--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

05.21

喰いタン2・第6話

  関西と関東の味の違いなど、ぜんざいとおしるこでも、関東と関西では、違ってましたね。

 大阪の園田くらら(山田スミ子)は自分が関東人の旦那と結婚して、性格や味付けなどの違いからいつも衝突していたため、自分の娘がまた、関東の人と付き合っているため、心配して相手の男性の亀山良平の調査を依頼してきましたね。

 事務所に一緒に泊まる彼女を横浜を案内しがてら天ぷらやおでんなどご馳走する喰いタン(東山紀之)。

 しか~~し、会社の社長殺しでなんと、逮捕されちゃった娘の彼氏。ダイイングメッセージは”カメヤマ”でも、名前ではありませんでしたね。関西出の社長ならではのとっさに思いついたダイイングメッセージでした。

 殺害時間には亀山は大阪の支社に出張に行っていたのですが、会社は来てないなどと言う。手がかりは懐かしい味のする正統派のたこ焼きの味で通天閣が見える店で食べたというもの。

 喰いタンはその店を捜してたこ焼きを喰うわ喰うわ・・関東風の味付けのたこ焼きでしたね。

 犯人も見つかり、たこ焼き器が今回の報酬で厳しかったですね。

            チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。