--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

09.14

逃亡弁護士・最終回

 真犯人は別にいる、絶対に捕まるな・・と成田(上地雄輔)に言い、彼を逃がした真船(北村一輝)。

 検察の人間は信じるな・・その言葉にあなたも含まれていますね・・成田も絵美(石原さとみ)も同じ言葉を真船に。

 真船が成田を逃がしたかもしれないと長谷部(光石研)にちくった亮子(矢田亜希子)・・そのせいで、成田の事件からはずされてしまった真船。

 タトゥーの男を見つけ、乱闘に・・逃げられたが彼が落とした携帯が成田の手に・・通話記録から、連光寺(豊原功補)に、二ノ宮(船越英一郎)の残した日記があったと嘘を告げて、会った成田。

 ※やっぱり、連光寺が怪しいと思ってたら、ビンゴでした~~

 自首を勧める成田・・けれど、小早川美由紀(村川絵里梨)は、もう亡くなったと告げ、お前の無実を証明してくれる者は誰もいなくなったと言う連光寺。

 ついに逮捕されてしまった成田。

 今までの殺害はすべて連光寺の仕業・・実行犯は、タトゥーの男だった・・連光寺の仕業だとわかっていた真船・・成田の逃亡中にいろいろ調べるつもりだったと。

 初公判がはじまり・・なんと弁護士に、連光寺を指名した成田(うんなばかなぁ~~)

 そして、証人としてある人をお願いしますと言った亮子・・証人は小早川美由紀・・なんと彼女の遺書があったと言っていたのに、実は、彼女を確保していた真船・・亮子も、誰が正しいのか気付いたのですね。

 無実を主張すると告げた成田・・真犯人は知っているが、自分から自首してくれることを願うと・・

 連光寺と結託していた長谷部。

 連光寺は、自殺してしまったのか?タトゥーの男は、どうなったのか?

 ※こちらも、JOKERと同じく、怪しいかもと少しは思った真船が全然、正義側だったとは(@_@)・・見た目、悪人っぽいから(>▽ <)Ξ(>ж<)~

 無実が証明された成田は、釈放され、絵美と二ノ宮の墓参りに。

 ラストは、捕まったものの、あっけなく無実も証明されちゃいましたね。

        チェックしてね♪
スポンサーサイト

H22・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

09.14

JOKER~最終回


 裏警察の組織と関係しているバーのマスターの三上(大杉漣)・・彼があすか(杏)の兄の夏樹と冴子(りょう)を殺害した犯人だったとは・・そして、久遠(錦戸亮)も、また彼に刺されて・・

 彼にDNA鑑定の結果を伝えに行った伊達(堺雅人)も、不意をつかれてしまい、井筒(鹿賀丈史)に助けを求めることに。

 JOKER-ジョーカーとは、神隠しの事だったのですね。

 警察OBによる裏警察の組織・・その全貌をCD-ROMに残していた夏樹・・組織を守るために夏樹を殺害し、そのCD-ROMから神隠しに三上が関わっていると気付いた冴子も殺害した三上。

 CD-ROMの数字は、地図の緯度・・私設刑務所のある場所。

 あすかに自白罪を打って、CD-ROMのある場所を聞き出し、燃やした三上・・伊達により決着をつけてもらった三上は、最初から自殺する気はなかった・・自分の犯した罪は自殺では軽すぎると。

 法によって裁かれることになった三上。

 最後までちょっと怪しいと思っていた井筒は、違いましたね。

 あすかに「あなたもJOKERの1人だったのですか?」と聞かれた伊達は、答えられず・・三上からJOKERの役目を引き継いだ伊達・・そして、警察をやめ、そのJOKERの組織に潜入捜査するつもりの井筒。

 三上は、殺しについては、自白したが、神隠しについては、自白せず・・結局、JOKERについては、あきらかにされないままでしたね。

 知らないだけで実際に、こんな組織があったりして(ないだろうなぁ~~)

 最終回の後にまだ、特別偏があるのですね。

           チェックしてね♪

H22・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

09.05

JOKER&逃亡弁護士

※ JOKER・・第9話

 冴子(りょう)が殺されちゃって・・・どうやら、怪しいと思っていた井筒(鹿賀丈史)は、犯人ではないよう。

 5年前にあすか(杏)の兄が殺された時と同じ手口で、その時に一緒に事件を追っていた井筒・・身の危険を感じて事件から手を引くように言ったが、やめなかったあすかの兄は、殺されてしまった。

 あすかの兄の夏樹が残したCD-Rのパスワードは「JOKER」で、ここで、タイトルとリンク。

 冴子を殺害した男は、どうやら健志(錦戸亮)の知っている男で、あすかを呼び出した男を尾けた健志は、その男に刺されてしまって(呼び出されて1人で出掛けたあすかも不注意)、気付いたあすかが駆けつけると、男は逃げてしまって・・三上(大杉漣)が怪しいような?

※逃亡弁護士・・第10話

 警察から逃げる成田(上地雄輔)と絵美(石原さとみ)は、あきらかにすぐ後ろにいた警察を巻くことが出来たなんて((@_@)助けた大沢(田中哲司)も、また冤罪を受けた男。

 逃亡中の身でありながら、彼のためにまた、聞き込みをした成田(うんなばかな~~)別れた妻は、彼のためにビラを配って、目撃者捜しをしていた。
 妻のいる所に大沢を連れていき、会わせた成田・・再審請求をすることにした大沢。

 柏田事件、手に刺青の男、殺された南管理官は、真船検事(北村一輝)の親友だった。

 検事正の長谷部(光石研)と関わる三枝は、真船を疑っている・・三枝に「警察に正義はない」と言う真船。

 優希(南管理官の娘)は、刺青を見た途端に父親の殺害現場を思い出し、激しく「パパ死んじゃだめ」と言い出して・・やっぱり、殺害したのは刺青の男だったのですね。

 真船に出くわした真船は、成田に「お前は冤罪だと」

 長谷部と刺青の男が関わっているのか?

            チェックしてね♪

H22・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

09.04

ホタルのヒカリ・アイリス・崖っぷちのエリー

ホタルのヒカリ・・第9話「チューは突然やってくる」

 ホタル(綾瀬はるかと距離をおくために家から出て行ったぶちょお(藤木直人)・・・ぶちょうがくれた107万円の婚約指輪を家の中で失くしてしまったホタル・・・見つけますから待っててください・・10年でも20年でも寝たきりになっても待ってやるとぶちょお(笑)

 ホタルったら、指輪を探すはずが、部屋を更にぐちゃぐちゃにして、時おり違うことをして、また探して後でいいっかと縁側でビールをいっぱい飲んで寝て・・・これを想像で言い当てるぶちょお~さすが~~(>▽ <)Ξ(>ж<)~

 仕事をやめて、ニューヨークに行くつもりの瀬乃(向井理)・・雨宮のことをよく知って、嫌いになりたいと部長に。

 ※いつもジャージであれだけ部屋をちらかしておいて、けれど、出勤の時には、きちんとした服を着てアクセサリーもつけて化粧もして・・そして、あれだけ部屋ぐちゃぐちゃにしたのにちゃんと片付けれるとは・・謎なホタルだ~

 ホタルったら、老人の孤独死なる記事を見つけ、小夏(木村多江)にぶちょおを頼むという手紙を渡して・・小夏は、私には出来ないからとその手紙を高野に渡す・・その手紙を読んでやっと、帰る気になったぶちょお。
 
 瀬乃達と出掛けた川釣りから帰ってきたホタルの前にぶちょおが・・ぶちょお~~・・そこにすかさずホタルに初キッスのぶちょお(やっとですか~~~~~)

「君にはかなわない・・俺は一生、君の縁側になる」とぶちょお(しゅてきなことば~~(*^^*)
 
 指輪はもういいと言いながら、やっぱり探せとホタルに・・出した物は、きちんと元にあった場所に戻していればとぶちょお・・その言葉に反応したホタル・・もしや?・・・なんと、元あったケースの中に指輪があった~~

 ※瀬乃とホタルは、年も同じで似たもの同士な感じで結構あいそうだが、何故か、全然ホタルとは違ってきちんとしているぶちょおと同じ屋根の下で居心地がいいって・・やっぱり、ぶちょおはホタルにとっての縁側なんですね。

アイリス(最終回)

 謎なアイリスが謎なまま、最終回に・・ぺク・サンは、捕まり、謎の殺し屋ビック(T.O.P)は、ヒョンジュン(イ・ビョンホン)によって始末された。サウ(チョン・ジュノ)は、ラストは、いい人になって亡くなり、アイリス側の人間かと思われたスンヒ(キム・テヒ)は、一度は、大統領を狙うも、その後はあきらめ、ヒョンジュンとNSSをやめ、2人で結婚するかと思われたが・・・

 ラスト・・スンヒに渡すための指輪を買って、スンヒの元に向かうヒョンジュンだったが、車を運転中に狙われ、息絶えたのか?

 アイリスの黒幕のミスターブラックだかが、誰かわからないまま終わってしまって、いつかアイリス2があるってことでしょうね。

崖っぷちのエリー(最終回)

「最下位には、最下位の戦い方がある」の崖っぷちのエリーも最終回でした。

 最終回は、編集長が自分の出版社を創立することになり、そこで、漫画を描くことにした絵里子(山田優)。

 突然、部屋からいなくなったカメラマンの鴨田(塚地武雄)・・しかし、彼は家財道具を売り払ってもう一度、自分の撮りたい写真を撮りに出掛けていただけだった・・最初に絵里子に見せたくてと・・ついでにプロポーズの鴨田。
 
 そしてなんと、絵里子と鴨田の結婚式・・子供まで誕生って最終回に一気すぎだよ~おまけに、その鴨田は事故で帰らぬ人にって。

 ※最終回には、原作者の西原理恵子さんがジョギング中のおばちゃん役で出演・・インパクト大でした。塚っちゃんも、結婚式できて良かったね~~

 悲しみに負けずに、「崖っぷちのエリー」の新作を描きあげた絵里子・・こうして痛快サクセスドラマは、終わりました。

 ※スタイリッシュな容姿の山田優が今回、貧乏役できっちり、はまった演技してたなぁと感じました。

          チェックしてね♪

H22・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。