--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

12.17

たったひとつの恋・最終回

  ついに最終回です~

 菜緒(綾瀬はるか)は前の工場で弘人(亀梨和也)に会うも、会いに来たりするなって言われてしまいましたね。

 養護学校に行きたいと言っていた菜緒に、北海道の養護学校はどうかと言う話がありましたね。でも、今度、結婚するからと断る菜緒。

 弘人と同じ職場で働いていた弘人に助けられた男性は野ブタ。で一緒だったシッタカでしたね。

 デパ地下で働いている時に菜緒の母のみつこ(田中好子)に会った亜希子(余貴美子)は思わず声をかけてしまいましたね。雑誌で見た事があると言い、本当の事は言えず。

 婚約者の斉藤(池内博之)は菜緒の気持ちを確かめ、自分は本当に菜緒が好きだが、菜緒はそうじゃないと感じ、結婚はやめましょうと告げましたね。

 そして、北海道に行くと決心した菜緒。亜裕太(平岡祐太)から菜緒が婚約解消して北海道に行くと聞いた弘人は菜緒らの元へ行くといい、一緒に連れて行ってと言う母。

 菜緒の母に謝る亜希子。体の弱い息子を持っていた亜希子の気持ちがわかるとみつこ。・・・ちょっと良かったですね。

 菜緒の送別会を兼ねて久々にみんな、集まりましたね。

           チェックしてね♪
 
           
 北海道に行くなとか言わないのかと食ってかかる菜緒に、「行けば」の弘人。「弘人はちゃんと人を好きになるなんて出来ないんだよ」と叫ぶ菜緒。

 亜裕太も裕子(戸田恵梨香)も2人の事を心配。

 菜緒の誕生日に渡すはずだったクジラを見つけた菜緒。

 甲(田中聖)は頼まれて仕事中の弘人に電話して元の工場まで呼び出しましたね。
 またまた、芝居しちゃったね。

 そこで、菜緒の手紙を見つけ、読んだ弘人は走る・・走る・・

 オレンジのイガイガが振れなかった時は菜緒が入院してたのですね。
      心の底から好きだったと菜緒・・

 甲や亜裕太、裕子の見送る中、菜緒を乗せたバスは発車しちゃった。
 やっと着いた弘人は、そのバスを追いかけ、気がついてバスを止め、バスから降りた菜緒。

      抱き合う2人・・プロポーズだと言う弘人

 菜緒ったら、何も持ってなかったのかと思ったら、やっぱり、スーツケース持ってたのね~バスの中だよ~

 みんなでバスを追いかける・・追いかける~

      ハッピーエンドでしたね。

 菜緒はてっきり、病気で亡くなって、たったひとつの恋でしたってなるかと思ったら、見事にはずれちゃったな~

 



 

たったひとつの恋
トラックバック(0)  コメント(1) 

Next |  Back

comments

気持ちがわかるっていわれても、あんまりわかんないや

BlogPetのうさまる:2006/12/18(月) 15:35:11 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。