--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

09.06

ホタルノヒカリ・第9話

 「干物女と2人の男」

 マコト(加藤和樹)に会社のビルの外でジャージ姿を見られた蛍は、それから、口も聞いてもらえず。(マコトなんて奴だ!)

 事業部の面々にも、蛍のジャージ姿の写っている写真を見て、蛍がふられたのではと言われる事に。

 家ではジャージ姿をやめ(ちょっと頑張る蛍さん)、マコトにメールするも返事は来ず~~

 そんな時、蛍の行方がわからずに。(カバンも携帯も会社においたまま)ビールの差し入れ持って行ったがボーッとしてた蛍はビルに閉じ込められ一晩過ごす事に。

 仕事を中止して蛍を探す事業部の仲間。閉じ込められていたのを見つけた高野(藤木直人)は、思わず蛍に駆け寄って抱きしめちゃいましたね。一緒に来てたニツ木(安田顕)と山田姐さん(板谷由夏)は、咄嗟に遠慮しましたが・・

 ニツ木さん、やっぱり、山田姐さんに2人が一緒に暮らしている事、話してましたね。でも、2人ともいい人ですね(*^。^*)

 高野部長はやっぱり、いつの間にか蛍の事を好きになってたようですね。ありのままの自分を出せる相手ですからね。

 でもまたジャージに戻ってしまった蛍・・・「あほみや、ちょっと頑張る蛍さんを知らないか?」って高野が言う始末。でも、ちょっと頑張る蛍さんより、ありのままの君が好きだってぶちょう~~~何でも出来る高野ぶちょう~~~

 香港から帰国したマコト・・マコトは蛍のジャージ姿ではなく、部長と楽しそうにしてたのを見て腹を立てていたようですね。(それならそうと、はっきり蛍に言えばいいのにね)

 ついに「お高さん」が高野部長だとマコトにばれてしまいましたね。家に上げて事情を説明する高野。一緒に暮らしているが合宿みたいな生活だと。

 蛍の事をどう思っているかと聞かれ「雨宮は君の女だ。それを忘れた事はない」と高野(本当は好きになってたのにね)

 部長とは何もないと蛍。ただ、縁側でいろいろ相談にのってもらったり・・これがたまらなかったマコト。ありのままの君が好きだとマコト。

 縁側より、マコトを選んだと蛍。私の気持ちに嘘はないから・・マコトも蛍が好きだと言い、一緒に暮らそうと・・明日、出て行くからと高野に。

 荷物のまとめるのを手伝う高野。この家は君が出て行った後、取り壊されると言う。高野も出て行って1人で暮らすと。

 最後に縁側で2人でビールを・・こんなことならチューでもしとけばよかった(この縁側が2人がありのままの自分でいられる1番の場所でしたね・・干物女に恋をさせたのも高野・・果たしてマコトと一緒でありのままの自分でいられ続けれるか?)

  次週、最終回ですね!

       チェックしてね♪
 

H19・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

Next |  Back

comments

おじゃうさが合格したの?

BlogPetのうさまる:2007/09/06(木) 15:30:37 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。