--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

03.03

拝啓、父上様・第8話

 客を殴ってしまった時夫(横山裕)は、若女将の律子(岸本加世子)にも、無視され、可愛そう。あげく、クリスマス・イブのダブルデートは、律子の機嫌を損ねるといけないからと、2人だけで楽しもうと一平(二宮和也)にエリ(福田沙紀)が言ってきた。

 保(高橋克実)二世に狙われているので複雑な一平。

 竜次(梅宮辰夫)は、坂下もやめ、板前もやめるのですね。
 自分の道は自分で決めろの言葉に、クリスマス・イブにナオミ(黒木メイサ)からお誘いのメールが来てたので、エリと行くはずのコンサートチケットを時夫にあげちゃいましたね。

 時夫君、ダブルブッキングか~って見抜かれてましたね。

 クリスマス・イブにナオミに会ったが日本語話せる日なのに、彼女は無口。でも。正月休みにフランス料理を食べに行こうと誘われ、うれしい一平。

 でも、エリと時夫のデートは、大変な事になってましたね。夢子(八千草薫)らからも攻められ、結局、バー「ゆき乃」に2人はいたのですが、シャク半(松重豊)はいきなり、時夫を殴ってしまうし、時夫は一平にドタキャンされたエリをなだめていただけだったのですが・・

 律子が来て、雪乃に対して「母親失格」などと、失礼な言葉を浴びせ、去っていきましたね。本来は、お世話になりましたって謝るところだよね。

 一平も「新・坂下」に参加するのはやめようって気になりましたね。
竜次さんもいなくなることですし、ますますもって、婿に狙われちゃうからね。
         
          チェックしてね♪
 

H19・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。