--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

04.28

特急田中3号・第3話

  照美(栗山千秋)の携帯にかかって来た恋人からの電話を勝手に照美だと勘違いして、「俺だけのヒロイン」とかいろいろ話した一郎(田中聖)。

 そのせいで遠距離恋愛中の恋人の三島(高橋一生)とギクシャクして、東京に遊びに来る話もだめになってしまい、ショックの照美。

 桃山(秋山竜次)と花形(塚本高史)は、琴音(加藤ローサ)と理子(平岩紙)とゴールデンウィークに軽井沢に一泊ニ日の鉄道旅行に行く事に。照美も来てましたね。

 その頃、一郎は照美の実家に来ちゃってた。鉄道は鉄道に勤めてた照美の父の趣味だったのですね。三島は照美の幼馴染だと言う照美の母は、一郎の事も気に入ってくれましたね。

 三島の所にも会いに来ちゃった一郎。照美の事も好きで、すごくいい奴でってことで、照美君を頼むと言う一郎。
 
 帰ろうとした電車のホームで、電車から降りて来た照美とバッタリ。そして、また、新しい彼女と一緒にホームに来た三島が・・なぬ~~

 三島にはまだ、気付いてない照美を電車に引っ張り、抱き寄せる一郎。いい奴だよね~

 それにしても三島は、なんて奴、照美の事がすごく好きでなかったのか?

            チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。