--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

04.15

わたしたちの教科書・第1話

  「いじめと裁判と」

 急病の教師に代わって2年3組の担任をすることになった加地耕平(伊藤淳史)。彼のクラスの藍沢明日香(志田未来)から、「世界を変えることは出来ますか?」と聞かれて、答えに詰まった耕平。

 学校の教師達もひとくせあるようですね。

 教頭の雨木(風吹ジュン)は、変えれると言えと言う。しかし、明日香と知り合いの弁護士の珠子(菅野美穂)は、変えれるわけないじゃないとあっさりと言う。

 彼女は、法律事務所の跡取り息子の瀬里(谷原章介)と同棲してましたね。いじめ問題にも取り組む彼女。

 耕平の学校で生徒同士の乱闘騒ぎがあり、教室から1人で見ていた明日香が転落してしまった。彼女は耕平に秘密の鍵を渡していましたね。

 その明日香が亡くなってしまった。

 ※まさか、志田未来ちゃんが亡くなるとは思ってなくて、衝撃でした。

 珠子と鍵のかかってるロッカーを捜してあけると、そこにはいじめの証拠の品が・・明日香は、施設にいましたが、くさいとか言われ、10分以上も手を洗ったり、香水をつけたりとかしていたようですね。

 そして、なんと珠子は明日香の母親だと言う・・何故、明日香と一緒に暮らしていないのか?珠子は30歳で明日香は14歳。16歳の時の子供なのですね。

 明日香の転落は事故なのか?はたまた、殺されたのか?これから、いろいろ暴いていくのですね。またまた、衝撃のドラマになりそうですね。

          チェックしてね♪
 

H19・春ドラマ
トラックバック(1)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

わたしたちの教科書


6/6発売予定 BONNIE PINK「Water Me」ドラマ主題歌

2007/04/18(水) 15:49:22 | わたしたちの教科書

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。