかったのは私の方だと・・

 多田は、迷ってる事があるなら、すっきりした方がいいと礼に言い、賭けをする。賭けにより、行って来なと多田。(わざと行かせるように仕向けた多田さん・・彼が1番の貧乏くじかも~)

 ウエディング姿のまま、健を追いかける礼。タクシーに乗って走って行ってしまった健。「ケン、ケンゾー~~」思い切り、大声で呼んだが届かず・・何やってるのよ~~ケンゾー

 礼の前に、妖精さんが現れちゃった!ある男の話をする・・今からでも間に合うと思わないか?

  歌があって、これで終わりかと思ったが・・タクシーがガス欠して、ケンゾーと礼の声が・・

 やっと、健と礼は、結ばれるようですね。プロポーズ大作戦は、うまくいきましたね。

※「ファースト・キス」7月9日・月曜・夜9時~

  井上真央、伊藤英明他の出演

   真央ちゃん、月9に登場してきましたね!

         チェックしてね♪

プロポーズ大作戦
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2007

06.24

喰いタン2・最終回

 最後の晩餐「愛しのナポリタンよ永遠に・・・」後編

 高野(東山紀之)さん、捕まってしまいましたね~厨房のビデオカメラに映っていた画像、指紋、逃げる時にも見られていたらしいが・・

 共犯者はいないと言う高野。オーナー(伊東四郎)は兄の山内署長に事情を話し、指輪を盗ませたのが自分だと告げたのですが・・

 逃げる時にリュックを背負っていた高野の背中の文字が見えたと言ったメイドが怪しい・・桃(京野ことみ)にお願いする高野。

 玉田の屋敷に行き、いつも会長に出していた料理をメイドに作ってもらって試食する高野は、どの料理も塩分が非常に高い事を当てましたね。

 高血圧や動脈硬化が進んでいた会長には、命取り。

 会長を殺ったのは組長だったようですね。桃や涼介他も来て乱闘の末、彼らをやっつけましたが、五十嵐さん、来るのが遅すぎ。指輪はケリーが持ってきてましたね。

 ※しかし、京子(市川実日子)ちゃんの格好は、いつもとっても個性的ですね~

 事件が解決したと思ったら、指輪が消えてしまい、挑戦状が・・一つで五味五色を満たす料理を探せ(怪盗X)

   犯人の狙いは何か?

 挑戦状の謎を解くために、一(須賀健太)に、料理を食べるのを手伝ってほしいと言い、頼りにしてるとも言った高野。

 本物の喰いタンになりたいと言う一。オーナーからの手紙を見てしまった一は、また、高野が行ってしまうのが嫌だった。

 やっぱり、指輪は一が持っていましたね。その指輪を海に投げちゃった高野。指輪は偽者で本物として出回っていたから、抹殺するのがオーナーからの指示だったと。

 いただきます。ごちそうさま。ありがとう。さよなら。が喰いタンになるために必要だと高野。

 明日、旅立つ高野は、最後に手料理を・・それが愛しのナポリタン!

     う~~ん、おいしそう!

 ナポリタンはイタリアで生まれたのではなく、横浜で生まれたのだと高野。このナポリタンこそ、五味五色だった。しょっぱさは涙だと一。

 高野から一に箸のプレゼント。喰いタンの真似を涙ながらにする一。

 京子ちゃんは、涼介を探偵として認めてくれたようですね。

 そして旅立っていった"喰いタンFOREVER"

新土曜ドラマ「受験の神様」7月14日(土)夜9時スタート
  
  出演・・山口達也&鳴海璃子など(このドラマはどうかな?)

        チェックしてね♪
     

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

06.23

特急田中3号・最終回

  「僕達の列車は未来へ走り続ける」

 走り出したら止まらねぇ~~田中君(田中聖)は、大學を退学して、花形(塚本高史)や桃山(秋山竜次)と旅行会社を作ろうと言い出しましたね。

 一郎はまだ、大學1年だったから、卒業まではかなりあったわけですが、自分自身は退学ではなく卒業だと・・大學に残っても他に友達もいないみたいで、結局、花形さん達に影響されて鉄道の魅力にはまったようですね。

 たった1年でも、友達が出来、目標も決まった一郎はハッピーか?

 ※何気に今、鉄ブームですね!鉄道アイドルまで出てきてね。

 照美(栗山千秋)は、延岡への出向を決めちゃいました。一郎の事はいいのか~

 会社をやめて鹿児島に帰ろうとしてた琴音(加藤ローサ)でしたが、会社に残る事にして、電車の中から”一緒に北斗星に乗りたい”と書いた紙を持って桃山にアピール!

 花形と理子(平岩紙)の仲も今度、親に会わせてと花形が言って、いい感じ。

 一郎達はバイトして、お金を貯めて会社を作るために頑張り出しましたね。

 出向が早まり、さよならと一郎に電話してきた照美・・このままお別れなのか~~

 出向した照美の元に、花形達から一郎が照美に渡しそこねた物が送られて来ましたね。「いつか俺の特急電車に乗ってくれないか」と書いたメッセージと切付と赤の特急田中の時計が(ペアですね)・・

 特急田中・赤時計


 北斗星に乗る照美以外の5人。強風で九州方面からの飛行機はすべて欠航で、照美は来れないのか?

 と思ったら、鉄道で乗り継ぎ、仙台で合流してきた照美。しっかり、ダイヤも全部頭に入っていた照美はやっぱり、鉄道好きでしたね。

 6人揃っての楽しい旅・・うまいこと3対3の友達同士でくっついて、仕事もうまくいったら、こんなにハッピーな事はないだろうけどこれは、やっぱりドラマですよね(世の中、そんなに甘くない・・かな(^^♪

 ※「山田太郎ものがたり」7月6日(金)夜10時スタート
   
  二宮和也&桜井翔の嵐コンビが出演、このドラマは楽しみです~

          チェックしてね♪
 

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

06.23

生徒諸君!・最終回

 尚子(内山理名)が信子(東ちづる)を叩いてしまって、懲戒免職になるかと思ったが、校長がかばってくれましたね。

 そして、謹慎処分に。

 珠里亜(堀北真希)は、母に思い出してもらおうと、病院に通ってその思いが通じて、母は思い出してくれましたね。あきらめないことを尚子から教えてもらったから(尚子が同じ立場だったから、珠里亜も頑張れたのだけど)

 伯母に母が自分をわかってくれた事を告げ、今まで育ててくれてありがとうなどと言いましたが、伯母は、他にもっと大事な言う事があるのではと珠里亜に。

 でも、珠里亜は嘘はついていないと言うと、今まで貯めて来た貯金通帳を渡して、このお金で勝手に幸せになりなさいと伯母。

 自分の息子の事でなければ、きっと伯母も樹里亜の味方だったでしょうが、世界中を敵に回しても、自分の息子を守りたいと思う気持ちが強く、尚子にも教育委員会への取り下げはしないし、珠里亜にも謝らないと強気でしたね。

 ただ、尚子に樹里亜は嘘をつく子ではないとはっきり、言いましたね。珠里亜を育ててくれ、樹里亜の母の入院費を払い、珠里亜のために毎月、お金まで貯めてくれていた伯母。

 いい人なのだけれど、自分の子供の事が絡むと別人になってしまうという悲しさが・・

 2年3組の生徒は、尚子を喜ばせようと中間テストでいい成績を取ろうと頑張り、クラス全員の尚子をやめさせないための嘆願書まで作りましたね。

 懲戒免職の決定を、その嘆願書を見せ、御園中学をやめても他の学校で教師が出来るように決定した日向。すべての教師が北城尚子のような教師なら、制度の改革などいらないと思う日向。

 尚子1人なら懲戒免職だったでしょうが、日向が上にいて助かりましたね。

 2年3組での最後のホームルーム。ドッジボールをやろうと公平(本郷奏多)。前のように真中に尚子でしたが、今度は言葉つきのキャッチボールでしたね。

 最後は2年3組の生徒も1人1人アップされましたね。

「生徒諸君!」と最後に生徒を励まし去っていった尚子。

 次の赴任先は、不良がいっぱいの中学のようでしたね。でも、こんな中学があるのかっていう感じで、高校の間違いかと思いましたね。

 ※「女帝」7月13日・金曜夜9時スタート
 
  加藤ローサ、松田翔太など出演(このドラマは微妙な・・)

           チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

06.22

わたしたちの教科書・第11話

  今週は目が離せないっていうくらい衝撃の回でした。

 法廷でのやりとりを傍聴席で聞いていた雨木副校長(風吹ジュン)の息子・音也(五十嵐隼士)。手には「カネヨシリク」と書かれたメモを持って出て行った彼。

 いじめっ子は僕が処刑してやると言って小学4年と20歳の時に、そのいじめっ子をナイフで刺した音也。

 それ以後、それらの学校では、いじめがなくなったと・・そのやり方が正しいと母は思っていると珠子(菅野美穂)に言う音也。

 法廷では、明日香(志田未来)とのやりとりがあった事を話し、大好きだったと言い、しかし、彼女には2面性があり、嘘をつくとも話した雨木副校長。

 自分がいじめをしていたと認めた兼良(冨浦智嗣)でしたが、副校長は学校を守るためにいじめはなかったと言って聞かない。

 副校長の指示に従わない加地(伊藤淳史)らは、生徒にそれぞれ、いじめについて話す事に。加地よ、やっと目覚めたね~~

 兼良は、副校長が明日香に手紙を書いていたと言い、僕がいじめていた事も知っていたと珠子に言った。その手紙は僕が木の下に埋めたと。

 副校長と明日香とのやりとりは嘘じゃなかった。必死で木の下を掘り起して手紙を探す珠子。

 探しあてた珠子が副校長に手紙を見せたが、そんなのは知らないと言いはる。しかし、明日香が副校長のような教師になりたいと書かれた手紙を読むと、あなたにあこがれていた明日香、彼女は嘘つきでしたか?との問いかけに・・

 けっして、彼女は嘘をつかなかったと言う副校長・・そして、明日香がいじめられていた証拠の教科書を珠子に渡し、お返ししますと。でも、いじめはなかった事は譲らない。

 副校長は明日香をいじめから救おうとしたが、どのようにして救ったらいいかわからなくなり、間にあわなかったのだと雨木に話す珠子。

 法廷にはもう来なくていいと雨木に言う瀬里(谷原章介)。しかし、音也が兼良を狙っていた。夜の学校で兼良のノート?などを破っているのを忘れ物を取りにきた朋美(谷村美月)が見てしまった。

 その法廷に証人として立たせてほしいとやってきた朋美、今日でないとだめだと・・彼女の口からは衝撃の事実が話されようと・・明日香が落ちたあの日、教室にいたと話しはじめた朋美・・う~ん、来週が待ち遠しい!

 そして、その法廷の時間に学校では音也が兼良にナイフを突きつけ、職員室にやってきていた。隙を見て兼良を助けようとした加地は、ナイフで刺されてしまった。

 音也を止めようと必死で走って学校に来た福校長でしたが、間にあいませんでしたね。携帯電話も取り上げられた教師達。兼良の命は、加地の命は・・・何故、こうなってしまったのか音也・・

 法廷と学校での衝撃的なダブルドラマ・・・早く続きが見たいです~~
          チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(3) 

    2007

06.21

花嫁のパパ・第11話

  「娘の涙と父の涙」
 母が死んだのが自分のせいだと思った愛子(石原さとみ)は、三浦(田口淳之介)と結婚して静岡には、いけないと思い、結婚できないと言い、三浦に指輪まで返してしまいましたね。

 愛子の気持ちを知った父・賢太郎(時任三郎)は退院して静岡に帰ろうとしている三浦の父に、娘と三浦を結婚させて静岡に行かせてほしいと土下座までして懇願。

 愛子の母からの手紙を愛子が結婚する時に渡してほしいと預かっていった美奈子(和久井映見)は、いつになるかわからなさそうだからと愛子に渡しましたね。

 賢太郎の気持ちは、三浦の父に届かず。

 次週、最終回です、愛子と三浦の結婚はあるのか?

        チェックしてね♪
 

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

06.21

バンビーノ・第10話

  「飛躍のとき」

 ついに1年ぶりに厨房に戻れる事になった伴(松本潤)でしたが、いろいろ配置換えで、あすか(香里奈)がパスタ担当に。
 そして、そのあすかのアシスタントに伴はなれましたね。

 でも、久しぶりっていうのもあり、あすかといまいち、呼吸があわなくて、短気なあすかに蹴られるはめに。

 桑原(佐々木蔵之介)は全体を見る担当に。

 居酒屋に集まったバンビーノ達。やつあたりだったとあすか。香取(佐藤隆太)がみんなに優しい言葉かけたりして、以外な展開。
  パスタ作りも伴にもやらせてみたらとあすかに提案。

 パスタが作れる事になって、うれしさを隠せない伴。

 ついに伴が作るスパゲティのオーダーが来て、作れた伴。あすかのOKも出てやったネ!

 高校時代の先輩の清水にバッタリあった伴でしたが、仕事一筋の伴にお前それでいいのかと言う清水。やっとパスタが作れるようになって浮かれてる伴に、この言葉は、考えさせられることに。

 仕事に集中できなくなっちゃった伴・・ヤバイね。

 パスタを作る夢が叶って、ちょっと、気が抜けた伴。織田(ほっしゃん)に語り、一緒にカラオケに。(仲良くなりましたね)
   織田さん、歌ではよく声出てるじゃないですか~~

 会社の研修で東京に来ていた元恋人の恵理(吹石一恵)がバッカナーレに客として来ましたね。伴の作るメニューをオーダーした恵理。
 美幸(内田有紀)も与那嶺(北村一輝)も、彼女の事を覚えていましたね。

 博多から来た女性がよろしく言っていたと聞き、もしやと追いかけた伴は、恵理に会えましたね。

 仕事で落ち込んでいた恵理の話を聞き、仕事って大変だと言う伴。

 そうですね、もう学生時代のように今度は高校、大學とかって変化はなく、ずっと働き続けなくちゃならない。長い闘いだと伴。(なるほどね~~)恵理も元気が出ましたね。伴もふっきれたかな?

 そんな時、オーナーの宍戸は、遠藤(山本圭)にもう一度、2人でどこかでバンビーノをやらないかと電話してましたね。

 来週は最終回で15分拡大。伴はイタリア修行にでも行くのかな?

           チェックしてね♪
 

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

06.18

プロポーズ大作戦

  ーラストハレルヤチャンスー
 
 奇跡の扉は自分の心の中にあると言われ、戻ると、花嫁衣裳などの試着中の場所だった。

 久しぶりに5人揃ってみんなで楽しく遊んだりしてる健(山下智久)だったが、果たして、ラストチャンスはあるのか?

 そんな時、デパートの中で、尚(濱田岳)に自分からキスしたエリ(榮倉奈々)。おお~~~頑張ったかいがあったね、尚。健も尚を見習わなくちゃ~~

 健は絶対自分からあきらめたりしなかったよね・・でもそういうところが好きだったと礼(長澤まさみ)。そうだよね、あきらめちゃだめだよね・・

 礼の爺ちゃんは最後まで、礼の婿は健だと言っていたのに・・明日やろうはバカヤロウだとね。

 小さい頃からよく喧嘩ばかりしてた礼と健。山ピーの小5の子役の子(
北村海斗・1997年10月23日生まれ・小4)は、ハンサムですね~健と一緒の高校へ行きたくて入った礼。

 礼の子役は、松本環季(1999年2月7日生まれ・小3)ちゃん。

 健の真似をして、腕に怪我をしちゃった礼。僕が一生めんどう見ますからと子供の頃は言えたのに・・礼もよろしくお願いしますだったのに・・

 多田(藤木直人)の受賞パーティの日、礼の腕を掴んで走る健・・

  果たして、大どんでん返しはあるのだろうか?

         チェックしてね♪
 

プロポーズ大作戦
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

06.18

冗談じゃない!第10話

  ついに圭太(織田裕二)と母・理衣(大竹しのぶ)が、恋人同士だった事を知った絵恋(上野樹里)はショック~~

 圭太の勤める会社は、ファミレス部門から撤退する事に・・

 理衣は離婚すると決めたようで・・複雑な絵恋。理衣の元カレが圭太だと知った壮平(草刈正雄)も複雑な思いに。子供のために別れないでほしいと言った壮平の言葉に、私の事は?的思いの理衣。

 理衣と圭太は昔、東京タワーで会う約束をしていたが、お互いの思い違いで会えず、会えなかったのでそのまま、留学してしまった理衣。

 ワイン事業部に行く事になる冴子(飯島直子)。圭太も一緒に行くように言われるがファミレスの閉鎖を2ヶ月待ってほしいと告げる冴子。
 
 東京タワーの展望台で理衣を待つ壮平。その日、帰ろうとしていた理衣を展望台まで連れて来た圭太。

 2人の様子を見ていた絵恋は、誤解したかも?

 壮平と理衣は無事に出会えましたね。抱き合う2人・・仲直り。

 しか~~し、母との仲を疑ったままの絵恋は「さようなら」と書き置きを残して消えちゃった・・またまた、大変な圭太だね。

 冗談じゃない!も次週、最終回です。

            チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

06.18

喰いタン2・第10話

 「危機一髪!最後のシャキン!!前編」

オーナーからの指示で指輪を盗む事になった高野(東山紀之)と涼介(森田剛)。

 帽子に喰の字、背中にKUITANの字の高野さ~~ん、ビデオに映ってしまって正体バレバレでしょうが~~

 レーザーセンサーをかいくぐり、はしで指輪を掴もうとする高野。非常ベルが鳴り、あわてて指輪を取って逃げてきた2人でしたが、指輪はレプリカで偽物。はめられましたね~~

 またまた、本物を盗ってこいってオーナー。

 玉田組の会長が昨夜、何者かに殺られたよう。昨夜、盗みに入った高野は疑われる事に。フィンガーフードに手がかりがあるようですが・・

 香港ホームエージェンシーの2人がやってきて、今度は花嫁すり代わり作戦で指輪をゲットする事に。その花嫁役は京子(市川実日子)ちゃん。

 何も聞かされない一(須賀健太)がその事を知り、京子ちゃんが明日結婚すると涼介に言っちゃった。涼介も知らされておらず、玉田組と川口組の結婚式に乗り込んできて、卒業のように、京子ちゃんを掴んで走り出す涼介。

 指輪はゲットならず~

 そして、殺人容疑の高野・・喰いタンの運命は・・

 次週、後編で最終回・・次から次とドラマが最終回になりますね~

           チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

06.17

特急田中3号・第10話

 「俺達に明日はない」
 照美(栗山千秋)とファーストキスしちゃった一郎(田中聖)。その照美に九州の延岡へ出向の話がありましたね。

 ハルさん(吉行和子)は倒れたふりして、一郎の母・静江(斉藤慶子)が入院している病院に入院。その病院で母に会った、一郎、次郎。そして、父も会いましたね。

 父の夢は日本一のクリーニング屋にする事と静江から聞かされ、その気になった一郎でしたが、次郎の方が早く、店を継ぐ事に決めちゃいましたね。

 花形(塚本高史)はまた、旅行社に入れると喜んで、みんなで行きましたが、島岡(中川家礼二)は書置きを残して、いませんでしたね。

 病気が見つかり、やはり、他の旅行社の誘いで行く事に決めたと書かれてあり、がっくりの花形ら。

 そして、一郎は照美と別れるとかって言ってるし・・つきあってもいないのに^m^

 本当、こうだと決めたら止まらねぇ~~やつだね~
   次週・・最終回です~~

      チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(2) 

    2007

06.17

生徒諸君・第9話

  珠里亜(堀北真希)を中傷するビラがあちこちに貼られてたのは、驚きましたね。

 ほんとに、どんだけ~~っていうくらいで。

 それを貼ったと思われる珠里亜を襲おうとした泰人(松尾敏信)。自分の息子はそんな事をするはずがないと珠里亜が性悪女だと言いはる伯母(東ちづる)。

 珠里亜をはじめて一度だけ、抱きしめてくれた伯母の事を思い出した珠里亜。

 珠里亜と同じように、姉の体が弱く、祖父母の元で育てられた尚子(内山理名)。姉が亡くなってから、姉のフリをして母の元で暮らしたが、今では、自分が誰かわかり、謝ってくれたと。

 珠里亜も勇気を出して、母と会ったが、やはり、まだ、無理でしたね。

 クラスメイトに素直に自分の事を話し、みんなとともにビラを回収した珠里亜。

 学校に伯母を呼んだ尚子でしたが、態度は変わらず、珠里亜に生まれてなんかこなきゃよかった子だと言い、その言葉に思わず、頬をたたいてしまった尚子。

 人として最低のことを言った伯母を許さないと・・

 ※東ちづるさん、このドラマではちょっと、恐いですね~態度ががらっと変わるところなんてブルブル~
 
 次週、最終回ですね。尚子は教師を続けられるのか?

        チェックしてね♪ 

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

06.15

わたしたちの教科書・第10話

 熊沢先生(佐藤二郎)の証言から、学校にいじめがあると判明。

 しかし、それでも学校を守るために、いじめはなかったというので続けてほしいと言う雨木副校長(風吹ジュン)。

 兼良陸(冨浦智嗣)を証言台に立たせる相手方。彼は証言台で、いじめはしていない、1年の時に藍沢(志田未来)さんに、告白され、断ったらそれから、僕に嫌がらせをするようになり、みんなもそれで無視するようになった。

 教科書には藍沢さん本人が自分で落書きした。いじめはいけないことだと父親から教わった。父親は、鏡だというのにも、はいと返事をした陸。

 後に自分で父親が買春しているとリークしてしまった陸。彼もまた、犠牲者でもあった。

 加寿子(鈴木かすみ)が、転校する事になりましたね。ポーちゃんは親にいじめられてる事を話し、親もいじめた生徒達を捜す事もなく、ひっそりと転校する事を決めたのですね。

 それでも、命は救われたポーちゃん。担任の加地(伊藤淳史)は、何も知らず、珠子(菅野美穂)から、教えられ、教師をやめようとまで・・でもやめるのでなく、闘わなくちゃ・・

 クラスのみんなに加寿子の事を話し、手紙を書く気がある者は残ってほしいと告げると、何人か残って、手紙を書いてくれましたね。まだ、全員腐ってはいなかったのですね。

 でも、陸がおはようと教室に入ってくると、無視され、今度は陸がいじめられる番・・

 雨木副校長は前の学校を息子の事が原因でやめたようですね。その息子は、中学校の側をうろうろ。いじめるやつは許さないとかって・・う~~ん、何か起こるかも・・
 
 加寿子は去る前に加地に会い、「まだ、教師続けてたの?あわないのによく頑張ったね・・」みたいな事を言って、去っていきましたね。

 違う学校で今度は自分の居場所をみつけてね・・ポー様!

             チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2007

06.13

バンビーノ・第9話

 「料理人への道」

 夏の新作パスタメニューのコンペに全員参加自由だと聞き、参加する事にした伴(松本潤)。

 ホールでの接客も、いい感じになりましたね。
 
 ドルチェの織田(ほっしゃん)も、応援してくれるまでに。

 しか~し、試作作りに没頭しすぎて、寝不足になった伴は、オーダーミスを。でも、ホールのみんなは優しくて・・

 これでは、いけないとコンペ参加をやめると言い出したバンビ。早く厨房に戻れるかと参加を決めたが、料理に夢中になって、ホールが疎かになってしまって、みんなに申し訳ないと言った伴。

 くやしいが、料理人をめざすためには、ホールを学んでからだと心に決めた伴。

 いよいよ、コンペの日です~~

 こずえ(小松彩香)も、あすか(香里奈)も参加してましたね。次から次と出来上がるパスタ・・おいしそうでした~~~

 そして採用は、香取(佐藤隆太)とこずえのに決定。こずえに、明日から厨房に入ってと美幸(内田有紀)。

 厨房がやりたいのをずっと我慢してホールで働いていたこずえにやっと春が来ましたね。素直にこずえにおめでとうと伴も言いましたね。

 でも・・伴にも春が~~1年間よく頑張ったとオーナーから明日から厨房に入っていいと言われちゃったね。

 またまた、厨房での戦いがはじまるのですね。

 ガンバ・・バンビーノ!

           チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

06.13

プロポーズ大作戦・第9話

  「最後の一瞬に何を賭けますか」
 最後の写真は、多田(藤木直人)が礼(長澤まさみ)にプロポーズした日。

 過去に戻って、俺と結婚してくれと礼に言った健(山下智久)でしたが、何もわかってないってやっぱり、礼に言われてしまったね。

 そして、多田のプロポーズを受ける事にした礼・・やっぱり、もう無理なのか~~

 幹雄(平岡祐太)の彼女は妊娠して、いい感じの2人。そして、尚(濱田岳)も、エリ(榮倉奈々)につきあってと言っていいよと言われるし。

 本当に、健よ・・しっかりしなくちゃ~

 最後の写真だと思ったら、1枚ふえてましたね。それは、幹雄からのプレゼント。

 本当に最後のチャンス、このチャンスに賭けなくちゃね~

           チェックしてね♪

プロポーズ大作戦
トラックバック(0)  コメント(2) 

    2007

06.12

花嫁とパパ・第8話&9話

 第8話「恋より大切な事」
  愛子(石原さとみ)は、また、三浦(田口淳之介)と結婚を前提につきあう事にしましたね。
 一時はどうなることかと思った仕事も、会社に残れる事になって良かったのですが・・

 三浦からはプロポーズされ、指輪をもらいましたね。

 第9話「パパと父の対決」

 見合い話が持ち上がり、父親に会いに静岡まで行った三浦。仕事にかこつけて、静岡まで行っちゃった賢太郎(時任三郎)。でも、話は、聞いてもらえず。

 東京まで出てきた三浦の父・誠造(大和田伸也)。家を継がせる気で、見合いさせられるはめに。
 
 めざましのお天気姉さんの愛ちゃんが「これはどういう」ってセリフだけでしたが、見合い相手で出演。

 三浦の父と直接、話をする愛子。しかし、誠造はその席で、体調をくずし、倒れてしまいましたね。
  心臓が悪く、バイパス手術を受ける事になるかもしれない誠造。

 三浦と愛子の婚約が会社に知れちゃいましたね。

 静岡に帰って店を継いでと言う父に、結婚相手は愛子でなくちゃだめと言う三浦。静岡に行く気の愛子ですね。

 愛子の母親は子供が産めない体だと言われていたのに、どうしても産みたいと言われ、反対できず、そして愛子を産んだようですね。

  私のせいでお母さんが・・ショックの愛子・・

          チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

06.10

喰いタン2・第9話

 ー特別編・・なぜか江戸時代で食べまくるー 
 金田一(須賀健太)は、勉強の事で頭がいっぱい。クラスメイトもいじめから、助けられず、ムシャクシャして・・何故か江戸時代にタイムスリップ!

 そこにも、喰いしんぼうな高野(東山紀之)そっくりな次郎吉が・・そして、涼介(森田剛)と京子(市川実日子)ちゃんそっくりな若夫婦までいましたね。(この時代では夫婦になれてるんですね)

 大切なお米で作った白米だけで作ったおにぎりを食べて、みんなの優しさに涙する金田一。

 ねずみ小僧が次郎吉だと気付いた金田一・・箸で食べるしぐさは一緒。

 越後屋(またベタな^m^)が出てきましたね。捕まってしまった次郎吉。現代で意気地なしと言われた金田一は、次郎吉は人殺しではないと勇気を出して言いましたね。

 桃ちゃん(京野ことみ)や五十嵐(佐野史郎)そっくりの人も出てましたね。

 人殺しの罪は消えましたが、しょっ引かれるのは、変わらず。

 次郎吉さ~~ん・・で目が覚めた金田一。

 涼介君にもらったミサンガを捨てたのをまた、見つけてつけた金田一。今度は勇気を出して友達を助けましたね。黎(小池里奈)ちゃんもまた、口を聞いてくれるように。

 でも、金田一のミサンガが江戸時代にもらったミサンガに変わってて・・謎ですね~

 今週のは、特別編だけあって、面白かったですね~~

           チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

06.09

特急田中3号・第9話

  「涙のファーストキス」
 一郎(田中聖)のクリーニング店に、いなくなった母・静江(斉藤慶子)が来ていたと思われるワンピースを出しに来た男性が・・柴原徹(亀梨和也)と言い、彼の父と暮らしていたが、その父が亡くなり、静江が寝込みがちになってしまって、自分も留学先に行ってしまうので、1人にするのが心配だと。

 ※亀梨君、ゲスト出演でも結構、出演してましたね。ドラマで見るのは久しぶり~

 一郎や次郎(木村了)の事をいつも、気にしていたと言うがそれなら、音沙汰なしっていうのはどうなのか?
 今でも、静江の事が忘れられない父・・会いにいくのか?

 照美が寝台特急北斗星にいつか好きな人と乗るのが夢だと知り、張り切る一郎らだが、まだ、キスもしていなくて・・でも、花形(塚本高史)は理子(平岩紙)とファーストキスしましたね。

 ※理子ちゃんの髪型に(なのか?)笑えてしまうのは何故だろう^m^

 桃山(秋山竜次)の就職も父が社長でなくなって、だめになり、琴音(加藤ローサ)からも冷たくされてどうする桃山~~(でも、父は彼のために断ってきた会社に談判に行ってましたね。結局だめだけど・・)

 花形も小さいながらも好きな仕事が出来ると思ったのに、その社長は引き抜き話が来て、待て状態に・・

 三島(高橋一生)から、照美(栗山千秋)しかだめだと言われた照美だったが、その三島は、別れた彼女を妊娠させていた・・一郎は、はっきり言わない三島と喧嘩になるが、それを見た照美はひどい言葉を一郎に。

 ※三島はだめだよ。照美しかだめっていうくらいなら、他の女性と何故つきあったのよ~

 夜にいきなり、部屋に来てた照美にどっきり。三島の事で涙ぐんてた照美の涙をふいてやった一郎だったが、それはくつした~

 気付いた一郎が隠そうとしたら、もみあいになってベッドから落ちた拍子に照美とキス・・しちゃったね~

 ※照美の母・恵子(高橋ひとみ)は、とっても話のわかる面白い母ですね。一郎ガンバだね~

       チェックしてね♪
       

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

06.07

わたしたちの教科書・第9話

 週刊誌に中傷記事が出たりして、苦戦中の珠子(菅野美穂)。
でも、戸板先生(大倉孝二)が味方で心強い。

 耕平(伊藤淳史)にコースターの裏に、明日香(志田未来)のいじめの証拠となる場所の番号を記した物を渡したのは誰か?

   目覚めなさい・・耕平(いじめはあったでしょ)

 最初は、吉越先生(酒井若菜)かと思われたが、実は彼女を1年前にそのコースターの店に連れて行ったのは熊沢先生(佐藤二郎)だった。
 1年前から家に帰って来ない娘を捜しに行った店だったのですね。

 裁判で明日香の靴が隠されたのを捜して綺麗にして戻したと証言した熊沢先生。日誌を三澤先生(市川美和子)が雨木副校長(風木ジュン)に書き直させられているのを見た熊沢先生は、副校長に藍沢さんの事は私にまかせてと言われ、何も言えなかったと・・

 当校にはいじめがございます。すみませんでした。・・と法廷できちんと証言してくれた熊沢先生。

 教師といえど、それぞれ、自分の子供の事で悩んだりして、大変ですね。にしても加地よ・・いじめの事をすっかり否定して明日香に申し訳ないと思わないの~~はじめは熱い先生だったはずなのに・・あんたが今じゃ1番ひどい先生だよ(結婚なんて浮かれてるんじゃないよ)

 明日香の後にずっと、いじめにあっていたポーちゃんこと、加寿子(鈴木かすみ)。前髪を短く切られてひどい事するよね~~いじめている子の家庭に問題があるようですが・・(親はそうとは思ってなかったりね)

  きっちり、いじめを精算しなくちゃ・・

           チェックしてね♪
 

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2007

06.07

バンビーノ・第8話

 「織田さんの秘密」

 織田(ほっしゃん)さんが左手を怪我しちゃった~で、手伝いに入ってと言われた伴(松本潤)・・でしたが・・織田さんは無口だわ、触るな・・で何もしないまま、ただ、横で立ってるだけだったね~

 ドルチェ担当の織田さんは、支配人(内田有紀)がスカウトしてきた人だったんですね。個人でコンテストに応募して優勝したが、表彰には出ず、人と話すのが苦手でどこにも勤めていなかった織田さん。

 スカウトだから、勤まっているのですね。

 メレンゲを朝早く来て作った伴でしたが、「使い物にならない」と言われて捨てられちゃった・・織田さんがしっかりしゃべりましたね。何度、作っても捨てられちゃった・・何がいけないのか教えてくれないし・・(卵がもったいなかったね)

 でも、彼から何かを学びたいと思うバンビでした~~織田のレシピノートを見つけましたね。絵つきで細かく材料や作り方が書かれてましたね。

 ドルチェは、目分量ではだめってことがわかったバンビ。分量どおりに作ったメレンゲがOKでしたね。

 材料の仕入れにもつきあうバンビ。まるでストーカーのごとくなバンビでしたがだんだん織田さんとのコンビネーションもよくなり、そして卒業のバンビ。

 織田さんの事、好きじゃないけど好きですってへんな言い方のバンビでしたね。

 織田さんの私服が見れましたね。毎朝、迎えに来てた伴がいなくてちょっと寂しそうな織田さん。

 卒業制作のつもりで作ったティラミスがティラミス・バンビーノ風としておすすめメニューに・・提案したのは織田さん。ありがとうございましたと言うと満面の笑みの織田さん。織田さんにとってもいい経験でしたね。

 伴にはドルチェの才能があるから、マンツーマンで教えてもいいとまでオーナーに言ったようで、しっかり、気に入られちゃったバンビでしたが、ちょっと複雑~~

 次回はスパゲッティ対決のようですね。

          チェックしてね♪
 

 

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

06.04

プロポーズ大作戦・第8話

 「年越しに流す涙は本物ですか」
 2004年の12月31日に戻った健(山下智久)。

 幹雄(平岡祐太)が協力してくれると、未来で言っていたので、戻ってきたのですが、礼(長澤まさみ)と2人のチャンスを幹雄が作ってくれたというのに、肝心の礼は、多田先生とつきあうことにしたからと言う。

 しかも、自分で決めたと・・健の事が好きだったんだよとも。戻る時期が遅すぎたのか・・先に礼に告白したからね、多田先生は・・何も言えず聞いてるだけの健・・もう煮え切らない・・それでいいのか・・

 年が明けてみんなで日の出を見にいこうとするが、行かないと健。礼のことがあきらめられるのか?

 バッティングセンターで景品を取るために(礼を忘れるためでもあり)ストラックアウトで投げ続ける健。結果、景品ゲットできましたが・・涙がこぼれて・・

 DKNY・・・健が言ったDon't Knock New Yorkのカバンありましたね。

             プロポーズ大作戦バッグ


  ※しかし、この時期に夜とはいえ、冬の格好は暑いのでは・・マフラーしてたよね、まさみちゃん達ね。

 忘れようにも、礼のことが忘れられない健。部屋に戻ると、礼達みんながお出迎え。礼に景品のバッグをあげた健。2万以上も使ってね。

 みんなで日の出を見て写真を撮ったらまた、戻ってしまいましたね。

 ラストハレルヤチャンスは礼が多田のプロポーズを受けた日だと・・

           チェックしてね♪ 

プロポーズ大作戦
トラックバック(0)  コメント(2) 

    2007

06.04

特急田中3号・第8話

 「君の彼氏になりたいのに」

 江ノ電デート・・照美(栗山千秋)に告白するつもりが、三島に先越されてしまったね~見てるだけの一郎(田中聖)~~~

 弟の次郎は酔っ払いに絡まれ喧嘩して、甲子園出場もだめに・・

 花形(塚本高史)さん、好きな仕事に勤められそうですが・・

 そして~~桃山(秋山竜次)さ~~ん、お父さん、会社をやめさせられちゃってどうなるのか・・

          チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

06.04

生徒諸君・第7話

 記者会見の席で生徒は悪くないと本当の事を言ってしまった尚子(内山理名)でしたが、生徒達が尚子の懲戒免職の撤回を要求して立てこもり、結果、説得できた尚子も校長によって、復帰できる事に。

 校長もかつては、熱意のある教師だったのですね。

 日向(椎名桔平)も弟がイジメで自殺したが、マスコミにも学校にも相手されず、文部科学省に入ってえらくなって、教育制度を変えようと思ってたのですね。

 「たすけて」と尚子の携帯にメールを送ってきてたのは、やはり、樹里亜(堀北真希)でしたね。彼女も飛び降りようとしてるのか・・「わたしたちの教科書」のラストと同じだわ~

          チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

06.04

冗談じゃない・第8話

  「暴かれた過去・・・圭太決意の時」

 隣りの山田(田口浩正)に、冴子(飯島直子)との仲を取り持ってと言われ、その息子の朗からも、世恋(菅野莉央)との仲を取り持ってと言われちゃった圭太(織田裕二)。

 遊園地にみんなを連れて行ったが、未恋(森迫永依)と朗が迷子になっちゃったりして、大変な思いをした圭太。

 山田さんには、昔つきあっていた理衣(大竹しのぶ)の娘と結婚したことが、わかってしまいましたね。協力してくれるようですが・・

 そんな時に、理衣達がフランスに帰ることに。

 世恋には振り向かれずだった朗でしたが、帰る時に、未恋からほっぺにキスしてもらえて、こちらとは、うまくいくかもですね。

 やっと、帰ったと思ったが、今度は圭太の母親がやってきちゃいましたね。まだまだ、冗談じゃない生活は続きますね。

        チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

06.03

わたしたちの教科書・第8話

  裁判がはじまりましたね。

 その裁判で珠子(菅野美穂)が明日香(志田未来)と一緒に暮らしていたが、養育放棄していたと耕平(伊藤淳史)の口から。

 彼は明日香からこの先生ならわかってくれるだろうと、いじめがあったであろう証拠を見せられたのに、とっても変わってしまいましたね。珠子とも以前は協力しあっていたのに。

 今や珠子の味方は、戸板(大倉孝二)だけか?亜希子(市川実和子)も、その教師としての能力が問題になってるし、赤って、質問の途中で言って、どうしてこんなで教師になれたのか不思議ですね。

 加寿子(鈴木かすみ)もいじめられていたようで、自ら飛び降りてしまったのか?

 副校長(風吹ジュン)の家庭も、問題ありですね。

         チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(2) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。