--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

11.12

Dr,コトー診療所2006・第5話

  「荒海に漂う命」

 初めての夏休みに島に帰ってきた剛洋(富岡涼)。
 剛利(時任三郎)が事故で仕事をやめたこともばれてしまいましたね。重雄(泉谷しげる)達が援助を申し出るも余計なことと言う剛利と喧嘩しちゃうはめに。

 彩佳(柴咲コウ)の治療も効果が出ないようですね。鳴海医師(堺雅人)から、家族は知っているのかって電話もありましたね。

 嵐の中、船で出ている剛洋や真一(細田よしひこ)。事故で船が止まって帰れない。助けに行った重雄や剛利のおかげで助かりましたね。

 コトーにみんなに助けてもらう資格や剛洋の父親の資格もないと話す剛利。全財産無くしてしまった事も。剛洋は話聞いてたみたいですね。
 また、2人で島に戻って暮らさない?と言う剛洋。

 仕事があるからと先に帰ってしまった剛利。学校をやめて島に帰りたいとコトーに話す剛洋。

 お互い無理しているから、もう島に戻ってきた方がいいですね。
                     チェックしてね♪ 
  

H18・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。