--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

08.19

下北サンデーズ・第6話

  第六回公演「ブルマなゆいかが下北を回す」

 ゆいか(上戸彩)やばいよ~、サンボ(竹山隆範)と玲子(松永京子)さんの仲をみんな、知っててぼかしてるのに、はっきりいっちゃあ~しかも~サンボさんに直接言っちゃうんだから~

 サンボさんも、いきなりで「かんべんしてよ、気持ち悪い」とか言っちゃったよ~玲子さんは怒って帰ってしまったし~

 サンボさんはバラエティ番組のレギュラーが決まって上機嫌。でも、それは玲子さんの推薦があってのこと。サンボさんも言った後、玲子さんの事が気になって胃が痛くなってきたね。

 そして、ゆいかがブルマ姿で出たコンテスト・・ぴっちりブルマーコンテストの中間発表で2位に。雑誌に載るしで、みんなから握手を求められるくらい人気が出てきてますね~大学名が血婆大だって(ネットならではだね)

 PAPi・PAPiの本(10年前の)・・・いろいろコネタが満載
   吉沢晃司、ザ・チョッキ-ズ、小友康平、そして、THE YERRO HEAETSで「下北以上 原宿未満」だって~

 ザ・ブルーハ-ツやチェッカーズ、吉川晃司、大友康平のパロディだ~
 牛乳おじさん(藤井フミヤ)もいたんだね~

 サンボさんは、お腹が痛くなるも保険証がきれてて、赤茶げ先生(黒沢かずこ・森三中)に悪いものを出してもらうと(あれは何だったの~?)治ってしまった~玲子さんは出て行き、サンボを呼び出すと玲子は自分の気持ちとは反対の事ばかり言って「メールで言いたい事は全部、逆でいいます」って送ってたからね。

 サンボ&玲子の仲はうまくいきましたね。

 そして、ヌーベル演劇祭の選考対象にもなる、スズナリでの公演の話が、駅前劇場で1回やっただけなのに、いきなりの話でみんな、動揺するもやるぞ~って事に。

 他にもオフィスフォルテッシモという芸能プロから、メンバー全員を事務所に所属させたいという話も来てるという。裏があるかも~な話ですからね


 亜希子(山口紗弥加)に近づいて、いろいろ条件を出してくるフォルティッシモのチーフマネージャーの渋谷という男(十分、きもい)

 ゆいかのおじいちゃんは、自分の苦い経験から芝居をやめろと言い出すが、ゆいかはサンデーズによって笑う事ができるようになったと言い、芝居を続けさせてほしいと頼む。

 座長のあくたがわ(佐々木蔵之介)他メンバー全員とオーナーまでも、土下座までして続けさせてほしいと頼みましたね。おじいちゃんのOKが出て、良かった~良かった~

 そして、ブルマーコンテストでなんと、ゆいかは準優勝になっちゃったね~
                      チェックしてね♪
 
              下北雑誌

H18・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。