--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

09.21

33分探偵・第8話

  「誘拐殺人をもたす」

 最初に、変なジャパネットの人が出るのが定番になってきたのかな・・

 大田原警部(高橋克実)が探偵事務所に来ると、コーヒーだけでなく、いろいろなドーナツまで(こうきたか)

 小学生の誘拐事件が・・蕎麦屋で、蕎麦の出前の注文がきましたね。

 六郎(堂本剛)のネクタイ格好いい~~

 犯人からの電話に祖父の蔵二郎だと(声から・・若くない・・と言われて・・よく言われます・・ってはじめだけでしたね、祖父のしゃべり方)でも、犯人は、場所変更をあっさり承諾。

 母親に身代金を要求・・犯人は家族の顔を知らないだろうとリカコ(水川あさみ)にその役を・・しかし、どこからか見ているらしい犯人は、リカコにいろいろと変な要求を・・(¥マークつきバッグってどうよ)

 駅前で、みんなが見ている中で変な踊りや美輪さんの真似とか・・次の要求はラーメン食べて「まずい」って言わされたり、どこまでいくの~~犯人に雇われた腹話術師を逮捕するも、彼は何も知らないみたい。渡されたビデオでは、楽しくゲームする少年の姿が・・

 鑑識の元では、またおかしな事が・・(絶対、作り手楽しんでますね)

 まだまだ、翻弄されるリカコ達。

 情報屋(小島よしお)から、情報を・・今回は新聞配達のバイト・・犯人は湾岸の倉庫らしい・・

 犯人を捕まえるのに、六郎の歯磨きしてシュバッってやるのは何?必殺仕置人のつもりらしいがこれで、何故に倒れる(ってか、それどこから~~)でも、犯人逮捕で少年も無事に確保。

 最初から、公園で取引していれば早かったのに・・しかし、公園を誘拐犯の出る場所にしたくなかったと六郎(本当かな^m^)

  ※「33分探偵」のDVDーBOXが11月5日発売決定

       チェックしてね♪
 
スポンサーサイト

33分探偵
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2008

09.20

シバトラ・最終回

  「希望 僕たちの未来へ」

 亡くなった落合(橋爪遼)。その側に落ちていた羽根が犯人を決める決め手でしたね。

 容疑者として連行される竹虎(小池徹平)。

 小次郎(藤木直人)や、さくら(真矢みき)も拘束されてましたね。

 そして、鬼神メール・・今夜7時23分に美月に死の制裁を下す・・鬼神は誰?

 美月に死神の手を見た竹虎。パトカーから逃げ出した竹虎。

 さくらも脱出して、小次郎を逃がす事に成功。

 半年前に起こった鬼神事件・・竹虎が勤務していた交番の近くで起こってましたね。

 ヘルメット集団に襲われた男・・偽名だった・・元上司の木下(今田耕司)の似顔絵からその男が虐待していた美月の義理の父親だとわかりましたね。

 美月のいるベイホールに急ごうとするとまた、新庄(宮川大輔)の邪魔が・・けれども、懇願したらベイホールにつけてくれましたね。

 ベイホールで美月に君が本当の鬼神だったんだね」と竹虎。自分が鬼神だと告白して、みんなの前で自殺して鬼神を終わらせようとした美月。

 父親に覚せい剤を売った落合が許せず殺害したとも・・けれどもそこに現れた小次郎が俺達のためにやったのだろうと・・落合がこの世から消えない限り、幸せはやってこないと美月に話した事がある小次郎。

 竹虎達に銃をつきつける美月・・それにも動じずに近づき、銃をおろした美月。

 箱根署への移動が決まったさくらが連行。白豚(塚地武雄)も、無事に復帰。

 竹虎を助けてくれた新庄・・いい人だったんですね。彼にも羽根つきストラップが贈られましたね。

 ラストは竹虎が、またしても雨の中、路地裏でパトロール・・金を無心され、中学生に間違えられたと思ったが、「高校生だろ?」にちょっとうれしそう(もっと実年齢は上でもね)

 ※はじめての主演でプレッシャーもあっただろう小池徹平君のはまり役でしたね。

            チェックしてね♪

H20・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

09.20

33分探偵・第7話

  「ミュージカル殺人をもたせる」

 ミュージカルを見に来た六郎(堂本剛)とリカコ(水川あさみ)。鑑識の助手のアイ(野波麻帆)も来ててましたね。

 ところが、ミュージカル中に、舞台で死人が・・演出家の芦田でしたね。

 女優のいずみ(原史奈)が、自分が殺ったと自白。

 手が震えていたのを見て、そうでしょうか?と六郎。

 役者の石橋(北条降博)が殺ったのではと、彼が芦田からいろいろないじめを受けていたと・・またまたいろいろ飛躍・・でも、彼ではないよう~~

 リカコとアイのバチバチもありましたね。リカコの六郎の真似、似てましたね。スイカを六郎へ持っていくとアイ・・リカコも一緒に・・役者達がセリフの練習しているのをとんでもない事を聞いたとふたり・・その時、六郎の上から照明が・・怪我をした六郎・・幸い軽くて良かったですが・・ドッキリでしたね。

 ※鑑識の佐藤二郎さんと剛君のぼけは、おかしかったですね。

 今回の情報屋の小島よしおは、プール監視員のバイト。海パンで一番似合うバイトでしたね。
 彼から照明の山岡がいずみに惚れていたとの情報が・・

 ウエストサイドストーリー(?)のミュージカルを演じながら、謎解きをする六郎ら・・素人とは思えないうまさでしたね。みんな、すごくノリノリ~~

 ※ミュージカルには興味ないはずの堂本剛君がノリノリで演じてくれましたね。良かったです。

 犯人は照明の山岡さんだと・・「それなりはそれなりだ」・・ってまた、あいまいな言葉が(決め文句になりつつあり)~~いずみさんの父親だって・・これははずれでしたが・・恋人(年の差カップル)で、彼が犯人は当たり~~

 殺害方法は、やっぱり、はずれでしたが、犯人は当たってましたね。

 ※いろいろ、ドラマ中、小細工満載で、でたらめな推理に沿って演じる役者とか、スタイルが決まって時間が遅いドラマだからこそ、自由な演出で楽しめますね。

        チェックしてね♪

33分探偵
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

09.19

魔王・最終回

  連行された直人(生田斗真)の兄・典良(劇団ひとり)。彼は、直人にタバコを買いに行かせ、青酸カリ入りのタバコを吸って自殺を図ってしまいましたね。

 けれども、やっと心が通いあったかと思った父・栄作(石坂浩二)までも、亡くなってしまうとは。

 そして、領(大野智)が保釈金を払い保釈された葛西(田中圭)でしたが、自分をいじめていた彼が許せず、自分で仕留めるとナイフを出し・・そのナイフが止めようとした領の腹に刺さって・・

 走る山野・・麻里との新たな門出にと指輪を買った葛西でしたが、背中に山野のナイフが・・錯乱した山野は警察に射殺されることに。

 しおりによって心の棘が溶け出したが後戻りは出来ない領。拳銃を持ち出し、領を呼び出した直人。

 11年前に、真中英雄の事件が起きた因縁の場所で会った2人。直人に自分を殺させるのが目的の領。それに気付いた直人。

 もみあう2人でしたが、銃口は、謝って直人の腹部に・・・そして絶命した2人。

 みんないなくなってしまいましたね。

 復讐は、11年の時を越えて、同じ悲劇をおこして終わりに・・

         チェックしてね♪
  

H20・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

09.13

シバトラ・第10話まで

  落合と少年刑務所にいる仲間との関係を探るために、少年刑務所に潜入した竹虎(小池徹平)。

 竹虎は、落合の仲間と同室になったのですが、いきなり、裸にされたり、暴行受けたりひどかったですね。トイレでの食事、看守からの暴行なども。

 落合を確保したさくら(真矢みき)でしたが、覚せい剤を警察官僚にまで流していただろうと言って追い詰めるも、その警察官僚の警視正の島津が自殺してしまい、証言が取れなくなり、落合を返すはめに。

 竹虎と同じ部屋の伊能(姜暢雄)は、この部屋のボスで落合の友達でしたね。もしかしたら、本当の鬼神かもしれない可能性も・・

 ハッキングで落合の居場所や計画も知った白豚(塚地武雄)・・落合に会った白豚でしたが、刺されて大量の血を流し、倒れており、意識不明で病院へ。

 竹虎の事を知っている少年刑務所の所長が大麻所持の疑いで警察へ連行されてしまい、受刑者達が看守を襲うという暴動が・・そして、脱獄を企てている伊能らとともに脱獄をすることになった竹虎。

 5人で脱獄をするも伊能の裏切りで3人は捕まり、伊能と竹虎だけで脱獄。

 落合が話していたトラックの休憩所に行くもトラックは1台もなく、100円を見つけた竹虎が小次郎(藤木直人)に連絡して迎えに来てもらいましたね(これも怪しいが)

 廃ビルで落合の居場所が書かれたメモを見つけ、翌朝、小次郎と再会した竹虎でしたが、刑事の新庄(宮川大輔)らが来て、竹虎を脱獄犯だと言って手錠をかけようと・・体を張って阻止した小次郎は、警察へ。

 途中、伊能の実家に寄りましたが、落合を殺すと言って刀を振り回した伊能と対戦して、観念した伊能。伊能を自首させようとさくらの携帯へ電話をかけたのですが、取ったのは、神奈川県警の常盤遼子(井上和香)。

 ※井上和香のドラマ出演は久しぶりですね。
 
 さくらは、違法捜査の敢行で未柄を拘束されていたのですが、さくらだと思って、居場所を告げる竹虎に隙を見て携帯を取り、逃げてと。

 伊能を残して、落合の元へ行った竹虎でしたが、落合の胸にはナイフが・・胸元には「鬼神が復讐の裁きを下す」と紙が・・新庄が現れ、竹虎の身は拘束されてしまうのか・・

 ※漫画をはじめしか読んでないので、誰が、本当の鬼神かとか知らないので、新庄や美月までも怪しく思えてしまう・・最終回では、、すっきりできるのかな?

             チェックしてね♪
 

H20・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2008

09.12

コードブルー・第11話(最終回)

  高速道路トンネル内での多重衝突事故。

 タッチ&ゴーでのドクターヘリでの出動。

 重症度や緊急度によるトリアージタッグ、トンネル内やトンネルの外にも患者がいっぱい。

 恋人や夫がまだ、トンネルの中にいて下敷になっていたり・・

 現場では、人も血液も機材も不足。行かせてほしいと願い出た藤川(浅利陽介)。はじめてのドクターヘリでしたね。

 右腕が使えない黒田(柳葉敏郎)でしたが、指示は的確でしたね。

 そんな時に、消防隊長によるトンネルからの避難指示。トラックからガソリンが漏れ、いつ引火してもおかしくない状況。

 トレーラーの下敷の男性を置いていけば、手遅れになる・・・今なら助けられるから、安全確認後では、助けられないから・・と訴えたのは白石(新垣結衣)でしたね。

 後、10分だけやってみようと藍沢(山下智久)の提案で残る事に。ドクター達は、全員、無事に帰還できましたね。

 それでも、死者や重傷者がいましたね。

 黒田の息子の健一が転院する事に。健一は、黒田に「お父さん、今度試合見に来てよ、バスケ」と言って、黒田が父親だと母親から知らされていたのですね。

 アメリカに行く前に息子に会えた黒田は、生きてて良かったと感激。

 やはり、レスキューの制止を振り切ってトンネル内で治療を続けた事が問題になりましたね。

 それでも、白石に、もう事故の事は気に病む必要はない。ドクターヘリにもいっぱい乗れと言った黒田。白石は、辞職する気はもうありませんでしたね。

 名医とは何か?・・まだ答えが見つからない藍沢・・死ぬまでの時間をほんの少し延ばすだけかもしれない・・けれど、そのわずかな時間が時に人生を変える事もあると黒田。

 黒田の存在は大きいですね。

 ※これで終わりかと思ったら、この続きが、来年の春にスペシャルで見られますね。

 連続ドラマのクランクアップ後に、引き続き撮影をしていて、10月上旬には、撮り終わると。

 連続ドラマとしては、最終回でしたね。

 藍沢と祖母の絹江との関係はどうなるか・・気になりますね。

           チェックしてね♪

H20・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

09.11

33分探偵・第6話

  「連続殺人をもたせる」

 玉取村での老人の連続殺人・・俳句に見立てた計画殺人だと、強引にくっつけて言う六郎(堂本剛)。

 六郎は、スーツ姿ではなく、半ズボンにシャツにベストでしたが、トラッドでしたね。

 3件目の殺人が起こると言う六郎。

 そして、3件目の連続殺人が起こったが・・・俳句とは関係なし・・とあっさり言う六郎。

 森の中にこだまが・・可愛かったですね。

 アイ(野波麻帆)から六郎へのプレゼントの手編みのマフラー6メートルとかあって、色もピンクですごいものでしたね。

 雑魚寝では、六郎の腿あたりを枕にリカコ(水川あさみ)が寝ていて、ちょっとドッキリ!

 ナタをふりかざす男・三島が・・見つけた茂木刑事(戸次重幸)・・すごく足が早いですね。

 しかし、三島は違うよう・・スズランの毒で亡くなったとか・・カッパが出たとか・・そして、情報屋の元へ・・

 神社が怪しい・・神主を逮捕か?しかし、一番の信者は神主だった。

 そして、結論は、3人の老人の死は、老衰だと。3人連続は、偶然だったのですね。

 宇宙人は存在すると言う六郎。

 ”間違えてすみませんでした”と菓子折りをまた、用意・・・どうやって暮らしているのか・・儲けはあるのか?(深く追求はしないでおこう^m^)

        チェックしてね♪
 

33分探偵
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2008

09.10

33分探偵・第5話

  「お見合い殺人でもたす」

 大田原警部(高橋克実)がレストランで見合い・・けれど、相手の女性の前島慶子(堀内敬子)がトイレへと席をはずした時に悲鳴が・・

 倒れていたのは、レストランのオーナーの妻・めぐみ(阿南敦子)で、その側でナイフを片手に呆然とへたりこんでいる慶子。

 オーナーの中田修二(大高洋夫)が犯人だと言う六郎(堂本剛)。しかも、その凶器が凍った魚だとか・・何者か・・だとか・・

 オーナーには、愛人がいた・・その愛人にはアリバイがあった・・結局、やっぱり慶子が犯人でしたね。結婚しろ、結婚しろとうるさかっためぐみが疎ましかったようでしたね。

  警部の見合いは失敗でしたね。

            チェックしてね

33分探偵
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

09.09

太陽と海の教室・第8話まで

  ついに八郎(濱田岳)が亡くなった・・先週7話で亡くなるかと思ったら違っていて、今週でしたね。
 
 予告で八が・・って言っていたのに7話では、生きていて?って思ったら、8話でやっぱり、亡くなったんですね。

 タイトルから、この展開は、おかしいですね。

 雪乃(大政絢)は、八に電話してきたかと思ったら、あなたの後ろでナイフを持って立っているとか、もうホラー世界。

 2人でボートで海に出て、帰れなくなり、雪乃は助かり、何故、八は?

 灯里(吉高由里子)にアイスの当たりの棒を商品に変えてきてやるって言ってたのに・・

 転校して両親の元へ行き、カウンセリングも受けていた雪乃。朔太郎(織田裕二)が出した手紙を細かくきざんで送ってきたり、完全に雪乃の世界。

 灯里があんたのせいで八が亡くなったってせまる気持ちは、わかりますね。

 ”太陽と海の教室”は明るいストーリーかと思ってたのに、視聴率のためにこうなったのか?

           チェックしてね♪
 

H20・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

09.07

Tomorrow・最終回

 「死ぬな!病院・・!!」

 仙道(岸部一徳)の妻が亡くなり、病院もついに閉鎖になってしまいましたね。

 市民病院閉鎖後は、リゾート開発へと・・

 そんな中、リゾート開発へ向けて行われていたイベント会場での事故。

 病院閉鎖反対の署名を集めていた愛子(菅野美穂)も、事故に巻き込まれ・・

 蓮見の娘・愛子が倒れているのを発見して、閉鎖されている病院へ運んだ愛子。
 
 航平(竹野内豊)にも連絡を取り、ふたりで処置を。そこへ、自力で閉鎖された病院にやってきた怪我人達。

 ふたりで頑張るが、愛子が倒れた・・愛子も内蔵破裂の大怪我をしていたのですね。

 他の医師や看護師・開業医や、市民などもみんなで助けあって怪我人を処置。

 愛子も手術され、一時は命が危ぶまれたが、一命を取りとめましたね。

 衆議員議員の松永に病院閉鎖をやめるように頼む航平。蓮見達みんなも、一緒の考えでしたね。

 航平のアイディアでオープン病院として稼動。

 ずっと、この病院で一緒に朝日が見られたらいいな・・・航平に言った愛子。

 病院は、死ぬことなく、明日もまた、陽は昇ることに。

          チェックしてね♪

H20・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。