--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

01.31

特上カバチ・第3話

 「パワハラ経営者に勝つ方法」

 ・賭けマージャンで負けたお金は、返済しなくてよい・・賭博罪 

・すでに負けて払ったお金は、返さなくてよい・・不法原因給付
  
※ためになりますね~~

 美寿々(堀北真希)が同じ事務所に来ましたが、田村・・田村と呼び捨てで、仕事を頼む始末。
 前途多難な田村(櫻井翔)。

 ・今回の依頼人・・ナイトー事務機器の契約社員・枯草等(石黒賢)・・家賃不払いで追い出されて住む家もなし。
                                 来月いっぱいで契約も打ち切り。
  会社は、前借りもだめと言い、お金もなく、ネットカフェは、子供同伴は泊まれず。
  野宿・・熱を出した子供。

  子供が病気の時は、前借りできると田村・・けれど、それを言うと今すぐやめてもらってもいいと会社側。

  美寿々を手伝う形で一緒に担当になった田村。

 家主の元へ・・家賃滞納は、今回がはじめてで短期間な場合・勝手に追い出すのは、住居侵入罪・損害賠償請求も
 
  無事にアパートに戻れた枯草さん。
  でも父ひとり子ひとり・・・前借りは、当然の権利と集金のお金に手をつけるのか・・

 ・今回のもう一人の依頼人・・ナイトー事務機器の派遣社員・岡本桂(木南晴夏)・・派遣契約が切れたまま、ずるずると働かされ、契約更新もないと。

 ナイトー機器の取締役の黒川の元へ・・途中で時代劇に・・死にかけ田村((>▽ <)Ξ(>ж<)に男前美寿々。
 労働者派遣法・・派遣期間を過ぎて使用した場合、行政指導を受けることもと・・無事に直接雇用される事に。

 戻って、枯草さん・・横領として警察に捕まってしまった~・・けれど、枯草の行為は、正当な行為だと・・
 会社に集金したお金を持って行き、その場で前借り請求権を主張しただけだと(格好いい美寿々)

 非正規雇用の辛さひしひし・・娘のみさきちゃんは、1本の桃のジュースをみんなでわけて飲もうって。

 戻って、桂さん・・直接雇用だけど、パートでだったと・・給料は今までの半分になってしまう。
 労働基準監督署に訴えてはと田村。

 特上好きの弁護士・検備沢京子(浅野ゆう子)が事務所に・ナイトー機器の顧問弁護士として相談を受けていると。

 「えっあんな会社の」って田村(* ̄m ̄)プッ

 枯草への給料前借りは認めさせたと検備沢・・これ以上、関わるなと・・
 
 ナイトー機器に出向き、依頼人に断るはずだったが・・メイク直しに行くと言った美寿々、直接社長達が会議している場所に出向き、桂と枯草の件を訴えだし・・

 そこに来た検備沢・・行政書士として懲戒請求すると。

 今度は、桂に対し、クビだと言い出した黒川。

 怒った田村・・自己責任と言うなら、リストラを繰り返し、経営悪化を招いたまずは、お前からだと黒川に。
 人は宝だと社長に訴える田村・・拍手が沸き起こり・・先代の社長は、そういう考えの人だったと。
 ついに黒川の方を切ることを決意した社長。

 やりましたね。

 ※今回は、堀北真希のタバコもなしで、櫻井&堀北が同じ事務所で一緒に助け合う側に回ったし、ストーリーもしっかりして満足でした。途中クイズあり、ラスト生電話もありの意表も面白いですね。
  俄然、面白いドラマになりました(#^.^#)

           チェックしてね♪
 
スポンサーサイト

H22・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

01.31

ブラッディ・マンデイ2・第2話

 藤丸(三浦春馬)の前に現れたマヤ(吉瀬美智子)・・音弥(佐藤健)の行方が知りたいらしい。

 その頃、音弥と遥(川島海荷)は、テロリスト側の手に・・

 魔弾の射手・・・藤丸と互角かそれ以上の能力を持つホーネット・・日本再起動計画・・教団は別物?・・J(成宮寛貴)は、第2のテロ計画を知っていたがために消されようとしたのか?

 Jは、放射性物質を誤って浴びてしまっていたよう。

 魔弾の射手から電話が(子供の声をサンプリングにして)・・Jを釈放しろと・・

 萩原(高嶋政広)のコンディションレッドは続行って・・何~?

 マヤに殴られて気絶した藤丸・・そこに来た響(黒川智花)・・彼女はどこに行ってたのよ~

 音弥に電話するも出れない・・携帯を2つ持っていたがマヤから預かった携帯は、テロリストの手に。
 音弥と遥の居場所を見つけた藤丸・・加納(松重豊)にだけ教えた。南海(芦名星)達は、信用できないと・・
 槙村(水上剣星)も一緒に連れて行く加納。

 ※水上剣星さん、ちょっと格好いいですね(^^♪

 都内の複数ヶ所で神経ガスによる中毒事故が・・魔弾の射手によるテロ?

 あの赤い服の男(あおいを殺した男だ!)が音弥達の前に(車の男達は頼まれただけだったのか?・・次から次へと撃たれて)皇帝の牙を出せと・・マヤからの携帯を渡すが違うと・・中の物を見せるとビンゴ~と・・けれど、渡そうとした時、男の様子が・・

 遥と逃げた音弥・・藤丸によって遠隔操作で助けられたよう(さすがすごい藤丸・ファルコン)ロック解除をする藤丸の元にまた現れたホーネット!

 音弥達に追いついた赤い服の男・・音弥達が逃げた先には、レディバードが・・絶対絶命!
 皇帝の牙を出した音弥・・それを奪ったレディバード・・彼女がどくと男めがけて銃が(マヤだ~)・・でも男は、死ななかった(チッ)・・レディバードと男は、逃げちゃった(どうなってるの)

 加納達が来た時には、倒れていた遥・・マヤに連れ去られた音弥。

 遥と待ち合わせしていた八木君・・嫌な奴等に脅されているみたい。

 神経ガスの犠牲者が16名に・・政府は、Jを釈放して囮に使うつもりか?

「皇帝の牙を奪還した」と赤い服の男からのメールをもらった男は誰?・・彼が魔弾の射手?・・Jはいらない。その代わり、3名を釈放しろと。

 16時に釈放すると総理の九条(竜雷太)・・だが彼は釈放する気はなかった。それまでに食い止めろと(側で聞いていた?警察内部の男が魔弾の射手のスパイ?)

 オセロしてたのは、やっぱりK.

遥は、携帯を警察に取られて外と連絡できず・・遥から連絡が来ない八木君、だめだよ、悪い事考えちゃ・・

 Jと対面した藤丸・・Jは、警察内部に魔弾の射手のスパイがいると・・

 音弥を連れ去ったマヤが会った男は、なんと加納!・・どういう関係?・・「どうして彼を」「あの人の指示」・・どこかの部屋の鍵を渡したし・・皇帝の牙の事知ってるし・・でも、マヤは大丈夫だって(どういうこと?)

 その加納の内定資料が萩原に(もう、わけわかんない・・どっちが味方で敵なの?)

 隠し持っていたメスを藤丸に当てたJ・・警察の拳銃を奪って・・口に当てたJ・・
 
 八木く~~~ん、首吊っちゃったの~~?

        チェックしてね♪

H22・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

01.29

ヤマトナデシコ七変化・第2話&3話

外に出るの嫌なのに、買い物には行くスナコ(大政絢)・・でも、あんなマント姿で歩いたら、普通は、みんなびっくりだろ!

 おばさんが、やってくる~~スナコをレディにしなくちゃあ・・

 でも、来たのは、セバスチャン(平泉成)・・執事だった。

 ママが帰って来なくて寂しいタケル(加藤清史郎)。

 まり(星野亜紀)達4人の女がスマコに食べさせようとしていた毒きのこは、お姫様きのこだった。

 王子様のキスで、元に戻ることが出来ると・・
 
 ホラー女がレディになって面白くない恭平(亀梨和也

 何故か、料理もまずくなっちゃった・・

 タケルも元のスナコの方がいいらしい・・レディでなくても、心やさしいスナコが。

 セバスチャンがスナコの親友のヒロシ君なども、捨てると言い出した・・スナコは、ヒロシのことも覚えていなくて・・・親友のことも忘れるくらいなら、元に戻れと・・俺が王子様になってやるよ・・

  スナコにキスした~~恭平~~ファーストキスだったのに~~とスナコ。

 ブスナコ~~と何度も言った恭平~~でも、きのこは、時間がたてば元に戻ることができたんですね。

 セバスチャンには、ばれたが、奥様には、立派なレディだと言ってましたね。

 今度は、落とし穴作戦の4人組・・恭平他とのデート作戦にスナコ協力・・でも、恭平とのキスがまりに知れて・・

 スナコの大事なひろし君を誘拐・・彼女が恭平のストーカーだと知れましたね。

 夜の街をひろしを捜して彷徨うスナコ・・スナコを抱き寄せ、俺たちを頼れと恭平。

 まりの部屋をひとりで訪れた恭平・・手料理もご馳走になって(意外と上手でしたね)・・キスしてってまり・・でも出来なかった恭平・・恭平の顔が好きなだけのまり・・顔が好きなだけって寂しくないかって・・恭平に言われて反対に本当に惚れちゃったみたいなまり(恭平もスナコの事、気になってるみたいな・・)

 窓にスナコが(@_@)・・恭平より、ひろしを心配したスナコに切れた恭平・・ブスナコ・・また2人の闘い(2階から飛び降りて2人とも無事って)・・闘いながら楽しそうな2人。

 まりの所には、タケルが・・ひろしとあげるはずだった物も渡すまり。

 ひろしも返ってきて・・でもさっき食べたのに「晩めし期待してるからな」って恭平・・それはどうかと・・

 スナコを抱きしめたことがみんなにばれちゃって・・そこに美音(高島礼子)が帰って来ちゃった!

 スナコは、ヤマトナデシコには、見えないって(ヤバイ~~)

 ※蘭丸役の宮尾俊太郎と亀梨君、ちょっと似てますね。今回は、内君が役柄的に格好良く見えますね。

        チェックしてね♪
 

H22・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

01.28

エンゼルバンク・第3話

 「屈辱とプライド・ベテランOL運命の選択」

 32歳・一般職から総合職への転職希望の北川(櫻井淳子)・・しかも大企業のみで。

 大企業とかより、一般職から総合職への転職は、難しいらしい。

 今の職場では、仕事が出来ても、全然、認めてもらえない。

 逆の発想をしないと成功しない。

 ベンチャー企業は、どうかと勧めてみた真々子(長谷川京子)・・打ち合わせの席に同席させた・・部内者より部外者の彼女の方がバンバン、意見が出た。

 大企業への仕事が決まったようだが、それでは、今までと変わらないと真々子。

 意見のお礼にと岡本社長や海老沢他で会食をした北川。

 岡本社長の所でお世話になろうと思うと決めた北川。

 彼女のおかげで、仕事に自信が持てるようになった真々子。

 エンゼルコイン1枚ゲットでしたね。

            チェックしてね♪
 

H22・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

01.27

曲げられない女・第3話

 母が倒れて、実家の病院に行った早紀(菅野美穂)。
 
 同窓会で璃子(永作博美)と事件で光輝(谷原章介)も病院に。

 (光輝・・・さきのことおちょくってる方がへたなテレビドラマ観てるより面白い)

 (璃子・・・さきが不幸になればなるほど、日ごろの辛いことが忘れられる)

 こんな事情で来た2人でしたが・・

 母の家で、くつろぐ3人・・犬もいましたね。司法試験に受かるまでは、チーズを食べないと早紀(丹前懐かしい~)

 「我死すともいいとも」・・母の時世の句・・意味は?

 璃子は、正登(塚本)とさきを元の鞘におさめようとおせっかいを(暇ですからね・・ってか旦那にも子供にも、相手にされてなくて可愛そう)

 正登、さきに電話しながら、他の女性から「今夜の食事、楽しみにしています」ってメモもらってるなんて・・

 教壇にどうしても、立ちたい母(病院にとっちゃぁ迷惑な話)・・・けれど、行かせる決心をした早紀。

 光輝さん、協力のために看護師とキスしちゃうなんて(看護師さん、その気になっちゃうよね)

 脱出成功・・学校へ・・教室に入ろうとする母にやっぱり、病院に戻ろうと早紀。
 
 急に変身して・・「一度くらいこっちの言うこと聞きなよ、くそばばあ」って・・そして、すぐに落ち込んだ早紀。
 ずっと、生徒に嫉妬してたと早紀・・なんで私が一番じゃないんだって・・でも母を理解して我慢してたと。

 教室には、母の代わりに早紀が(こんなことありなの)・・「我死すともいいとも」・・私が死んでも、良い友がいればいいかもと生徒に話した早紀・・私には、まだいないとも。

 病室に戻った母から、光輝と璃子にお願いがあると・・私が死んだらひとりぼっちになってしまう早紀をよろしくと・・

 そして、旅立ってしまった母・・葬式に現れた正登(今頃、現れてなんだと光輝)

 身の回りのことは、みんな卒業生などに頼んでおいた母・・9歳の誕生日に早紀が撮ったピンボケの写真をずっと大切に持っていた母・・結局早紀が一番だったのでは。

 光輝・・他の女抱きながら・・早紀のこと気にしてるみたい(でも、女好きもねぇ~)

 璃子・・家に帰っても、やっぱり、子供の面倒も見させてもらえず、子供達も母より義母って(せつないねぇ~)

 璃子いい奴じゃん、このキャラ嫌いじゃないです。

 マンションに帰ってきて勉強する時はやっぱり、マイケル(ジャクソン5)の曲って・・生きてる意味がわからなくなった早紀でしたね。

       チェックしてね♪
 

H22・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

01.26

コード・ブルー2・第3話

 祖母(島かおり)がうわ言で「はつみを殺した」とか・・

 その祖母の見舞いに何度も来ていた山田一郎・・

 母親は、胃がんで亡くなったのではなかったのか・・・山田一郎って・・祖母に聞いた耕作(山下智久

 Drヘリの要請が・・駅の階段でスキーの板が突き刺さった人が重なって(串刺し)・・骨盤に刺さってるって・・どうなったらこうなるの~(@_@)・・・この3人の恋模様も、いろいろ事情ありそうで・・

 橘(椎名桔平)と三井(りょう)は、やっぱり、元夫婦でしたね。

 スキーの刺さった3人は、助かる可能性のある者から助けると・・元気にしゃべってるのに、板を抜いたと同時に、大量出血で心停止だなんて・・耕作が心臓マッサージしたが意識が戻らなかった(彼が犠牲になって、2人を助けた・・2人がつきあっていると知ったのに、好きな人を助けようと最後まで気丈にふるまって・・)

 白石(新垣結衣)の診ている患者も、拡張型心筋症で、心臓マッサージを続けても回復の見込みなし・・楽にしてあげて下さいと・・母親は、白石に「あんた、鬼?」って(/_;)

 帰りは、電車で帰ることになった耕作と白石・・涙を流す白石をそっと人の目からかばった耕作でしたね。

 病院に搬送された女性は、卵巣腫瘍が見つかって手術することに・・

 緋山(戸田恵梨香)も、心臓カテーテル手術を受ける決意をしましたね。

 ニクソンの存在に、落ち着かない森本(勝村政信)。

 ※嘘をつくならつき通してほしい・・でも、事実を伝えるのが医者の仕事・・たとえそれがどんな残酷な事実だとしても・・揺れる耕作。
 
 再度、祖母に山田一郎のことを聞くが・・そこにやってきた男が・・「誠次・・」と祖母。

 山田一郎・・誠次(リリー・フランキー)・・「お父さん?」と聞いた耕作。

      ーー人は過去から逃れられないーー

 結構、暗い設定が多く、一人明るめなのが藤川(浅利陽介)だけでしたね(/_;)

             チェックしてね♪ 
 

H22・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2010

01.24

特上カバチ

  堀北真希の役が、タバコは吸うわ、きついわで今までのキャラと違ってたので、ちょっと、違和感があって、1話は、いっぱい突っ込みながら、観てました。

 でも、2話になったら、慣れてきました(#^.^#)

 けれど、キャリア4年目の行政書士の役って・(まだ、21歳ですよね)・・派手なピンクのコートに携帯。
     ー高卒で資格者の役でしたねー

 中村雅俊さんは、必殺のイメージが(笑)、それより、高橋克実さんは、ルパン3世のイメージが・・
 遠藤憲一さんは、どこの組のもん(>▽ <)Ξ(>ж<)~

 第2話では、ストーリー性もあって、やっと面白くなりました(第1話は、なんじゃこのドラマ・状態でしたから)

 田村(櫻井翔)が担当する中山(吉田栄作)の借金問題が泥沼化。

「10日以内に400万返さないと、このお店潰れますよ」と住吉美寿々(堀北真希)。

 田村に秘策を教えた大野(中村雅俊)・・美寿々と対峠した田村。

 いきなり、小次郎と武蔵のシーンまで・・大野の教えた必殺巌流島戦法が効いた(やっぱり、必殺だ(*^^)v)

 中山から上杉(田口浩正)へ、200万渡してくれと・・預かった田村・・足りない分のお金も他の仲間や、田村もポケットマネーから15万も出して(@_@)揃えた(これで、息子の入学金が出来た)

 上杉は、中山が直接、お金を返しに来なかったことを怒りに・・その中山さん、他のバイトをして一日も早く借金を返そうとしてましたね。

 「私、あなたのこと・・とても親切な人だと思いますが、行政書士には、なれないと思いますよ」と田村に美寿々。

 ガリレオもどきの人も出演したり、ギャグ好きな演出ですね。

 依頼人の利益だけを考えろと大野・・・理想の法律家とはを訴える田村。

 大野は、激悪なの?女子高生にお金を渡してましたが(娘だったり?)

 そして、なんとあの美寿々が、同じ事務所に来ちゃいましたね。

 ※ラストは、いつも生放送・・生電話つながらず(>_<)

           チェックしてね♪
 
 ...READ MORE?

H22・冬ドラマ
トラックバック(1)  コメント(0) 

    2010

01.23

ブラッディ・マンデイ2・第1話

 「ブラッディ・マンデイ」テロ事件から2年・・再び、日本を震撼させる事件が・・

 Jこと神崎潤(成宮寛貴)と異母兄弟の11番目の教祖の子供だったK・安斉真子(徳永えり)は、死んだ。九条(竜雷太)の孫のJと、異父兄弟だった音弥(佐藤健)は、教祖の子供ではなく、テロとは、無関係でしたね。

 高木藤丸(三浦春馬)の父・竜之介(田中哲司)は死に、その父の腎臓を移植され、元気になった妹・遥(川島海荷)・・高校生に。

 九条の指示で動いていた折原マヤ(吉瀬美智子)は、行方をくらまし、Jは、中性子爆弾(ブラッディ・マンデイ)の中身を持って、姿を消した。
        ↓
        ↓
       ネタバレ
        ↓
        ↓

 「明日の夜8時、東京で核爆弾による日本攻撃」と九条に電話で話したマヤ・・簡単にロシア人を殺したマヤは、ある物を手に入れた。九条は総理大臣でしたね。

 THIRD-i(警察庁警備局公安特殊三課)を指揮するのは、萩原太朗(高嶋正宏)。

 東都大学理工学部原子エネルギー工学科に通う大学生・音弥。かつては、”ファルコン”の異名を持つ天才ハッカーだった藤丸は、浪人生でコンビ二でバイト中。
 朝田あおい(藤井美菜)も、大学生に。
      
 押収されたプルトニウム
 真っ白(?)な髪のJ(成宮)は、特殊医療拘置所に。

   -進め・神々の待つ所へ・・賽は投げられた・・ジュリアス・シーザー・・

 音弥が大学で研究発表中に、その発表を聞いていたと思われる藤丸のバイト仲間の水沢薫(黒川智花)・・超怪しい~
 マンションを借りるとみせて、男を殺害した竜の刺青の女(折原マヤの名前になってましたが別人)・・レディバード。

 九条音弥(佐藤健)と朝田あおい(藤井美菜)がいる喫茶店に来た音弥の祖父・九条彰彦。その彼を狙ったレディバード。もうひとり赤い服を来た怪しい男。九条は、助かりましたね。

 マヤから九条あての電話を受けた健。

 サードアイに戻ってきた加納(松重豊)と南海(芦名星)。

   ーすべての創造の前に、まず破壊がある・・パブロ・ピカソー

「高木藤丸は?」マヤだと名乗り、コンビ二を襲って、銃を放ち、勝手にジュース飲んだ女・・レディバードのよう。

 薫の見てる前で、ハッカーだと名乗り、コンビニにアクセスした藤丸・・だが攻撃が・「HORNET」・スズメバチ(テロリストからの攻撃のよう)

 ネットカフェに来たレディバード(誰がブースを教えたの?)・・危機一髪、外へ薫とともに逃げた藤丸。
 薫に自分のことをいろいろ教える藤丸(信用しちゃだめだって)・・そこへ誰かが・・加納&南海でしたね。
 サードアイにまた協力させられることに。
 
 健の前に現れたマヤ・・健のズボンの携帯に何かを入れて、これを祖父に渡してと・・
 そのマヤが誰かに撃たれた!逃げた健・・

 遥は、あおいからの電話を無視し、彼と・・あおいが遥だと思って開けたドアには、赤い服の男が・・

 サードアイの元へ来た藤丸・・HORNETからの攻撃を受けたが、彼等のアクセスをモニタリングしていた藤丸・・
 航空会社のジャパンスカイラインにハッキングしていた奴等・・モスクワ発東京行き421便・・霧島(吉沢悠)とJの乗った航空機だった・・核爆弾はこの421便の中に。

 Jは、国際使命手配され、モスクワで潜伏していたところをインターポールにより逮捕。霧島が移送中だった。

 到着と同時に爆発したら、東京が壊滅!・・Jは、これに関係してるのか?・・核爆弾が発見された!
 Jは、僕の敵がやったことだと言うが・・時限装置による爆発・・残り35分・・ロシア政府にハッキングしてパスワードを調べると言う藤丸・・そこにHORNETが・・あおいが捕まっている画像が(KCL・安楽剤が)・・

 調べ続ければ、あおいの命はなくなる・・けれど、1千万人の命がかかっている・・

 我々がすべきことは国家を守ることと九条・・航路の変更が指示された・・海の上での爆発・・撃墜させるつもりの国家・・乗員乗客の命は?

 Jが爆弾のことを乗客に話しちゃった・・しかたなく全て話した霧島(不審な乗客が一人?)

 この非常事態にデートしてた遥(明日もまたここで会えるだって~あおいが死にかけてるのに)と音弥は、無事保護された。遥と一緒にいたのは、八木君。

 あおいを救出、回線をすべて遮断したと嘘を言った南海・・安心してパスワードを調べ上げた藤丸・・残り5分・・パスワードを打ち込めた・・

 飛行機の中では、テロリストと思われるキャビンアテンダントの一人が刑事を捕まえ・・そのテロリストに銃を放ったのは、先ほどの怪しいと思った乗客・・実は千葉県警の刑事だった。テロリストによりPCが破壊され、爆弾は動いたまま・・まだ、GPSが残っていると必死の藤丸・・総理、撃墜の指示をと国家・・残り1秒・・爆発回避成功(*^^)v

 ハッキングした先は、人口衛星だった・・1千万人の命を一人で救った藤丸。

 けれど、一人あおいの命は、救えなかった・・南海に指示を出したのは萩原だった(上司の命令には、逆らえない)

 藤丸にとっては、愛しい人だったのに・・彼女が書いた落書きだけが手に残って・・もう一緒に音弥の誕生日も祝えない、食事も食べれない・・

    ※安斉真子が生きていたのか?

 パンドラのはこ・・絶対に開けちゃいけない”はこ”・・彼らのテロは、まさに”パンドラのはこ”だと・・

   -国家あるところに戦争は絶えない・・エドマンド・バークー

 日本再起動計画・・魔弾の射手一同・・これがテロリストだった・・次は誰かな?

 藤丸が守りたいと思う人を狙っているのか?

 あのマヤがまた、藤丸の所に・・撃たれたんじゃなかったの?もう、死んだとかって信じないよ(-_-#)

 ※このドラマは、展開が早く、レビューが大変なドラマ。でも、1話をしっかり理解してないとわからなくなるので、1話だけは、しっかりレビューしました(#^.^#)2話からは、要所だけになるかも(/_;)

           チェックしてね♪
 

H22・冬ドラマ
トラックバック(1)  コメント(1) 

    2010

01.22

エンゼルバンク

 エンゼルバンク・・ドラゴン桜外伝で、転職代理人として、受験テクニックのノウハウを社会人に応用したもの。

 転職は、人生のリセットではない。人生のチューニングだ!

ー第2話ー

 第2新卒の転職紹介が今回の仕事・・五角形で今の状態を表すことから(25点中13点)・・ストレスを感じない職場とか・・会社の大きさだけから選ばない。

 山口君(忍成修吾)・・今の会社の仕事や上司に不満・・大手を面談して、大丈夫そうと言われて会社やめちゃった~(結果は、だめでしたね)

 でも、ただの不満から会社やめたいっていう人には、一度落ちる方がいいって・・

 企画とか職種には、こだわらないので人気企業であればって山口君・・また、いくつか紹介で面接受けたが・・
 すべてだめだった(>_<)

 面接で落ちた理由は、華やかな面のみ見て、本質が見えてないかららしい。

 山口のいた会社の上司にあった真々子(長谷川京子)・・彼は、うざったがられていることをわかっていた。けれど、新戦力がほしいよう。山口のことも育てるつもりだったようで。
 隠れた超優良企業の会社だったのに、やめちゃったなんて(@_@)

 美人薄命の意味は?・・美人にだまされるな(外見に惑わされるな)本質を見ろ♪

 山口の前いた会社が中途採用をすることに・・そして、山口をそこへ面接に行かせた真々子・・上司だった部長が面接官。
 自分の今の気持ちをありのままに言った山口・・山口の退職願を破った部長・・戻る事ができましたね。

 会社の利益・・信用!

 あなたの価値0円とカリスマ転職代理人・海老沢(生瀬勝久)から言われた真々子でしたが、エンゼルコインを1枚もらえましたね。

 ※ちなみに、人気のあった”ドラゴン桜”の韓国版ドラマが、1月から、韓国で放送されているそうです。

          チェックしてね♪
  

H22・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

01.21

曲げられない女

 「人を幸せにするためには、まず、自分が幸せにならないと」・・・もっともだ~

  ちょっとオネエ系キャラの谷原さん・・警察官の役なんて、めずらしい!

  永作博美の役もつれない・・誰かに必要と思われたいって!

  正登(塚本高史)のプロポーズを蹴り、司法試験に合格するまでは、好きなチーズも我慢、勉強しながら、正社員にならないかと言われた早紀(菅野美穂)

  弁護士は、クライアントの利益をあげるかどうかが問題だと言う野村(西岡徳馬)

  建設会社の顧問弁護士になる予定だと言う野村・・その会社から不当な解雇を言い渡された正登の友達・仲野。

  建設会社の不正を突き止めたが・・野村の考えに、ついていけず、事務所をやめた早紀。

  彼女は、小学生の時にいじめを受け、自分を庇った生徒が今度は、いじめられたが、助けてあげられなかった・・

  弱い立場の人間を救いたい・・・だから弁護士になりたい・・

  私だってお金がほしいわよ~・・自分を殺すって自殺って書くの・・そんなのいや~~っ・・叫んでも、財布を落として、お金を抜かれて、闘おうにも、腹が減っては戦は出来ぬ。
 
  なんで~マイケルの曲で踊って、勉強はじめるわけ~~(* ̄m ̄)プッ

  いつも、ちょっとロボットぽい動きだけどね。

  早紀の母の入院する病院から電話が・・・母に何があったのか?

 ※1話は、途中からウトウトしながら観てたのすが、2話はしっかり目を開けて観ました。
  結構、面白いドラマでした。

             チェックしてね♪
 

H22・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

01.20

ベートーベン・ウィルス・第6話~

 第6話「プロの壁」

 市響の団員は、国内外トップレベルの団員で構成すると言ったカン・マエ(キム・ミョンミン)・・皆さんはアマチュアです。

 トゥ・ルミ(イ・ジア)は、カンから医者の紹介を受けて、診察してもらうことに・・結果は?

 カンは、個別にオーディションの誘いを電話・・ゴヌ(チャン・グンソク)にも電話が・・ルミには、電話なし。

 オーディションの日程をカンから聞き出したルミ。

 オーディションの日・・ゴヌはトランペットで挑戦(合格)

 電話も、かかって来なかった人も受けに来たが・・レベルが低すぎ・・ルミも2,9だって(合格者の平均は7点台)・・ルミは、頭の中に腫瘍が出来てて、耳が聞こえるのは、後4ヶ月だと(いつもよく頭が痛くなってましたから)・・あっけらかんとゴヌに言うものだから、驚き・・聞こえなくなるまでにオケをやりたいと・・

 客員団員になれないか・・それか研究団員(お金がかからない)とかは?とゴヌ・・それは、いいなとカン。
 
 練習初日・・研究団員として来たルミ達・・自分の席につかず、研究団員達と一緒にいるとゴヌ。

第7話「真の天才」
 
 ルミの症状を、医者から聞いて知りながら、知らないふりをしたカン。

 芸術高校を中退したハ・イドゥン(ヒョン・ジュニ)は、オーボエ奏者のキム・ガビョン(イ・スンジェ)に誘われて、研究団員になろうと来たが、誰にでもタメ口のため、カンに追い出されてしまった。

 会社をやめたパク・ヒョックオン(チョン・ソギョン)も、正式な団員に入ってましたね。
 
 カンに、クビを言い渡されたゴヌは、カンのライバル的なミョンファンの元に行き、弟子にして下さいと(楽しく音楽しちゃいけないのかって、女・のだめみたいな)・・カンの所に言ったミョンファンは、ゴヌはお前に似ていると言い、1週間後に来たら、弟子にするつもりだとカンに。

 ミョンファンは、天才と言われてきたが、実は、影で頑張ってきたのですね・・カンに追い越されないように必死だったと・・

 ルミに耳によい飴だと渡したカン・・実はフーセンガムでしたね・・信じる者は救われるですって(笑)

 ゴヌは、想像以上に天才でしたね・・音を一度聞いただけで、それを楽譜に書いたり、和音なんてわからないと言うが、すべての音を正確にあてたり・・真の天才・・それは、ゴヌだった!(彼の才能に驚くカン)

 ミョンファンと外国に行って勉強することになったゴヌ(彼がここまで来れたのは、彼を誘ってくれたルミのおかげですね)・・ゴヌがルミにキスしようとしているところにカンが・・驚いて立ったルミ(微妙な)

 空港でミョンファンから、カンが言っていたが「あいつは天才だ・・真の天才だ・・自由奔放でまぶしい光を放ち、それでいて人を惹きつける暖かさを持っている・・何より恐いのは、これがまだ序章にすぎないということだ」と聞かされたゴヌ。

 彼を手放すのは、私に問題があるからだと(頑固で偏屈で、私以上には、なれないからと)・・ミョンファンから話を聞いたゴヌは、カンの元に戻ると。

 カンから、改めて耳が聞こえなくなるとはどういうことかを聞かされ、池に飛び込んでみろと言われたルミ・・「わかったわよ」と池に飛び込んじゃった(@_@)

第8話「波乱の幕明け」

 通りすがりの男の人によって助けられたルミ(カンは泳げなかった)・・もう、お前に会えないかと思った(カンの言葉にドキッ)からかう相手がいなくなるからって付け足したが、もう手遅れ。

 戻ってきたゴヌ・・カンについていくと。

 キムさん、やっぱり認知症に(痴呆が進んできましたね)

 ベートーベン交響曲第9番・・市響創立公演のメインにしたいと市から・・研究団員達は、1ヶ月練習して、腕を上げ、カンに市響の公演に出てもいいとお許しが(けれど、キムさんには、認知症だから出られないと・・明日から来なくてけっこうとカン)

 キム先生は、カンにとって爆弾だった・・認知症だと認めないキムは、道で演奏を続け、カンに認められ、また戻れることに。

 ゴヌと歩いていたルミは突然、耳に異常が・・町のテレビに映ってる指揮者に気を取られていると、ルミとはぐれてしまったゴヌ。道路の真ん中で、また、耳に異常が・・立ちすくむルミ。

 カンの所にいないかと来たが、ルミはいなくて・・いなくなってルミの大切さに気付いたとカンに言うゴヌ。

 やっとルミが見つかり、思わず抱きしめたゴヌ。

(ベートーベンは、耳の病で耳が不自由でしたが、有名な曲のほとんどが、この耳の病が発病してから作られたと・・
 ルミも、完全に耳が聴こえなくならなければ、なんとかなるかもですが・・)

 正式な団員達は、研究団員達と一緒に演奏することに遺憾し、また、カンの厳しさにも耐えれず、ついに出ていってしまいました。

 第9話~11話

 団員に謝ることにしたカン・マエ・・ドアの外で見ていたルミは泣き出し・・誤るのをやめたカン・マエは、一緒に夢を叶えようと団員に。
 ルミは、ついにカン・マエに自分の気持ちを言っちゃいました。

 水災害で家を失くした人々・・幼い頃、自分も貧乏だったと彼らと話をしたカン・マエ。

 公演会場では、市長の競争からチケットを買い取られ、人がまばらに・・災害の人達との衝突も・・その人達に会場に来て演奏を聴いてほしいとカン・マエ・・・みんな来ましたね。

 カン・マエとの衝突から、合唱団員が出ないと・・それをゴヌが頼んで・・合唱団も来てくれて、見事に成功。

 今度は、3億円事件でルミが訴えられるかもで・・本人のことを思って、団員を辞めろとカン・マエ。

 そんな時に、ゴヌのみんなの前でルミへの告白は、返って、ルミが泣く状況に・・ルミの気持ちを知ったゴヌ。

 旅に出るルミ・・カン・マエに毎日、電話をかけるが取らないでと・・先生をいじめる為だと。

 団員たちもクビに。

 辛い立場にあるカン・マエに優しくしてあげてとルミに電話したゴヌ・・そして、ルミの所にコーヒーの入れ方を聞きに来たとカン・マエ・・思わず、抱きついたルミ。

  ※ゴヌに、カン・マエに、ルミ・・やっぱり、ゴヌは、あきらめるしかないのか?

              チェックしてね♪
 

韓国ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

01.19

まっすぐな男

 「曲げられない女」の兄弟ドラマのような、「まっすぐな男」

 今、もっとも、まっすぐが似合う役者・佐藤隆太が主役ですね。

 彼を振り回す役で、深田恭子

 佐藤を密かに思う役で貫地谷しほり

 その貫地谷を密かに思う役で田中圭。

 まっすぐゆえに、職場を変えられたり、住民の説得に成功したり・・

 まっすぐなまま人生、生きられたら、いいですけどね。

         チェックしてね♪

H22・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

01.17

ヤマトナデシコ七変化

 はやかわともこ原作の漫画をドラマ化したもの。

 ホラー大好き根暗人間のスナコと下宿する美少年4人との同居生活。
 
 「姪のスナコをレデイーに仕立てたら、3年間家賃タダ」の叔母の言葉に張り切る4人組。
 
 下宿には、叔母の幼い息子・タケルも同居。叔母は、海外へ男探し。

 まぶしいもの苦手、料理は上手(これがすごい・・これだけでも奥さんには、なれるかも)なスナコは、果たして、素敵なレディになれるのだろうか?

 イケメン4人がまるで、花男のF4(森園大学・伝説の4人組)かって感じで、大学で女生徒がキャーキャー(やっぱり漫画)・・ただ、F4と違うのは、お金持ちじゃあない。

 前髪垂らしたスナコをレディにっていうのは、”野ぶた”を彷彿(でも、もっと、オカルト・お棺?が寝床)

 ※バイト先をクビになった恭平(亀梨和也)・・あんな女子高生おらんやろ(やっぱ漫画)

 そのバイト先のウェィトレス・まり役で星野亜希が出演。

 スナコ(大政絢)の好きな物を廊下に置いて、それにつられて「もらいますよ」と拾いながらやってくるスナコ(ここが”のだめ”のよう)

 家の中でもマントで、捕獲してもすごいパワーでほどいちゃうし・・こりゃ手ごわい!

☆主題歌・・「Love yourself~君が嫌いな君が好き」KAT-TUN・・タイトルバックで踊るスナコと4人・・振り付けがよくて、曲もいい感じ。 喫茶・・迷宮入り・・名前もすごい!マスター真一役で大杉漣。

 バイト先をクビになった恭平(亀梨和也)・・あんな女子高生おらんやろ(やっぱ漫画)

 スナコが消えた(展開が早!)・・北海道らしい・・恭平とタケル(加藤清四郎)は、北海道まで、スナコを探しに・・

 雪女(ゆきめ)(小林涼子)のいる家に・・連れ出したのは彼女で、スナコの幼馴染。雪女は、恭平のストーカーまで。

 ※ヤマトナデシコ七変化&ガーナチョコとのコラボCMまでありましたね(@_@)

 雪女は、まさお(内田朝陽)のために、お金が必要らしい・・でも、だまされているのかも?

 出て行った雪女とスナコを捜しに雪の中へ・・「なんで俺がこんな目に~~」って叫ぶ恭平・・スナコは、見つかったが・・道にいるカップルとか見ただけで「まぶしい~~」って叫ぶスナコ。

 4年前に好きと告白した男子に「ブスは嫌いなんだ」って言われてから、こうなったらしい。
 それ以来、鏡も見ず、外にも全然出ずのスナコ・・1回言われただけで・・しかも、ブスでもないし・・

 まさおは、旭川のホストを引き連れて、東京のホストクラブに殴りこみ・・女相手の詐欺まで。

 恭平が、まさおの下でホストとして働くことに(髪切ってるしってカツラだった)・・雪女がまさおの前に「この人にだまされてるって言っちゃった」・・うるせぇ女どこかへやれって、まさお。

 親友の一大事に「私を綺麗なお姉さんにしてください」ってスナコ。蘭丸(宮尾俊太郎)によって綺麗なヤマトナデシコになったスナコ、ついでに、雪之丞(手越祐也)や、武長(内博貴)まで、女装に・・手越君可愛かった(*^^)v

 ホストクラブに行ったけど、捕まってしまいましたね。心がブスのまま、殺されてもいいのか・・このブスナコって何回も恭平が言ったものだから・・切れて縄もほどいたスナコ・・ホストもやっつけて(めちゃ強い)

 雪女は、北海道に帰りましたね。

 人間は顔じゃないっていつも言ってる恭平とスナコは似たもの同士かもって、スナコに言った武長・・ちょっと気になったみたいな・・恭平にお礼ですってどくろを渡すか(@_@)

 まさおの所からぱくったという”おばけのマーチ”をスナコに・・親友のために頑張れるお前はブスじゃねぇ・・ってわけでとっとと、レディになりやがれ(口わる~~)

 でも、本当のストーカーは、まりだった~~(>_<)

 ※高野恭平・・美しい容姿と裏腹に超短気でケンカ最強の乱暴者。

  遠山雪之丞・・女の子に間違われるほどのかわいさを持ち、明るく素直な感激屋。ホラーが大の苦手。

  織田武長・・冷静で文武両道、クールな青年。人のことは口を出さない超個人主義。同居人の誰よりも大人。
        恭平の心の闇に気づいている。さりげない手助けで恭平の成長を見守る。

  森井蘭丸・・三度のメシより女が好き、という百戦練磨の女たらし。超ナルシストな王子キャラ。
 

※お好みは誰かな?漫画が原作で、ありえな~いって思う展開もいっぱい・・でも、スナコのキャラ面白いし、イケメン揃いは、見甲斐があるかも(#^.^#)

            チェックしてね♪ 

H22・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

01.11

コードブルー2

 コードブルーの続編・・列車事故から1年3ヶ月後・・・2009年12月24日

 (山ピー・・前は、髪が茶色ふわふわ・・・今は、クロサギ風黒髪だ~~)

 フライトドクター育成のためのフェロープログラム(専門研修制度)に参加して、1年半、残り3ヶ月のフェロー生活。

 彼らの前に現れたベテランドクター・橘啓輔(椎名桔平)・・藍沢(山下智久)らの進路は、彼に委ねられた。

 藍沢の祖母が藍沢のいる病院に運ばれてきましたね。自分の進路に悩む藍沢。

 列車事故時・心破裂で手術後、不整脈に苦しむ緋山(戸田恵梨香)。
 
 恋人との本当の別れが近いことを、悲しみとともに実感していた看護師・冴島(比嘉愛未)。
 
 その冴島に思いを寄せる藤川(浅利陽介)。

 心臓内科医である父との葛藤に悩む白石(新垣結衣)。

※第1話・・ドクターヘリ要請が
  オートバイの若者と自転車の主婦の衝突・・現場には、子供の靴が・・水の中に倒れている少年発見の藍沢。
  心肺停止・・低体温26度、すぐに30度まで上げないと・・開胸すると藍沢・・そして、バスタブに入れ、体温が上がるのを待つ・・除細動・・脈は戻ったが瞳孔は開いたまま・・蘇生後のショック→植物状態。

 医者の成長は亡くなっていく患者の犠牲で成り立っていると橘・・あの親子は、あれで良かったのか・・悩む藍沢。

 医者になるということは、年中行事がなくなることだと白石・・父も、こんなやりきれない思いをしていたのかな?

 救急医を続けるということは、あきらめたり割り切ったりすることを覚えなくてはならないと緋山に言う橘。

 白石の計らいでICUの病室に一晩だけ来れた主婦・・父親はいないらしい。

 あきらめきれない緋山は、カナダの病院へ転院させたいと・・可能性は限りなく0に近かったが・・OKと言う橘。

 延命しないと冴島の恋人・・残りの人生、お前に会うために使いたいと。

 カナダへ転院させる途中で、目をあけた少年・・心肺蘇生は普通30分・・1時間50分たっていた、たった1%の可能性だった・・搬送完了。

 奇跡を望まない医者はいない・・クリスマスに起きた奇跡!

 橘の部屋に、三井(りょう)?と子供の写真が・・

 ※過酷な現場で、それぞれの闘い・・コードブルーから、目が離せない(#^.^#)

          チェックしてね♪ 

H22・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2010

01.10

ベートーベン・ウィルス(韓国版・のだめカンタービレ)

  韓ドラベートーベン・ウィルスを5話まで見ました。

 終わってしまった「風の絵師」は、ラストの終わり方がいまいちでしたが、全体的には、良いドラマでした。

 そして、「ベートーベン・ウィルス」は、韓国版「のだめカンタービレ」のようで、「白い巨塔」のキム・ミョンミンがオーケストラのマエストロ役で、オーケストラの楽長役でイ・ジア、「怪刀ホン・ギルドン」のチャン・グンソクがトランペット奏者&指揮者役で出演(ホン・ギルドンの時とあまりにも見た目が違ってて驚き~)

 とても、楽しい音楽ラブドラマです。のだめ好きは、ぜひ(^〓^ )「♪♪♪♪   

 市に勤めるルミ(イ・ジア)の企画が通って、プロジェクト・オーケストラを創設することに・・けれど、詐欺にあって楽団員は去り、なんとか指揮者に払うお金だけは、あったが・・

 楽団員を一般公募(このあたりが、のだめカンタービレの映画に似てます)・・指揮者は、世界的マエストロ、カン・マエ(キム・ミョンミン)・・気難しさも超一流、別名・オーケストラ・キラーだった(>_<)

 集まった楽団員達は、停職中の警察官、キャバレー勤め、高校生、痴呆にかかった老人、専業主婦などプロとは、かけ離れた人々。

 ずっと夫や子供から我慢してきた主婦ヒヨンに「チェロの糞のかたまり」と言ったカン。
 そのヒヨンが教会にボランティアに行って帰りが遅かったけどと家族に言うと、「えっいなかったの」と言う夫や子供達。

 楽譜は、読めないが、音を聞いただけで、その音を再現する絶対音感の持ち主の警察官・ゴヌ(チャン・グンソク)・・カンに内緒で指揮したりして、みんなに教えてましたね(人望もある)。警察官だが謹慎中・・やっと謹慎がとれる日は、コンサートの日・・市長が1週間、コンサートの日を延ばしたものだから・・

 トランペットのゴヌに、コントラバスまで出れないって(社会人ゆえに社会の掟から抜けれない)

 指揮せずに帰るつもりだったカンは、自分の代わりにミョンファンがやると知ると、俄然ライバル心を出して、自分が絶対に成功させると。

 コンサート当日、ヒヨンに夫や子供をほったらかしてって、連れて帰った夫。ルミは、頭痛・耳が聞こえなくなっちゃった・・

 チケットは、あまって、小学生がいっぱい会場に・・

 コンサートがはじまるとルミに私だけを見ればよいと目で合図のカン・・1曲が終わると耳が聞こえるようになったルミ(このドラマでますます、指揮者ってすごいって感動)

 「吐き出させてあげます・・2部のソロをチョン・ヒヨンさんにお願いします」と夫の運転する車の中で指揮者からの電話を聞いたヒヨン・・ついに、夫から逃れて・・

 演奏中に騒いだ小学生達にモーツァルトのきらきら星をピアノで弾いて、ヒヨンが来るまで繋いだカン。
 
 ここは、クラシックの国だと子供達に言ったカン。

 妻にうながされて仕事着のまま、見に来たコントラバスのパク・ヒョックオン・・演奏に間に合ったヒヨン(とてもせつなさのある見事な演奏で思わずブラボーって言いたくなっちゃった)・追いかけてきた夫も妻の演奏を聞いて何も言えず・・楽団をやめた貧乏な元高校生・ハ・イドゥン(ハイドンじゃん(笑)も見に来てましたね(釘付けになってました)

 そして、警察官の服で駆けつけたゴヌは、最後の演奏の「ウィリアムテル序曲」で間に合った(ソロは吹けなかったが)・・演奏は、見事に揃った・・スタンディングオーベーション!

 ヒヨンの夫は、何も手伝わないが全部一人でやってそれでも時間があまったらやればよいと・・

 仕事を抜け出してきたゴヌは、もうクビだろうから頼むとルミに・・夫婦みたいだろと言ったゴヌ・・

 けれど、ルミの心は、カン・マエにか・・韓国から帰ると言ったカンに残ってほしいと・・あなたのことをもっと知りたいと3度も(耳が聞こえなくなった時に、カンにほれたかな?)

 交響楽団を作ると指揮者に言う市長・・警察署へ辞表を出しに行ったゴヌ・・市響が出来れば、何とかなるか・・

 市響を引き受けると言う指揮者・・けれど、団員はトップレベルを集めてやると・・

 ※コンサートが成功してスタンディング・オーベーションになったところで、ひとまず、映画的には、エンディングだった・・けれど、今度は市響を作るというので、そこに何人の素人楽団員達が残れるのだろうか?

 再度、幕開けです\(^ー^)/


           チェックしてね♪

韓国ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

01.09

最後の約束

嵐5人が揃って、出演したスペシャルドラマ!

 清掃会社社員の益子悟(大野智)・・マイペースだが仕事は真面目。
 年配の新人清掃員に飯尾(小堺一機)・・実は元空き巣。
 
 ビル内の5階のコーヒーショップ勤務の棚田昭(相葉雅紀)・・いつも注文を間違える。

 バイク便ライダーの後藤望(松本潤)・・軽く見えて、内面は正義感に燃える熱い男。

 保険会社営業マンの宮沢友紀夫(桜井翔)・・押しの弱いクビ寸前のダメ営業マンだが心優しい男。
 一緒にいた、エネバイオ社の冬子(大塚寧々)。

ビル内のセキュリティセンターの派遣社員の山際修司(二宮和也)・・淡々と仕事をこなす営業マン。
 上司役に岡中(藤木直人)・・グータラで変わり者。

 ※ビルがテロリストに占拠された・・ビル爆破まで90分、身代金3億円・・掃除に来ていた益子は、飯尾と天井裏から脱出できないか試みる。コーヒーショップで働く棚田はトイレにいて唯一、外部と連絡できる役目。

 犯人に具合の悪い人だけでも解放してくれと交渉しようとする宮沢。

 セキュリティーセンターで犯人の指図に従う山際。しかし、反撃の機会を伺っている。

 犯人の狙いは社長の娘・有里子(黒木メイサ)・・その彼女を守ろうとする後藤。

 犯人に背いて、ロックを解除した山際・・外に逃げた人質・・逃げ遅れた宮沢・・犯人と闘って撃たれた後藤・・犯人に捕まった有里子・・ビルの中には、まだ、益子や棚田も。

 再び、犯人の指図でビルをロックした山際。

 果たして、彼らは助かるのか?

          チェックしてね♪     
 ...READ MORE?

スペシャルドラマ・映画
トラックバック(0)  コメント(1) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。