--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

01.10

ヒミツの花園

 第1話「超人気少女マンガ家の正体は四兄弟」

ファッション誌が休刊になって、やめようと思っていた編集者・夏世(釈由美子)は、コミック編集部に行く事に。

 担当は看板作家・花園ゆり子。超高層の豪華マンションに住んでるなんて、すごく売れてるんですね~

 マンションの部屋で出迎えたのは、ライバル社の強面の男性・田中一郎(寺島進)。強面にエプロンが似合わない。
 マンガのイメージ作りのためにイラストに近いドレスを買ってくるように言われて捜しに行く事に。

 イメージがわからないから衣装を着てと言われて着て携帯で送って、決まったがいざ、脱ごうとしたらファスナーが噛んで脱げなくなり、そのまま、帰る夏世。

 コスプレだ~みんなに変な目で見られてましたね~その格好で買物まで頼まれちゃって~(上にコート着ればよかったような・・)
 ストーカーに間違われちゃったりしてね。

 少女マンガ家は実は四兄弟でしたね。しかも、とても個性的な・・

 長男・・片岡航(堺正人)背景担当
 次男・・片岡修(池田鉄洋)全体のネームと人物
 三男・・片岡智(要潤)マネージャー担当
 四男・・片岡陽(本郷奏多)ストーリー担当

 誕生日おめでとうって四兄弟に言われた夏世は、やめようと思ってたがもう少し頑張る事に。

 花園ゆり子って名前には何かヒミツがあるようですね。編集長(真矢みき)も関わりがあったようですね。

 四兄弟がくれたプレゼントは普通じゃなかったですね。
 ケーキづくしの釈ちゃんでしたね。

 初回であり、少女マンガの描き方に興味があったので見ましたが、次回からはどうしようかって感じです。惹き付けるだけの魅力があればいいのですが・・

           チェックしてね♪

H19・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。