--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

01.08

白虎隊

  白虎隊が2日連続でありました。

 最初、あれ、現代じゃん?と思ったら、会津の白虎隊記念館に行き、回想するように、はじまりましたね。似顔絵が山ピーや聖にそっくりに書かれてありましたね。
 
 会津藩のために、立派に命をささげるように、小さい頃から母(薬師丸ひろ子)に言われてきた峰冶(山下智久)。母は自分が悲しくならないように、あえて息子に冷たくしてましたね。

 16、17歳で命を亡くした白虎隊。その中で峰冶は自決しようとした時に、飼っていた犬の”くま”によって助けられましたね。くま・・可愛かったですね。

 しかし、儀三郎(田中聖)達は、隊長もいない状態で、町が燃えているのを城が燃えていると思い、自決してしまいましたね。

 助かった峰冶は後からやってきた隊長(的場浩司)に、いかなる事があっても持ち場を離れるとはと、批判しましたね。

 女性とは口すら聞いてだめと言われていた彼らでしたが、儀三郎は、砲術を教えてくれた小夜子(黒木メイサ)に恋心をいだいたようでしたね。その、小夜子も戦いで、亡くなってしまいましたが・・

 女性も同じように戦ったり、自決したり(すごく勇気がいる)、戦乱に生まれるということは、すごいですね。

 峰冶の母は結局、病気で峰冶より先に亡くなりましたが、無事に戻ってきた峰冶には、怒りませんでしたね。やはり、帰ってきてうれしかったのですね。

  りりしい、山ピーの姿が見れて良かったです。東山さんも出ていましたね。

 現代に再び、戻った時に、新太郎(山下二役)は、あいさつがきちんと出来るようになりましたね。しかし、自分でいつまで続くかわからないって付け足してましたが(笑)

          チェックしてね♪

スペシャルドラマ・映画
トラックバック(0)  コメント(1) 

Next |  Back

comments

うさまるがチェックしなかった。

BlogPetのうさまる:2007/01/10(水) 15:33:04 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。