--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

10.14

歌姫・第1話

 ノスタルジックな雰囲気のドラマがはじまりましたね。

 現代から昭和30年代へと物語が移行。土佐清水で記憶喪失で10年前に海岸に倒れていた所をオリオン座の館長の岸田(高田純次)に助けられ、映写技師として働く事になった太郎(長瀬智也)。館長の二女に鈴(相武紗季)。

 「歌姫」という映画は、戦後のドサクサで記憶をなくした男と彼を愛する女性の純愛の物語。まるで太郎と鈴のようですが・・

 オート三輪がほしいという太郎のためにのど自慢に応募した鈴でしたが、ひどいあがり症でサングラスをかけて歌う事に。しかし、そのサングラスを盗んだのが、山之内一家で妨害しましたね。

  秋山がまた、出演してましたね(塚地の次に役者としての評価が高いかな?)

 高知大学3年で旅の途中で居つく事になった神宮司くん役に関ジャニ∞の大倉忠義君。
 彼を旅館に引きずりこませたのが、女主人の鯖子さん(斉藤由貴)。

 ※斉藤由貴さん、とてもユニークで存在感のある役をやってますね(昼ドラからイメージがそうなったのかな)

           チェックしてね♪

H19・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。