--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

08.09

ホタルノヒカリ・第5話

  「干物女と恋の神様」

 「想いは言葉にしなければ伝わりません」・・高野(藤木直人)が結婚式で言った言葉。

 本を読むように恋をする・・蛍(綾瀬はるか)は、手嶋マコト(加藤和樹)と恋愛できるのか?

 高野の妻は大學時代の後輩と暮らしているらしく、高野のやり直したいは無理なのか?

 マコトと普通に会話できただけで、喜んでる蛍。ビバ・・友達!

 またまた、手嶋と蛍2人だけで会議室に閉じ込めちゃった高野・・と思ったらすぐに開いちゃったね。

 ロイヤルボックスシートのプレミアムチケットは、あの日、優華(国仲涼子)の元に行ってたのですね。偶然、会って2人で行ってたなんて!

 今度は蛍が家で高野を閉じ込めちゃった。会社でトラブルがあって、蛍が出ていっちゃって、携帯もないし、何時間も出るに出れない高野~

 蛍は手嶋と一緒に壁塗りなどしましたが一緒にパンッて手も合わせたりも(でも女性は蛍だけで注文間違えた本人も来ないってどうよ)・・干物女には恋の神様は降りて来ないのか・・上手くいかない恋愛より、上手くいかない友達関係の方がいいと蛍。

 高野は自分の気持ちとは裏腹に妻に離婚届けに判を押してもいいぞと言ってしまいましたね。

 そして、またまた蛍と手嶋は閉じ込められ(高野ではないらしい・恋の神様か?)・・想いは言葉にしなければ伝わらないんだぞと高野・・”あなたのことが好きです”って言えたね蛍。

 告白できただけで干物女から卒業できたつもりの蛍・・う~ん、それはどうかな~頑張れ蛍♪

         チェックしてね♪
  

H19・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。