--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

02.10

拝啓、父上様・第5話

  一平(二宮和也)は、夢子(八千草薫)に頼まれて部屋に忍び込んで、お金を持ち出そうとしたけれど、ばれて、夢子に頼まれた事は伝えたが、何処にいるかは口を割りませんでしたね。

 竜次(梅宮辰夫)には、雪乃(高島礼子)のところだろうと言われ、頷き、夢子は戻る事に。でも、律子(岸本加世子)に明日から来なくていいと言われちゃった一平は、落ち込み、退職願いを書くはめに。

 本屋で津山冬彦の本を買って読む一平。本に出てくる彩音が雪乃のようですね。本を読んでたカフェでりんごの彼女(黒木メイサ)と出会いましたね。

 彼女は男から逃げるために一平の手を取って一緒に駆け出して・・とうとう会えましたね。パティシェの勉強をしてパリに行くために、フランス語の勉強をしている彼女は、月・水・金は日本語しゃべらない日にしているって。変わってますね。

 名前は唐沢ナオミでしたね。ラムールっていう店でケーキを作っていて、日仏学院でフランス語を勉強中の彼女。携帯番号を教えた一平。
 今度、お店に遊びに来てと言う彼女に、憂鬱さも吹っ飛んだ一平。

  いろいろ、勝手に想像してるし~

 エリ(福田沙紀)に連れられて、坂下に戻ってきた一平はそのまま、仕事をする事に。

 昨日の事は忘れろと言う竜次にフランス料理を勉強したいとか、言っちゃった一平。でも、男が道を変えるのは大変な事だと言った竜次が板前をやめるらしいって本当なのでしょうか?

       チェックしてね♪

H19・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。