--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

09.14

JOKER~最終回


 裏警察の組織と関係しているバーのマスターの三上(大杉漣)・・彼があすか(杏)の兄の夏樹と冴子(りょう)を殺害した犯人だったとは・・そして、久遠(錦戸亮)も、また彼に刺されて・・

 彼にDNA鑑定の結果を伝えに行った伊達(堺雅人)も、不意をつかれてしまい、井筒(鹿賀丈史)に助けを求めることに。

 JOKER-ジョーカーとは、神隠しの事だったのですね。

 警察OBによる裏警察の組織・・その全貌をCD-ROMに残していた夏樹・・組織を守るために夏樹を殺害し、そのCD-ROMから神隠しに三上が関わっていると気付いた冴子も殺害した三上。

 CD-ROMの数字は、地図の緯度・・私設刑務所のある場所。

 あすかに自白罪を打って、CD-ROMのある場所を聞き出し、燃やした三上・・伊達により決着をつけてもらった三上は、最初から自殺する気はなかった・・自分の犯した罪は自殺では軽すぎると。

 法によって裁かれることになった三上。

 最後までちょっと怪しいと思っていた井筒は、違いましたね。

 あすかに「あなたもJOKERの1人だったのですか?」と聞かれた伊達は、答えられず・・三上からJOKERの役目を引き継いだ伊達・・そして、警察をやめ、そのJOKERの組織に潜入捜査するつもりの井筒。

 三上は、殺しについては、自白したが、神隠しについては、自白せず・・結局、JOKERについては、あきらかにされないままでしたね。

 知らないだけで実際に、こんな組織があったりして(ないだろうなぁ~~)

 最終回の後にまだ、特別偏があるのですね。

           チェックしてね♪

H22・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。