--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

12.25

アンタッチャブル・最終回

  兄・洸至(小澤征悦)は、母の浮気相手の子供だった・・・遼子(仲間由紀恵)だけを愛した父・・孤独だった兄・・ひとりだけ孤独をわかってくれた永倉(寺島進)(彼も同じ境遇だったから)・・兄がいるかぎり自由になれないと永倉・・殺してあげると言ってた洸至・・亡くなった永倉の兄・・けれど、それは病院のミス(自分が殺ったことにした洸至)

 そして、家を爆発させ、自分の両親を殺した洸至・・鷹藤(佐藤智仁)の兄が「君が殺したんだろ」と洸至に言ったものだから・・すべてを見抜かれていた・・その恐怖から逃れるために鷹藤の家も爆発させた。

 そして、次から次へと殺人を・・(やっぱり、犯人は、兄だった)

 罪を隠すために、子供達まで犠牲にしようとする兄・洸至・・「君のお兄さんこそ、触れてはいけない闇だった」と言い、何も止められない永倉。

 逮捕されるのを承知で永倉を人質にして、爆弾のありかを聞き出した鷹藤。
 爆発は阻止できた。

 逮捕された兄・・・しかし、兄の乗った車が爆発・・

 真実を書いた遼子・・アンタッチャブルから去った遠山(要潤)・・起訴猶予で釈放の鷹藤・・

 起訴された永倉・・地球党は解散に。

 ラスト・・兄が生きていた(@_@)・・また0からやり直しだな~(恐い(>_<)

  この終わり方は、続編でも、やるつもりなのでしょうか?

          チェックしてね♪
スポンサーサイト

H21・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2009

12.23

リアルクローズ・第10話~最終回

  越前屋を救えるか
  松吉に行っちゃうのか・・凌(加藤夏希)。田渕(西島秀俊)は違ってましたが・・
  神保(黒木瞳)を失脚させ、松吉に入る予定の尾崎(田中哲司)・・・悪い奴(アンタッチャブルでは、殺されてましたが・・)
 
  ※絹恵(香里奈)と神保部長との会話

 「仲間だからです。誰ひとりとして欠けてほしくない。」
 
 「周りの人間が去っていくことに、耐えられないのは、あなたがひとりじゃ、何も出来ない人間だからよ」
  
 「人は、ひとりでは、生きていけません」」

 「ひとりでも立っていられる人間になってはじめて、本当の仲間と出会えるの」

   ☆神保部長の言葉がつきささる~~~~
 
  凌は、実はスパイ大作戦だったのですね。

 「SIHLA&KEITH」明朝9時にプレゼン変更・・・ここに、売り場を作る・・・生のプレゼンをする・・みんな徹夜で頑張ったのに・・契約は松吉に決めたと・・帰国寸前に天野が止めた・・デザイナーのパトリスは、天野に日本語で書くと「波鳥寿」と教えてもらって、そのTシャツ作って着てましたね。

 =リアル・クローズ・・着る人にとってフィットする服=
 
 パトリスは気にいってくれたが、蜂矢(小泉幸太郎)にやられた・・子供の頃、ある人からいただいたという、もう手に入らないだろうという父のデザインしたネクタイをパトリスに渡していたから(そのある人が神保部長だったのですね)

 田渕はイギリスへ(引き抜きを受けると)・・・神保部長の言葉を思い出し、引き止めることが出来ない天野・・
 オレと一緒に来るか?

 解任され、パリに追いやられた神保・・田渕も神保部長もいないなか、ひとり頑張る絹恵・・越前屋の生き残りをかけて・・

 白紙になったクリスマス企画・・仕切る絹恵・・松吉に勝つことばかりを考え・・皆からそっぽ・・反省(>_<)

 絹恵が考えた「マジックナイトクリスマス」がGO!みんな、神保部長の代わりに「結構」って(笑)
 そこに、またもや企画は、だめと尾崎・・女の出る幕でない・・そこに来たのが田渕・・尾崎にそろそろ、自分の居場所に帰ったらって(松吉とのこと、ばれてましたね)

 いよいよ明日からって時に・・現れた神保・・primrose(パリの人気ブランド)のエコバックを用意して・・戻ってきたアヤと瑞穂。

 マジックナイトクリスマス・・家族で過ごすクリスマス・・・たくさんの人が訪れ、大成功!
 
 蜂屋を呼んで、ネクタイをプレゼントした神保・・もう、あなたの人生を歩みなさいと・・

 戻って来た神保でしたが・・越前屋を去ると(素敵な服でしたね)・・使命は終えたと・・

 ロンドンに行く田渕・・ついてくるか?の田渕の言葉に・・行きません、全然英語出来ないしって・・絹恵。

 蜂屋も、海外みたいで・・田渕にニコラ(黄川田将也)まで・・越前屋は、絹恵だけでいいのか?

 新しく、地下食品売り場から移動になったタミコ・・これまたかつての絹恵状態でしたね・・

 スペシャルでも、あるのかな?・・素敵なファッションが観られたドラマでしたね(*^^)v

          チェックしてね♪
 

H21・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2009

12.13

サムライ・ハイスクール最終回

 学校の教室の中で、小太郎(三浦春馬)の前に現れた、サムライ小太郎!

 過去の事情から誇りを取り戻すべく小太郎に乗り移ったサムライ小太郎。

「十七の
 散る命火を
 誇るべし
 残る夜月よ
 清らかに照れ」


 サムライ小太郎が戦に行く前に残した時制の句

 ー義を通せば誇りは取り戻せるー

 時すでに朝・・校長達の説得にも、教室から出ようとしない小太郎(サムライ小太郎は、また小太郎の体の中に)

 岩永浩三(石黒賢)を教室に呼んでくるよう告げる・・父・信二(岸谷五郎)が連れてくると(結局、だめでしたが)

 窓側から教室に入るのに成功したあい()・・小太郎に戻すべく抱きつくが、変わらず・・そして、なんとキスしちゃった・・さすがに戻れたが・・

 サムライ小太郎の意思を尊重したいと、あいを連れて教室から脱出・・あいをも巻いて浩三の元へ・・

 途中、ひみこ(ミムラ)の元に寄り、「あんたの義の通し方ってなんなの?」「武士はね。いざ、戦場に立ったら、自分のやり方で戦うんだよ」と言われ・・義を通しに行くことに・・

 途中で会った警察官の本山(金子ノブアキ)は、小太郎の「義を通しに行かなきゃならない」の言葉に、「行ってこい」って思わず言っちゃった(笑)

 やってきた場所は、教室でしたね。

 警察署に留められている中村(城田優)は、「18年間待っただけあった最高の友達です」と・・

 学校には、警察も来てて、捕まりそうになるが、5分だけ待ってほしいと・・皆に話があると・・刀は盗んでない、最後まで戦いたいと・・そして皆にあやまる小太郎・・サムライ小太郎のことを友達が出来たと言い、戦わない限り、絶対に勝てない。最後まであきらめちゃだめだと・・自分がいけてないの人のせいにするなと・・戦わせて下さいと。

 刀を差し出し、素直に警察に捕まった小太郎。

 そこに現れた岩永仁(賀来賢人)は、退学させられた恨みから、自分が望月家の前に刀を置いたと告げた。
 「俺が悪いんだ」と叫ぶ仁。

 その途端、倒れた小太郎・・サムライ小太郎の前に現れ・・「今の世にも様々な戦さがある・・おぬしの心の中にも立派な剣がある・・それは、優しさ、思いやりだ」と・・彼が亡くなった時に、許婚のお腹にいたのが18代前の先祖にあたると言うサムライ小太郎。

 今度は、何故かサムライの格好になって、あっちの世界に・・許婚に出会った小太郎(許婚は谷村美月でしたね)

 気がつくとベッドの上・・厳重注意を受けた小太郎。

 サムライとの事を中村やあいに話した小太郎。

 ひみこに会いに行くと、なんとそこは、カフェに変わっていた・・けれど、そこは10年前からカフェだと?

 大学受験に行く小太郎・・今日から研修だと仕事に行く父・・教師のサヤカ(市川実日子)に愛を告白するも一刀両断にあった本山。

 カフェに置かれた人形・・これが、ひみこの正体だったようですね(^^♪

 ※時は変わっても、武士の魂は永遠に・・
 りりしいサムライ小太郎と弱い小太郎を見事に演じきった三浦春馬君、またのドラマをお待ち申しておりますm(__)m

           チェックしてね♪
 

H21・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2009

12.12

マイガール・最終回

 写真スタジオを辞め、小春(石井萌々果)と一緒に静岡で暮らすことに決めた正宗(相葉雅紀)。

 写真を諦め、安定した職業に就こうと考えていたが・・・小春は、写真を撮ってる正宗が好きだと・・

 ※正宗の代わりに、スタジオに勤める役で、嵐の桜井くんが出演してましたね。

 ”輝いている生きている正宗君にもう一度会いたい・・それが私の夢”陽子(優香)が写真の裏に書いた言葉が・・

 ニューヨークへ行って、写真を続けることに決めた正宗・・小春もおばあちゃんと静岡で待つと。

 カメラマンの剣持(大杉漣)のアシスタントも出来ることになって・・

 はるか(平岩紙)とも、またどこかで会うかもと別れて・・

 ニューヨークへ行く正宗・・小春は、別れが悲しくでバスを追いかけ・・

 2012年・・書店に並んだ新人写真家・笠間正宗が撮影した写真が掲載された雑誌。

 陽子が通った小学校の制服を着た小春・・そこに現れた正宗・・

 (行ったと思ったら、すぐ帰ってきた場面だった(笑)

 とりあえず、ハッピーエンドってことになるのですね。

          チェックしてね♪

H21・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2009

12.12

おひとりさま・第9話

  モテモテ里美(観月ありさ)・・元カレの省吾(袴田吉彦)、以前に見合いした二階堂(中村俊介)の2人からプロポーズですか~~

 相変わらずネットカフェ生活の真一(小池徹平)に、私の家に来るように言った校長(真矢みき)。
 はじめから、こうしていれば良かったのに。

 里美は、真一の大切さがわかって、省吾にも、二階堂にも、自分の気持ちを話したが・・

 真一にも「、あなたのことが好きなの・・大好きなの」と伝えて・・それを見ていた校長は、「あななたたちのこと認めるわかには、いかないと・・

 ”おひとりさま”ってタイトルなのに、随分前からひとりじゃない・・ちょっと、納得いかないかも・・

             チェックしてね♪

H21・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2009

12.11

アンタッチャブル・最終章

  「天才育成塾の完全犯罪」

 15年前の爆発事件に、かかわりあった鷹藤(佐野智仁)・・両親と兄を亡くしていた。

 11年前の能力開発セミナー・・研究とは名ばかりな贅沢な宴会・・ここで精子が採られて・・

 天才少年・少女が出来上がった!

 精子の提供者の日本屈指の数学者・稲垣・・亡くなったが自殺と片付けられて・・

 永倉(寺島進)が代表を務める能力開発塾・・塾長の江島(荻野目慶子)が殺された!

 永倉と関係のある遠山(要潤)・・

 果たして、名無しの権兵衛は誰か?

 鷹藤?遠山?遼子(仲間由紀恵)の兄・洸至(小澤征悦)とかは、どうか?

         チェックしてね♪ 
 

H21・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2009

12.10

風の絵師

 この間まで、クォン・サンウ主演の「BAD LOVE~愛に溺れて~」がやっていて観てましたが、このドラマはどろどろ系で、私的には、好きでないドラマでした。

 そして、今、観てる韓ドラは、「風の絵師」です。
パク・シニャンムン・グニョンが主演し、それぞれ、朝鮮時代の実在した画家キム・ホンドとシン・ユンボクを演じている。

 歴史的人物たちのビハインドストーリーをミステリーとして加味し、”ファクション推理時代劇”として、独特なジャンルのドラマに仕上がっています。

 ソウルの国立中央博物館にキム・ホンドの絵があるらしいです。見てみたいです。いろいろな場所で2人の絵の小物も売っているようですね。

 時代劇系も苦手ですが、このドラマは、せつないドラマだそうで、引き込まれて観ています。

 ユンボクの兄のヨンボク役のイ・ジュンは、ちょっと、妻夫木君に似てる気がします。琴を弾くチョンヒャン役のムン・チェウォンは、とても綺麗な女優さん。

 ユンボク役のムン・グニョンどこかで、顔を見たと思ったら、”秋の童話”でソン・へギョ演じるウンソの少女期を演じていたのですね。

「パリの恋人」「銭の戦争」に出演していたパク・シニャン・・ハンサムとは違う感じがするのですがその演技力と存在感は、すごいですね。

          チェックしてね♪

韓国ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2009

12.05

サムライ・ハイスクール・第8話

 小太郎(三浦春馬)だめじゃ~~ん、とっとと、真剣なんか、警察に届けなくちゃ~~

 岩永(賀来賢人)が小太郎を陥れようと、父の真剣を小太郎の家の前に置いたのが原因ですが・・

 サムライ小太郎が仕えていた真田幸村の呪われた名刀「村正」だった。

 岩永の父・浩三(石黒賢)は、学校に来て、小太郎が家宝の刀を盗んだと訴えに来た・・盗んでいないと学校に持ってくると家に帰るが・・妹の優奈(大後寿々花)が交番に届けるために持ち出していた。
 あい()や中村(城田優)達とそれを阻止した矢先に、警察に囲まれちゃって・・

 こんな時にサムライに変身しちゃった小太郎・・真剣を持って「わちには、やらねばならぬ事がある」と・・逃げるのを手伝った中村は、公務執行妨害で取調べを受ける事に・・

 浩三対校長・・・「私を誰だと思っているのですか」って息子といい、この親といい・・でも、小太郎をかばった校長は格好良かった♪

 馬鹿な小太郎も、サムライの小太郎も大好きだと言うあい。

 取調べを受けた中村は、ついに望月君は、サムライだと言っちゃった!

 刀を持って教室にやってきた小太郎・・・刀を置いて座ると・・・なんと、ついにサムライ小太郎が現れた・・

 400年の時を超え、この世に現れた理由は何なのでしょう?

 ついに最終回です(>_<)

                チェックしてね♪

H21・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(4) 

    2009

12.01

アンタッチャブル・第7話まで

  三流週刊誌の女性記者・成海遼子(仲間由起恵)。

  仕事にも恋にもあつかましい粘着質の女性記者で、世間とずれまくった女性記者役を仲間由起恵さんが演じています。彼女の髪型は分け目が変ですね・・真ん中分けがやっぱり似合います。格好もわざとダサめにしている感じですね。

  編集長役の田中哲司さんと初ロマンスの噂も出ましたが・・果たして本当のところは、どうでしょう?

  編集長は、亡くなってしまいましたが・・”リアルクローズ”のドラマで見ますね。

  簡単にホテルの部屋が爆発されたり、恐いですね。

  遼子と兄との過去ともつながっているのか?

  永倉の新党・地球党・・虹色リストバンドをはめる人々が不気味な・・(リストバンドなどの番組グッズも購入できるようですが)


  果たして名無しの権兵衛は誰か?

           チェックしてね♪

H21・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。