--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

02.23

花より男子2・第8話

  「四角関係の決着」
 滋(加藤夏希)は、道明寺司(松本潤)に服を脱いで迫り、諦める気はないですね。

 つくし(井上真央)は、類(小栗旬)に司の事を信じると言うが、類もつくしの事を諦めない事にしたと言い、決着つかず。

 牧野の事をあきらめてくれと類に土下座する司。プライドの高い司がありえな~~い。
 つくしに頑張れモードの類さまに。(う~~ん、もったいない)

 類&司の男と男の魂の会話・・いやあ、つくしがうらやましいね~

   花より男子・類


   花より男子・司


 司の母・楓(加賀まりこ)が帰ってきましたが、使用人頭のタマ(佐々木すみえ)さんが、つくしをかばってくれましたね。

 若いものの恋にあれこれ言う楓に「無粋な人ですね、格好悪~」とタマさん。

 楓につくしの出入りを禁ずると言われたタマさん、先代の遺言で私はこの屋敷の中で起きたすべての責任をタマに一任すると言われているから、私に口出ししてはならないと楓に反対に怒り、楓はそれ以上、何も言えなくなってしまいましたね。

 つくしは強力な助っ人が出来ましたね。つくしを命をかけて守ってくれるとタマさん。自分勝手で我侭放題だった司を変えた女ですからね。

 滋の家族との会食の席で、自分の方から詫を入れるつもりで来た司だったが、滋の方から、司との結婚をやめさせてほしいと。お詫びに会社の合併話は今まで通りにと言う滋。

 司の方から、やめたいではきっと、会社の合併話もありえなかったでしょうから。つくしを幸せにしてやってと言って去る滋。
 自分も司を好きだったのに身をひいてくれた滋、いい人でしたね。

 つくしに司との結婚はなくなくなりました。嘘をついてごめん。ニューヨークに帰るとメールを送ってきた滋。

 司に教え、司から聞いた類がつくしを送ってくれて、なんとか、滋の見送りに間にあったつくし。すぐ後に来た司は、間に合わず。
 2人で手をつないだところに、現れたのが母・楓。

   う~ん、どうなる~~

 ※嵐の主題歌「Love so sweet」、うたばんやミュージックステーションで歌う嵐が見れました。
    最近、俄然、注目の嵐ですね。

         チェックしてね♪


花より男子2
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。