--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

12.11

のだめカンタービレ・第9話

  千秋(玉木宏)は、のだめのお陰で、峰(瑛太)と北海道まで、飛行機に乗って行く事が出来た。

 いっぱい、のだめの為にお土産を買ってきたが、肝心ののだめはハリセンこと江藤先生(豊原功補)の家に泊まってピアノの特訓中でしたね。お土産は、ここで食べてもらう事にしましたね。

 のだめを覗くと、あいかわらず、譜面通りに弾けていない箇所が。それでも、千秋の留学先についていきたい為にコンクールで優勝して賞金200万円をもらって旅費にしようとしてるのだめ。

 のだめちゃん、携帯買ったのかな?
 
 江藤先生の奥さんが白石美帆で電車男コンビですね。

 留守電に真澄ちゃん(小出恵介)、いっぱい入れておかしい。

 R☆Sオーケストラには入れてほしい人がいっぱいいましたね。スポンサーがつき、クリスマスコンサートが決定しちゃった。

 シュトレーゼマン(竹中直人)がまた、日本に来ましたね。千秋に外国に来るように言うシュトレーゼマン。

 コンクールでは一次予選に合格したのだめ。千秋のフォローのおかげですね。

 外国に行くのをオケの再演もあるし、まだ、先で考えると言う千秋に「ケツの穴の小さか男たいね」と怒るのだめ。

 江藤はのだめのピアノには人を動かす何かがあると言ってましたね。
 そして、千秋にコンクールにかけるのだめの気持ちを教えましたね。

 千秋はクリスマスコンサートの後にヨーロッパに行くとシュトレーゼマンに伝える事に。

 次のコンクールの日、「ゆうと君」って言う幼い頃に一緒にピアノを習っていた?男の子がのだめに声をかけましたね。
 楽譜通り弾けないのだめは先生に叩かれていたようですね。
 彼によって、いろいろ思い出したのだめはピアノが適当な弾き方になってしまったよう。

 オクレールと言う人がのだめに注目してましたが、もうだめかな?

               チェックしてね♪
 

 

のだめカンタービレ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。