--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

05.30

ハガネの女・第2話まで

  ハガネの女・・吉瀬美智子主演のドラマですが、1話から、次回が楽しみなドラマになりました。

 深谷かほるの漫画「ハガネの女」が原作なんですね。

 結婚のために教師もやめたのに、結婚式の前に恋人にフラれた芳賀稲子(吉瀬美智子)・・通称・・ハガネ

 大学時代の同級生・矢崎徹(設楽統)に頼まれて、小学校の臨時教師に・・受け持ちは4年3組・・副担任は、塩田渉(要潤)・・・この1年で3人も担任が辞めているといういわくつきのクラス。

 ※子役がドラマで観た顔の子がいっぱい、いますね。
  名前がすぐわかるのは、大橋のぞみちゃんですが、彼女は、テレビにも出演する美人作家の中野エリ(横山めぐみ)の娘の役で、母親らしいことは、してもらってないという優等生でおとなしい役柄。

 その他に、心の優しい会田優介(林遼威)・・汚いとみんなにいじめられていた広(戸谷駆)の命綱となっていましたね。最初は、いじめっ子かと思ったし、母親もすんご~いモンスターペアレントだ~って思いましたが、実は、彼のすることには、理由があり、母親もそんな彼のことを理解していたってわけでしたね。

 第1話では、広の母親役で、元モーニング娘。の吉澤ひとみが若い母親役で出演してましたね。

 うさぎの死骸がハガネの机の引き出しに入っていたり、4年3組には、いろいろな問題が・・

 優等生の琴平れもん(柴田杏花)がうさぎをいじめているのを見てしまった優介・・それから、彼女の優介へのいじめがはじまった・・けれど、彼女もまた母親のしめつけから、いい子を演じていたために、そのうっぷんが弱い者へと向かっていたようで・・ハガネがれもんを注意しようとするのを彼女の家がPTA会長で、寄付もしてもらっているからと様子を見ろという校長。

 ついにそのうっぷんがハガネに向かい、ハガネは、れもんに金属バットで襲われるはめに・・いじめられる側の気持ちをれもんに教えたハガネ・・

 れもんの母親(高橋ひとみ)は、すぐに学校に謝りに来て、れもんが今までしていたことは、事実だと・・教師がやめたのも、れもんのせいだったようですね。留学させるという母親に、この学校で乗り越えてほしいとハガネ。
 この母親だったら、れもんも素直に自分の気持ちをもっと早く言っていれば良かったような・・あっさりと解決してしまってありゃりゃでしたね。

 まだまだ、4年3組には、問題の生徒がいるようで・・女子の方が恐いくらいですね。

 そして、自分の子供がテストで30点を取ると、学校に抗議の電話をかけてきて、きちんと教えろといい、すぐに教育委員会に訴えるという親達・・こういうモンスターペアレントが現実に今は、たくさんいるそうで・・漫画が原作だと楽観視していられないドラマですね。

 ふられた恋人にきちんと理由を聞いたハガネ・・そのハガネにつきあってほしいと言った塩田・・はじめは、彼も怪しく思えましたが違ってて良かった・・・ハガネは何処に?でしたね・・「僕の人生に」と言った塩田・・おお~~また恋愛のチャンスが~~

 ※吉瀬美智子さん、はじめての主役だと思いますが、とてもピッタリの役で、いつものちょっとアンニュイでクールな美人のイメージと違って、素顔も見せちゃって、一生懸命で、ちょっとコケテッシュなイメージの役ですね。

 次週も楽しみです(*^^*)

             チェックしてね♪
スポンサーサイト

H22・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

05.22

ヤンキー君とメガネちゃん・第5話

  「恋の予感~ラブラブ大作戦!!」

 花(仲里依紗)と大地(成宮寛貴)のテストの成績が2点と12点とかって何~~もちろん、追試だし~
 高校に入る時は、偏差値高い学校だから、良かったはずなのにね~~(花は、中学で留年してるってことでしたが・・)
 でも、凛花(川口春奈)は、悪くなかったんだ・・いつ勉強してるんだ・・まぁ~原作漫画だし~
 凛花も花と同じクラスに・・千葉(小柳友)も登校するようになって・・和泉(本郷奏多)も元ヤンキーだったが、花達と仲間になって、一緒に生徒会をやるようになりましたね。

 ※本郷奏多君もあの細い体で喧嘩がめちゃ強かったっていうのがう~~んですが・・成宮君と並ぶと同じ年に見えないし~~(>▽ <)Ξ(>ж<)~

 で、大地が入学テストの時に、シャープペンも鉛筆も使えなくなった時に、貸してくれたのが、花だったってわけですね・・でも、花だと大地は、気付いていない(あちゃぁ~~)

 ※黒髪の成宮君が見られましたね(*^^*)

 大地の母・聖(堀ちえみ)は、父・宙太(古田新太)がキャバクラに行っただけで、家出。
 花の家に転がりこんでましたね・・そして、聖が福引で当てたテレビがベストカップルコンテストの賞品に・・
 聖が結婚を決めた決め手は、宙太が行った「好きだ」の言葉!

  ※堀ちえみが母役って若~~い。若い頃スチュワーデスだったという設定に、スチュワーデス役だった「のろまな亀」を思い出しましたね。

 本当は、相思相愛なのに、あまりに地味な工藤(田村健太郎)のせいで、本当の気持ちをみんなに言えないサオリ(夏目鈴)・・工藤にもつれなくして・・だったら、どこか良くて手作りケーキを渡したのよ~~~

 工藤とサオリのために、ベストカップルコンテストを考えた花・・これは、うまくいきましたね。

 花が隠れて撮った、サオリが工藤にケーキを渡すシーンを映像で流した和泉・・・これがうまくいって、サオリも素直に、工藤のアプローチを受け入れた。プレゼントのブレスレットも受け取って、ベストカップルに。

 そして、花の態度に

  ≪この展開は、きちゃうのか~みんなの前できちゃうのか~≫とまたまた、勘違いの大地。

 大地に好きな人がいるらしいと聞いた花・・胸がキューンとなったような・・恋って何の花でしたが・・

 大地は、シャープペンの女の子のことを今でも思っているみたいですが・・花さん、メガネに三つ編だから、同一人物だとわからないんですね~~

             チェックしてね♪

H22・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2010

05.09

新参者・第4話

 「時計屋の犬」

 三井峯子殺害事件・・峯子の足取りをたどると怪しい人物が捜査をする上で、出てきましたが、今までは、シロでしたね。
 今回は、時計屋の主人・・・時計屋に時計の修理を頼んだ加賀(阿部寛)・・・時間に正確な主人の寺田(原田芳雄)・・・峯子が殺害された日に、浜町公園で、寺田と会ったという峯子・・子犬の頭を撫でた峯子・・けれど、時計屋の犬は、子犬じゃない・・浜町公園で峯子は、目撃されていない(謎ですね)

 時計屋の従業員に頼んで、寺田の犬のドン吉の散歩につきあわせてもらった加賀・・いつもと違う道を行こうとしたドン吉。

 寺田の禁句は、老舗と娘の香苗の名前。

 香苗には、つきあっている男(チンピラ?)がいるが、妊娠もしているよう。

 寺田の散歩コースは、いつもと違っていた・・・どうやら、かなえが妊娠していることに気付いて、安産祈願にご利益のある水天宮にお参りに行っていたよう。

 香苗は、相手の男性を真面目な男に変え、もう出産の時期に・・無事に産まれた赤ちゃん・・寺田とも、和解することに。

 寺田が峯子と会ったのは、水天宮だったが、峯子は、おだやかだったよう・・だが、誰のために行っていたのか?

 その峯子の生前の写真をパソコンに入れていた亜美(黒木メイサ)・・それを見せられて驚いた恋人で峯子の息子の弘毅(向井理)・・亜美と峯子のつながりは?

 まだまだ、ラストまで真犯人は、わからないですよね。

        チェックしてね♪
 

H22・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2010

05.05

タンブリング・第3話

  ウォーターボーイズを彷彿とさせる男子新体操部

 日陰のスポーツ部にヤンキーたちが入部して、1度は、廃部と言われた男子新体操部が新たに男子新・新体操部として、顧問に柏木(AKIRA)を迎えて、活動することに。

 ※エグザイルのAKIRA・・髪長くても教師OKなのかな?気弱な教師役ですが、ドラマに馴染んでますね。

 ヤンキーっていってるけど、航(山本裕典)をアニキと慕う高2の日慕里圭児(賀来賢人)・・・4人兄弟の長男で、家が貧しくて、家計を助けるためにバイトをして、倒れた父の変わりに、仕事して、めっちゃいい子やん(しかも、超かっこいいし~)妹も、家事を頑張って、いい家庭だよ。

 ※航の母役の大塚寧々は、もうひとつ、タンカに迫力がほしいところですね。

 ※火野哲也役の西島隆弘くんも、澄ました雰囲気で、気になる男子ですね。

 ※硬派でコワモテの木山役の大東俊介くんも、クールにきめてて、格好いいですね。

 日慕里のために、父親の代わりの仕事を新体操部のメンバーで徹夜で手伝い、マットの10万のために、出場した市民ふれあいまつりで、日慕里が1人で、出来なかった倒立など決めると、みんなヤッターって演技そっちのけで喜んで、あほや~~ん(*^^*)

 同じく出場した女子部がもらったマットを、男子にくれた女子新体操部の江崎コーチ(国仲良子)、体育館も使わせてくれるし、柏木効果か(笑)・・その江崎に「ばばあ」という航(おかしい~)

 しか~~し、その新しいマットが何者かにめちゃくちゃにされた・・誰の仕業か?

 今、旬の男子がゴロゴロ~いろいろゴタゴタしながら、メンバーもふえていって、ラストには、タンブリング(床上での前宙、バク転、バク宙、側転などの跳躍・回転技)を団体で、格好よく決めてくれることでしょうね。

                チェックしてね♪ 

H22・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

05.02

怪物くん・第3話

 怪物くんの初回では、またまたロックハート城で撮影されてましたね。

 人間界へ修行に出された怪物くん(大野智)

 その人間界で人間界征服とプリンス・デモキンの復活を企む悪魔界。

 怪物界VS悪魔界の闘いは、どうなる~
 
 3話では、魔王石のことが魔王にばれ、返さなくては、ならなくなったが、肝心の魔王石は、ヒロシ(濱田龍臣)が持っていた。

 その魔王石を狙うアックマー(津田寛冶)・・・怪物くんに化けて、魔王石を狙いましたが・・

 ヒロシが書いた作文「僕のともだち」では、怪物くんの嫌いなところが10個も書いてありましたが、最後には、これだけ言えるということは、それだけ仲がよいのだと怪物くんは、ともだちだと書いてありました。

 怪物くんに化けたアックマーをひっかけようとしたヒロシでしたが、追い詰められて、魔王石を飲み込んじゃいました。

 そこに来た怪物くんがヒロシパワーを使って、アックマンをやっつけちゃいました。
 アックマンは、デモリーナ(稲森いずみ)によって、消されてしまいましたね。

 ヒロシの体から、魔王石は、出すことが出来るのか???

        チェックしてね♪ 
 

H22・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2010

05.01

ヤンキー君とメガネちゃん・第2話

  ヤンキー役の成宮君、大地役でまた、高校生役に・・

 メガネちゃん役の仲里依紗は、足立花役で・・彼女は、若干20歳ながら、映画「ゼブラーマン2」でゼブラークィーンとして悪の華として妖艶さをふりまき、このメガネちゃん役とは、大違い。

 けれど、学級委員のメガネちゃんの前は、中学で伝説の最強のヤンキー(ハリケーン・アダ)だった花。
 ハリケーン・アダ役も、見られて、彼女の演技力のすごさに脱帽。

 大地は、このハリケーン・アダと間違われて、噂されており、進学校でもあって、周囲から恐れられて、友達もなし。

 けれど、花がしょっちゅう大地にちょっかいを。

 不登校の千葉君(小柳友)の家に一緒に行こうと誘うし・・花も元ヤンキーだけあって、大地以外の人と関わるのは苦手みたいな・・

 千葉君は、実は、1年の時に友達だと思ったT君たちからお金を取られており、それ以降、部屋に篭るように。

 千葉君の家に何度も出向き、断られても、祖父の言葉や(祖父があきらめなかったから、ヤンキーから脱出できた)また、大地の言葉によっても、千葉の家に通えた花。

 千葉君が書いていたblogを花に和泉(本郷奏多)が教えてくれ、コメントを書いた大地・・

 ついに彼の心を解くことが出来、登校もするように・・T君達には、はっきり、お金は、貸せないと言った千葉君。
 強くなりましたね。

 花を知ってるヤンキー女子が教室にやってきましたが・・どうなる~~

          チェックしてね♪
 

H22・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。