--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

12.09

笑える恋はしたくない・第2話

  三太(増田貴久)に一目ぼれした鈴音(山崎静代)は彼にもう一度会いたいがなかなか会えない。

 一平(河本準一)は理香(夏川純)とランチに。甘い物が好きな理香は一平のケーキは真面目な所が好きだと。

 「おぎやはぎの史上最大の難問」のTVのおぎやはぎはサンダーバードみたいな格好ですね。

 好きになられただけで迷惑な人もいるから迷惑かけずに生きてほしいと魚住(佐々木蔵之介)に言われて傷つく鈴音。

 縁のある人ならまた必ず会えるはずだからと鈴音に言う和代(泉ピン子)。

 一平のヘブンが次のテナントに代わってしまう危機。新作に懸ける一平。めっちゃ気になると魚住はおかしなリアクションj。

 雪子(酒井若菜)は彼氏からありがとさよならと書いた鍵を三太から配達されて悲しむ。

 一平の新作のケーキはみんなに喜んでもらおうと作ってると言う鈴音。私だったら誰か1人に喜んでもらえるケーキ作ると。

 そんな時、鈴音に結婚を前提につきあってほしいと言う男性・茂男(岡田義徳)が現れましたね。断った鈴音でしたがあきらめないと。

 理香に食べてもらおうと大福ケーキという新作ケーキが出来、夜遅くに理香に食べてもらおうと家まで届けた一平だったが、彼女には子供がいて、シングルマザーでしたね。
 全部含めて好きになればいいと言う鈴音。

 やっと三太に会えた鈴音でしたが、側には雪子がいましたね。

 ※来年1月5日・夜9時には「花より男子」がまた放送されますね。
    これはまた楽しみですね~~~

                 チェックしてね♪

H18・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。