--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

06.23

生徒諸君!・最終回

 尚子(内山理名)が信子(東ちづる)を叩いてしまって、懲戒免職になるかと思ったが、校長がかばってくれましたね。

 そして、謹慎処分に。

 珠里亜(堀北真希)は、母に思い出してもらおうと、病院に通ってその思いが通じて、母は思い出してくれましたね。あきらめないことを尚子から教えてもらったから(尚子が同じ立場だったから、珠里亜も頑張れたのだけど)

 伯母に母が自分をわかってくれた事を告げ、今まで育ててくれてありがとうなどと言いましたが、伯母は、他にもっと大事な言う事があるのではと珠里亜に。

 でも、珠里亜は嘘はついていないと言うと、今まで貯めて来た貯金通帳を渡して、このお金で勝手に幸せになりなさいと伯母。

 自分の息子の事でなければ、きっと伯母も樹里亜の味方だったでしょうが、世界中を敵に回しても、自分の息子を守りたいと思う気持ちが強く、尚子にも教育委員会への取り下げはしないし、珠里亜にも謝らないと強気でしたね。

 ただ、尚子に樹里亜は嘘をつく子ではないとはっきり、言いましたね。珠里亜を育ててくれ、樹里亜の母の入院費を払い、珠里亜のために毎月、お金まで貯めてくれていた伯母。

 いい人なのだけれど、自分の子供の事が絡むと別人になってしまうという悲しさが・・

 2年3組の生徒は、尚子を喜ばせようと中間テストでいい成績を取ろうと頑張り、クラス全員の尚子をやめさせないための嘆願書まで作りましたね。

 懲戒免職の決定を、その嘆願書を見せ、御園中学をやめても他の学校で教師が出来るように決定した日向。すべての教師が北城尚子のような教師なら、制度の改革などいらないと思う日向。

 尚子1人なら懲戒免職だったでしょうが、日向が上にいて助かりましたね。

 2年3組での最後のホームルーム。ドッジボールをやろうと公平(本郷奏多)。前のように真中に尚子でしたが、今度は言葉つきのキャッチボールでしたね。

 最後は2年3組の生徒も1人1人アップされましたね。

「生徒諸君!」と最後に生徒を励まし去っていった尚子。

 次の赴任先は、不良がいっぱいの中学のようでしたね。でも、こんな中学があるのかっていう感じで、高校の間違いかと思いましたね。

 ※「女帝」7月13日・金曜夜9時スタート
 
  加藤ローサ、松田翔太など出演(このドラマは微妙な・・)

           チェックしてね♪

H19・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。