--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

11.29

サムライ・ハイスクール・第7話まで

 イマドキの東京の私立高校の草食系男子が、サムライに変身して、学園や社会に巣食う様々な問題を解決する痛快学園エンターテインメントドラマ。

 第6話では、なんと父親がリストラ~~45歳以上・・この就職難に・・仕事探すと言うが・・

 小太郎(三浦春馬)も大学受験をやめ、就職することに決めたが・・大学受験より就職の方が難しい~~

 アルバイトすることに決めた小太郎。
 バイト中に「死ねば~か」の不良どもの言葉でサムライに変身しちゃった小太郎・・・不良に向かっていっちゃって(やっぱり、クビになっちゃった)

 母も、パート探しへ(母はすぐ見つかったみたいですね・・てか今までパートしてなかったんですね)

 父(岸谷五郎)は、上司の仕事の失敗をなすりつけられリストラされたよう。

 本気になれ・・大学へ行けと真剣勝負を挑んできた父・・勝負はつかず!・・大学に進学することにした小太郎。

 小太郎を襲ってきた黒集団は何~

 第7話では、校長の父兄からの寄付金の横領の記事が週刊誌に・・父兄から学校へ、問い合わせの電話が殺到!
 
 ホームレス襲撃の件で学校を退学になった岩永(賀来賢人)がこのことに関係しているよう・・・小太郎が岩永の家をひとりで訪ねたが罠にかかり、監禁されてしまった。

 岩永に気付いた剛(城田優)とあい()も訪ねて、一緒に捕まってしまいましたが・・

 あいの「ばか~死んじゃえ~」の言葉でサムライに変身(あいと剛は、小太郎が別人のサムライに変身することに気付きはじめてましたね)

 サムライになっても女の子に抱きつかれたり、抱きつかれなくても、ポスターとか見るだけでも、元に戻っちゃう小太郎・・話してしまいたいが、「しゃべったら死ぬよ」と言われてて・・

 生徒への、記事になった件について説明する予定の校長・・・事実ではないが記事になったことによる責任をとって辞任するつもりだったが・・サヤカ(市川実日子)や小太郎が反対して・・

 校長から生徒へ説明が・・・裏切る行為はしていません。責任を持って、校長の職に邁進すると

 ”人生は短い、くよくよしている時間はない、最後まで勝負を投げ出さず勝つ”校長からの言葉でしたね。

         チェックしてね♪
スポンサーサイト

H21・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2009

11.20

おひとりさま

  観月ありさ主演の「おひとりさま」も、第6話まで、きました。

  一緒に暮らしている年下の臨時教師の真一(小池徹平)の事が気になってしまうように。

  君香(松下奈緒)と真一の関係も気になって・・

  学校に謎の男が現れた・・実は、矢野先生(酒井若菜)の元彼で、東大卒で一流企業に就職するも、会社が倒産(一流企業だったのに倒産したんですか?)・・・その後は、転職してもすぐにやめてしまって・・

  東大受験予定だった優等生の圭子がその話を聞いてしまって、東大受験をやめると言い出し、慌てる教師達。

  理科室に篭る謎の男に真一、圭子まで・・理科室の圭子あてに(謎の男と真一がいるとも知らずに)、放送室から話す里美(観月ありさ)・・・好きな人が出来たと話し、その人のために何かをしたいと気付いたと・・一人じゃないと・・勉強する目的が見えてくるんじゃないかと・・

 理科室から出てきた圭子・・・里美の話は、理科室だけじゃなく、全校に流れてましたね。

 もう一度頑張ると矢野先生に話す元彼。

 全校に流れたと知った里美は、慌てるが・・・

 ※ひとり暮らしするお金がたまるまで一緒に暮らすなんて・・男と女だし・・独身同士とはいえ教師だし・・・里美がお金を貸してやって、ひとり暮らしさせ、お金を少しずつ返してもらうとかの方が普通の気がしますが・・(生徒や他の教師が知ったら、大変なことになりますよね)

           チェックしてね♪  

 

H21・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2009

11.15

マイガール

  週刊コミックパンチに連載中の「マイガール

  原作と設定が少し変わったりしてますが、ほのぼのとした絵で、正宗役をやる相葉君のやさしくて頼りなさげな感じがあってますね。
  高校時代にてんとう虫の消しゴムが縁で知り合った年上の塚本洋子(優香)と付き合ってましたが、留学したまま、連絡とれなくなって・・・

 その彼女の突然の訃報・・彼女には、娘が・・そして、なんと父親が正宗(相葉雅紀)だと・・

 娘のコハル(石井萌々果)と暮らすことにした正宗。

 第6話では、正宗に「いろんなものから逃げてるだけでないの?いいやつだけど、時々がっかりするよ」って言った、はとこの瀬山高志(山崎樹範)。

 「小春だけなの。友達の中で剣玉出来ないの。出来るようになりたいの」と涙流しながら、必死で練習するコハル。

 恥をかくのを恐れ、逃げてばかりだった正宗。特訓して相撲大会に出ることにしましたね。

 瀬山も、正宗が相撲に出ると聞いて、自分も臆病者だと気付き、高校時代から片思いしていた倉田菜摘(市川由衣)を結婚式会場から連れ出しちゃった(相手は、高校時代一番人気だった田口・・けれど彼には、他に女が)一緒に逃げた後、告白も頑張ってしたが、一緒に歩くっていうのは、拒否られちゃった。

 菜摘は、奇跡は自分で起こすものだと気付いたと言い、しばらくは、一人で頑張ると(連れ出したところまでは、良かったんだけどね)

 相撲大会で一回戦で負けちゃった正宗。相手は元大学相撲チャンピオンだったからね。

 フォトコンテストに写真を出す自信もついたみたい。

 そして、コハルも頑張ったかいあって、剣玉が出来るようになりましたね。

 これからは、正宗の恋愛問題がおきそうですね。

            チェックしてね♪
 

H21・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2009

11.09

リアルクローズ・第1話~第4話

  第1話「ダサOLvs美人鬼部長」
 スペシャルドラマで見たドラマが秋の連続ドラマで帰ってきました。

 リアルクローズ・・着る人の人生にフィットする服

 「人は見た目がすべてよ」「5秒いつもより長く鏡を見てください」とか婦人服売り場の鬼部長・美姫(黒木瞳)。その婦人服売り場に移動になった、ファッションには、まったく興味のない天野絹恵(香里奈)。

 ※メガネとゴムで結んだ髪、化粧っけのない顔、ダサい服・・・おしゃれな香里奈とは、こうも違うとは・・

 ダサいけれど、彼氏は、いましたね。

 何も役に立たないかと思いきや、ピンチには、強く、みんなを仕切って、開店に間に合わせた絹恵。
 コートも売りましたね。

 ファッションセンスを磨けば、即戦力になりますね。

 第2話では、少し、服のセンスがよくなった絹恵は「ベシェ・ミニョン」で美姫のアシスタントになることに。

 第3話では、香里奈3姉妹の競演・・ベシェ・ミニョンでアシスタントとして、働く3人。

 「ヴィオーラ」の専務取締役・永嶋知子(片平なぎさ)に、気にいられた感じの絹恵でしたが、うかつな言動で、美姫からクビだと言われ・・

 けれども、絹恵はマネージャー試験を受けることに。

 第4話では、マネージャー試験に合格して、主任になった絹恵は、優作(西島秀俊)のアシスタントについてバイヤー修行。一度目はうまくいくも、2度目は失敗。

 そんな時、ガンで入院していた達也(高岡蒼甫)の父の容態が急変したと連絡が・・父親が入院していたことすら知らなかった絹恵は福島の病院に駆けつけたが、絹恵の顔を見た後に、帰らぬ人に。

 絹恵へ、結婚しようとプロポーズの達也。実家に帰って、父親が残した会社を継ぐ決心の達也。
 ついてきてくれないなら別れるつもりだと・・・別れるなんて出来ないとプロポーズを受ける絹恵でしたが・・

 絹恵の出した企画が通ったようで・・どうする絹恵。

※このドラマは、初回からずっと観てますが、それなりに楽しく観れています。

        チェックしてね♪
 

H21・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。