--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

01.18

ハケンの品格・第2話

  「大戦争!派遣vs正社員」

東海林(大泉洋)と春子(篠原涼子)の対決は面白いですね。

 春子の事をとっくりと呼ぶ東海林。彼に営業先のデパートに連れていかれた春子でしたが、以前ここで働いた事があり、彼女のアドバイスのおかげで売上倍増したため、東海林そっちのけで店長の緑川に歓迎される。

 春子のおかげで予想以上の売り場面積も確保できる事に。

 15万のコーヒーサーバーを壊した美雪(加藤あい)は思わず、弁償するって言っちゃうなんて。仕事の出来ない彼女には、仕事が頼みやすいようにするしかないと言われ、コーヒーや煙草の使い走りまでする美雪。

 ハケンのプライドはないのかと他のハケンから言われるはめに。

 ※やっぱり、使いぱしりハケンではいいわけがないですよね。

 デパートの緑川から春子あてに、東海林の売り場面積の計算が間違っていたと指摘の電話がかかってきた。面目を潰された東海林。

 もうコーヒーを買いに行かないと言えた美雪。

 失敗はそのくるくるパーマだけにしてと言う春子にホッチキス対決を申し出る東海林。負けたら頭を丸めると言う。

 同時に終わったと思ったが最後の一束がはずれて、負けてしまった春子は東海林に謝りましたね。

 でもわざと負けたと気付いた里中(小泉孝太郎)は、どうしてかと聞く。それはハケンだからだと春子。大勢の前で正社員が負けたらプライドが傷つくだろうと言う春子。

 春子にとってはプライドよりもハケンとして働いていく事の方が重要だと言うのだった。

 ※無愛想な春子でしたが、正社員をたてて一緒に共存していかなくてはならないと思っていたのですね。

 翌朝、エレベーターで一緒になった東海林は「あいさつぐらいしたらどうだ?大前さん」と名前で呼んだ。「おはようございます。東海林主任」と返した春子。

 ハケンの名前すら覚えなかった東海林が名前でハケンを呼びましたね。これはいい進展ですね。

 コーヒーサーバーを壊したのは実は部長の桐島(松方弘樹)でしたね。弁償しなくて良くなりましたね、美雪さん。

 次週の予告でなんと東海林とキスしてましたね、春子さ~ん。

       チェックしてね♪


 

H19・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。