--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

01.27

花より男子2・第4話

 「命がけの修羅場」

 結納の席から、駆けつけた司(松本潤)だったが、病室に入って行く類(小栗旬)を見て、つくし(井上真央)の両親といい感じだったため、そのまま、会わずに帰った司。

 ピンチの時の花沢類・牧野の事を好きだからって言って
 病院でつくしに付いててくれた類は、つくしにキスしちゃった(@_@)
 つくしもドキドキ~

 司は類に昨日の事を聞きたいが聞けず、滋(加藤夏希)といても心ここにあらず状態。

 つくしが退院して家に帰ると、父親はリストラされてて、両親は知り合いのつてでどこかの漁村に出稼ぎに行ったらしく、つくし達は社宅を出なくてはいけない事に。

 株価が暴落したのは、司の不用意な言葉かららしく、それが原因でリストラとかもあったようですね。

 つくしは、友達の優紀(西原亜希)の茶道の先生の日向更(貫地谷しほり)のつてで、ただで今にもつぶれそうなアパートで弟と住める事に。

 そのぼろアパートを買い取ったと司。隣の部屋で1人暮らしをすると言う司。やる事が違うねぇ~~
 明日が受験だと言う弟のために、自分の部屋で勉強していいぞと行かせる司。

 藤堂静(佐田真由美)が帰国して、類は迎えに行くが「今までありがとう」と静に言い、つくしの事は本気って事~~(@_@)

 いちじくは半分に割るとハートの形になるんだ、だからいちじくの甘酸っぱさは、恋の味なんだって。でも俺にとっての恋の味はお前が作ったへたくそなクッキーの味なんだ!

 司が言ったすぐ後に携帯が鳴り、出なくていいと司が言い、出たつくしの向こうで類が「もしもし」、そこに滋も来て・・

   ああ~~本当に修羅場だよ~~(にしてもつくし、もてすぎだよ~~)

          チェックしてね♪
 

花より男子2
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。