--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

01.14

きらきら研修医・第1話

 本物の研修医さんが原作のこのドラマの主役・織田うさこを連ドラ初主演の小西真奈美さんが演じてますね。
オフィシャルblogも更新中)
 どちらかというとクールで知的な役が多かった小西さんですが、髪の毛を短くして、コミカルな役も似合う感じになってお酒のCMのイメージのような、癒し系美女でブレイクしそうですね。

 そして、回りがまた、個性派揃い。小西さんが演じる織田うさこ(名前が可愛い)の研修先の小児科医・倉橋を強面の寺島進。彼は「ヒミツの花園」にも出演してますね。

 院長室に引きこもり気味な院長・檀ノ浦を原田芳雄。彼は「逃亡者」でも院長役でした。産婦人科医・川合を生瀬勝久。彼はドラマに引っ張りだこですね。存在がインパクトありますから。

 皮膚科医・向井をパパイヤ鈴木。医者としてその体型はあかんよね(笑)

 看護師・立花ケンをウエンツ瑛士くん。ジャンバルジャン(おかしな名前だよね~)製薬会社営業マン・山崎(加藤雅也)にはいつもタピオカさんって呼ばれたり、女性の看護師の使いぱっしりをさせられる気弱な役。

 美人内科医・木下みかこをりょう。極めつけは売店のおばちゃん役・研ナオコ。売店のおばちゃんなのに、マリーアントワネットの格好したりってありなの~^m^

 そして、病院の名前が小都羽(おとわ)総合病院。でも、どうみたって”ことう”って呼べるからDr.コトーを意識してつけたよね~

 ドラマの内容は病院の中での新人研修医のドタバタ劇。シリアスな部分なんてありえない。小ネタ捜しが楽し気なドラマ。同じ時間帯に「拝啓、父上様」があるが真逆な配役人にこちらのドラマの方が見たくなってしまう。「優しい時間」は好きだったんですが・・

 あらすじや小ネタなどちょこっと、書いておきますね(笑)
 
            チェックしてね♪

きらきらアントワネット マリーアントワネットの研ナオコ

きらきら変身途中 きらきら変身後 レベルアップ後
  研修医としてきた病院でうさこは、小児科医の倉橋から怒鳴られてばかり。「いいかげんにしろよ。CK」って・・これが”ちっちゃい顔しやがって”の略だった~^m^
 
 注射針落とせば、お前の100倍の価値があるって言われ(でも一本100円だった)、背中には子供から彼氏募集中とか貼られ、ナースの注射の練習台にさせられ、カラオケルームでは自分の歓迎会のはずなのに、お酌やらいろいろやらされるうさこ。

 研修医はスーパーローテートというシステムでいろいろな科の先生の下で鍛えぬかれていくというロールプレイングゲームのようだと。このキャラのゲームソフトあるのかな?

 食事はパンばかり、子供に水をかけられて40℃の熱を出したが、休めないと風邪薬飲みまくって仕事を続けるうさこ。医者なのにこんな飲み方だめでしょうね~~そいで倉橋に倒れ掛かって不倫疑惑って~(40℃あったのによく仕事続けれたね~(@_@)

 ベランダのアロエにエアロスミ子って名前つけてるよ~^m^

 結局、熱があるから休ませてって言えた途端、倒れて1週間の入院に。

 今度は産婦人科での研修。川合先生(生瀬勝久)にガチャピンって^m^

 主題歌の「CHU-LIP」大塚愛の歌も可愛い歌ですね。

 来週も小ネタ捜しに頑張らなくっちゃ~(*^。^*)

 

 

H19・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。