--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

08.28

サプリ・第8話

  第8話「好きのチカラ」ー彼を私に下さいー

 勇也(亀梨和也)とキス以後、ミナミ(伊東美咲)はバッグをいつもとちょと違うタイプにして、冒険か?
 ヨウコは、結局は自分の好みに戻るとか言って、ドキッとするミナミ。

 ユリ(朝見れいな)にはっきり、断る勇也。
 勇也は会社の中でも、ミナミに積極的でちょっと、喜んでますね、ミナミさん。”ミナミ”って会社の中でも、呼んだりする勇也。

 制作局のクリエイティブ中途採用試験が迫り、ミナミは勇也の指導係に付くことになり、更に浮かれる勇也。
 人事部に出す、推薦書も書く事になったミナミ。

 勇也の作る弁当、愛情たっぷり弁当ですね。でも、今岡さんとミナミに渡す弁当間違えましたね。今岡さん、LOVEってあってむせちゃいましたよ。
 
 なつき(志田未来)は、ヨウコ(白石美帆)に恋愛のセオリを会社あてにFAXしたりして、父親の事を簡単にあきらめるなと言って応援してる。

 ※恋愛のセオリー手に入らないと思った途端、惜しくなるー

 ミナミは荻原にあの日の事を言ったのかと勇也に怒ってましたね。でも、何も言ってない勇也は、関係を隠そうとするミナミに、はっきり、好きと伝えて、怒って去っていきましたね。

 ※恋愛のセオリー最初のときめきを思い出すと恋しくなるー

 最初に出会いは「イカゲソ」にあった、今岡とヨウコ。

 自己PRも書かずに、桜木さんの子供の誕生日の為に頼まれてもいないのに、プレゼントを探す勇也。

 「プレスト(プレイン・ストーミング)」・・相手の意見を否定せず、自由に討論するアイディア発想法

 告白とかの話になって、盛りあがるメンバー
 荻原(瑛太)は好きだと言うフレーズ自体、苦手だと言う。「押し付けがましいっていうか重いじゃないですか。だから、いかに好きだと言わずにそれとなく好意を伝えられるか。それが永遠のテーマですね」

 勇也は、自分は最近、好きな人に好きだと直接言ったと熱く話してしまう。携帯にTV電話がほしいとも。重いとか思わないしとかって、相手の意見を否定してしまう事に・・

 ミナミは勇也に好きだと言われても困ると言ってしまう。

 ミズホ(りょう)は荻原を選ばなかったのは、はっきり、好きだと言ってくれなかったからだと言う。荻原~自業自得だね~~

 ミナミは勇也の事をハートだけは、持ってると今岡(佐藤浩市)に、報国。クリエイティブに必要な3H(へッド・ハンド・ハート)。自分に自信がないから人の役にたとうとする。それはハートがあるということだと。
 
 今岡はほれた女に好きだと押し付けるのは子供。好きだと認めさせるのが大人。大人である為には、働く事だと勇也に言いましたね。(さっすが~~大人の魅力~今岡さん。)

 ユリに一緒に採用試験を受けようと誘う勇也。

 自己PRを紙にいっぱい書いた勇也。(書きすぎだよ~~)最後に俺の最終目標は藤井さんの自慢になることって、書いてて、これは、書いちゃあ、やばいっしょ(*≧m≦*)ププッ

 部屋に来ていいと誘うミナミ。ちょっと、進展ですね。

 ユリは好きのチカラから、ミナミは何でも持ってるから、ひとつくらい下さいと言い、私に彼(石田勇也)を下さいと・・・

 ★亀梨君と伊東美咲さん、なんだか、見ててもしっくりこないような・・2人見ててドキドキしないなぁ~~

 志田未来ちゃんのドラマの中の携帯にも”厄除け厄ックン”の白の方がついてましたね。私は亀梨君と同じ黒のが届いて、携帯につけてます。

                  チェックしてね♪
              

サプリ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。