--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

08.13

タイヨウのうた・第5話

  「絶望の中の光」
 
 音楽プロデューサーの工藤(要潤)から、会って話がしたいと電話が入り、喜んで真っ先に孝治(山田孝之)に、話に行く薫(沢尻エリカ)。

 そんな時に橘麻美松下奈緒)から、電話があって、工藤が自分のゴーストライターとして薫を利用しようとしていると聞く。
 よくある話だと言ってましたが、現実もそうなのかな?

 麻美は自分のために孝治にギターを弾いてくれないかと頼むが絶対に弾かないと拒む孝治。

 工藤に会いに行った孝治。ゴーストライターとしてでなく、雨音薫自身を見てやってほしいと懇願。
 ゴーストライターの話を聞き、麻美と関係があったのが孝治だとわかり、薫にとっても悪い話ではないと言う工藤。

 土下座までする孝治だったが、土下座くらいしか出来ない人間とこれ以上話す事はないと告げられてしまう。

 「代わりはいくらでもいる。この話は白紙ということで」と冷たく言う工藤。ーなんて奴だよね。ー

 工藤に会えると張りきっている薫にゴーストライターの事を話す孝治。
 ゴーストライターなんてやだと言う薫。
 「デビューしなくていい、私は私の歌を歌いたい場所で歌う」と薫。
 「つよい、つよい・・」と孝治。
 ゴーストライターの事を知ってたのがどうしてか聞く薫に、同じ施設で育った橘麻美の事を教える。

 ゴーストライターの事を雄太(田中圭)らにも教える孝治。工藤を見返してやろうと燃える彼ら。ーいい仲間だよね。ー

 曲作りに励む薫。そして出来あがった曲のタイトルは「タイヨウのうた」。孝治に歌って聴かせる薫だったが「笑って~♪」(ここいいですね)の所で急に、ギターをやめ、帰ってしまう薫。

 左手に力が入らない。神経症状が左手に出始めたのだと告げる主治医。
 そのまま、行方がわからなくなる薫。孝治や仲間達みんなで捜すことに。

 薫を見つけた孝治。もう陽が出るからと防護服を差し出す孝治。
 もう、歌えなくなると自暴自棄になって海に入る薫。

 薫「もう、ほっといて」
 孝治「ほっとけねえよ」
 薫「なんでよ」
 孝治「お前の事、好きだからに決まってるだろ」

   ー抱き会う2人ー

 孝治「俺がお前のギターになってやる」
  -ギターを弾いてる孝之くん。おお~うまい。ギターも弾けるんだ~
   感動ものだよ~
 孝治「この続き、教えてくれよ」

  薫は希望の光を孝治によって見つける事ができた。どんな辛い事が待ちうけていても、歩いていけると思う薫。

                       チェックしてね♪

タイヨウ・抱き会う2人
 抱き会う2人
                 タイヨウ・ギター弾く孝治
                  ギター弾く孝治

タイヨウのうた
トラックバック(0)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

ほんと山田君かっこよかったですよね^^
来週からギター弾いてるところが見れると思うと嬉しいです。

鈴木キママ:2006/08/15(火) 02:03:24 | URL | [編集]

 キママさん 
  またまた、来てくださってありがとう~

 孝之君、本当、今回のドラマでは格好よさがすごい出てて、ギター弾いてる所はしびれました~

 彼は歌も出しているけど、歌も上手いからまた、CD出してくれないかと思ってます。

 今週も楽しみですね。

おじゃうさ丸★:2006/08/15(火) 07:47:15 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。