--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

12.06

たったひとつの恋・第8話

「さよなら」

 菜緒(綾瀬はるか)は弘人(亀梨和也)と夜を過ごし、またすぐに会えると思ってる弘人と別れ、病院に戻ってきましたね。
 キスしてっていう菜緒にふきだしてキスできない弘人。

  ※はるかちゃんに突き飛ばされた亀梨君、おかしかった。
 
 菜緒(綾瀬はるか)は、ボディーガードをつけられ、車で送り迎えになり自由がきかなくなり、母との約束もあって、弘人(亀梨和也)とも会わなくなりましたね。
 亜裕太(平岡祐太)には、弘人の母がした事も話せ、応援する亜裕太。彼らから菜緒の状況を教えてもらった弘人も会えなくても我慢する事に。

 菜緒はいがいがオレンジを振って弘人に知らせ、弘人もライトで答える。2人はくじらの恋だと弟の廉(斉藤隆成)。
 
 HNとイニシャルを彫った指輪を作ってる弘人。弘人と菜緒の頭文字かな?

 菜緒の父から、呼び出され大金を渡され、娘と別れてくれと言われる弘人。それは手切れ金ではなく、弘人の母から頼まれた金だった。すべてを知った弘人は金を受け取らずに母のした事を謝って帰路に。

  もう、終わりだ!作った指輪を捨ててしまった弘人。
  弟と作ったくじらも完成したというのに。

 菜緒は父の部下の斉藤(池内博之)と食事をし、彼からもう一度会いたいと言われる。

 父は彼と結婚させたいのだった。父が弘人にすべてを話した事を知り、家を出て行く菜緒。

 弘人にも連絡とれず、裕子(戸田恵梨香)には、もう無理のように言われ飛び出し、亜裕太の所に来ちゃった菜緒。

 その頃、弘人はお金を持ち逃げした従業員(田口浩正)から電話をもらい、死ぬのを止めに行ってた。

 菜緒・・亜裕太の所に行っちゃだめだよ。年中無休だと言って菜緒を抱きしめちゃう亜裕太。彼も菜緒が好きなのかな?彼のやさしさに甘えすぎだよ菜緒・・

                   チェックしてね♪

 たったひとつの恋・くじら


 

たったひとつの恋
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。