--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

09.14

逃亡弁護士・最終回

 真犯人は別にいる、絶対に捕まるな・・と成田(上地雄輔)に言い、彼を逃がした真船(北村一輝)。

 検察の人間は信じるな・・その言葉にあなたも含まれていますね・・成田も絵美(石原さとみ)も同じ言葉を真船に。

 真船が成田を逃がしたかもしれないと長谷部(光石研)にちくった亮子(矢田亜希子)・・そのせいで、成田の事件からはずされてしまった真船。

 タトゥーの男を見つけ、乱闘に・・逃げられたが彼が落とした携帯が成田の手に・・通話記録から、連光寺(豊原功補)に、二ノ宮(船越英一郎)の残した日記があったと嘘を告げて、会った成田。

 ※やっぱり、連光寺が怪しいと思ってたら、ビンゴでした~~

 自首を勧める成田・・けれど、小早川美由紀(村川絵里梨)は、もう亡くなったと告げ、お前の無実を証明してくれる者は誰もいなくなったと言う連光寺。

 ついに逮捕されてしまった成田。

 今までの殺害はすべて連光寺の仕業・・実行犯は、タトゥーの男だった・・連光寺の仕業だとわかっていた真船・・成田の逃亡中にいろいろ調べるつもりだったと。

 初公判がはじまり・・なんと弁護士に、連光寺を指名した成田(うんなばかなぁ~~)

 そして、証人としてある人をお願いしますと言った亮子・・証人は小早川美由紀・・なんと彼女の遺書があったと言っていたのに、実は、彼女を確保していた真船・・亮子も、誰が正しいのか気付いたのですね。

 無実を主張すると告げた成田・・真犯人は知っているが、自分から自首してくれることを願うと・・

 連光寺と結託していた長谷部。

 連光寺は、自殺してしまったのか?タトゥーの男は、どうなったのか?

 ※こちらも、JOKERと同じく、怪しいかもと少しは思った真船が全然、正義側だったとは(@_@)・・見た目、悪人っぽいから(>▽ <)Ξ(>ж<)~

 無実が証明された成田は、釈放され、絵美と二ノ宮の墓参りに。

 ラストは、捕まったものの、あっけなく無実も証明されちゃいましたね。

        チェックしてね♪

H22・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。