--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

06.23

特急田中3号・最終回

  「僕達の列車は未来へ走り続ける」

 走り出したら止まらねぇ~~田中君(田中聖)は、大學を退学して、花形(塚本高史)や桃山(秋山竜次)と旅行会社を作ろうと言い出しましたね。

 一郎はまだ、大學1年だったから、卒業まではかなりあったわけですが、自分自身は退学ではなく卒業だと・・大學に残っても他に友達もいないみたいで、結局、花形さん達に影響されて鉄道の魅力にはまったようですね。

 たった1年でも、友達が出来、目標も決まった一郎はハッピーか?

 ※何気に今、鉄ブームですね!鉄道アイドルまで出てきてね。

 照美(栗山千秋)は、延岡への出向を決めちゃいました。一郎の事はいいのか~

 会社をやめて鹿児島に帰ろうとしてた琴音(加藤ローサ)でしたが、会社に残る事にして、電車の中から”一緒に北斗星に乗りたい”と書いた紙を持って桃山にアピール!

 花形と理子(平岩紙)の仲も今度、親に会わせてと花形が言って、いい感じ。

 一郎達はバイトして、お金を貯めて会社を作るために頑張り出しましたね。

 出向が早まり、さよならと一郎に電話してきた照美・・このままお別れなのか~~

 出向した照美の元に、花形達から一郎が照美に渡しそこねた物が送られて来ましたね。「いつか俺の特急電車に乗ってくれないか」と書いたメッセージと切付と赤の特急田中の時計が(ペアですね)・・

 特急田中・赤時計


 北斗星に乗る照美以外の5人。強風で九州方面からの飛行機はすべて欠航で、照美は来れないのか?

 と思ったら、鉄道で乗り継ぎ、仙台で合流してきた照美。しっかり、ダイヤも全部頭に入っていた照美はやっぱり、鉄道好きでしたね。

 6人揃っての楽しい旅・・うまいこと3対3の友達同士でくっついて、仕事もうまくいったら、こんなにハッピーな事はないだろうけどこれは、やっぱりドラマですよね(世の中、そんなに甘くない・・かな(^^♪

 ※「山田太郎ものがたり」7月6日(金)夜10時スタート
   
  二宮和也&桜井翔の嵐コンビが出演、このドラマは楽しみです~

          チェックしてね♪
 

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。