--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

01.16

演歌の女王・第1話

 「女の分かれ道」の小ヒット曲があるだけの生き別れた父に会うために歌手になった大河内ひまわり(天海佑希)。

 彼女をだまして、500万円の借金を残して失踪した元彼・ヒトシ(原田泰三)。

 ひまわりは元マネージャーの萩本(段田安則)の紹介で見合いを。相手は50歳でバツイチ子持ちのさえない温水啓司(温水洋一)。

  ※同じ温水の苗字ですね。
 
 その見合いの場所に現れたヒトシは歌手をやめてはだめと連れ出し、またもや一緒にお金を出し合ってCDを出そうと持ちかける。

 ひまわりにいろいろ苦言を呈する同居人?信友幸子(福田麻由子)は、実は13歳の時のひまわりだったのですね。

 だまされても懲りないひまわりはまた、だまされちゃった。しかも150万も。

 相手のヒトシは元キャバクラ嬢・一条真佐美(酒井若菜)とできちゃった婚。結婚式に乗り込もうと行くが、そこに、旦那の手術代をヒトシにもらったと言うヒトシの同級生の女性が現れ、やめたひまわり。

 そこで、誘拐犯だかに間違われ、捕まってしまったひまわり。なんと、捕まえた刑事は温水。捕まえた時は怖かったが、間違えた後は、さえない形相に。

 ※ちょっと、古臭いイメージのドラマですね。天海さんの天然ぽいキャラはいかされてますが、りりしい女性を演じた方が好きですね。

        チェックしてね♪

H19・冬ドラマ
トラックバック(1)  コメント(3) 

Next |  Back

comments

おじゃうさ丸★お久しぶりです。
コメント返しありがとうございました。
このドラマ、私見逃してしまったんですよ。
天海さんは私も好きな女優さんなんですけど、あの凛々しさに惚れてるんですよね。
おじゃうさ丸★さんもさそり座とのこと。
なんかこういう偶然って、ちょっとうれしかったです(*^^*)

のの:2007/01/17(水) 01:43:16 | URL | [編集]

うさまるたちが、広い天海と、結婚式と温水啓司などをキャバクラしなかった?


BlogPetのうさまる:2007/01/17(水) 16:42:04 | URL | [編集]

 ののさん また、来てくださってありがとう~

 天海さんは私も好きです。彼女は凛々しい役をやると格好いいですね。毅然としているけど、コミカルなところもあるっていう弁護士役が良かったです。

 ののさんが好きな余さんも好きですよ。彼女も結婚できて良かったですね。

おじゃうさ丸★:2007/01/17(水) 17:57:17 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

演歌の女王


えない演歌歌手・大河内ひまわり役を演じるの天海祐希主演、「演歌の女王」が面白そう

2007/01/22(月) 02:58:29 | 演歌の女王、面白い

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。