--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

04.06

1リットルの涙・特別編・追憶

  久しぶりに見た「1リットルの涙」でした。
 
 亜也(沢尻エリカ)の死から、半年後を描いたものでしたね。

 神経内科医として勤務してる遥斗(錦戸亮)は、亜也が亡くなってから、自分の殻に閉じこもってました。
 けれども、心配してくれる亜也の家族達によって、亜也が自分に残してくれた言葉「ずっと生きてね」など思い出した遥斗は、頑張って前向きに生きようと変わってくれましたね。

 遥斗と同じ病院に看護師となって来た亜也の妹の亜湖(成海璃子)。彼女の描いた家族の絵はとても、良かったですね。

 亜也と同じ病気で入院しているみずき(岡本杏里)は、こんな病気になって、死んだ方がましと薬も水に流して飲まなかったり、リハビリもしようとしなかったり。学校ではいじめられた事もあったようですね。

 彼女に封印していた亜也の事を語って聞かせた遥斗。彼にお礼を言うみずき。病気をかかえて前向きに生きて行くのは難しいですよね。

 亜也の言った「病気はどうして私を選んだの?」って言葉が今さらながら悲しかったですね。でも、神様は病気と闘えるだろう人間にしか与えないようなので亜也ならと、病気を与えたのですね。

 すべての病が治せる日が来てほしいですね。

※最近、用事で出掛けてばかりや、残業などで忙しく眠くなって、新番組について書けてません。週末に頑張ろう!

         チェックしてね♪

スペシャルドラマ・映画
トラックバック(0)  コメント(1) 

Next |  Back

comments

  ひろこさん 

 遊びに来ていただいてありがとうございます。いつもチェックしていただいてるそうで、これからもよろしくお願いします。

おじゃうさ丸★:2007/04/06(金) 21:56:35 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。