--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

03.27

ヤマトナデシコ七変化・最終回

  ああ~~最後まで、観るのがちょっと大変だったような~~

 ありえない話すぎて~~

 だいたい、顔が綺麗すぎてそれがコンプレックスって、恭平(亀梨和也)レベルは、いっぱいいるし~
 武長(内博貴)や、雪之丞(手越祐也)とそんなに違わないのに、ひとりだけ追いかけまわされるっていうのもどうかと~~

 恭平の顔が父親にも、母親にも似てないから、別の男の子供ではって、親戚から言われて、それから、顔で騒がれる恭平の顔を見るのが辛くなったという母親。

 スナコ(大政絢)みたいに、年中マント羽織って、買い物まで行くって、そんな奴ぁ~いないし~~
 ブスナコって言われると、すご~~く強くなるっていうのも、やっぱ漫画。
 化粧するとすごく顔が変わるスナコ(@_@)

 蘭丸(宮尾俊太郎)に、タケル(加藤清史郎)の父の霊が乗り移って本当にその姿になったのは、いい演出だったかも。蘭丸も、人を好きになるっていうことにチャレンジしてみようと珠緒(浅見れいな)とつきあうことに。

 スナコのマントを借りて、入院してる母に会った恭平・・これからは、俺が母さん守るからって・・
(亀梨君も、ありえない話すぎて演技するの大変だったのでは・・感動の場面でも冷めてみえて、全然、感動できなかった)

 最終回では、恭平にスナコは、北海道に行ったと嘘を教えた美音(高島礼子)。実は、喫茶、迷宮入りのマスター真一(大杉漣)の元に隠れてましたね。

 恭平が見た夢を再現させて、どっきりを考えた男(ダンテ・カーヴァー)とタケルや、雪之丞。

 スナコが人身売買・・身代金5000万・・必死になった恭平・・ついにスナコに対する気持ちに素直に。

 共栄とスナコ・・レディでなくてもいい、俺はお前が嫌いだ、お前が好きだから・・・まぶしぃ~~~どくろを使って阻止・・ほいでキスってね~

 武長も乃依(神戸蘭子)とくっついたし、雪之丞も、まちこちゃんと連絡しあってるし・・喫茶のマスター真一も、美音にアタック開始ですね。

 結果、みんなハッピーエンドってことに。

 ※このドラマで撮影のあった”大理石村ロックハート城”に行ってきました。
  交通はちょっと、不便でしたが、お土産にシェフ手作りのハートのクッキーを買ってきました。
   
    ストーンショップ前        ロックハート城土産

 ★詳しくはここへ   ロックハート城

           チェックしてね♪
スポンサーサイト

H22・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2010

03.26

ブラッディ・マンデイ2・最終回

 「一緒に遊ぼうよ、藤丸君」って、不気味に言うスパイダー(満島ひかり)。

 「私はずっとあなたを見ていた」と不気味な言葉を残して、立ち去ってしまった。

 仲間割れ・・撃ちあい・・

 スパイダーは、いったい誰なんだと思う藤丸(三浦春馬)・・・スパイダーから、萩原(高島政宏)に藤丸君にも、私の正体を教えてあげてと連絡が・・

 スパイダーこと倉野理沙・・父は、敷村荘介・・国際医科大学の教授だった。

 テロ兄弟により殺害された敷村・・16年前に、母親に引き取られ、倉野姓を名乗った理沙。

 俺がスパイダーに会わなければ・・音弥(佐藤健)に遥(川島海荷)を頼むと言い、スパイダーに近づく藤丸。

 理沙のことを思い出した藤丸は、スパイダーと対面。

 ひとりが英雄(藤丸の父)でひとりが悪魔(敷村)みたいに、言われてと理沙。

 だから、あなたの大切なものを奪ったと・・

 この国に復讐する・・・けれど、彼女の計画は、藤丸によって止められた。

 自分に銃を向けたスパイダー・・けれど、そこにレディバードが銃を持ってやってきて・・お互いに銃を向け、倒れたレディバードとスパイダー。

 響(黒川智花)をおぶって、出てきた藤丸。

 音弥との再会・・・・そして、遥とも・・

 「おはようファルコン」とJから、藤丸に電話が・・最初からすべて仕組んで、倉野とも手を組んだJ。

 ※病気も仕組んだものだった・・

 僕にも守りたいものが出来た・・妹Kだと・・世界の果てへ消えるとJ。

 「お前だけは、許せない・・俺はどこまでも、追ってやる」と藤丸。

 ※うう~~ん、こんな終わり方だなんて・・・また、続編があるってことなのか?

     チェックしてね♪
 

H22・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

03.25

コード・ブルー2・最終回

 コード・ブルーもついに最終回に・・

 先週の回で、田所(児玉清)のオペの日、見舞いに来た白石(新垣結衣)の父・博文(中原丈雄)と黒田(柳葉敏郎)。

 黒田先生(柳葉敏郎)の腕は、リハビリしたが元には戻らず、メスは持てないけれど、健康診断とかの仕事で、朝6時に起き、夜10時に寝る生活に。

 白石は、オペが入っており、父とのランチも出来ずに、父は、講演があると飛行機へ・・

 飛行機が墜落の知らせが・・白石の父が乗った飛行機だった!

 ー最終回ー

 動揺の白石・・過去を引きずって治療を決断できない緋山(戸田恵梨香

 白石の父は、無事だった・・医者だからと、怪我をしながら現場でトリアージをしていたのだった.

藤川(浅利陽介)が列車事故の時に、ともに患者を助けた救急隊員・細井は、再開したのも束の間、怪我を負って帰らぬ人に。

 緋山は、今この場で開胸しないと命が危ない少年の手術をやることに・・・とまどいながら、ついにメスを入れ、少年の命は助かった。

 藍沢(山下智久)は飛行機の中に取り残され、怪我をした青年を発見・・息子を飛行機の中に置いて逃げたという父・・

 足を切断しなければ、助からない状態で、息子が生きたいと思うために、その父に側に来て励ますように言う藍沢。

 いろいろ大変だったが、無事に乗り切ったフェロー達。

 緋山のみ、フライトドクター認定ならず、認定された白石は、ここに残って、腕を磨くと。

 父は、講演がびっしりだと言い、早急に退院して行く父に、父のような医者になると告げた白石。

 冴島(比嘉愛未)は、彼からの留守電をついに消去できましたね(前に進むために)

 田所の手術も成功。

 藍沢の祖母は、ちっちゃい頃から、ずっと嘘をついて寂しい思いをさせてごめんと・・
 祖母をおぶる藍沢・・・祖母は、強い子に育ってほしくて、随分厳しくしたとも・・

 母のお墓に着くと、そこには、父(リリー・フランキー)がいた・・父は、毎年、命日の次の日に来ていたようだった。

 手の器用さは、父に似たんだと思うと藍沢。

 来年は、命日に来て下さいと父に言った藍沢。

 藍沢は、翔北脳外科で、西条(杉本哲太)の下で働き、フライトドクターとして、白石、藤川が勤務。翔北救命救急センターでやりなおしの1年を緋山が始めた。

 ※ついに、終わってしまいました・・これからも、医療問題は、まだまだ続くですね・・・

           チェックしてね♪ 

H22・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

03.22

特上カバチ・最終回

  田村(櫻井翔)達が訴えた詐欺集団がすぐに釈放された!

 それには、ある弁護士が関わっていた・・それが、田村の父で、弁護士の鷲塚勝一郎(竜雷太)だった・・

  ※ブラマンの総理大臣じゃん(^_^.)

 鷲塚は、ヤメ検(元検事で活躍)で”闇社会の救世主”といわれ、被害者の会にコンタクトを取り、あっと言う間に示談にしたよう。

 レアメタル詐欺の件は、ジ・エンドに。

 納得がいかない田村だったが、どうしようもなかった(>_<)

 田村に次なる依頼人が・・・多重債務にあえぐ居酒屋店主・・水野健司

 広告で見たNPO法人・多重債務者救済センターに出向き、狸穴渉(多重債務者の相談にのっているボランティア?)に相談。

 犬神誠一(坂口憲ニ)(超優秀な疑惑弁護士)を紹介されたそうな・・・

  ※最終回とあって、坂口憲ニ投入!けれど、悪役って・・

  ※NPO法人っていうから、いいものかと思ったら違うんですね~(気をつけななくっちゃ)

 多重債務者救済センターは、悪徳業者だった~そして、そこと提携している悪徳弁護士が提携弁護士で犬神だった。

 犬神は、鷲塚の部下だった~~(@_@)

 犬神のところに行ったが、警察が乗り込んできた~田村達だけが連れていかれた。けれど、美寿々(堀北真希)が証拠のビデオを撮っていたので、帰されたが・・

 鷲塚が田村に電話をかけてきた・・・示談に応じなければ、裁判だと・・

 水野の妻は、胃がんで入院中・・・穏便にお願いしたいと言うが・・自分の父親に対する不信感もあって、徹底抗戦したい田村。

 検備沢弁護士(浅野ゆう子)に相談すると協力すると・・ただし、田村に弁護士になれと言う検備沢。

 弁護士綱紀委員会に犬神と鷲塚の懲戒請求を出した田村だったが(鷲塚までしちゃったよ)

 ※弁護士綱紀委員会の弁護士役で、嵐の大野君まで登場だよ~

 鷲塚は、次なる策を・・行政書士の非弁行為を地検に告発しちゃった・・

 田村は、検備沢と協力して、非弁提携禁止で地検に刑事告発もしていた(事務所に迷惑をかけまいと個人名で)

 けれど、事務所あてに地検から電話がきちゃった~

 大野の看板はどうなると怒る重森(遠藤憲一)。

 鷲塚は、田村の母の実家の力で大きくなり、祖父が引退すると見向きもしなくなり、今度は、ある政治家に媚びて、検事をやめ、弁護士になり、田村と母を捨て、その政治家の娘と再婚したそうな(だから、名字が違うんですね)

 だから、父親を許せない田村・・これ以上、口出しをしないと大野(中村雅俊)

  ※最終回は、今までの中で、すご~~く正義に焦点をあてたカバチタレならではの内容で感動ですね。
   私も、鷲塚みたいのを許せな~~い!

 水野の妻が容態急変で急いで手術代がいるので、示談でいいと田村に。

 理想の法律家とは?・・・田村に信頼できる法律家だという美寿々。

 示談に行くことにした田村・・示談をしたいなら、謝罪しろと鷲塚・・「申し訳ありませんでした」・・口先だけか?・・土下座し「大変、申し訳ありませんでした」と田村。

 そこに、検備沢が・・正義を捻じ曲げてまで、言う事は聞けないと・・犬神の新たな不正の証拠を掴んだとやってきた・・地検に告発して動いてもらうことにしたと。

 大野事務所がつぶれてもいいんだな?と鷲塚。

 今度は、大野事務所のメンバーがやってきて・・どうぞ、つぶして下さいと(おお~涙だよ~~)

 示談に応じろといい、条件の追加も付け加えた田村。

 多重債務者救済センターの解散。犬神弁護士の懲戒。鷲塚には、部下の責任をきちんととれ。

 今回は、私の負けだと示談に応じると鷲塚。

 水野の妻も助かり、結果オーライに。

 田村に理想の法律家になれと検備沢の元へ行くように、大野。

 検備沢に庶民の身近で相談に応じたいと大野事務所に残って、行政書士をめざと田村。

 田村の話を聞いて、検備沢の元に行くはずだった美寿々まで戻って来ちゃった。

 美寿々に好きだと言い、ふいにキスしちゃった田村(おお~~~~)

 「何これ?田村のくせに生意気よ」と言った美寿々でしたが(顔は、喜んでるよね~~)

 ※最終回は、一番、面白かったですね~初回から、この調子だったら良かったですね~~

        チェックしてね♪

H22・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

03.17

曲げられない女・最終回

  ついに、最終回だ~~

 司法試験の日だというのに、陣痛が来ちゃった早紀(菅野美穂)

「これ以上、邪魔するなら、そんな子供は、私には必要ありません」って叫んじゃった~~

 でも、すぐに「ごめん」って・・

 辞退しようと思ったが、何故か急にやんだ陣痛・・そして、受けれることに・・

 璃子(永作博美)は、介護福祉士の方の勉強・・光輝(谷原章介)は、早紀と結婚しようと思ってる・・
 
 無事に産んで、「灯」(とも)という名前をつけた早紀。

 正登(塚本高史)が、来てて、子供を認知させてほしいと・・養育費も払わせてほしいと・・とってもしおらしい正登。

 複雑な思いの光輝。

 璃子は、家を出ることにしちゃった・・「ママ~ママ~~」と泣く子供達・・居場所はあったね。

 それでも、家を出ちゃった璃子。

 「別に楽しんでいただかなくていいからな、俺と俺と・・」ってまた早紀に言えなかった光輝。

 試験発表の日・・・受かった夢と落ちた夢2つも見るなんて~(^_^.)

 3度目の正直・・・あっまた落ちた・・10年間必死で勉強したのに、それでも受からないなんて(受かってる正登はすごいってことですね)

 横谷さん(能世あんな)、金持ちのイケメンと結婚するんですって~~(ちゃっかりしてる)

 弁護士になるのをあきらめた早紀に、結婚を申し込もうと思ってたが、今の早紀では、こっちから願い下げだと婚姻届の紙を破いちゃった光輝。

 陣痛が来ちゃった璃子・・・陣痛に耐えながら、早紀に「あんた~やっぱり不遜だわ」と。

 また、こんな常態でも嘘をついて、早紀にまた弁護士になる気を起させようと考えた璃子って・・

 無事に産んだ璃子・・・病室には、元夫と子供達が会いに来てくれて(でも、元鞘には、収まらないみたいな)
 また、司法試験をあきらめないことにした早紀。

 そして、ありゃま~大きくなってるし~娘~(でも、早紀は、全然老けてない(>_<)

 弁護士バッジも、持ってる~受かったんだね。

 介護施設で、調理してる光輝・・あいかわらず、「楽しんでいただけました」は、健在。

 そして、なんと~璃子の方と出来ちゃってるじゃん・・また、妊娠してるみたいだし~同じ介護施設で働いてるし~

 早紀の方は、中島・荻原法律事務所になってましたね。

 横谷さんが、事務所に相談に来てましたね。結婚生活は、うまくいかなかったようで・・・

 彼女に向かって「すみません、正確に言っておきたかったので」とこれまた健在な早紀。

   で・・で・・で・・・・これで終わりなの~~

  ラスト、どんだけ早いの~~!!!!!

光輝の早紀への愛は、どうなったのよ~~~~

   もう~~~曲がっちゃうよ~~~~(*^^*)

          チェックしてね♪

H22・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2010

03.15

ブラッディ・マンデイ2・第8話

  ついに、再起動がはじまった・・・スパイダーがサード・アイのメインシステムに侵入!

 スパイダーから、藤丸(三浦春馬)の携帯に電話が・・

 居場所をつきとめ、スバイダーの元へ、駆けつける藤丸と響(黒川智花)・・

    ※なんとJが元気で生きていた~~

 スパイダーの元へ、駆けつけたが、建物の中に閉じ込められちゃった・・しかも、電波が届かない・・

 魔弾の射手がいるのは、千葉県の東日本高速増殖炉ではと、音弥(佐藤健)。

 日本中の原子力発電所がスパイダーにジャックされた・・

 響が藤丸の元に拳銃を置いたまま、出て行った・・死ぬなと藤丸・・

 原発の制御システムを正常に回復させた藤丸・・彼もまた、東日本高速増殖炉の中にいた。

 警官を助けようとした方だったのに、拳銃を持っていたばかりに、撃たれた八木君。

 監視映像に南海(芦名星)の姿を見つけた藤丸・・拳銃を持って、おそるおそる向かったが・・

   ※ありゃあ、南海がスパイダーだと思ったのに、倉野(満島ひかり)の方がスパイダーだったの~~?
   ※大方の方の予想を裏切ったのじゃあないかなぁ~~

 2人に出くわした藤丸・・・スパイダーが南海の方だと思った藤丸・・・けれど、南海の方がモスキートに撃たれてしまった・・「この女を殺せなんて命令してないけど」と言って、モスキートを撃った倉野・・

   ※恐いです~~あの清楚な感じの倉野さんが、凶暴化してる~~

 この女は、藤丸君に撃ち殺してもらおうと思ったのに・・英雄の子が悪魔になるところ見たかったな~~

 そして、真子の所にたどりついたJ・・お待たせ真子、迎えに来たよ・・

 なんでなんであんたが・・・・一緒に遊ぼうよ藤丸君・・

   ※残るは、最終回のみに~~~なんで~~藤丸を恨んでいるの~~~?

          チェックしてね♪
 

H22・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

03.10

曲げられない女・第9話

 もう、6ヶ月も経った~~早紀(菅野美穂)司法試験の2次をクリア・・残すは口述試験のみに。

 結婚式場から逃げ出した正登(塚本高史)・・相手の女性は、相手みつけるために事務所に入ったのに、早紀のためにだめになったと怒って、こうなったら、慰謝料たっぷり取ってやるって(>_<)

 璃子(永作博美)の義母は、口は達者だが、体は不自由に・・璃子知らない間に離婚届け出してたんですね。

 義母は、施設に入りたくないし、家にも戻りたくないと・・正登がなんとかするとおぶってましたね。

 自分のために弁護士になったと言う正登・・・つきあわなかった方が良かったんじゃないかと早紀に・・

 私の宝物壊さないで~~正登とつきあった10年間は、宝物だと言う早紀。

 上の階のやまだけんじ君が訪ねてきましたね(すっかり風貌も変わって)・・この前はありがとうと・・

 正登は、横谷さんに、きちんと謝りましたね・・彼女の方から三行半を言い渡されちゃった~~

 正登のマイケル踊りが見られた~~(*^^*)

 璃子の義母は、リハビリを頑張ってやるように・・・璃子は、介護ヘルパーが天職と思い、落ち着いたら、めざすことに。

 司法試験を受けるのは、今年で最後にすると早紀。

 料理人になった光輝(谷原章介)は、早紀の子供が産まれたら、プロポーズすると正登に。

 そして、口述試験の日・・・・陣痛が来ちゃった~~~どうなる~~

 次週、最終回です~~~

           チェックしてね♪
 

H22・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2010

03.08

特上カバチ・第8話

  セクハラは、されたことよりされた人

 元彼にあることないこと会社の男どもに、ばらされた小津小百合(市川由衣)

 詳しく聞かずに、示談書にサインさせちゃった田村(櫻井翔)は、失敗!

 元彼の江口(金子賢)に、直接会った美寿々(堀北真希)と田村・・・やっぱ、態度の悪い奴(>_<)

 雨雲商会側の行政書士の村田は、更に先手を打ってきた~~~

 小百合は、更に続くセクハラに耐えられなくなり、ついに死んでやると自分にナイフをあてたが、止めようとして反対に江口の方にナイフが・・

 傷害罪になってしまうのか・・なんとか江口を負かす方法はないのか?

 田村と美寿々が考えた方法とは・・

 村田の守るべきは、雨雲商会であって、江口個人では、なかった・・そこをついた2人・・

 江口の負けになったが、時すでに遅し・・小百合はもう、会社には、いられないと・・

 大野(中村雅俊)から、人間失格と言われた田村は、もう事務所にはいられない・・?

         チェックしてね♪

H22・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

03.07

ブラッディ・マンデイ2・第7話

 高木藤丸(ファルコン)・・三浦春馬
 高木遥・・・川島海荷
 九条音弥・・佐藤健
 朝田あおい・・藤井美菜
 九条彰彦(総理大臣)・・竜雷太
 折原マヤ・・吉瀬美智子

 加納生馬・・松重豊
 南海かおる・・芦名星
 澤北美姫・・阿南敦子
 琢磨洋子・・秋田真琴
 萩原太郎・・高嶋政宏

 霧島悟郎・・吉沢悠
 倉野理沙(特殊医療拘置所の新人医師)・・浦島ひかり
 赤石一彦・・堀部圭亮

 水沢響・・黒川智花
 教授・・津嘉山正種
 J・神崎潤・・成宮寛貴
 k・安斉真子・・徳永えり

 ホーネット・・神木隆之介
 ホタル・・金原杏奈
  ---------------------

 ひゃはは~ひゃはは~と笑うホーネット(やばい)

 Jは、生死を彷徨っている(助かって~)

 撃たれた音弥(どうなの~・・・助かったみたい)

 ホタルと響の闘い・・・そこへ加納が来て、響を助けた(ホタルさん、何気にすご~く背が高い)

 教授を捕まえられなかったテロリストたち・・・ホーネットも誰かの指示で動いてるよう(ホーネットはまだ、中3の15歳だなんて)・・あおいを殺害したのは、彼ではないよう(パソコンにサードアイに進入した形跡がない)・・彼の上にいるハッカーは、誰?(黙秘権を言ってきたよ)

 お前の個人情報をファルコン特有のウィルスで世界中にばらまいてやると藤丸・・30秒で終わり・・”スパイダー”と叫んだホーネット・・残り1秒で止まった・・スパイダーは、僕の先生、僕を認めてくれた、第2のファルコンになれると・・会ったこともなく、ネットで知り合っただけなんて(@_@)

 スパイダーは、ファルコンの知り合いだって~(@_@)ず~っとず~っと前から知っているって(>_<)・・・もう藤丸、ますます誰を信じていいかわからなくなっちゃうじゃない(/_;)

 Kの出番、少な・・毎回、誰ともかかわらず(^_^.)

 国際医科大学病院にJを移送させようとの案が(延命のため)・・・これを知っているのが、霧島、南海、赤石、倉野、萩原・・他には?・・何気にスパイダーから連絡が入ったってテロリスト側・・この中の誰かがスパイダーってこと・・ファルコンをずっと前から知っているのって(う~~ん(>_<)

 ホーネットは、俺です・・誰かとつながりたくてハッキングして、そこにつけこまれたと藤丸(ホーネットは、日本再起動計画とか何も知らなかったよう)・・スパイダーには勝てないとホーネット(ずっと、ファルコンを見てきたからだって(/_;)

 八木君(竹内寿)に父の墓を見せた遥・・警察へ行くからついてきてと・・

 教授と護衛の女性(響のことですね)を保護したとサード・アイ・・教授と自分との繋がりを皆に話す総理。

 魔弾の射手とは、7人のテロリスト・・その内の3人は、私の同胞で過激派だった(レディバード、モスキート、ホタルだと)、4人目ビースト、5人目江本加奈、6人目ホーネット、7人目姿なき日本人ハッカー・スパイダー。

 魔弾の射手の計画を察知して、わが国の総統に進言した・・テロに加担する3名の同胞を処刑せよと・・けれど聞き入れられず、3名は、日本に渡ったと教授(教授もまた、日本に極秘入国した)
 
 教授の国の人々は、誰も戦争など、望んでいないと・・折原マヤを使い、その補佐に加納をあてたと総理(魔弾の射手から教授の身を守るため)・・魔弾の射手の計画は進み、優秀なハッカーが必要で、響をファルコンの側においたのですね。

 第3の皇帝・ツァーリボンバーのことをサード・アイに教えたのがJで、Jが魔弾の射手にツァーリ・ボンバーを買わせたって・・マヤがその情報を掴んでいた・・いろいろな情報を知っているJを消したいスパイダー。

 Jを移送する救急車・・なんで運転手がビーストなのよ(身元確認しっかりしなくちゃ)・・霧島達の車の間に挟まってくるトラック・・ついに見逃しちゃった・・怪しい雰囲気だった赤石は、逃げようとしてビーストに撃たれた・・ビーストに捕まった倉野さん・・南海は、銃を向けたが・・その銃を下ろして(どうなったの~~?)

 音弥の病室に来た藤丸・・だがそこには、響が銃を持っていて・・まだやらなくちゃならないことがある・・ここから出して・・3人の同胞を消す・・逃げるのを手伝って・・スパイダーの正体を知っているのか?(折原マヤの仇を撃つと)

 乗り捨てられた救急車・・救急車から連れてこられた生贄・・Jのことか?・・スパイダーからの指示を待つテロリスト達・・皇帝の心臓を車に乗せろとモスキート(皇帝の心臓って?)・最後の砦に向かうらしい。

 関東電力に来た彼等(レディバードいとも簡単に5人を射殺だなんて恐ろしい~)・・「ここから先はあなたの仕事です。スパイダー」とモスキート(スパイダーは、消去法でいくと南海なの(@_@)

 そして、テレビ局がジャックした魔弾の射手・・総理の体制批判に、若者への喚起を促し、日本再起動計画をスタートさせちゃった(う~~ん、Jはどうなったの?倉野さんは?)

 あなたにしか、スパイダーの正体は、明かせないと藤丸に言った響でしたが・・

            チェックしてね♪

H22・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2010

03.05

ヤマトナデシコ七変化・第8話まで

 
 高野恭平・・亀梨和也
 遠山雪之丞・・手越祐也
 織田武長・・内博貴
 森井蘭丸・・宮尾俊太郎

 中原スナコ・・大政絢
 中原タケル・・加藤清史郎
 中原美音・・高島礼子

 笠原乃依・・神戸蘭子
 真一(喫茶迷宮入りマスター)・・大杉漣

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 第7話では、高校の同窓会の案内が・・

 初恋の相手で「ブスは嫌い」と言った村田や、友人のすずなどにも、会ったスナコ。
 すずは、スナコを庇ってから自分がひどい目にあったとすずを目の敵に思っていたよう・・

 でも、これもクリアしたスナコ。

 第8話では、スナコの頑張りに自分もコンプレックスと正面から向き合うことにした恭平。

 蘭丸には、婚約者が現れましたね。

 恭平は、実家に行き、母と会い、行って良かったと自分を褒めた・・母を呼び、手作りのえびフライでもてなすのですが、過去を思い出させることを言ったばっかりに、ふたたび、母の情緒はくずれ、産まなきゃ良かったとまた、言われてしまった恭平・・

 父からも、二度と母には、会わないでくれと言われ・・・母が恋しいのに、会えない恭平・・
 恭平の心が救われる日は来るのか?

          チェックしてね♪

H22・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

03.04

曲げられない女・第8話

  荻原早紀・・菅野美穂
  藍田光輝・・谷原章介
  坂本正登・・塚本高史
  今田健冶・・市川知宏
  横谷里美・・能世あんな
  増野所長・・西岡徳馬
  長部璃子(蓮美)・・永作博美


光輝が見合い、しっかり早紀の影響があるような・・いつもの口ぐせ・・楽しんでいただけましたも・・

正登は、里美と一緒に衣装の打ち合わせ(本当には、愛してないような・・)

 熱出しながら、お勉強の早紀・・・催促状ばっかりあるし・・メガネが壊れちゃった・・あけるべからずのお金も開けちゃって・・そこへ家賃未払いとやってきた・・そのお金は、家賃に消えた(あれで足りたのか?もっと高いのでは・・)

 マンションの住民から、相談にのってほしいと言われたが・・倒れてしまって、反対にお世話になるはめに・・

 妊娠をなめているとおしかり受けちゃったね~~(本当にそうだよ~)

 家庭に戻った璃子・・でも、やっぱり居場所ない感じだね(/_;)
 
 早紀の誕生日に年の数だけ、バラの花を持ってきた正登・・性懲りもなく、またプロポーズ・・

 そこへ、息子が暴れているとマンションの住人が”助けて”ときた・・

 具合悪かったけど、その息子にバカ野郎と怒鳴った早紀・・いろいろ自分の人生語って、ばばあと言われちゃったけど・・

 ”私達に生きる意味なんて必要ありません・・私達に必要なのは、生きる意志です”

 23年前に、早紀の父によって助けられたバカ息子だったと判明。

 人は1人では生きていけない・・人は、誰かに助けてもらって生きていると悟った早紀。

 光輝と璃子の所に伝えに行こうとしたら、なんと、そこには、2人が来てた・・2人の顔を見たら、安心して倒れちゃった。

 光輝には、人を楽しめる仕事一覧表を作って送っていたし、璃子にもまだ途中だったが作成中だった早紀。

 助けてほしいと2人に言った早紀・・また3人に戻った~~~~ヾ(~〓~ )ノ「いいとも~♪」

 アボガドではなく、アボカド・・正確に言っておきたいので( ̄m ̄*)( ~m~ )(-^m^-)

 料理で人を幸せにするのがいいとラストのページに書いた早紀(おお~~これ、私が前、言った通りだ~~)

 強い人間になって、人に頼りにされる人間になると璃子

 「今夜は、ビート・イット」で踊る3人(練習したんだろうなぁ~~)

 離婚することに決めた璃子・・だが、突然倒れた義母・・どうなったの~~?

 次週は、いきなり10月なの(@_@)~正登は、結婚式から逃げだすみたいだし~

       チェックしてね♪
  

H22・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

03.03

特上カバチ・第7話

田村(櫻井翔)のバイト時代の先輩・山田が相談にきた。

 たった一日、家賃を滞納しただけで、カギを変えられてしまって、入れないと。

 阿功徳不動産・・名前からして悪徳だから・・ここの瀬古井(田中哲司)とは、因縁のある美寿々(堀北真希)。

 貸してるのは、ただのカギ・・部屋は、カギについてる無料のサービス(@_@)

 借地借家法には、関係ないときた~~~

 敷金礼金ただ・・・ただほど恐いものはない(>_<)

 カギの取替え費用と違約金を払えば、カギを渡すときた~~~

 こちらから、カギを変えちゃった・・不動産屋が来て、部屋の物を運び出した・・しかも器物破損まで・・

 美寿々には、何か考えがあるようでしたね。

 壊れたものは、山田の友達のものだからと、損害賠償請求をした美寿々・・証拠のビデオも。

 今度は、また違う手口で攻めてきた~

 離婚寸前の山田・・・お悔やみ電報まで・・追出し屋がきて、部屋の物をすべて運び出しちゃった・・

 また、カギまで変えられて・・再度カギを変えて入ると中身はカラで、驚きの山田!

 すべて処分されて、家族との絆の息子が書いた絵まで、踏みにじられて・・

 法で人を救いたければ、弁護士になるしかない・・・弁護士法を逆手にとることを考えた田村。

 瀬古井に、刑事告発の準備をしていると告げると・・カギは返してくれ、違約金も取らない、そして、慰謝料100万円も。

 しか~~し、こっそり刑事告発しちゃった美寿々・・阿功徳不動産は壊滅~~

 引っ越して、家族3人で暮らすようになった山田・・・ハッピーエンドになりましたね。

         チェックしてね♪

H22・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。