--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

08.21

サプリ・第7話

  第7話「ぶとう畑のキス」

 先週、勇也(亀梨和也)は渡辺ユリ(浅見れいな)とは、キスしなかったんですね。ユリの方は”好き好きチュウ”をしたい相手は、勇也だけだと言うのですが・・

 荻原(瑛太)へ別れを切り出したまま、もう、1週間も荻原(瑛太)と連絡とっていないミナミ(伊東美咲)はワインのCM企画で、2人で山梨のワイナリーに行く事に。2人っきりになるのがまずいと思ったミナミは勇也に一緒に行ってと誘うが、勇也は渡辺さんとデートだから、行けないと断る。

 勇也の「何、知ったかぶっこいてんですか?」ってミナミに言った言葉、面白いですね~

 そして、ミナミと荻原は2人で山梨へ。

 ワイナリーの夫婦がCMに出るのを渋っているから、このビデオを持って山梨まで行けと言われた勇也。そして、それを追っかけてついてきたユリ。

 (山梨にはこの日曜日にバスツアーで行ってきたばかりですが、このドラマの勝沼ぶどう郷駅には行ってないです)
 
 宣伝担当の平野(横山めぐみ)さんは、仕事熱心で藤井さんにちょっと似たタイプ。

 ビデオを見た夫婦はCMに出てもいいと快諾。

 温泉に一緒に入った勇也と荻原。「藤井さんともう何もないなら、俺が本気でいっちゃおうかな」などと荻原に言う勇也。
 ミナミとユリも一緒に温泉に。勇也をもう、もらったとミナミに言うユリ。

 ヨウコの携帯に電話をして、家に呼んだなつき。ハンガリーにいる母親が滞在が長くなりそうだからこちらで一緒に住まないかと言ってきてるようですね。父親の事が気がかりだからとヨウコと何か策を練るようですね。

 ミズホ(りょう)は、旦那と言い争いになっていろいろ大変だったようですが、もう大丈夫だと荻原に電話してきて、本当にいい男はずっと長く一人の女に向き合える男だと言い、本当の自分を見せなさいと言う。

 ユリは藤井さんはこのワインと一緒で届かない人だから、いい加減気付けと勇也に言ってくる。
 
 荻原は、ミズホとはもう終わったと言い、本当の自分をミナミに見てもらいたいとも言い、石田の事をどう思っているかと聞いてくる。

  ーさあさあ、どうなる恋愛模様ー

 グランドスローガンを朝まで考えていたミナミ。ワインの仕事を朝まで手伝っていた勇也。ミナミが生まれた1977年のワインを一晩働いたらもらえると言われて、それをミナミにあげたいが為に働いていたと言う勇也。

 ぶどう畑でミナミと勇也・・・「もう、姉さんなんて言うの嫌なんだよ。男以下じゃ嫌なんだよ。好きなんだよ・・」「喜んでくれそうな事、必死こいてやるしかねえじゃんかよ」

    ついに2人のキス~~ミナミからもキスだよ~更にキス~

                    チェックしてね♪
 
      サプリ・2人キス
ミナミと勇也ついにキス

                          

厄除け厄ックン携帯ストラップ・・ドラマで亀梨君がつけているよ。私も注文しました。来るのが楽しみ~

サプリ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。