--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

04.22

特急田中3号・第2話

  鉄道デートをする田中達と照美達。でも、彼女達は鉄道ヲタクではないから、引き気味。大物になると言い、具体的なビジョンのない一郎(田中聖)に、あきれて怒る照美は携帯電話を忘れて先に帰ってしまう。

 照美のいる会社に携帯を届けに行くと、またもや、照美達はミスをして先輩から怒られてしまう。彼女達が実は派遣社員だと知った一郎達。

 派遣社員でも、仕事はきっちりしないとね。先輩が切れてしまうのも無理ないですね。

 またまた、3対3のデートをしようと持ちかける田中に、冷たい花形(塚本高史)と桃山(秋山竜次)。デートの日、1人帰ろうとする一郎の前に花形と桃山が・・一郎の事を気にして来てくれていたのですね。
 そして、小峰理子(平岩紙)と渋谷琴音(加藤ローサ)の2人も、遅れて来ましたね。でも、照美は来ない。

 2対2でデートをするように言って去る田中。駅でふらつく男性を助けた一郎の姿を見ていた照美もデートOKに。急いで花形達に合流。

 でも、照美にはつきあっている男性がいると・・その男性からの電話を受けた照美の様子がおかしい。振られたのかと気楽に言う一郎の言葉にまたもや切れる照美。

 このドラマ、視聴率がいまいちで、鉄道ヲタクのドラマっていうのはちょっと、きびしいですね。

             チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。