--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

10.19

医龍2・第2話

  「捨てられる患者」

 明真を心臓移植認定施設を中心とした大規模病院、メイシンメディカルシティーの建設を3年後に行おうと構想をたてる野口(岸部一徳)。

 北洋と明真は業務提携したが、明真を専門病院に特化した病院にし、北洋を金にならない患者の受け皿にしようとしていましたね。ゆくゆくは北洋をつぶして、富裕層に特化した人間ドッグにするつもりの片岡一美(内田有紀)。その人間ドッグで異常が見つかった患者をまた、明真に回すという寸法でしたね。

 野口と片岡は、金儲けでつながってますね。

 明真で過去に心臓手術を行った患者が不調を訴えるも、何度来ても診察結果は変わらないと言われ、北洋に行くように告げられた老患者。

 孫の翔太(山本裕典)は、野口の設立公表の席に出向いて、ペンキをメディアカルシティーの完成図にぶちまけちゃいましたね。

 翔太の祖父をクレーマー(どこも悪くないのにいろいろ言ってくる人)だと言う伊集院(小池徹平)に対して、診察した藤吉(佐々木蔵之助)は、「お前はあの患者を見たのか?」と聞き、「医者をやめろ」と言う藤吉。

 実際、手術が必要な状態にあるようですね。

 明真から北洋へ行かせる医師の名簿がありましたが、そこに朝田(坂口憲二)を入れないかのかと片岡。そして、野口に逆らった朝田、伊集院、藤吉らは北洋病院に異動させられる事に。そして、チームドラゴンはバラバラに。

 医者としての理念があるから朝田にはつぶれてもらいますと片岡。

 北洋に残っているのも干されている医者のみ。朝田達が行って果たして病院として成りたつのか?

 チームを作りたくて日本に戻って来た朝田、俺には時間がない、患者のために最高のチームを作るとも。

 老人の再手術を北洋でやるようですが、果たしてうまくいくのでしょうか?

 朝田の代わりに明真に来るのは誰?

    ますます面白くなってきましたね、医龍。
  
             チェックしてね♪

H19・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。