--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

05.12

生徒諸君・第4話

  1年以上の不登校の生徒をフリースクールに行かせると日向(椎名桔平)。絶対に学校へ来させると尚子(内山理名)。

 フリースクールに通いはじめた茉莉のためにボランティアでフリースクールの教師になった尚子は、茉莉にゲームをしようと言い、私が読めない漢字があったら、私は二度とここへ来ないと告げる。

 「灘出楽神戸粉居之!」
   なんでがっこうへこないの?

 ※尚子が出した漢字は、読めるわけないですよね・・

 尚子がうざいと、3TDにフリースクールに来させないようにと、友達から頼んでもらう茉莉。

 バスケの顧問になった尚子は、3TDに閉じ込められちゃった!
  今度は私から3TDにお願いすると茉莉を学校へ連れてきてと言う尚子、でも大人のは聞かないと言う3TD。

 茉莉は学級委員だったし、自分が山へ連れて行ってと頼み、みんなを守れなかった責任から、そして、白井が学校へ行くまでは、自分も行くわかにはいかないと決めてましたね。

 尚子さん、自力で脱出しましたね。

 白井は転校する事になり、それを阻止しようと家の前で座り込みをしようとするが、苦情を聞き、日向が来ましたね。(家の前で大声でしゃべれば近所迷惑だわね。お母さんも旦那さんが単身赴任中で1人でずっと、面倒みてきて疲れたよね)
 
  「逃げて何が悪いんですか?・・逃げは全部失うよりいいじゃないですか?・・もし、このままで彼が自殺したら、彼の人生に責任取れますか?・・私は生きてほしい。どんな生き方でもいいから」

  ※日向の言う事も一理ありますね。

 一度でも出席を取りたかったと茉莉に言う尚子の言葉に、白井が転校する日に車を追いかけて「ごめんね、忘れないから」と茉莉。

 30人で最後となる出席を取りはじめた尚子でしたが、「白井直輝」の名前を読んだら「はい」と返事して教室に来た直輝。茉莉とともに来ましたね。

 「白井君の勇気とうざい先生の力だよ」と茉莉。

 3TDだけは複雑な顔してましたね。

 そして、「助けて」と尚子の携帯にメールが・・女子生徒でしたが誰なのか?

            チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。