--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

11.26

14才の母・第7話

 「お金で未来は買えますか?」

 母子手帳をもらい、母親教室にも通う未希(志田未希)。自己紹介ではみんなに驚かれてしまいましたね。子供を育てるにはお金がいる事がわかった未希。

 学校は1年間の休学扱いに。

 静香(室井滋)が一ノ瀬家に送りつけた誓約書。智志(三浦春馬)に認知させない代わりに慰謝料を支払うというもの。

 加奈子(田中美佐子)がつっぱねるも未希に託すと言う静香。結局、認知もお金もいらないとして、サインした未希。

 智志の姿を見つけるも、突然の腹痛に襲われてしまった未希は入院する事に。涙を流す未希を見て誓約書を取り戻そうと静香の元へ行った忠彦(生瀬勝久)でしたが、どこかへ急いで行こうとしている静香達。

 どうやら、静香の会社がやばいようですね。

                  チェックしてね♪
 

H18・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。