--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

03.22

ヒミツの花園・最終回

  「サヨナラ 私の花園」

 開かずの間が開いていましたが、中には何もありませんでしたね。

 15年前、妻を亡くして、赤ん坊の陽を抱えて、病に倒れ、自分でも助からないとわかってた陽(本郷奏多)の父・野口みのるが、彼が描いた絵と陽を親友だった航(堺雅人)の父に託したようですね。

 悪い事と知りながら、絵をあきらめきれずに、野口の描いた作品を自分の作品として発表してしまったと、父が亡くなる前に航に伝えていたんですね。

 その事を自分だけの胸にしまって、陽を守るべく接してきた航。自分の中に父と同じものが流れていると絵を描くのをやめた航。

 陽は父と本当の父が描いた作品を燃やそうとしていましたね。いつまでも罪にしばられていてほしくないと陽。
 片岡さんが残しておいてくれた本当の父の作品を燃やしてはだめだと夏世(釈由美子)。

 お前の弟だと最初に陽が連れて来られた時に、航が描いた赤ん坊の陽の絵もありましたね。野口の作品をもらう事に、陽君しましたね。

 花園ゆり子は解散する事に。4兄弟は仲良く銭湯に。航の頭の上のタオルは緑色。修(池田鉄洋)は、黄色。智(要潤)は。陽はピンクのタオルでしたね。それぞての特徴っぽいタオルの色でしたね。

 イギリスに留学したいと陽。向こうで古典文学とか勉強したいと。
 智は、家から出ていこうと思うと。マネジメントの仕事をやるようですね。

 今回、拓実(山本裕典)君、活躍でしたね。みすず(松岡瑠奈子)にも謝らせたしね。

 「僕と結婚を前提におつきあいして下さい」と修は、やっと美那絵(滝沢沙織)に告白したのですが、結婚していた事があり、今でも彼の事が忘れられないと実那絵。その彼は、謎の男性(神保悟志)の同僚で、もうこの世にいなかったのですね。謎の男性は刑事だったんだ。

 失恋した航は、”忍法アラベスク”の最終回を描くために、夏世にこの衣装を来てきてと。それが、ウエディングドレスでしたね。

 この衣装を来て、航に初告白をしろと・・
 夏世「大好きです。花園ゆり子が」ドテッ!

 やめないで下さい、花園ゆり子を。花園ゆり子でいる航が好きだと夏世。
 でも、それぞの道を歩きたいと。今の僕達に必要なのは1人1人で生きて行く事だと。いつかまた、花園ゆり子をやる時に編集になってくれと航。

 航「月山さん。僕の側にいてくれませんか?これからもずっと。
 夏世「はい。

 少女マンガ編集長は、石仏の編集長にされちゃってましたね。悪い事は出来ないですね。

 修「陽君が海を渡ってイギリスに行っちゃう
 悟「泣くナヨ!うざいから
   この2人のやりとりは面白いですね。

 そして、忍法アラベスクは完成。夏世の編集者としても最後。
 田中(寺島進)&亮子(真矢みき)コンビも、一緒になる予定のようですね。

 とりあえずはハッピーエンドということですね。

 ※「ヒミツの花園」のマンガの下巻も発売しましたね。

          チェックしてね♪
 

H19・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

はじめまして^^

私の芸能サイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/idleworld/archives/53271314.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^

芸能ニュース:2007/03/22(木) 19:38:31 | URL | [編集]

はじめまして

私の芸能ニュース関係のサイトで
記事を紹介させて頂きましたので
コメントしました。

紹介記事は
http://newsisnews.blog95.fc2.com/blog-entry-27.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^

ニュースNEWS:2007/03/22(木) 20:37:30 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。